FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

【映画】天空の蜂



天空の蜂 2015年日本 オススメ★★
出演・・・江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明

人気作家の東野圭吾が1995年(オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こした年)に発表した小説を、20年後の2015年に映画化。2011年に福島第一原子力発電所事故が起きた後の日本で、映画が取り上げるとしては難しい題材にTVと映画にまたがる「SPEC」シリーズの鬼才・堤幸彦監督が挑み、まるで21世紀版「新幹線大爆破」を思わせる、骨太のサスペンスアクションを実現。善悪の彼岸を超えたような役における本木の熱演もあり、邦画の常識を覆す、戦慄の社会派エンターテインメントに仕立ててみせた。

1995年8月8日。航空自衛隊に納入されるはずの最新大型ヘリ“ビッグB”は予定と異なり、設計した湯原の幼い息子を乗せて、福井県にある高速増殖炉の上空に到着する。“ビッグB”を遠隔操作する、“天空の蜂”を名乗る謎の人物は政府に対し、日本の全土にある原発の破棄を要求してくる。湯原は同じ会社の同期で、高速増殖炉を設計した三島と協力し合い、息子の救出と“ビッグB”の墜落阻止に全力を挙げるが……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

「手紙」「容疑者Xの献身」などの人気作家、東野圭吾原作のサスペンス映画。

感想
あーーーー、ダメだね。
こうゆうスケール感の大きいジャンルになると日本映画はダメね。
ハリウッド映画に遠く及ばないです。
東野圭吾の原作物の映画化って人情を上手く活かして感動があるんだけど、これは題材が題材だけに空回り気味。

犯人を演じた本木雅弘が日本アカデミー優秀助演男優賞を受賞しました。(「日本のいちばん長い日」と合わせ業)




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード