サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

【映画】ダンケルク(ネタバレあり)



ダンケルク 2017年アメリカ オススメ★★★
出演・・・フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディ

第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。監督は『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ、『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナーらが出演。圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下に置かれた者たちのドラマに引き込まれる。

1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

クリストファー・ノーラン監督による戦争実話物。

感想。
さすがノーラン監督。らしい独特な演出です。

セリフが極端に少ない。
説明が殆どなし。
時間軸をズラした演出。
まるで観客が戦場に居て戦いを見てるかのような感覚。
そして最後に来る静かな感動。

特に撮影、映像が素晴らしく、この部門はアカデミー賞、取るでしょう。
ハンズ・ジマーの音楽も極限状態を演出して素晴らしい。(脱出して瞬間に不気味な音楽が止まる。)

役者はケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディとwith・・・とかand・・・の俳優が豪華!!!
でも出番が短く短くセリフが少ないので賞レース的には不利。
マーク・ライランスが助演男優賞、狙えるかも。
トム・ハーディが相変わらずクールでカッコ良かったです!!!

こうゆう映画は映画館の大きなスクリーンで見たほうが良いです。
でも2回は見なくていいな・・・。セリフがなくて単調だしね。(笑)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード