FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。



ゲスの極み乙女。「達磨林檎」
ゲス極のニューアルバム。人気絶頂期にレコーディングされてたけど騒動があり発売延期に。
これ売れてるのかな?あまり話題になってないけど。人気絶頂期に出せなかったのは痛いですね。
ジャジーでお洒落なゲス極サウンドは健在です。女性コーラスが不気味なのも健在。(笑)



ゲスの極み乙女。「達磨林檎」
1:シアワセ林檎
2:影ソング
3:DARUMASAN
4:某東京
5:id2
6:心地艶やかに
7:午後のハイファイ
8:いけないダンスダンスダンス
9:勝手な青春劇
10:小説家みたいなあなたになりたい
11:Id3
12:Dancer in the Dancer
13:ゲストーリー



スポンサーサイト



【映画】ジェーン・ドウの解剖(ネタバレあり)



ジェーン・ドウの解剖 2016年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ブライアン・コックス、エミール・ハーシュ、オフィリア・ラヴィボンド、オルウェン・ケリー

身元不明の女性の検死を行うことになった検死官の親子が、解剖を進めるうちに怪奇現象に襲われるホラー。遺体安置所での逃げ場のない恐怖をリアルな解剖シーンと共に描き、トロント国際映画祭など世界各地の映画祭で高い評価を得た。監督は、『トロール・ハンター』などのアンドレ・ウーヴレダル。検死官の親子を『ボーン』シリーズなどのブライアン・コックスと、『イントゥ・ザ・ワイルド』などのエミール・ハーシュが演じる。

とある一家が無残にも殺害された家の地下で身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミー(ブライアン・コックス)と息子オースティン(エミール・ハーシュ)。死因を調べるため解剖を進めるにつれ、驚くべき事実が次々と明らかになる。やがて、親子に不可解な現象が襲い掛かり……。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

「RED」のブライアン・コックス主演、解剖シーンがリアルで怖いと評判のホラー。
地元では上映してないので東京に行った序に鑑賞。

あれ?何度やっても画像のアップロードに失敗する・・・ジェーン・ドウのたたりか?(笑)

感想。
面白かったです。
いわゆる「エクソシスト」ですね。
ただ今回は生きてる人ではなく死体に憑り付く悪魔ってのが斬新。
でも怖くはないです。(笑)

結末は仕方ないかな・・・って感じ。
だって生き延びたって悪魔なんて誰も信じないし殺人犯になるだけだし。
逆に悪魔ならその生き地獄を味あわせれば良かったのに。(笑)
どっちにしても救いようのない結末だね。^^;

息子役の小さいレオ様ことエミール・ハーシュ。(笑)
喋り方まで似てるんですよね。



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード