FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

【映画】愛、アムール



愛、アムール 2012年フランス・ドイツ・オーストリア オススメ★★☆
出演・・・ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペール
第65回カンヌ国際映画祭で、最高賞にあたるパルムドールに輝いたヒューマン・ドラマ。長年にわたって連れ添ってきた老夫婦が、妻の病を発端に次々と押し寄せる試練に向き合い、その果てにある決断をする姿を映し出す。『ファニーゲーム』『白いリボン』の鬼才ミヒャエル・ハネケが、沈痛かつ重厚なタッチで追い詰められた老夫婦が見いだす究極の愛を浮き上がらせていく。『Z』『消される男』のジャン=ルイ・トランティニャン、『トリコロール/青の愛』のエマニュエル・リヴァと、フランスが誇るベテラン俳優が老夫婦を演じているのにも注目。

パリ在住の80代の夫婦、ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)とアンヌ(エマニュエル・リヴァ)。共に音楽教師で、娘はミュージシャンとして活躍と、充実した日々を送っていた。ある日、教え子が開くコンサートに出向いた2人だが、そこでアンヌが病で倒れてしまう。病院に緊急搬送され、かろうじて死だけは免れたものの、半身まひという重い後遺症が残ってしまう。家に帰りたいというアンヌの強い願いから、自宅で彼女の介護を始めるジョルジュ。しかし、少しずつアンヌの症状は悪化していき、ついに死を選びたいと考えるようになり……。
(シネマトゥデイより)


DVDレンタルにて鑑賞。

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞しアカデミー賞で作品賞、監督、主演女優他5部門にノミネートされ外国語映画賞を受賞した話題作です。

ジョルジュとアンヌは80歳を超える、ともに音楽家の老夫婦。
ある日、アンヌは突然、人形のように動かなくなった。
病院で調べた結果、病による発作であることが判明するが手術は失敗に終わりアンヌは不自由な暮らしを余儀なくされる。
夫は献身的に妻の介護をするが・・・。

フランス映画は苦手なのに「最強のふたり」に続いて見てしまいました。^^;

感想。
重い映画です。
重い、重い、重すぎて僕には無理。^^;
冒頭、アンヌが死んでるシーンから始まるのでアンヌが死んでしまうのは分かってるんですが死んでしまう過程が、そうならないで欲しい結末に・・・。
で・・・夫のほうはどうなったんだろうか???

オスカーにノミネートされたエマニュエル・リヴァの、だんだん病に冒されていく演技はスゴイの一言。
献身的な夫を演じたジャン=ルイ・トランティニャンも静かな演技で名演でした。


愛、アムール [DVD]愛、アムール [DVD]
(2013/09/06)
ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト



コメント


エマニュエル・リヴァの演技は凄かったですね。
本気で目を背けたくなるような、耳を塞ぎたくなるような、凄い演技でした。

ただ、ほんとに身につまされるから、観ていて辛かった・・・。

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>まっきー
ずしりと重かったですね。
夫の最後の衝動的な行動は「妻を楽にしたい」と「自分も解放されたい」と言う2つの気持ちがあったんじゃないですかね?

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード