FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【映画】手紙

手紙 スタンダード版手紙 スタンダード版
(2007/04/27)
山田孝之、玉山鉄二 他

商品詳細を見る
手紙 06年日本 オススメ★★★
出演・・・山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、風間杜夫
弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、誤って女性を殺してしまった剛志。
千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。
しかし、兄が受刑者というだけで、差別され、仕事も転々とし、恋人にもふられ、夢さえ打ち砕かれてきた直貴。
兄を思いながらも、その存在の大きさ、罪の大きさに彼は押しつぶされそうになる。
そんな彼が所帯を持った。守らなければならない妻、子どものために、直貴はある決心をした。
直木賞作家・東野圭吾が描いた小説をTVドラマでおなじみのヒットメイカー生野慈朗が映画化。
加害者の家族を主人公にする大胆な試みだが、登場人物の心情にきちんとよりそい、ときには心にグイグイと入り込む演出は、罪を背負って生きる兄弟のドラマに見るものを釘付けにする。
陰のある役がよく似合う山田孝之が、兄への思いと妻と子への愛の間で苦しむ直貴を熱演。意外にもさわやかなイメージの玉山鉄二が受刑者の兄を淡々と演じながら、最後で泣かせてくれる。
ひとりの人間の犯した罪により、家族がどんなに苦しむか。そこから生まれる差別との闘いのドラマは確かにヘビーだが、弟の怒り、哀しみ、諦めなどの感情がうなりをあげて見る者の感情をゆさぶり、目が離せない 。まさに感動作だ。
(Amazonレビューより)

地上波にて鑑賞。←久々。(笑)
邦画だけど前から興味あった映画なのでこのチャンスにと観てみました。
泣けると言う評判なんだけど観てて僕は泣けないなぁ・・・っと思ってました。
でもね・・・ラストシーンにはやられました。
当事者同士にしか分からない伝え方ってヤツですか・・・上手いです。完全にやられました。
映画は淡々と被害者の家族が差別に合う事実を描きます。
これがね、観てるのが結構ツライです。
ホントに不幸の連続です。その分、最後の感動が大きくなるんですけどね。
ただ、主人公が何しても簡単に成功するし、上手い具合に事件が起こるなど出来すぎな感はありますね。
でもこの映画ってフルだと121分かぁ・・・地上波はかなりカットされてますね。
フルで観るともっともっとツライ事実が長いんだろうなぁ・・・。
観るのがツライし僕には地上派バージョンで丁度良かったかもです。
これで観たと言ってイイのだろうか・・・。(笑)

追伸。
それにしても山田くんは暗い役がピッタリですね。(笑)
エリカ様はもっと主役級の役なのかと思ってました。
スポンサーサイト



コメント

もぎ過ぎ・・・
まぁ、このくらいの方がまとまっている気もしますけどね。
映画館で観た時は、そんなに長い!とは思いませんでしたよ。
本だとラストがニュアンスも展開も違います。
私は本の方がしっくり来ます。(気の毒とは思うけど)

★ だよね。(笑)

>トトロ
120分のうち30分って1/4だもんね・・・カットしすぎだよね。(笑)
こんな話題作、放送枠拡大して放送出来なかったのかなぁ・・・。
全容が気になりつつも、もう1回は観ないと思います。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード