サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

【映画】ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(ネタバレあり)



ボブという名の猫 幸せのハイタッチ 2016年イギリス オススメ★★★
出演・・・ルーク・トレッダウェイ、ボブ(猫)、ジョアンヌ・フロガット、ルタ・ゲドミンタス、アンソニー・ヘッド、キャロライン・グッドオール

ホームレスのストリートミュージシャンと、野良猫の運命の出会いを描いたノンフィクション「ボブという名のストリート・キャット」を実写映画化。どん底の生活を送っていた主人公が、1匹の猫との出会って人生をやり直す姿を映す。『ウェイストランド』などのルーク・トレッダウェイ、テレビシリーズ「ダウントン・アビー」などのジョアンヌ・フロガット、テレビシリーズ「ストレイン」などのルタ・ゲドミンタスが出演。また、本物の「ボブ」がほとんどのシーンでボブ自身を演じている。

ジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)はギターを手に、ストリートミュージシャンとして日銭を稼いでいた。ドラッグ更生プログラムの最中のある日、彼はヘロインを摂取して病院に搬送される。退院後、彼が更生担当者ヴァル(ジョアンヌ・フロガット)が用意してくれた部屋に入居すると、どこからか茶トラの猫(ボブ)が迷い込む。ジェームズは、猫の飼い主を捜そうとしたが、見付けることができなかった。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

1匹の猫との出会いで人生を取り戻したイギリスで本当にあった話の映画化。
この秋、ワンコ好きは「僕のワンタフル・ライフ」、ニャンコ好きは「ボブという名の猫」で決まりですね。

感想。
まあまあ、かな・・・。
イギリス映画のオフビートなテイストが感動にマイナス作用してる。
ハリウッド映画だったら、もっと感動的になってるニャアー。(笑)
と思ってたらロジャー・スポティスウッド監督なんですね。バリバリのハリウッド監督じゃん。
と言うことは元ネタ自体が長編映画にするほどのネタがないんだね。
と言いつつ疎遠だった父との和解とか泣いたけどね。(笑)
あと、やっぱり動物は喋らないほうが良いですね。(笑)

エンドロールに実際の主人公とボブの写真が出てくるんだけどボブ、似てる猫、探したね・・・って思ったら本人、いや、本ニャンなんですね。




スポンサーサイト

コメント

★ たぶん、、

これって、アンビリーバボーでやっていたやつですかね?
賢いニャンでしたね。

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>Jijoさん
自分は見てないですが、たぶんソレです。
映画にするにはネタが薄いなぁ~って感じで「アンビリーバボー」くらいが丁度良いのかも・・・。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード