FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札



グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 2014年フランス・アメリカ・ベルギー・イタリア・スイス オススメ★☆ 
出演・・・ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポージ

26歳で女優業からの引退、モナコ公国のプリンスと結婚したケリー。そんな彼女の心の奥に隠されたドラマを「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のO・ダアン監督が映画化。ケリー役のキッドマンは撮影前の5カ月間、ケリーについての大量の映像や資料に目を通し、独特の立ち居振る舞いや話し方を習得するためリサーチを重ねたという。顔が似ているわけではないが、見ていくうちにケリーに見えてくるから不思議で面白い。あちこちにちりばめられたヒッチコック作品へのオマージュにも思わずニヤリとさせられるだろう。

1956年、人気絶頂の中で女優を引退し、モナコ公国の公妃となったグレース。“世紀の結婚”から6年、彼女はいまだに宮中のしきたりになじめず、孤独感を募らせる日々を過ごしていた。そんなある日、彼女のもとにヒッチコック監督から新作出演のオファーが届く。監督直々のオファーに心が揺れ動くグレースだが、そんな中、モナコが国家存亡の危機に直面。グレースは悩んだ末に、夫と国を支える決意をするのだが……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

女優を引退しモナコ大公レーニエ3世と結婚した公妃グレースは、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな折、夫の推し進めていた政策が当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールを激怒させ、武力衝突に発展する可能性もある危機に直面。彼女はスクリーン復帰か、家族そして国家のために全てをささげるかの選択に直面し・・・。


感想。
面白くありません!
モナコ公国の身内から「事実と違う」ってクレーム来たらしいね・・・。
別にこんなの映画化しなくても・・・。
ニコール・キッドマンがグレース・ケリーを演じたかっただけじゃないの?^^;
そのニコール・キッドマンは公開前はオスカー確実とまで言われていたが見事にスカしてしまいました。
興行的にもコケてたのも分かる出来の悪さです。





スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード