FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

【映画】トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア 他 (2007/03/21)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る
トゥモロー・ワールド 06年アメリカ・イギリス オススメ★★
出演・・・クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー
西暦2027年、人類に子どもが誕生しなくなり、世界は荒れ果てていた。英国のエネルギー省官僚のセオはある武装集団に拉致されるが、リーダーは元妻のジュリアン。
彼女は1万ポンドと引き換えに検問を通過できる通行証がほしいと言う。彼女の目的は、ひとりの移民の少女を新しい社会を作る活動をしている「ヒューマン・プロジェクト」に届けること。
しかし、そのグループには実態がなく、なおかつ、その少女は重大な秘密を抱えていた。
『ハリー・ポッターとアズガバンの囚人』や『リトル・プリンセス』などのファンタジー色の濃い作品を手がけたと思ったら、このような骨太な作品も演出できるのだから、アルフォンソ・キュアロンの力量には舌を巻く。
ミステリーの女王P.D.ジェイムスが手がけたSFを製作費120億円かけて映画化。
長回しで緊張感を持続させたことでリアルな迫力に満ちた作品になった。決して娯楽作ではない、少子化の現代を思えば、未来への警報ともとれるメッセージを備えた力作だ。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
うーーん、観る前から勘違いしてました。
予告で観た冒頭の爆発で世界が崩壊するのかと思ってたら最初から崩壊した世界が舞台の話でした。(紛らわしいぞ・・・この予告編は)
話的にも意味が良く分からなかったです。
少女を助けても世界が救われるわけでもなく・・・命を掛ける仕事だとは思えないよなぁ~。
てか、な~んも希望がない映画だよなぁ・・・。(ーー;)
ジュリアン・ムーア、マイケル・ケインって良い役者使ってるのにすぐ死んじゃうのも勿体無いです。
クライヴ・オーウェンが1人で頑張ってる映画でした。
そうそ、マイケル・ケインって○メガネ掛けるとジョン・レノンに似てますね。
映画もそれを意図的に狙っていたような気がしました。
スポンサーサイト



コメント

マイケル・ケインが汚れ役?ってのが以外。
そしてメガネをかけたら、J・レノンってのも以外でした(笑)

夢も希望もない映画でした。
でもこれが、近未来として描かれる一番正確な姿かもしれません。

★ 似てる

>まっきー
ホントに希望の何もない映画でしたね。(ーー;)
命をかけるミッションではないと思うんですけど・・・

で、マイケル・ケインはジョン・レノンにそっくりでしたね。
もう少し痩せれば完璧でしょ!!

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード