FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【映画】エージェント:ライアン



エージェント:ライアン 2014年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー

『レッド・オクトーバーを追え!』などの原作で知られる、トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズを新たに実写化したサスペンスアクション。投資銀行員という表向きの顔を持つCIA情報分析アナリストのジャック・ライアンが、世界恐慌勃発を狙う巨大な陰謀に立ち向かう。主演は『スター・トレック』シリーズのクリス・パイン。共演には、監督も務めるケネス・ブラナーに『プライドと偏見』などのキーラ・ナイトレイ、ベテランのケヴィン・コスナーと、実力派が結集する。

ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャック・ライアン(クリス・パイン)。ある日、モスクワの投資会社チェレヴィン・グループの不審な動きをキャッチし、上官ハーパー(ケヴィン・コスナー)にエージェントの現地派遣を要請する。しかし、彼から返ってきたのはライアン自身による調査命令だった。チェレヴィン・グループへの監査を装ってモスクワへと飛んだライアンだが、そんな彼に同グループの警護員が襲い掛かってくる。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

トム・クランシーが創造したジャック・ライアン・シリーズの最新作。
今、流行りのシリーズの「始まり」を描いた映画です。
アレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックに続く4代目ライアンを演じるのはクリス・パインです。


感想。
前半、超~退屈。後半、超~面白い。という両極端な作品。(笑)
前半は睡魔に何回も襲われました。^^;
なので評価もジャスト半分の★★☆ってことで・・・。(笑)

最初がもう少し良かったら「ダイ・ハード」級の凄い作品になってたかも・・・それくらい後半の畳み掛ける展開は凄かったです。
な・・・だけに勿体無い映画でした。

あとストーリーも過去のライアン物と比べるとスケールが小さいのも難ですね。
スケール、ちっちぇ~みたいな・・・。^^;
この辺はトム・クランシーの原作じゃないってのが大きな原因かも・・・。

ジャック・ライアンを演じたクリス・パイン。
悪くはないけどアレック・ボールドウィンの知的なライアンには敵わないですね。

ライアンの恋人役にキーラ・ナイトレイ。
なんか痩せて老けちゃったなぁ・・・。^^;

ライアンの上司ハーパーに警備員コスナー。(笑)
いや、渋くて良い味、出してましたよ。(ちょっとリチャード・ギアに見えました。)
何でもハーパーを主人公にしたスピンオフ映画も作られるとか・・・。(楽しみ)

悪役にケネス・ブラナー。
シェイクスピア役者でインテリのイメージだったんですが腕の太さにビックリ!意外とマッチョ!(笑)
監督も努めてました。

本作。一言で言うと「スケールの小さいライアン物」がピッタリですね。(笑)




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード