FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【映画】ダラス・バイヤーズクラブ



ダラス・バイヤーズクラブ 2013年アメリカ オススメ★★★
出演・・・マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー、デニス・オヘア、スティーブ・ザーン

1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ患者という難役に挑んだ。『チャプター27』などのジャレッド・レトー、『JUNO/ジュノ』などのジェニファー・ガーナーが共演。監督を『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のジャン=マルク・ヴァレが務める。

1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国への密輸を試みる。偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レトー)と一緒に、国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが……。
(シネマトゥデイより)


DVDレンタルにて鑑賞。

1985年。電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフは、自身が嫌う同性愛者の病気と思われていたHIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。
アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国への密輸を試みる。
偶然出会ったトランスジェンダーでエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レト)と一緒に、会費を募り国内未承認の薬を無料で配る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが・・・。


マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトがオスカーで主演・助演男優賞を受賞した話題作です。

感想。
内容的には普通かな・・・。(笑)

エイズが流行り始めた頃にあった実話です。
なのでエイズに対する知識もホモの病気だと思われてたくらいで・・・。

主人公のロン・ウッドルーフはジャンキーの女性との性交渉でエイズに感染してしまいます。
まだ効果的な治療薬もなく(今でも完治する薬はないけど)・・・ロンはアメリカで未承認の薬を試すため密輸を始めます。
最初は自分のため、金儲け的な所もあるんですがラストは同じ病気で苦しむ人の為に・・・って変わるあたりが良かったです。

この映画はやはりマシュー・マコノヒーとジャレッド・レトの演技合戦に尽きますね。
2人とも凄い演技です。
だって痩せちゃって・・・誰よ?って感じですもん。
マシュー・マコノヒーの独特なテキサス訛りのアクセントも今回は抑え気味で気にならなかったです。

ただマシュー・マコノヒー演じたロンは元々、不健康で痩せてたんですね。^^;
エイズになったから痩せた・・・って感じではなかったです。
なので1つの映画の中で痩せて行く過程を演じた「フィラデルフィア」のトム・ハンクスのほうが上だな・・・って思いました。



ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]
(2014/09/02)
マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト 他

商品詳細を見る






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード