FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ジョコビッチがナダル破り初優勝◇USオープン



テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会15日目の12日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)がディフェンディング・チャンピオンで第2シードのR・ナダル(スペイン)を6-2, 6-4, 6-7 (3-7), 6-1で撃破、今大会では自身初となるタイトルと優勝賞金180万ドルを手に入れた。

「大きな試合では、勝者はわずか数ポイントという小さな差で決まります。」とジョコビッチ。「勝者というのは、より強く自分の勝利を信じた選手だと思います。」

この日の勝利でジョコビッチは、今季の通算成績を64勝2敗とするとともに、10勝目となるタイトルとなった。

「素晴らしい1年です。そして、まだ続きます。」

またジョコビッチは、世界ランク2位のナダルに対し、今季の対戦成績を6勝0敗とした。この6試合は全て決勝となっており、今大会を含むハードコートが3大会、クレーコートが2大会、そしてウィンブルドンとなっている。全豪オープンでも優勝しているジョコビッチは、これでオープン化以降6人目となる1シーズンでのグランドスラム3勝を達成した事になる。





テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会14日目の11日、センターコートで行われた女子シングルス決勝は、第9シードのS・ストザー(オーストラリア)が第28シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)を6-2, 6-3のストレートで退け、自身初となるグランドスラム優勝を成し遂げて幕を下した。

2度目のグランドスラム決勝で悲願のタイトルを獲得したストザーは「まだ言葉がありません。この大会に勝ったことが、まだ信じられないのです。あのコートに立ち、今日のようなプレーが出来たことが、信じられない感覚です。そういうプレーをしたいと望んでいたことが、実際に出来たことが信じられません。」と、喜びを語った。

試合開始から強力なグラウンドストロークで試合をコントロールしたストザーは、オーストラリア人女性としては1980年のE・グーラゴン=コーリー(オーストラリア)以来となるメジャーチャンピオンとなった。

これまでのキャリアを通し、ツアー決勝では2勝7敗という戦績であったストザーが今大会を制したことで、今年のグランドスラム女子シングルスでは、全仏オープンのN・リー(中国)、ウィンブルドンのP・クヴィトバ(チェコ共和国)に続き3大会連続でグランドスラム初優勝となった。

(テニス365netより)

今年最後のグランドスラム大会は男子がジョコビッチ、女子がストサー(WOWOWではこう発音してます)の優勝で終わりました。

どちらの決勝も、ちょっと見た程度なんですけど(笑)僕の印象を。

男子はフェデラー、マレーを加えた4強が抜けてる感じですね。

で、中でも3強の関係は僕が前に書いたようにジョコ>ナダル、ナダル>フェデラー、フェデラー>ジョコ、なんですよね。

なのでフェデラーが優勝するにはジョコとナダルが同じドローに入ってジョコに勝ってもらって決勝でジョコを破るパターンしかないですね=ランキングでナダルを抜いて2位になることがグランドスラム優勝の近道かと・・・。(笑)

ジョコvsナダルは見ててナダルが勝てそうな雰囲気がしないです。

ナダルが対フェデラー戦でやるバック攻めを逆にやられてるような・・・。

フェデラーもナダルに対してバック攻めすれば勝てるんじゃない?って思うんですがダメなんですよね・・・これが相性なんでしょうね。

来年も男子テニス界は、この4人中心に回ると思います。

一方、女子のほうはトップ選手で怪我人が居るし本命なき時代に突入って感じですね。

昨年から、ずっとNO.1ランクのボズニヤッキはなぜ1位なのか分からない強さですし・・・。(笑)

明日の深夜~朝方にかけて決勝戦の再放送があるので男子だけでも見てみようかなぁ~。


スポンサーサイト



コメント

準決勝のフェデvsジョコ戦は寝ないで夜中見たのに~。
めちゃ悔しいです。まだ完全にはふっき切れてないですわ。

>ジョコvsナダルは見ててナダルが勝てそうな雰囲気がしないです。
 今のジョコはとりあえずボールに届いたら返してくるので、今のジョコに
勝つとしたら、ボールに届かせない責めの早いフェデラーしかいない
でしょうね。

ボズニヤッキは一時期のサフィーナ状態ですね。GS無冠ですし。

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>兵庫んちゅさん
フェデvsジョコ戦は朝方、5セット目だけ見ました。
アンビリバボーでしたよね。
フェデラーが自分のサーブのマッチポイント40-15から落として逆転負けするなんて・・・。
しかも2年連続ですもんね。
ジョコが奇跡的な逆転勝利でしたけど相性的にはフェデ>ジョコだと思います。

>ボズニヤッキは一時期のサフィーナ状態ですね。
ホントにそうですね。サフィーナもボズニヤッキも、どこが強いんだか分かりません。
そのうち、自然と落ちるでしょう・・・。(笑)
あと男子だとフェレールがなぜ5位なのかが分かりません。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード