FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

本日のBGM



WILCO「エッセンシャル・トラックス 1994-2014」Disc1
はちみつぱい目当てで見たフジロック2016で何気に良かったウィルコ。
早速、ベスト盤をレンタル。
ちょっと70年代を感じさせる感じで好みです。



WILCO 「エッセンシャル・トラックス 1994-2014」
Disc1
1. アイ・マスト・ビー・ハイ
2. ボックス・フル・オブ・レターズ
3. パッセンジャー・サイド
4. カジノ・クイーン
5. ミスアンダーストゥッド
6. レッド・アイド・アンド・ブルー
7. アイ・ガット・ユー
8. マンデイ
9. アウタサイト(アウタ・マインド)
10. 沈んだ財宝
11. カリフォルニア・スターズ
12. 内気なかわい子ちゃん
13. ショット・イン・ジ・アーム
14. キャント・スタンド・イット
15. シーズ・ア・ジャー
16. アイム・オールウェイズ・イン・ラヴ
17. ハウ・トゥ・ファイト・ロンリネス
18. ヴィア・シカゴ
19. エアライン・トゥ・ヘヴン



スポンサーサイト



【映画】ハドソン川の奇跡(ネタばれあり)



ハドソン川の奇跡 2016年アメリカ オススメ★★★
出演・・・トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、ジェフ・コーバー

俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。

2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

監督クリント・イーストウッド、名優トム・ハンクスがタッグを組み早くもオスカー候補と噂される話題作です。

感想。
まず飛行機事故を奇跡的に救った機長がヒーローから容疑者へ・・・って設定はデンゼル・ワシントン主演の「フライト」を思い出しますね。
でも、今回のは実話をベースにしてます。
なので機長は酒も薬もやってません。(笑)

争われる争点は機長の判断。ハドソン川ではなく空港に戻れたのではないか?と言うこと。
空港に戻れば乗客を危険にさらされなかったし飛行機も無傷だったと・・・。
飛行機事故からの奇跡的な生還を描くのではなく、この問題を検証する公聴会がこの映画の最大の見せ場になってます。
ただし・・・このくだりは作り物。実際にはこんなことはないようです。
だから一番の見せ場がフィクションと言う、この手の実話物では致命的な欠点が・・・。

この映画、96分。
普通なら1時間もあれば終わっちゃう内容。
だから、この公聴会のくだりが必要だったんですね。

個人的にはオスカーは厳しいかな・・・と思います。
トム・ハンクスも実話物なら「キャプテン・フィリップ」のほうが良かったです。



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード