FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【映画】つぐない

つぐない [DVD]つぐない [DVD]
(2008/09/26)
キーラ・ナイトレイジェームズ・マカヴォイ

商品詳細を見る
つぐない 07年イギリス オススメ★★★
出演・・・キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブレンダ・ブレッシン
第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。

幼さゆえの潔癖さが生んだ罪と、それを償うチャンスすら奪い去ろうとする戦争の残酷さを描いた本作は、現代イギリス文学の巨匠イアン・マキューアンのベストセラー『贖罪』を、『プライドと偏見』の新鋭ジョー・ライトが格調高く映像化した傑作。ヒロインは前作に続いてキーラ・ナイトレイ。ロビー役、『ラストキング・オブ・スコットランド』のジェームズ・マカヴォイと共に燃え上がる恋心と揺るぎない愛を見事に演じてみせる。そして物語の要であるブライオニーを新人シーアシャ・ローハン、『エンジェル』のロモーラ・ガライ、大女優ヴァネッサ・レッドグレイヴが競演する。第80回アカデミー賞作曲賞受賞作品。
(goo映画より)


DVDレンタルにて鑑賞。
07年のアカデミー賞、作品賞ノミネート作です。
幼い少女の、何気ない一言のウソ(嫉妬心があったと思います)で引き裂かれた恋人たちの悲劇です。
文芸ものなので、もっと難しいのかと思えば、そうでもなかったです。
結果を見せて、後でその過程を見せる演出なので(しかも何回もあるので)ちょっとわかりづらいところはあります。
役者では幼い頃のブライオニーを演じたシーアシャ・ローハンがインパクト大で大きな見せ場もないキーラ・ナイトレイは影が薄いです。(ーー;)
あっ、「パイレーツ~」の時からキーラ・ナイトレイって誰かに似てるって思ってたんだけど本作を見てやっと分かりました。
若い頃のメリル・ストリープ似てるんですね。スキッリ!
似てると言えばジェームズ・マカヴォイって「今を生きる」の生徒役の1人じゃないんですね。
そうだよなぁ・・・同一人物だとしたら全然、歳取ってないですもんね。^_^;
それにしてもソックリです。(僕が間違えるくらいですから。)

これで07年のアカデミー賞、候補の5作品全て観たわけですけど・・・
個人的には「フィクサー」が一番良かったです。


スポンサーサイト



コメント

コレ、早くから予約リストに入れてるんですけど、
ぜんぜん来ない・・・^^;。

サモやん的にはパッとしなかったって感じですか?
予告編は良く出来てると思いましたが。。

ま、気長に待って、気長に観ま~す♪

★ コメントありがとうございます。m(__)m

>まっきー
僕はレンタル日にあっさりとレンタル出来ました。
観るのに2ヶ月以上かかってますが・・・。(笑)

内容ですが・・・
普通でしたよ。悪くもなく良くもなく・・・。
文芸ものにしては難しくないけど、盛り上がりもなく淡々とした感じで終わっちゃうんです。
まっきーの感想、楽しみにしてますよ。(^^♪

コメントの投稿

管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード