FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【映画】ジャンゴ 繋がれざる者(ネタバレあり)



ジャンゴ 繋がれざる者 2012年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン
リンカーンの奴隷解放宣言から149年を経た2012年に、クエンティン・タランティーノ監督がまた問題作を発表した。それが本作、南北戦争が始まる2年前の1958年に、元黒人奴隷・ジャンゴがドイツ人賞金稼ぎと組んで、黒人奴隷たちを虐げてきたアメリカ南部の白人たちを殺しまくる映画『ジャンゴ 繋がれざる者』だ。しかし本作はただの復讐物語ではなく、愛する妻を奪われた男が、妻を取り返すために戦うラブストーリーでもあるのだ。主人公のジャンゴを演じるのは、『RAY/レイ』のジェイミー・フォックス。初めての悪役に挑んだレオナルド・ディカプリオや、メイクを作り込んで役に入り込んでいるサミュエル・L・ジャクソンの憎々しい演技も見逃せない。

奴隷制度をめぐる対立が色濃くなる1859年アメリカ南部。賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、奴隷を繋ぎとめる鎖から解放されたジャンゴ(ジェイミー・フォックス)。ジャンゴはキングとともに南部の指名手配犯を捕まえながら鍛錬を積み、奴隷市場で生き別れとなった妻のブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を探していた。そのブルームヒルダは、カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)が営むキャンディランドという農園にいた。カルヴィンは奴隷を鍛えあげ、奴隷同士を闘わせては楽しんでいる。ジャンゴは妻を救うため、極悪人カルヴィンに生死を賭けて立ち向かう。
(goo映画より)


映画館にて鑑賞。
東京遠征でもう1本見てきました。
こちらも新潟では4月公開だったので早く見れてラッキーでした。

クエンティン・タランティーノ監督の新感覚マカロニ・ウエスタンです。
先日のアカデミー賞では助演男優賞(クリストフ・ヴァルツ)と脚本賞(タランティーノ)を受賞しました。

ストーリーは南北戦争前の奴隷制のあったアメリカ南部。
奴隷のジャンゴがドイツ系賞金稼ぎのドクター・キング・シュルツと共に、サディスティックでフランスかぶれの農場主カルヴィン・キャンディから奪われた妻を救おうとする話です。

うーーーーん、勿体無い!
途中までは半端ない面白さでタランティーノ監督の最高傑作「キル・ビル」を超えたかーーー?って思ったのに・・・。
ジャンゴとドクター・キング・シュルツが出会う前半は丁寧な演出でレオ様演じるカルヴィン・キャンディを騙そうとする中盤は映画「スティング」を思わせる面白さだったのに・・・。
アクションよりもストーリー展開の面白さでみせていたのに・・・終盤の、あの銃撃戦って必要???
まぁ、あれがタランティーノ監督の美学と言ってしまえば、しょうがないんですけど・・・。
どうせなら最後にどんでん返しでカルヴィン・キャンディをギャフンと言わせて終わって欲しかったです。
長いし・・・あれ?これって「キル・ビル」みたい「続く・・・」で終わるの?って一瞬、思いました。(笑)
とは言え結末はスカーッとしますし悪い映画ではないです。それだけに・・・「勿体無い」の一言です。

演技ではドクター・キング・シュルツを演じて助演男優賞を取ったクリストフ・ヴァルツ。
確かにめちゃ上手いです!!!
オスカー受賞も納得です。巧みな演技に脱帽しました。
でも・・・助演じゃないでしょ!バリバリ主演ですよ!^^;

助演男優賞はレオ様かサミュエル・L・ジャクソンでしょう~。
この2人も怪演も見事でした!!!(オスカー、ノミネート漏れが残念!)
初の悪役と騒がれたレオ様。
個人的には「ジャンゴ」の登場人物では、そんなに悪役じゃないよねぇ~って感じですけど。(笑)
むしろ黒人なのに黒人をいたぶるサミュエル・L・ジャクソンのほうが憎憎しいほどの悪役でした。

その割を食ってか主演のジェイミー・フォックスの存在感が薄い・・・。^^;

その他、イタリア版のジャンゴを演じたフランコ・ネロが出てました。
そのフランコ・ネロに「ジャンゴのDは発音しないのは知ってる」って言わせるあたりは憎い演出ですね。
本作でも主題歌として使われていたイタリア版「ジャンゴ」のテーマ曲を貼り付けておきま~す。



スポンサーサイト



コメント

★ スカッとする映画

レオ様が、カクテルをズズズ~っとすするのがウケました。
そんな悪でもなかったですね。



えっ!?
勿体無いの??

タランティーノって、凡人には分からないぶっ飛んだ拘りがあるみたいですよね。
吐き気を催すような場面が大好きとかね。(笑)
ワケのわからないキャラを無意味に出してみたりとか。(笑)

とにかくクリストフ・ヴァルツが最高なら、私は良し!(笑)

どの番宣でも主演のはずのジェイミーの名前が出ないから、
あぁぁ・・気の毒に・・と思ってました。(笑)

観にいけるかな~~・・。

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>Jijoさん
レオ様、憎々しかったけど殺されるほどの悪役ではなかったですよね。
オスカーにノミネートされても可笑しくない演技だったと思います。

それにしても終盤のあの展開。
そこまでが超~面白かっただけに勿体ないと思いませんでしたか?

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>まっきー
好みはあると思いますが僕は途中までは凄く面白かったでした。
だけに勿体ないなっと。

>タランティーノって、凡人には分からないぶっ飛んだ拘りがあるみたいですよね。
血しぶきのあがる暴力的な 演出がしたかったんでしょうね。^^;

>とにかくクリストフ・ヴァルツが最高なら、私は良し!(笑)
うん。見事な演技でした。
でも助演じゃないです。(笑)

>どの番宣でも主演のはずのジェイミーの名前が出ないから、 あぁぁ・・気の毒に・・と思ってました。(笑)
クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、サミュエル・L・ジャクソンの3人がオスカー級の怪演してますからね。
主演なのに影が薄いです。 ^^;

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード