FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【映画】アウトロー



アウトロー 2012年アメリカ オススメ★★★
出演・・・トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・オイェロウォ、ヴェルナー・ヘルツォーク、ロバート・デュヴァル
かつては元米国陸軍のエリート捜査官として活躍していた一匹狼、ジャック・リーチャー。携帯電話もクレジットカードも免許証も持たず、eメールすら使わない…。リー・チャイルドが描いたベストセラーシリーズで人気を博す時代錯誤なアウトロー、ジャック・リーチャーを、トム・クルーズ主演、クリストファー・マッカリー監督により見事に映像化した。完全なワナにはめられた元スナイパーの容疑を、ジャック・リーチャーとロザムンド・パイク演じる弁護士が見事に解き明かしていく。トム・クルーズ自身が運転する鮮やかなカーチェイスも見どころだ。ドイツの映画監督ヴェルナー・ヘルツォークが俳優として出演しているのも見逃せないところだろう。

ピッツバーグ近郊。白昼公然と無作為に6発の銃弾が発射され、5人が殺害される事件がおこる。警察の捜査が進み、僅か1時間後には容疑者として元軍人のスナイパー、ジェームズ・バー(ジョセフ・シコラ)が逮捕。だがバーは殺人容疑を否認し、彼がかつて軍で最も恐れていた男、ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)への連絡を要求する。リーチャーは、元米軍の秘密捜査官として名を馳せ、今は街から街へと放浪を続ける一匹狼。真実だけを追求し、正義のためには手段を選ばず事件に立ち向かう男であった。ところがバーは刑務所への護送中、他の囚人たちに襲われ意識不明の状態となってしまう。そんな中、突然警察にジャック・リーチャーが現れ、凄腕の軍のスナイパーであるバーが標的を外す訳がないと指摘。何かがおかしいという確信を持ち始めたリーチャーは、一見単純なこの事件の裏にある隠された真相を暴くべく行動を開始する……。
(goo映画)


映画館にて鑑賞。
トム・クルーズの新シリーズと言うことで見てきました。

真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が命を落とすという事件が発生。
この難事件に正義の男ジャック・リーチャーが挑む・・・。

感想。
普通に面白かったです。(笑)
「ダーティ・ハリー」や「フレンチ・コネクション」などどこか70年代の映画を思わせる雰囲気が良かったです。
トム・クルーズ演じる主人公もチャールズ・ブロンソンがピッタリって感じでしたし。

ただ・・・展開が回りくどくて長いなぁ・・・って感じました。
この内容なら2時間以内にするべきでしょう・・・。
あとはサスペンス映画を沢山見てる人なら「無差別に5人が殺された」・・・って時点で狙いは1人であとはカムフラージュって言うのがすぐにバレますね。(笑)
良くあるパターンで謎解きとしては、もうひとヒネリ欲しかったところです。

で、この映画を退屈にしなかった一番の功労者はロバート・デュヴァル。
さすが名優ですね。老獪な演技で終わってみればトム・クルーズよりも印象に残る演技でした。
その反面、ヒロインと悪役に魅力がなかったのは残念でした。

それにしてもトムくん。
もう50歳のオッサンなんだから上半身、脱ぐシーンは要らんでしょう・・・。(笑)


スポンサーサイト



コメント


50のオッサンで、あのカラダなら見せたくなるって!(笑)
意味のないシーンでしたけどね。(笑)

ロバート・デュバルはさすがに渋い演技でしたね~~♪

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>まっきー
トムの上半身。
まっきー的には胸板が平べったくてNGなんじゃないですか?(笑)
さすがに衰えは隠せない・・・って感じですよね。
ホントに意味のないシーンでした。(爆)

>ロバート・デュバルはさすがに渋い演技でしたね~~♪
80歳近いのに元気だよねぇ~。
ロバート・デュバルが居なかったら、この映画、ヒドイことになってるよね。(笑)
老獪な演技を見せてもらいました。

普通でしたか・・・(^_^;)今日、この映画か「ライフオブパイ」どちらにしようか悩みましたが、来週になると「ライフ~」は午後のみになるので「アウトロー」はそのうちに・・・。と思ってました。サモやんさんも動物が好きで、リチャード・パーカーに興味があったとコメントしていたのが気になって、私も見たのですが、まさかこの映画で泣くとは思っていませんでした。後ろにいた女性は号泣してましたョ(ちょっと大げさかも(^_^;)CGと分かっていても、動物モノはすぐに泣けます(ToT)
来週にでもトムさん、見てこようかしら?

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>わんこさん
「アウトロー」は普通に面白いので安心して見れますよ。
ロバート・デュバルのハチャメチャなオヤジぶりを楽しんでください。←そっちかい!(笑)

で、「ライフ・オブ・パイ」見たようで・・・。
良かったでしょ!この映画。
単純にトラ目当てで見たんですけど色々、考えさせられる内容でしたね。
わんこさんは2つの話、どちらが真実だと思いますか?

本当は人間を動物に例えた話なのでしょうが、私はリチャード・パーカーが主人公の映画と思ってますので(^_^;)やはりトラと漂流した物語を選びますね。あのトラは4匹用意されていて、あとはCGみたいですが、よくできてましたね。シマウマの鳴き声、初めて聞きました(^O^)

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>わんこさん
劇中に出てくる作家さんと同じですね。(笑)
こっちの話のほうが夢がありますよね。e-257

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード