FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【映画】孤島の王

無題

孤島の王 2010年ノルウェー・フランス・スウェーデン・ポーランド オススメ★★★
出演・・・ステラン・スカルスガルド、クリストッフェル・ヨーネル、ベンヤミン・へールスター、トロン・ニルセン
1900年から1970年までノルウェーのバストイ島に実在した少年矯正施設。外界から隔絶されたその極寒の孤島で、教育・矯正の名の下に行なわれていた非人道的な少年虐待の実態と、その絶望的な状況の中でも少年たちが必死に自由を追い求め、仲間同士で友情と連帯心を育みながら、ついには大規模な反乱を引き起こすまでを、同国の俊英M・ホルスト監督がドラマチックに映画化。国内外で数多くの映画賞に輝き、高い評価を得た。冷酷非情な院長を演じるのは「ドラゴン・タトゥーの女」のS・スカルスゲールド。

1915年、ノルウェーの首都オスロ南方の沖合にあるバストイ島の少年矯正施設に、エーリングら、2人の非行少年が新たに送られてくる。そこでは絶対的な権力を持つ院長の下、冷酷で陰湿な寮長らによる非人道的な管理運営が行なわれていた。これに反発するエーリングはことあるごとに反抗的な態度を見せ、ついには果敢に島からの脱走を試みて成功したかに見えたが、結局施設に連れ戻されてより過酷な懲罰を受けるはめとなる。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。
久々に英語圏じゃない洋画を見ました。
「ドラゴン・タトゥーの女」のステラン・スカルスガルド目当てです。

面白かったです。
ノルウェーのバストイ島に実在した少年矯正施設を舞台に大人の汚い世界に爆発した少年たちが暴動を起こす話です。
途中までは新しく来た非行少年を中心に物語が進みますが最後のほうは退院間際の優等生くんが美味しいところを持っていってました。
やっぱり優等生くんを演じた俳優さんのほうがイケメンだからですかね?(笑)
この人、なかなか良かったです。
お目当てのステラン・スカルスガルドは冷酷な院長を好演してましたが・・・あの、いやらしい顔なら少年に性的虐待をする寮長のほうを演じて欲しかったです。(笑)

あっ、この映画の言葉はノルウェー語なのかな?
ちょっと英語よりでフランス語みたいに嫌な感じはしませんでした。(笑)


孤島の王 [DVD]孤島の王 [DVD]
(2012/10/05)
ステラン・スカルスガルド、クリストッフェル・ヨーネル 他

商品詳細を見る




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード