FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

本日のBGM



馬場俊英「人生という名の列車」。
名盤ですね。馬場さんのアルバムではこれと「延長戦~」が好き。
ツライ時期に、♪スタートライン、には助けられました。アレンジもこっちのほうが好き。
♪STATION、♪アイビー、も良いです。




スポンサーサイト



【覚書き】サモやんの注目の音楽番組 4月

とりあえずWOWOWよりピックアップ!(笑)



宮沢和史 コンサートツアー 2016 MUSICK 最終公演~26年間の集大成ライブ~
4/3(日) 20:00~22:15 WOWOWライブ
2016年1月3日、元THE BOOMの宮沢和史が、表舞台における歌唱活動を無期限で休業することを発表した。2014年末にTHE BOOMを解散して以降、2015年12月にソロ活動の集大成といえるベストアルバム『MUSICK』(ミュースィック)をリリース。そのアルバムを携え全国7カ所で開催されたコンサートツアーから、最終日の東京公演の模様を放送する。
多彩な音楽フィールドを駆使し、独自の音世界を切り開いてきた宮沢が到達した一つの終着点。ツアーには、彼自身が率いるバンドGANGA ZUMBAのメンバーが海を越えて7年ぶりに全員集結した。このツアーについて「宮沢和史のここまでの音楽人生を全身全霊をささげて歌い上げる覚悟です」と語った宮沢。傑出した才能が生み出した名曲の数々とともに、偉大な足跡を目と耳で残さず記憶しておきたい。
ブーム、再結成しろよ。(栄昇さん(笑))




生中継!谷村新司リサイタル2016「THE SINGER」
4/10(日) 15:00~生中継 WOWOWライブ
日本を代表するスタンダードナンバー「昴」をはじめ、日本人のみならずアジアの人々の心をも震わせる名曲を数多く生み出し歌い続けてきたシンガー谷村新司。2015年に発表したアルバム『NIHON~ハレバレ~』では日本の情緒に深く切り込んだ作品で創作力の高さを遺憾なく発揮し、あらためてその存在感を知らしめた。今回、2012年以来約4年ぶりにWOWOWでのコンサート生中継。
番組は、東京・国立劇場 大劇場で3日間にわたって開催されるリサイタル「THE SINGER 2016」の最終日、4月10日の舞台を放送。日本の伝統芸能の殿堂である国立劇場の格式高いステージで、ポップスアーティストとしてのコンサート開催を唯一認められている谷村新司が、5度目のソロリサイタルを我々に届ける。五感が刺激される“春のうたげ”をご堪能ください。




氷室京介 WOWOW SPECIAL ~HISTORY OF BOOWY TO KYOSUKE HIMURO~
4/16(土) 18:00~22:00 WOWOWプライム
作品やパフォーマンスは言うに及ばず、発言や生きざまを通してロックを体現しているアーティスト氷室京介。ライブ活動休止を発表した彼のファイナルライブツアー“LAST GIGS”が、4月から4大ドームで開催される。2014年に続き、WOWOWは氷室の活動に密着し、コラボレーションを展開。まず始めに過去のライブ映像とミュージックビデオでその歴史を振り返るスペシャル番組を放送。懐かしく、貴重な映像で振り返る氷室ヒストリーは必見。 なお、氷室京介×WOWOWのコラボレーションはこの後も続々予定されているので、チェックをお忘れなく!
ベスト・アルバムも出ますね。




渡辺美里30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り
4/17(日) 21:00~23:00 WOWOWライブ
1985年にデビューし、翌年の「My Revolution」のヒットで切り開いたポップでロックな女の子のサウンド―今も脈々と受け継がれているガールズサウンドの源流を生み出したキーパーソンのひとりとして存在感を示す渡辺美里。2015年にデビューから30年という節目を迎えた彼女が、30周年の集大成と31年目のスタートとして舞台に選んだのが横浜アリーナ。1月9日に行なわれた「オーディナリー・ライフ祭り」は、2015年にリリースされたアルバム『オーディナリー・ライフ』を中心に自身の足跡を網羅した、渡辺美里ファンのみならずガールズロックファン必見のポップでゴージャスなステージとなった。
ゴスペラーズやWEAVERなどスペシャルゲストとのコラボレーションに、ヒット曲の数々など、30年の時空を超えて新たな感動を呼ぶステージ。“ライブの美里ここにあり”を証明する圧巻のパフォーマンスをお楽しみいただきたい。




エリック・クラプトン スローハンド at 70
4/24(日) 21:00~22:40 WOWOWライブ
2016年3月30日はエリック・クラプトン71回目の誕生日。卓越したギタープレーを核に数多くの名曲、名演を残してきた音楽家としての歩みは、半世紀を越えている。しかし、その高い人気と評価はまったく衰えを見せていない。例えば、2016年4月の日本武道館公演5回のチケットは、まさに一瞬で売り切れたという。2015年春、ロイヤル・アルバート・ホールで行なわれた生誕70周年記念連続公演の中から5月21日のライブを記録した当番組は、その存在の大きさを、あらためて強く実感させてくれる。
スティーヴ・ガッド、ネイザン・イーストらをバックに「いとしのレイラ」「ティアーズ・イン・ヘヴン」「ワンダフル・トゥナイト」などの代表曲、「クロスロード」「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」などのブルース・スタンダードを中心にした17曲を、年齢を感じさせることのないパワーと円熟味をバランスよく両立させたパフォーマンスで聞かせてくれる。
1970年のライブじゃないですよ。70歳って意味です。(笑)



本日のBGM



中村一義のニューアルバム「海賊盤」。
せっちゃんファンですが、こっちの一義くんも好きです。
ビクター移籍でジャケ写には愛犬とビクター犬が。ジャケ買いアリ!
♪魂の子守唄、の後にボーナス曲が入ってるけど無音が30分も入ってるのが意味分からん。





♪ゴーストバスターズ!(あまちゃんの大吉さんで)



ゴーストバスターズ 8/19公開

見る気なかったのに特典の「LED付きペン」欲しさで買っちゃった。(笑)

でも女性版ゴーストバスターズってどうなのよ?って思う。^^;










スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ブルーレイ発売



スター・ウォーズ/フォースの覚醒 5/4ブルーレイ発売

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX(初回版)』

<ストーリー>
砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8とストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。
一方、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レンに率いられた帝国軍の残党であるファースト・オーダーは、消えたとされる最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。銀河に新たな脅威が迫る中、レイたちはハン・ソロとチューバッカに出会う。

< MovieNEXとは?>
MovieNEXは以下の4つがセットになっています。
◎ブルーレイ ◎DVD ◎デジタルコピー(クラウド対応) ◎MovieNEXワールド(作品に関する様々な体験が楽しめる進化型コンテンツ)
デジタルコピーはクラウド対応で、iOSでもAndroidでも対応。さらに、MovieNEXワールドは購入者限定のスペシャルサイトが楽しめる、随時更新されていく進化型コンテンツです。


※デジタルコピー(クラウド対応)はもちろん、ここでしか見られない特別映像、ダウンロード・コンテンツやグッズ・プレゼントなど、映画をより深く楽しめるコンテンツを予定しています。

<ボーナス・コンテンツ>
[ブルーレイ]
●メイキング・オブ・フォースの覚醒
●素晴らしい共演者たち
●クリーチャーの制作
●BB-8の秘密
●雪のシーンの撮影風景
●ILMの技術
●ジョン・ウィリアムズの音楽
●未公開シーン
-フィンと村人
-報告
-Xウイング
-カイロ・レンとファルコン
-雪上でのチェイス
-心配するレイ
●フォース・フォー・チェンジ

<商品内容>
・ブルーレイ 2枚(本編ディスク、ボーナス・ディスク)
・DVD 1枚
・デジタルコピー(クラウド対応)
・MovieNEXワールド

<初回限定仕様>
・SWブラック・パッケージ
アウター・ケース



いよいよ発売!!!

買わないけど。(笑)





本日のBGM



MONKEY MAJIKのニューアルバム「southview」。
結成15周年を終え新たなモンキーマジックの音楽はダンスミュージック!
個人的には嫌いじゃないです。
アルバムリード曲の♪Delicious、良いですよ~。ノリノリ~。踊れませんが。(笑)








白鵬、4場所ぶり36度目優勝!



大相撲春場所千秋楽は27日、エディオンアリーナ大阪で行われ、横綱白鵬が自身の最多優勝記録を更新する4場所ぶり36度目の優勝を飾った。結びの一番で横綱日馬富士を突き落としで下し14勝1敗として、賜杯をものにした。

 結びの2番前で大関稀勢の里が大関豪栄道を寄り切りで破り2敗をキープ。白鵬が負ければ13勝2敗となり稀勢の里との優勝決定戦になったが、本割で勝ち切り決定戦に持ち込ませなかった。

 白鵬は初日に小結の宝富士に黒星を喫し苦しい滑り出しとなったが、2日目以降は順調に白星を重ねた。11日目に全勝だった大関稀勢の里を撃破して1敗で並ぶと、12日目には大関豪栄道との1敗対決を制して優勝争いの単独トップに立っていた。
(スポニチより)



相撲って殆ど見ないんだけど白鵬は好き。

何か叩かれまくりですが個人的にはどんな勝ち方しようが良いじゃんって思う。(笑)

TV解説のMさんは横綱になったこともないのに、良く偉そうなこと言えるよなぁ・・・。

横綱経験者が言うのは良いと思うけど・・・大関でもないのに・・・何かムカつく。 

でも「ダメ押し」は危ないし止めたほうがイイネ。





本日のBGM



佐野元春「ソウルボーイへの伝言 The Very Best Of Motoharu Sano A Message to Soul Boy」。
ライブの余韻に浸ってます。
このベスト、ホントに良い曲ばかり。
しかも1枚にまとまって価格も安いし入門編としてオススメです!
♪君の魂 大事な魂、めちゃ良い曲。いつかライブで聴きたいです。









【ライブ】3/26 佐野元春@東京国際フォーラムA



佐野元春35周年アニバーサリー・ ツアーを東京国際フォーラムで見てきました。

佐野元春は昨年、イッキにハマリまして・・・全アルバムを聴くと言う・・・。(笑)
そして今回、35周年のタイミングで初ライブ参戦となりました。

東京国際フォーラムAは今年2回目。
先回は2階の2列目。今回は1階の後ろから3列目(46列)。
遠い!!!2階の前のほうが見やすいです。^^;





サンボと星野源くんからの、お花。
「ザ・ソングライターズ」つながりですね。


まずはセットリスト。



感想。
大御所だし、やって3時間、まぁ、2時間半だろうな・・・って思ってたんですが・・・3時間半に及ぶライブでした。(笑)

セトリは新旧取り混ぜた35周年にふさわしい選曲でした。
凄いね・・・35曲もやったんですよ。
特に後半の80年代の曲連発は圧巻でした。
やっぱり80年代がベストですね。
「自分の中で特別な1曲になった。」とMCで言ってた♪サムデイ、は会場大合唱で感動。鳥肌。
「終わりがあれば始まりがある。俺の場合はこんな感じだった。」って言ってデビュー曲♪アンジェリーナ、を・・・めちゃめちゃカッコいい!!!
ただ歌はヨレヨレでした。声の劣化は否めないです。^^;

MCは日本人ぽくない独特のイントネーションで・・・。(笑)
でも言うことはカッコいいんですよね。
「どこかで俺の曲を聴いて、こうして集まってくれた皆のおかげで俺はこのステージに立ててる。」
「皆も色んなことを乗り越えてここに集まってくれたと思う。サバイバルしてきたことに誇りを持っていいと思うよ。」
「今年は俺の年だ。ウン暦記念とかライブする人も居るが俺は絶対にしない。」(客席:爆笑)
「こうして集まってくれるオーディエンス、自分の意欲が衰えない限り良い曲を作って戻ってくる。」

昨年、ハマって運良く35周年と言う記念ライブに参加できてホントに幸せでした。



グッズは買いませんでしたが終演後にファンクラブに入りました。
それほど素晴らしいライブでした。
カメラが入ってたので、どこかで放送してくれるのか?それともDVD発売かな?楽しみです。



【映画】人生は小説よりも奇なり



人生は小説よりも奇なり 2014年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリナ、マリサ・トメイ、ダーレン・バローズ、チャーリー・ターハン

39年間連れ添いようやく結婚した男性同士のカップルが、同性婚への差別から仕事と家を失うものの互いを思い合う姿を描いたドラマ。人と暮らすことの難しさや理解し合える相手のいることの幸せをつづる。監督は、『あぁ、結婚生活』などのアイラ・サックス。出演は、『愛と追憶の日々』などのジョン・リスゴーと『スパイダーマン2』などのアルフレッド・モリナ。老カップルの苦悩の中に浮かび上がる愛情が胸に迫ると共に、舞台となったニューヨークの洗練された風景にも目を奪われる。

ニューヨーク、マンハッタン。39年間付き合ってきた画家のベン(ジョン・リスゴー)と音楽教師のジョージ(アルフレッド・モリナ)は、親せきや友人たちに祝福されながら結婚式を挙げた。ところが数日後、ジョージは同性婚を理由に勤務先の学校をクビになってしまう。収入が減り住まいを売ることになり、ジョージとベンはそれぞれ別の家に居候を始めるが、二人は互いの大切さに改めて気付き……。
(シネマトゥデイより)


2011年に同性婚が合法となったのをタイムリーに描いた話題作です。

2本目。ライブのある有楽町に移動して映画館にて鑑賞。

感想。
うん、地味。ザッツ単館映画って感じ。(笑)

個人的には同性婚した2人が陥る状況をユーモアに描いて欲しかったですね。
クスっと笑えて最後に幸せで泣けるような・・・ロマコメの同性婚verみたいなのをね。

でも違いました。てか主役のカップルが70代、60代だもんね。^^;
どっちかと言うと人生の終わりに・・・って内容でした。
でも、エイズではないところが現代を象徴してるなぁ~って思いました。

主演のジョン・リスゴーとアルフレッド・モリナはホントに愛し合ってるかのような感じで名演技でした。
内容より役者の演技を楽しむ映画ですね。


【映画】バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(ネタバレあり)



バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 2016年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター

世界的人気を誇るスーパーヒーロー、スーパーマンとバットマンが互いに全力を尽くしてバトルに挑む姿を描くアクション大作。英雄から一転、悪に傾倒したスーパーマン相手に激しい戦いを繰り広げる人類の最後の希望バットマンとの最終対決を映し出す。二大ヒーローを熱演するのは、『マン・オブ・スティール』に続きヘンリー・カヴィルと『アルゴ』などのベン・アフレック。人知を超えた能力を持つ男たちの死闘の行方も見どころ。

バットマン(ベン・アフレック)は、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマから犯罪者一掃に力を注ぎ、一方超人的能力を持つスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)は、その力を人類のために惜しみなく使ってきた。だが、その破壊力の強大さゆえに、スーパーマンは人々からバッシングを受けるようになり……。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

新生スーパーマン・シリーズ「マン・オブ・スティール」の続編です。

感想。
前作同様にトーンが暗いです。バットマンが加わって更に暗くなった感じ。^^;
前半、詰まらなかったけど後半の対決シーンになって、ようやく面白くなりました。
個人的にはバットマン、要らないので(笑)純粋にスーパーマン VS レックス・ルーサーが見たかったなぁ~。
だって良かったシーンって殆どがスーパーマン絡みだったので・・・。
特にケヴィン・コスナーのシーンは涙物でしたね。(出てくると思ってなかったので。)
ついでにラッセル・クロウも出して~!!!(笑)

今回、出たヒーローはスーパーマン、バットマン、ワンダー・ウーマン、アクアマン(少しだけ)。
ワンダー・ウーマンは事前知識が全くなかったので何?この女?って感じでした。
何気にバットマンより強いし・・・。(笑)
スーパーマンを演じるのは前作同様ヘンリー・カヴィル。綺麗な顔してますね、この人。
あっ、宣伝で「スーパーマンが悪に染まる」なんて言ってるけど・・・全然・・・悪じゃないですよ。^^;
対するバットマンはベン・アフレック。
決まった時、何でベン・アフレックやねん?って思ったけど実際に見て更にそう思った。(爆)
だって・・・顔が・・・アゴが・・・。歴代のバットマンで一番コッコ悪いじゃん・・・。^^;
どうせならロシア人を演じた人がやれば良かったのに・・・初代バットマンのマイケル・キートンに似てたから。(笑)

スーパーマン死んだの?って思ったけど死んでないようだし・・・。(笑)
この後、DCコミック版ヒーロー大集合の「ジャスティス」につながって行くようです。




【映画】クライム・ヒート



クライム・ヒート 2014年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・トム・ハーディ、ノオミ・ラパス、ジェームズ・ガンドルフィーニ、マティアス・スーナールツ

<ポイント>
●主演は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で主役マックスを演じ、大ブレイク中のトム・ハーディ(『ダークナイト ライジング』『レヴェナント:蘇えりし者』)。
●脚本は『ミスティック・リバー』『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『シャッター アイランド』などの原作を手掛けた、ミステリー界の巨匠デニス・ルヘイン。監督はアカデミー賞(R)外国語映画賞ノミネート作品『闇を生きる男』のミヒャエル・R・ロスカム。
●ノオミ・ラパス(『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』)や、惜しくも本作が遺作となってしまったジェームズ・ガンドルフィーニ(「ザ・ソプラノズ」)など実力派俳優が脇を固める。

<ストーリー>
ブルックリンでバーを装ってマフィアの金を預かる“闇銀行"を営むボブとマーヴ。ある日、2人の仮面をかぶった強盗が店を襲い、絶対に奪われてはいけない大金が盗まれてしまう。街で最も危険なマフィアに、金を取り返すように命じられた彼らは、ダークサイドへと足を踏み入れていくが……。金を奪ったのは誰なのか? 身の危険が迫る中、彼らが下した決断とは!?
(Amazonより)


輸入盤ブルーレイ購入にて鑑賞。(笑)

そうなんです。これ、輸入盤に日本語字幕が付いてるんです。
ガンドルフィーニの遺作なのに劇場公開ところかDVDも出ない状態で・・・我慢しきれなくて輸入盤を買っちゃいました。
実際に見たのは昨年なんですがブログを書くのにデータが無さ過ぎで・・・今回、日本盤ブルーレイ発売(6/3発売)ってことでようやく書けました。(笑)

感想。
詰まらなくはないけど・・・面白くはないです。(笑)
今、旬のトム・ハーディが出てるのに未公開なのも納得。^^;
ガンドルフィーニはマフィアの金を預かるバーのマスターと言うお得意の役柄。
渋くて良かったですが「おとなの恋には嘘がある」みたいなチャーミングな役のほうが好きだな~。





【レンタルDVD】 僕はこれをレンタルしたいです。 4月

4/2



パパが遺した物語
出演:ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、アーロン・ポール、ダイアン・クルーガー
時を越え結ばれた父と娘の絆を描くドラマ。1989年、N.Y.。小説家のジェイクは、妻と7歳の娘・ケイティと幸せな毎日を送っていた。しかしある日、交通事故で妻が死亡。ジェイクも長期入院することになり、ケイティは妻の姉とその夫に預けられるが…。
ラッセルーーーーー!!!でも詰らないです。^^;



4/6



007 スペクター
出演:ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ
ダニエル・クレイグ主演による「007」シリーズ第24弾。“スカイフォール”で手にした写真の謎に迫るべく、ボンドはMの制止を振り切り単独でメキシコ、ローマに赴く。そこでボンドは犯罪者の元妻に出会い、悪の組織・スペクターの存在を突き止める。
ダニエル・ボンド、最新作です。



ミケランジェロ・プロジェクト
出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン
第2次世界大戦時に数々の美術品を救った「モニュメンツ・メン」の活躍をジョージ・クルーニー監督・主演で描いたサスペンス・コメディドラマ。戦争の経験がない7人の男たちで結成されたある特殊部隊。彼らの任務はナチスが略奪した美術品の奪還だった。
豪華キャストなのに詰らない・・・。^^;



4/8



ヴィジット
出演:オリビア・デヨング、エド・オクセンボールド、キャスリーン・ハーン、ディアナ・デュナガン
『シックス・センス』のM・ナイト・シャマラン監督によるスリラー。ベッカとタイラーの姉弟は、休暇を利用して祖父母の家に遊びに行くことに。優しい祖父と料理上手な祖母に温かく迎えられたふたりだったが、夜、部屋の外から異様な物音が聞こえ…。
シャマラン!!!コレは大丈夫なのか?(笑)



4/20




クリード チャンプを継ぐ男
出演:シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャド
シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダンの共演で『ロッキー』の新たな物語を描くドラマ。孤独に暮らすロッキーの前に、亡き親友でライバルだったアポロの息子・アドニスが現れる。ロッキーは自らの持てるすべてを彼に託すが…。
アポロの息子を主役にした「ロッキー」最新作。
面白いけど「1」のような胸の熱さはないです。




4/22



エベレスト
出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト
エベレスト登頂中に起こった実話を元に描くサバイバルアドベンチャー。ロブが率いるエベレスト登頂ツアーの一行は、順調に登山を続けていた。だが、頂上アタックの日、下山が大幅に遅れた上に嵐で天候が急激に悪化し、彼らは散り散りになってしまう。
何か4月は映画館で見たのばかりだな・・・。^^;
これは面白かったですよ。




本日のBGM



佐野元春「EPIC YEARS THE SINGLES 1980-2004」。
明日は35周年ライブ(東京国際フォーラム)に参戦なのでベスト盤で予習です。
初・佐野ちゃんライブなので、めちゃ楽しみ。ドキドキ。




