サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

【映画】ヒトラーへの285枚の葉書(ネタバレあり)



ヒトラーへの285枚の葉書 2016年ドイツ・フランス・イギリス オススメ★★★✩
出演・・・エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール

『天使の肌』で監督も務めた俳優のヴァンサン・ペレーズがメガホンを取り、ハンス・ファラダの小説を映画化。実話を基に、ペンと葉書でアドルフ・ヒトラー率いる政権にノーを突き付けたごく普通の労働者夫婦の勇気ある行動を描写する。『ハワーズ・エンド』などのエマ・トンプソンと『ヒットマンズ・レクイエム』などのブレンダン・グリーソンが妻と夫を熱演。強大な相手にもひるむことなく立ち向かった市井の人々の足跡に胸が締め付けられる。

1940年6月、フランスがドイツに屈して間もなく、ベルリンで慎ましい生活を送るオットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)夫妻は一通の書状を受け取る。それは愛する一人息子ハンスの戦死の知らせで、二人は悲しみに暮れる。その後ペンを執ったオットーは、アドルフ・ヒトラー総統を非難する内容の文章をしたため……。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

ペンと葉書を武器にナチス政権に抵抗した夫婦の実話を基にした小説「ベルリンに一人死す」の映画化。

感想。
面白かった・・・って言うか良かったです。

最後、夫婦は殺されます。
個人的にアンハッピーな映画は好みじゃないんですが、これはアリかなと思いました。
むしろ実話でヒトラー政権下と言うことで生き残ったら嘘くさくなりますからね。
逮捕され裁判で再会した夫婦がお互いの絆を確かめ合うシーンに感動でした。

キャストは妻にエマ・トンプソン、夫にブレンダン・グリーソン、捜査する刑事にダニエル・ブリュールという演技派の共演でした。
特に主役のブレンダン・グリーソンのいつもとは違う抑えた演技が素晴らしかったです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード