FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】君の名前で僕を呼んで(ネタバレあり!)

Call Me by Your Name

君の名前で僕を呼んで 2017年イタリア・フランス・ブラジル・アメリカ オススメ★★★
出演・・・ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマー、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール、エステール・ガレル、ヴィクトワール・デュボワ

北イタリアの避暑地を舞台に、男性同士のひと夏のエピソードを描いたラブストーリー。アンドレ・アシマンの小説を基に、17歳の少年が大学教授の父親に招かれた大学院生と出会い、惹(ひ)かれ合うさまをつづる。監督は『ミラノ、愛に生きる』『胸騒ぎのシチリア』などのルカ・グァダニーノ。『ジャコメッティ 最後の肖像』などのアーミー・ハマー、『インターステラー』などのティモシー・シャラメが演じる。

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と過ごす17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、大学教授の父が招待した年上の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。一緒に自転車で散策したり泳いだり、読書したり音楽を聴いたりするうちに、エリオはオリヴァーに恋心を抱く。やがてその思いは通じるが、夏の終わりが近づくにつれてオリヴァーが避暑地を去る日が近くなり……。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

アカデミー賞でジェームズ・アイヴォリーが脚色賞を受賞した話題作。
ジェームズ・アイヴォリー監督作って文芸色が強くて苦手なので迷ったけどダメ元で見ました。

感想。
以外や以外・・・面白かったです。(笑)
アメリカ映画って言うよりは美しいイタリア映画のような感じ。
いきなり主演のアーミー・ハマー、ティモシー・シャラメ、マイケル・スタールバーグの名前が出てタイトルはラストのエンドロール前にと言うところも斬新でヨーロッパっぽい。

評論家の町山さんが「全編、裸な映画」と書いてたのでイケメン2人が終始やりまくりな映画だとと思ったら違ってた。(笑)
甘酸っぱい初恋物語でした。

お互い気になるけど相手の気持ちが分からず悶々と時が流れる・・・。
普通はそうだよね~。なので説得力がありました。

キャストは主役の2人にオスカー主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャメラとアーミー・ハマー。
お父さん役にマイケル・スタールバーグ。
主役級(一番最初に名前が出てる)のアーミー・ハマーを助演だと思わせてしまうほどティモシー・シャメラが魅力的。
ラスト、お父さんが傷心の息子に向けた言葉に感動。
「お前は貴重な体験をした。自分は怖くて踏み出せなく後悔した。」
静かだけど衝撃的で感動的なシーンでした。
個人的に今まで見た同性愛題材の映画でベストです。

原作では別れた2人が再会するくだりがあるんですが本作はその前で終わってます。
その辺は続編で描かれるらしい・・・。
また原作では1987年だけどエイズが社会問題になる前を描くため、設定を1983年に変更してるみたいです。
続編ではエイズ問題について触れるようです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。