本日のBGM



岸田智史「エッセンシャル・ベスト」。
今じゃ俳優のイメージが強いけど昔はシンガーソングライターでした。
新八先生の主題歌♪重いつばさ、好きでした。
B面曲♪グリーン・ エイジ、が入ってないのは残念。
♪きみの朝、は大ヒットしましたよね。
自分、音楽の守備範囲が広いなぁ~って思う。(笑)



T・E・N・Tレーベル 30th Anniversary MOONRIDERS IN T.E.N.T YEARS 19851986



T・E・N・Tレーベル 30th Anniversary MOONRIDERS IN T.E.N.T YEARS 19851986

[内容解説]
1985年にY.M.O.散開後の高橋幸宏と鈴木慶一(ムーンライダーズ)により設立されたT・E・N・Tレーベルの30周年を記念して、
2015年10月に発売の「THE BEATNIKS 19812001」に続き、当時レーベルに所属し、その中核をなしたムーンライダーズの、
映像・音楽・ブックレットのボックス企画。
70年代から80年代へと大きく変化を遂げていく日本のミュージックシーンにおいて、
常に実験的であり、最先端であり続けたムーンライダーズが同レーベルに残したオリジナルアルバム3枚と、お宝映像を収録。
2016年はデビュー40周年という節目であり、その足跡を伝える貴重な資料満載のボックスとなります。
BEATNIKS に続き、Seigen Onoのハイレゾアップコンバートによるデジタルリマスター音源収録。
また、「WORST OF MOONRIDERS」には、1986年FM東京ホールでのライヴ音源6曲、ボーナストラック初収録。
フジテレビ「LIVE JACK」出演時の超お宝ライヴ映像を初商品化!!

<収録内容>
【CD】 ハイレゾアップコンバートによる最新デジタルリマスター・ボーナストラック多数収録 紙ジャケ仕様 MASTERD BY Seigen Ono (SAIDERA MASTERING)

「ANIMAL INDEX」 1985年 オリジナルアルバム ボーナストラック収録
1. 悲しいしらせ
2. 犬にインタビュー
3. ウルフはウルフ
4. 羊のトライアングル
5. さなぎ
6. Acid Moonlight
7. HEAVY FLIGHT
8. 夢が見れる機械が欲しい
9. Frou Frou
10. 駅は今、朝の中
11. 僕は走って灰になる
12. 歩いて、車で、スプートニクで
13. Frou Frou studio live version*
14. 犬にインタビュー studio live version*
15. 夢が見れる機械が欲しい studio live version*
16. 歩いて、車で、スプートニクで studio live version*
* Bonus Track
(from VIDEO『DREAM MATERIALIZER』)

「THE WORST OF MOONRIDERS」
1986年 ライブアルバム2枚組 新たに6曲の1986年東京FMホールライヴ音源をボーナストラック収録
DISC1
1. こうもりが飛ぶ頃
2. 夏の日のオーガズム (It's very very long orgasms)
3. 大寒町
4. 酔いどれダンス・ミュージック
5. いとこ同士
6. スパークリング ジェントルメン
7. 太陽の下の18歳
8. へんたいよい子の唄
9. スカーレットの誓い
10. 青空のマリー
11. ロシアン・レゲエ
12. 30
13.Frou Frou

DISC2
1. はちみつぱいのインストゥルメント
2. 2001年のポルカ(ツァラトゥストラはかく語りきより)
3. ペルシャの市場
4. 淋しき心のブラスバンド
5. とにかくここがパラダイス
6.渚のアンビエント・ミュージック
7. CUBAN PARCO
8.女と男がいる舗道
9. スカンピン
10. 月の酒場
11. 砂丘
12. さよならは夜明けの夢に
13. 鬼火
14. くれない埠頭
15.モダーン・ラヴァーズ*
16. いとこ同士*
17. くれない埠頭*
18. 30*
19. 今すぐ君をぶっとばせ*
20. 夏の日のオーガズム*
*Bonus Track
(from LIVE AT FM東京ホール 1986.6.27)


「DON'T TRUST OVER THIRTY」
1986年 オリジナルアルバム 新たにCLINIKA (Vocal Version)をボーナストラック収録
1. CLINIKA
2. 9月の海はクラゲの海
3. 超C調
4. だるい人
5. マニアの受難
6. DON'T TRUST ANYONE OVER 30
7. ボクハナク
8. A FROZEN GIRL, A BOY IN LOVE
9. 何だ?この、ユーウツは!!
10. CLINIKA (Vocal Version) *
11. 夏の日のオーガズム+
12. 今すぐ君をぶっとばせ+
13. 夏の日のオーガズム (Poolside Mix) +
Bonus Track
*CD「かしぶち哲郎SONGBOOK」(1998)
+12inch Single「夏の日のオーガズム」(1996)

【DVD】 「DREAM MATERIALIZER PLUS」
『DREAM MATERIALIZER』より
1.Frou Frou
2.犬にインタビュー
3.夢が見れる機械が欲しい
4.歩いて、車で、スプートニクで
5.駅は今、朝の中
6.僕は走って灰になる

『発売記念ビデオコンサート用「ANIMAL INDEX」より』
1.夢が見れる機械が欲しい
2.歩いて、車で、スプートニクで
3.駅は今、朝の中
4.Frou Frou
5.Acid Moonlight

『LIVE JACK』(1987)「DON'T TRUST OVER THIRTY」期のフジテレビ音楽番組のライヴ映像。初商品化。
「DON'T TRUST OVER 30」「何だ?この、ユーウツは!!」「だるい人」 (C)フジテレビ

『毛ぼうし』(1997) 原案=糸井重里 脚本・監督=岩井俊二
ムーンライダーズの20周年記念シングル「ニットキャップマン」をモチーフとして岩井俊二監督のショート・フィルム初DVD化
監督・脚本:岩井俊二 原作・出演:糸井重里 撮影:金谷宏二 音楽:ムーンライダーズ
出演: 鈴木慶一 塩見三省 伊藤歩 樋口可南子 城明男郎 橋本恵理 峰野勝成郎 高田雅寛

【BOOK】 ムーンライダーズ40th Anniversary 本 (72P) メンバー全員のインタビューや資料写真など満載
【EXTRA】「夏の日のオーガズム」レプリカジャケット

[特殊内容/特典]
【CD】 ハイレゾアップコンバートによる最新デジタルリマスター・ボーナストラック多数収録 紙ジャケ仕様
「ANIMAL INDEX」 1985年 オリジナルアルバム ボーナストラック収録予定
「THE WORST OF MOONRIDERS」 1986年 ライブアルバム2枚組 ボーナストラック収録予定
「DON'T TRUST OVER THIRTY」 1986年 オリジナルアルバム ボーナストラック収録予定
【BOOK】 ムーンライダーズ40th Anniversary 本 (72P) メンバー全員のインタビューや資料写真など満載
【EXTRA】 「夏の日のオーガズム」レプリカジャケット



2016年はムーンライダーズにとってデビュー40周年みたい。

はちみつぱいはビルボードライブでライブするけどムーンライダーズもやって欲しいなぁ~。

それにしてもジャケ写のメンバー、若い!(笑)
 




本日のBGM



上田正樹「2000 BEST」。
ソニー時代のシングル・ベスト。ベリー、ソウルフル!!!
日本一のソウルシンガーでしょ!!!
大ヒットした♪悲しい色やね、はもちろんだけど♪遙かなる河、が素晴らしすぎる。鳥肌物です。




本日のBGM



BEGIN「Sugar Cane Cable Network」。
もう今日はコレしかないでしょう!!!
昨日の素晴らしかったライブの余韻に浸ります。
祝日、仕事だけど頑張れそうです。




【ライブ】3/20 BEGIN@両国国技館

begin両国-2
BEGINの25周年記念コンサート「Sugar Cane Cable Network」ツアー2015-2016ファイナルを両国国技館で見て来ました。


両国国技館、初めて来ましたがミニ武道館みたいで凄く見やすい会場でした。
気に入りました。


ツアートラック。これも♪海の声、のおかげかな?(笑)


同期生からのお花。


中には今まで回った会場でのメッセージが貼られてました。


オリオンビールも販売。


今回はお土産に釣られて特別升席で見ました。
升席は狭いと聞いてましたがスリムなメンズ3人だったので全然、大丈夫でしたよ。(笑)
景色は武道館の1階席ですね。見やすいし音が凄く良かったです。


お土産は座布団、トートバッグ。そしてサイン入りポスカでした。
いや~ポスカを見つけた時は歓喜でした。



-セットリスト-
01.♪昔美しゃ 今美しゃ
02.♪僕だけの愛で出来たうた
03.♪俺は嫌って言う
04.♪恋しくて
05.♪朝焼けの情景
06.♪I Shall Be Released

(3人での酔っ払いコーナー終了。(笑))

07.♪海の声
08.♪アサイーボウル
09.♪Rogan' Roll
10.♪憧れのアンダー
11.♪Blessing Rain
12.♪笑顔のまんま with 一五一会教室の皆さん


Evidencios Begin part. Chitaozinho & Xororo (PV)
ブラジルの国民的スターとレコーディングした曲のPV本邦初公開でした。
優さんの「不満です。俺も映して欲しい。」の前フリがあったので優さんが映る度に会場から失笑が・・・。(笑)
でも・・・良い曲。Chitaozinho & Xororo、うたの日に来るかも。←来ない、来ない。(笑)

13.♪アロハの花
14.♪涙そうそう
15.♪ウルマメロディー
16.♪三線の花
17.♪オジー自慢のオリオンビール
18.♪かりゆしの夜
19.♪マルシャ・メドレー(♪流星の12弦ギター~♪YOU~♪愛が走る~♪国道508号線~♪勝手にシンドバッド~♪Smoke on the Water~♪また逢う日まで~♪月がとっても青いから~♪いつでも夢を~♪バルーン)
20.♪サーファーに傘は要らないのさ


-EN-
21.♪ボトル二本とチョコレート
22.♪島人ぬ宝
23.♪ハンドル




感想。
いや~楽しかった。
酔っ払いモードで4時間越えのライブでした。(笑)
当初のインフォではツアーの1つで特別な・・・的な物ではなかったのに蓋を開ければ4時間超えのSPな内容でした。
ホントに、めちゃくちゃ楽しかった~。

酔っ払いMCとPVで爆笑し大好きな♪I Shall Be Released、で感動。(歌詞間違いそうだったけど何とかゴマカセましたね。^^;)
凄く評価できるのはニューアルバム「Sugar Cane Cable Network」を全曲やったこと。(♪黄昏のリベルダージ、はEND SEで流れました。)
正直、♪サーファーに傘は要らないのさ、はやらないんじゃないかと思いませんでした?
今回、一番楽しみにしてたのでハラハラしてました。(笑)
やっぱり好きなアルバムのツアーって楽しいですね。
今年、似たような内容のツアーがあったら行くなぁ~。(笑)

ただ・・・1つ残念なのは酒を飲んだせいで喉が焼けて本来の栄昇さんの歌唱力じゃなかったこと。
栄昇さんの歌が、こんなもんだと思われるのは嫌だな。^^;
楽しいライブだったけどクオリティはベストではなかったですね。


グッズ。
湯飲み(絵は気持ち悪いです。^^;)、SUGAR CANEベルト付きポーチ(スマホは入らず。^^;)、Tシャツ(色はオレンジ。気合いを入れて珍しくライブ中に着用。)
あと飛んできた銀テープもオマケ。(笑)



最後に会場、打ち上げ、帰りの電車と久しぶりな人に会えたのも嬉しかったです。
みんな元気で5年後もお会いしましょうね。


【この3枚】長渕剛

2011年12月以来、久々の【この3枚】です。^^;

今回は先月マンスリー・アーチストとして聴いた長渕剛で。

3枚と言っておきながら毎回多くなるんですが今回はオマケ2枚プラスで5枚に。(笑)


1位


「LICENSE」 (1987リリース)
1. 泣いてチンピラ
2. PLEASE AGAIN
3. パークハウス 701 in 1985
4. ろくなもんじゃねえ
5. He・La-He・La
6. SITTING IN THE RAIN
7. 花菱にて
8. LICENSE
9. 何の矛盾もない

名盤です!!!
ジャケ写のアートワーク含め完璧です。



2位


「HOLD YOUR LAST CHANCE」 (1984リリース)
1. SHA-LA-LA
2. 言わんこっちゃないさ
3. TIME GOES AROUND
4. WAKE-UP! IT'S MORNING
5. COME BACK TO MY HEART
6. 孤独なハート
7. スローダウン
8. ファイティングポーズ
9. HOLD YOUR LAST CHANCE

今回のサプライズ!
いや~意外と良かったんです・・・このアルバム。
♪HOLD YOUR LAST CHANCE、名曲です。



3位


「STAY DREAM 」 (1986リリース)
1. レース
2. だん・だん・だん
3. 風来坊
4. 俺たちのキャスティングミス
5. HELLO 悲しみよ!
6. 少し気になったBreakfast
7. YOU CHANGED YOUR MIND
8. わがまま・友情 Dream&Money
9. ひとりぼっちかい?
10. SUPER STAR
11. STAY DREAM

人間不信に陥り自殺まで考えた末、完成した名盤。
なんと言っても♪STAY DREAM、でしょう!(剛の曲で一番好き。)




さて、ここからがオマケ・コーナー。(笑)

4位


「HEAVY GAUGE」 (1983リリース)
1. Don't Cry My Love
2. わがまま気まま流れるまま
3. おいで僕のそばに
4. 冷たい外国人
5. すべてほんとだよ!!
6. いかさまだらけのルーレット
7. -100゜の冷たい街
8. 僕だけのメリークリスマス
9. 午前0時の向こう側
10. 僕のギターにはいつもHeavy Gauge

シングル曲は入ってないけどトータルとして良く出来てます。
♪冷たい外国人、は当時、聴いて衝撃でした。



5位


「逆流」 (1979リリース)
1. 風は南から
2. 友への手紙
3. 順子
4. 素顔
5. 男は女が必要さ
6. あんたとあたいは数え唄
7. ひざまくら
8. 祈り
9. 酔待草
10. 逆流

トータルとしては、そんなに好きじゃないんだけど♪順子、♪祈り、♪逆流、が入ってるのがデカイです!!!




そんな5枚を大人買い!(笑)

剛は時代、時代で激変(フォーク・アイドル→短髪で歌い方が変わる→ヒゲ・バンダナ→筋肉マッチョ)してるんですが自分は83年から87年のイメチェンし始めの時期が一番好きです。
2000年以降の筋肉マッチョ時代のアルバムは好きになれない・・・。^^;





昨日のBGM



BORO「大阪で生まれた歌」。
タイトル通り大阪をテーマにした曲たち。大阪んソウルやね!(←ここはツイートも大阪弁で。(笑))
ただBOROの声質に合う合わないがあります。
名曲♪大坂で生まれた女、♪酒と泪と男と女、♪月ああかり、が良かったです。




本日のBGM



中島みゆき「LOVE OR NOTHING」。
♪空と君のあいだに、が入ってる~って思ったらイントロが・・・新録なのね。
♪流星、はこの前のライブで聴いた曲・・・「新潟」で分かった。(笑)
♪風にならないか、良い曲です。




えんきん



テレビのCMで「4週間分1000円」のキャンペーンを見てお試しに買ってみました。

老眼ロールが進んで困ってるので・・・少しでも改善されると良いのですが・・・。(笑)




本日のBGM



「オメガトライブ・ヒストリー: グッドバイ・オメガトライブ 1983-1991」。
2枚組で杉山清貴だけじゃなくて1986、カルロス・トシキまであるのが嬉しいです。
♪キミはセンパーセン~ッ。(笑)





Mr.Children Stadium Tour 2015 未完



Mr.Children Stadium Tour 2015 未完

2015年 Mr.Childrenは、最新アルバム『REFLECTION』の発売日(6月4日)まで開催されていた計25万人を動員のアリーナTOUR『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』に続いて、7月より全10カ所16公演で計75万人を動員したスタジアム&ドームTOUR『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』を開催し、ライブ総動員数100万人を記録。
本作は、69,000人の観客と共に豪雨にまみれ、Mr.Childrenのライブ史上でも間違いなく伝説となった『未完 Tour』の12公演目 (9月6日) 日産スタジアムでのライブの模様を収録。
「未完」「擬態」「ニシエヒガシエ」「光の射す方へ」「and I l ove you 」「タガタメ」「REM」「フェイク」「ALIVE 」「終わりなき旅」「足音 ~Be Strong」「蘇生」「Tomorrow never knows」「innocent world」「Starting Over」に加え、初映像化となる「CHILDREN'S WORLD」「運命」「忘れ得ぬ人」「I wanna be there」等 全28曲の超大作!!
さらに、BONUSには、新たに撮り下ろしたメンバー最新インタビューと、ライブ演出映像を収録。



「TOUR 2015 REFLECTION」と比べると落ちるんですがミスチルですから買いました。

でも・・・たぶん見ないだろうなぁ・・・。(笑)





【映画】ドラフト・デイ



ドラフト・デイ 2014年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ケヴィン・コスナー、ジェニファー・ガーナー、デニス・リアリー、フランク・ランジェラ、エレン・バースティン

アメリカの国民的スポーツ、アメリカンフットボールのドラフト会議の一日を、「ゴーストバスターズ」などで知られるI・ライトマン監督がエキサイティングに映画化。コスナー演じるGM(ゼネラルマネージャー)が選手の獲得を懸けて、他のチームと繰り広げる心理戦を、ワイプ画面を多用してテンポよく見せるライトマンの熟練の演出がみごと。コスナーと対決する演技派俳優たちとの丁々発止のやりとりも魅力。海外ドラマファンには、脇役やその他の出演者に見覚えのあるTVスターが数多く登場するのもお楽しみ。

NFLに所属するクリーブランド・ブラウンズのGMサニーはチームの運営と強化を一手に担っているが、ここ2シーズンのふがいない成績に責任を感じ、3季目こそはファンの期待に応えたいと願っていた。そのためには、12時間後に行なわれるドラフト会議で超大物ルーキーを獲得するのが必要不可欠だ。しかし、ライバルチームのGMに苦しい事情を見透かされた彼は、チームの未来を売り渡す無謀なトレード話に応じてしまい……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

警備員コスナー主演作。(笑)

アメリカンフットボールのプロチーム、クリーブランド・ブラウンズ。そのゼネラルマネージャーを務めるサニーは、成績の不振が続いているチームの状況に焦りを感じていた。地元ファンから寄せられる熱い期待とオーナーからのプレッシャーに応えるべく、12時間後に迫ったドラフト会議で是が非でも大物ルーキーを獲得せねばと決意する。そんな中、ライバルチームのGMの口車に乗せられて、自身とチームの存亡を揺るがしかねない危険なトレードに応じてしまうが・・・。

感想。
面白かったです。
近年のケヴィンの映画ではベストな出来!
スポーツ・シーンは無いのに、こんなに爽快感を出せるってスゴイです。
オススメの1本です!!!
でも・・・アメフトのドラフトって、ホントにこんな裏取引ばかりなのかな?^^;



本日のBGM



スタ-ダスト・レビュー「SHOUT」。
ずっと前にレンタルしたのに今まで聴くの忘れてた・・・。^^;
♪道 ~The Song For Us~、良いですね。
あと♪セガホ、には笑った・・・あと10センチ背が欲しい~。(笑)




本日のBGM



活動再開した宇多田ヒカルの「First Love」。
ご存じ日本で一番売れたアルバム。文句なしに傑作!
♪Automatic、♪time will tell、好きです。
この頃は純粋なR&Bですが、この後、エレクトリカルな路線へ。




【映画】わたしに会えるまでの1600キロ



わたしに会えるまでの1600キロ 2014年アメリカ オススメ★★★
出演:・・・リーズ・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、トーマス・サドスキー、ケヴィン・ランキン、W・アール・ブラウン

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』などのリース・ウィザースプーンが、1,600キロの距離を3か月かけて1人で歩き通した女性を演じたヒューマンドラマ。第二の人生を歩むために、自然歩道のパシフィック・クレイスト・トレイルに挑んだ実在の女性、シェリル・ストレイドのベストセラーを基に、『ダラス・バイヤーズクラブ』などのジャン=マルク・ヴァレが映画化。『ランブリング・ローズ』などのローラ・ダーンが共演する。美しく壮大な情景、過酷な旅と共につづられるヒロインの人生を体現したリースの演技に圧倒される。

砂漠と山道を徒歩で旅することにしたシェリル(リース・ウィザースプーン)。旅をスタートさせる少し前、シェリルは母の死を受け入れられず、薬と男に溺れる日々を送り、結婚生活は崩壊してしまう。シェリルは人生について思い直し、自分自身を取り戻そうと決意。こうして彼女は旅に出たが、寒さが厳しい雪山や極度の暑さが体力を奪っていく砂漠が彼女を苦しめ……。
(シネマトゥデイより)

DVDレンタルにて鑑賞。

リーズ・ウィザースプーン、ローラ・ダーンがそれぞれ主演、助演でオスカーにノミネートされた話題作です。

感想。
面白かったです。

薬中から脱するため数千マイルにもわたるパシフィック・クレスト・トレイルを一人で歩き通すことを決意した女性の実話だそうです。
何カ月にも及んで旅をする訳で・・・。当然、森で野宿も・・・。
虫嫌いの僕には絶対に無理!(笑)

男でも断念する旅を走破し、最後はハッピーエンドに。
ただ、こんなに意志の強い人が母の死であそこまで墜落するのが分からなかったです。




本日のBGM



オフコース「BEST "ever"」。
ベスト盤が乱立してるけどこれは昨年出たファンが選んだベスト。
でもホントかい?鈴木さんボーカル曲が入ってるぞ。なんか損した気分になる。(笑)
僕の好きな♪NEXTのテーマ~僕等がいた~、は絶対入らないんだよね。




プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード