FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【覚書き】サモやんの注目の音楽番組 12月


2015FNS歌謡祭
飛天 12/02日(水) 19:00~23:18 フジテレビ系
THE LIVE 12/16日(水) 19:00~21:54 フジテレビ系
年に1度の音楽の祭典、豪華アーティスト勢揃い!4時間超の生放送!!他では絶対に見ることのできない夢の豪華共演、今年はどうなる!?
今年はどうなる?って、どうせいつもの如く細切れメドレーでしょ・・・。^^;
まぁ、BEGINが出るから見ますけど~。(笑)




M-ON! LIVE 尾崎豊 「復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20」
12/5(土) 17:00〜19:00 Music On TV
尾崎豊の生誕50周年を記念して、彼の生涯最後のツアー「TOUR 1991 BIRTH」初日公演(1991年5月20日横浜アリーナ)の映像をまとめた劇場映画化作品『復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』をエムオン!でオンエア!「久しぶりだね」…2年半以上のブランクを経てファンの前に現れた尾崎豊。彼の生涯最後のライブツアーはその言葉で始まった。叫ぶ、走る、ささやく、吠える、笑う、そして語る…、尾崎豊の圧巻ライブパフォーマンスが蘇る。
前にWOWOWで放送あったよなぁ・・・。一応、見るけど。



福山☆夏の大創業祭 2015 スタジアムライブ
12/12(土) 18:00~22:00 WOWOWプライム
福山雅治のデビュー25周年を記念して、2015年の夏開催された野外ライブツアー「福山☆夏の大創業祭 2015」。3度目の「稲佐山」とともに大きな話題となったのが、大阪・ヤンマースタジアム長居と神奈川・日産スタジアムで行なわれた史上最大規模のスタジアムライブだ。収容人数において国内十指に入るこの2つの会場で展開されたライブには、各会場2日間開催で約24万人に及ぶ観客が動員され、熱狂でスタジアムを包み込んだことは記憶に新しい。そんな福山の25年分の感謝を体現した真夏のうたげ、スタジアム公演の模様を放送する。福山の足跡を彩る名曲の数々、野外ならではのさまざまな演出、さらにスタジアムという独特の空間を活用した舞台セットなど、当日会場に詰めかけた人だけが共有できた感動と興奮をプレイバックするスペシャルプログラム。あの“夏”がよみがえる!



細野晴臣 Boogie Woogie Holiday
12/13(日) 22:00~23:50 WOWOWライブ
独自のサウンドを切り開いてきた細野晴臣。2015年6月に単独公演としては自身初となる全国6都市7公演のツアーを行なった。これに続く形で9月19日、東京 日比谷公会堂で開催された1日限りの公演の模様をお届けする。
出演は、細野に加え、高田漣、伊賀航、伊藤大地、野村卓史というおなじみのメンバーにブギウギ・ピアニスト斎藤圭土がゲストとして参加。円熟の域に達した細野サウンドの魅力が詰め込まれたライブ。



生中継!X JAPAN JAPAN TOUR 2015 in NAGOYA~ロンドン ウェンブリー・アリーナ前哨戦~
12/15(火) 19:00~生中継 WOWOWプライム
日本のロックの歴史において屈指の実績と影響力を持つバンド、X JAPAN。2007年の再結成以降、世界規模での活動を展開中で、2014年にはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでコンサートを開き、アジアのアーティストとしての最高記録となる約1万5000人を動員した。さらにパリで2015年に開催された「JAPAN EXPO」において、2016年3月11日に20年ぶりとなるオリジナルアルバムを発売することを発表、翌3月12日にはイギリス・ロンドンのウェンブリー・アリーナでリリース記念ライブ「#XDAY」を行なうこともアナウンスされた。加えて、このイベント会場ではX JAPANのドキュメンタリー映画が世界初公開される予定。
まさに、世界が騒然となっているX JAPANの動向だが、これらの動きに先立って実施されるのが、20年ぶりとなる日本ツアーだ。全公演のチケットが完売のこのツアーから最終日を放送する。
X JAPANって新曲出さないからセトリって毎回似たり寄ったりじゃねぇの?飽きないのかなぁ・・・。(笑)



M-ON! LIVE サカナクション 「SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction」
12/20(日) 17:00〜18:30 Music On TV
現在、半年近くに及ぶツアー「SAKANAQUARIUM2015-2016 “NF Records launch tour”」を開催中のサカナクション。エムオン!では、オリコンウィークリーチャート1位を記録した大ヒットアルバム『sakanaction』を引っ提げて行われた全国ツアー「SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction」より、2013年5月の幕張メッセ公演の模様をオンエア!



オフビート&JAZZ ドクター・ジョン スピリット・オブ・サッチモ
12/22(火) 20:30~22:00 WOWOWライブ
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズ出身で、ブルース、R&B、ロック、ジャズなどさまざまな音楽の要素を融合した独自の音楽を展開して世界の音楽シーンに影響を与え続けてきた唯一無二のアーティスト、ドクター・ジョン。そんな彼が2014年にリリースした、同郷の大先輩ルイ・アームストロングにささげたアルバム『スピリット・オブ・サッチモ』の楽曲を中心としたライブの模様をお届けする。ホーン・セクションも含む大編成のバンドで、ジャズ・フィーリングあふれるピアノとボーカルを聴かせてくれている。キューバ出身の超絶技巧トランペッターのアルトゥーロ・サンドヴァルや、同じくキューバ出身の女性ラッパー、テルマリーもゲストとして参加。
ドクター・ジョンのサッチモ。良さそうな予感。



生中継! ナオト・インティライミ 初ドーム公演~4万人でオマットゥリ!! イヴイヴ大阪冬の陣@京セラドーム大阪~
12/23(水・祝) 15:00~生中継 WOWOWライブ
2015年12月23日、京セラドーム大阪でのナオト・インティライミのライブの模様をお届けする。今回が初のドーム公演となるナオト・インティライミ。デビュー5周年を迎えた彼にとって長年にわたる夢でもあったドーム公演の実現は、老若男女に幅広く支持される彼の音楽性が存分に発揮される絶好の舞台ともいえそうだ。2015年6月に5周年記念のベストアルバム『THE BEST!』をリリースしたこともあり、ライブはヒット曲を中心とした盛り上がり必至の構成に。ファンとの集いを重ね、アニバーサリーイヤーをともに喜び合ってきた1年を締めくくる上でも最高のタイミングでのドーム公演。5周年のアニバーサリーイベントはライブツアーを行なわず、この公演1日のみ。「オマットゥリ男」による過去最高の「オマットゥリ」の幕がついに開いた。
ナオト、ドームですか~。凄いね。



M-ON! LIVE DREAMS COME TRUE 「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND ~ベストライヴ セレクション~」
12/26(土) 17:00〜18:00 Music On TV
史上最強の50曲が収録されたベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』が大ヒット中のDREAMS COME TRUE。また4年に一度開催されるグレイテストヒッツライヴ「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」が、日本縦断の5大ドームツアーとして11/28(土)からスタート。この開催を記念して、エムオン!では過去のドリカムワンダーランドのライヴ映像から最強の楽曲を集め、まさに「ベスト・オブ・ドリカムワンダーランド」ともいえるスペシャルなライヴプログラムをオンエア。1991年に行われた第一回目のドリカムワンダーランドからの貴重な映像も登場!



Baloise Session 2014 エルヴィス・コステロ
12/26(土) 13:15~14:45 WOWOWライブ
2015年10月に自伝を発表し、それに合わせて2枚組アンソロジー『アンフェイスフル・ミュージック』をリリースしたエルヴィス・コステロ。彼が2014年10月28日にバロワーズ・セッションに出演した際のライブをお届けする。
このステージの見どころは、コステロがひとりで行なったソロパフォーマンスだということだろう。アコースティックギターを持ち替えながら歌う「エヴリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック」「シー」「ウォッチング・ザ・ディテクティヴス」「アリソン」といった代表曲の数々は、シンプルな弾き語りだけにあらためて楽曲の良さを実感させてくれる。アコースティックギターの腕前や、エフェクターを多用したエレクトリックギターの轟音プレー、さらにはウイットに富んだMCもソロパフォーマンスならではで聴きどころだ。ロックからジャズ、クラシックまで多彩な音楽性をもつコステロの“素”を垣間見る、必見のライブ。


Baloise Session 2014 ジェイムス・ブラント
12/28(月) 12:00~13:15 WOWOWライブ
2004年にリリースしたデビューアルバム『バック・トゥ・ベッドラム』からの3rdシングル「ユア・ビューティフル」が全英、全米の両チャートで1位に輝く大ヒット、それをきっかけにデビューアルバムは全世界で1,300万枚を超えるメガヒットとなり、一躍世界のポップシーンに躍り出たジェイムス・ブラント。心を震わせるハスキーな歌声、誠実な歌いっぷり、こまやかな情感をたたえた丁寧な曲作りを特徴とする彼の音楽は日本でも受け入れられ、ヒットを記録した。そんな彼のバロワーズ・セッション2014でのライブをお届けする。じっくりと語りかけるように、そして時に叫ぶように歌うブラントのボーカル、それをサポートするシュアなバンドサウンドは派手さこそないものの、聴き応え充分。後半に披露される「ユア・ビューティフル」での大合唱も見どころだ。聴く者の胸にしっかりと届くハートウォーミングなライブ。


Baloise Session 2014 フォリナー
12/28(月) 14:30~15:50 WOWOWライブ
元スプーキー・トゥースのミック・ジョーンズと元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドを中心に結成されたスーパーグループ、フォリナー。いきなり300万枚の大ヒットとなった1977年のデビューアルバム『栄光の旅立ち』を先頭にヒットを連発。中でも1981年の4thアルバム『4』は全米チャート10週連続No.1を記録し、ヒットの規模の大きさから彼らは“産業ロック”の代表格ともいわれた。
現在もミック・ジョーンズを中心に活動を続け、2015年にはデフ・レパードと全米ツアーも展開した彼らが、2014年11月にバロワーズ・セッションに登場した際のライブ。「ダブル・ヴィジョン」「ヘッド・ゲームス」「冷たいお前」「アイ・ウォナ・ノウ」といった代表曲の数々は、1980年代の気分を思い起こさせ、懐かしさいっぱい。スケール感のあるプログレハード的なロックと壮大な叙情派バラードをたっぷり味わえる。
「Baloise Session 2014」シリーズはこの3本が楽しみ。フォリナー、懐かしい。



COUNTDOWN JAPAN 15/16 現地より生放送!COUNTDOWN JAPAN 15/16
DAY-1 12/28(月) 16:00~21:00 WOWOWライブ
DAY-2 12/29(火) 16:00~21:00 WOWOWライブ
DAY-3 12/30(水) 16:00~21:00 WOWOWライブ
DAY-4 12/31(木) 17:00~25:00 WOWOWライブ
12月28日~31日に千葉・幕張メッセにて今年で13回目を迎える、国内最大の年越しロック・フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN」。昨年は、180組を超えるアーティストが出演し、過去最大規模となる18万人の観客で会場内は熱気と興奮に包まれた。この年末の風物詩を今年も4日間合計23時間にわたって現地より生放送でお届けする。各ステージのライブはもちろん、現地特設スタジオに出演アーティストを迎えてのゲストトーク、会場内レポートなど、今年の締め括りにふさわしい盛りだくさんの内容で、音楽にどっぷり浸る至極の4日間。



生中継!福山☆冬の大感謝祭 其の十五
12/31(木) 21:30 ~生中継 WOWOWプライム
大みそか、神奈川・パシフィコ横浜展示ホールで開催される福山雅治のコンサート「福山☆冬の大感謝祭 其の十五」を放送する。デビュー25周年の2015年、感謝の気持ちをライブで伝えるべく、「福山☆夏の大創業祭 2015」が8月に大阪・ヤンマースタジアム長居と神奈川・日産スタジアム、および故郷長崎の稲佐山公園野外ステージで行なわれた。その余韻も冷めぬ中で敢行される、恒例の年末ライブ。12月23日の「男性限定」、24日の「女性限定」を含め、全8公演がパシフィコ横浜の夜を彩るが、31日の公演はスタートが夜9:30に設定された、まさに「年越しライブ」仕様。2015年クライマックスを飾る“魂”のパフォーマンスは必見だ。2015年の締めくくりにお届けする音楽ライブは、福山雅治の熱いステージ。そのパワーを全身に感じながらカウントダウンとともに、新しい年を迎えよう!
2015年、〆は今年も福山のカウントダウン~。



スポンサーサイト



【映画】007 スペクター(ネタバレあり)



007 スペクター 2015年アメリカ・イギリス オススメ★★☆
出演・・・ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ

長い間人々をとりこにしてきた大ヒット作『007』シリーズで、ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを体当たりで演じたアクション大作。前作同様サム・メンデス監督がメガホンを取り、新たなる敵スペクターとボンドの死闘を描く。ボンドガールを『サイの季節』などのモニカ・ベルッチと、『アデル、ブルーは熱い色』などのレア・セドゥというイタリアとフランスを代表する美女が熱演。苦悩するボンドの葛藤はもとより、明らかになる彼の幼少期の秘密に期待。

ボンド(ダニエル・クレイグ)は、少年時代の思い出が詰まった生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取る。彼はM(レイフ・ファインズ)が止めるのも無視して、その写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる。死んだ犯罪者の妻ルチア(モニカ・ベルッチ)と滞在先で巡り合ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を確信する。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

ダニエル・クレイグ・ボンドの最新作を先行上映で見てきました。

少年時代を過ごした“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取ったジェームズ・ボンドは、その写真に隠された謎を解明するため、Mの制止を振り切り、秘かにマネーペニーやQの協力を得て、スペクター解明の鍵を握る旧敵Mr.ホワイトの娘マドレーヌ・スワンと接触。2人で死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分へと迫るが、そこで追い求めてきた敵と自分自身との恐るべき関係を知ることになるのだった・・・。

感想。
うーーーーん、まぁ、こんな感じですかね。
もともと「007」ってそんなに好きじゃないんで・・・。

オープニング・アクションも何か迫力がイマイチでアレっ?って感じだったし・・・。
とにかく前半が長すぎで退屈。
面白くなったのはラスト40分からだと言う・・・。^^;
ラストも全く意味なしだよね・・・どうせ続くんだから・・・。

結局、個人的に一番のハイライトはサム・スミスの主題歌でした。^^;

ダニエル・クレイグ・ボンドはカッコ良かったです。
でもボンド演じるには、これ以上、年取ると厳しいかも・・・。
それにジャケット、小さすぎだし。←関係ない。(笑)

悪役のクリストフ・ヴァルツは演技が上手すぎて逆に鼻について嫌な感じでした。
殺さなかったってことは、また出るのかな?

やっぱりスパイ物はジェームズ・ボンドよりイーサン・ハントのが好きだな。(笑)




【レンタルDVD】 僕はこれをレンタルしたいです。 12月

12/2



SEXテープ
出演:キャメロン・ディアス、ロブ・ロウ、ジャック・ブラック、ジェイソン・シーゲル
キャメロン・ディアス主演によるちょっぴりエッチなラブコメディ。ふたりの子どもにも恵まれ順風満帆な家庭生活を送るアニーとジェイだが、性生活は停滞気味。再び熱い夜を取り戻そうと、ふたりは思い付きで自分たちのSEX動画を撮影するが…。
脇役がコメディアンなので面白そう。



12/9



ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ヴィング・レイムス
トム・クルーズ主演による人気スパイアクションシリーズ第5弾。IMFのエージェント、イーサン・ハントは多国籍スパイ組織“シンジケート”を追っていたが、催涙ガスによって敵の手に落ちてしまう。拷問が始まろうとしたその時、謎の女に助けられ…。
「1」以来の面白さ!これはブルーレイ買います!



12/22



しあわせはどこにある
出演:サイモン・ペッグ、ロザムンド・パイク、トニ・コレット、クリストファー・プラマー
フランス人精神科医、フランソワ・ルロールのベストセラー小説をピーター・チェルソム監督が映画化。美人の恋人と何不自由のない生活を送っていた精神科医・ヘクターは、ふと人生に幸せを感じられなくなってしまい、ひとり旅に出ることを決意する。
「ミッション~」のサイモン・ペッグと「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイク主演。どんな映画なんでしょ・・・。



ハイネケン誘拐の代償
出演:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーウェン
1983年に実際に怒った“ハイネケン誘拐事件”を元に描くクライムサスペンス。アムステルダムのビール企業“ハイネケン”の会長が何者かに誘拐された。高額の身代金を要求してきた犯人は、幼馴染みの5人の若者だった…。アンソニー・ホプキンス主演。
キャストが良いですね。レクター博士、久しぶり。



12/23



カリフォルニア・ダウン
出演:ドウェイン・ジョンソン、カーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ジアマッティ
「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演によるアクション。ネバダ州で巨大地震が発生し、救助活動を行っていたレスキュー隊のパイロット・レイ。そんな中、今度は妻と娘のいるカリフォルニア州でも地震が起こり…。
レスキュー隊の隊長がひたすら家族を助けると言う・・・。^^;



12/25



MI5:灼熱のコンスパイラシー
出演:ビル・ナイ、ウィノナ・ライダー、ヘレナ・ボナム=カーター、クリストファー・ウォーケン、レイフ・ファインズ
ビル・ナイ主演によるサスペンススリラー「MI5」シリーズ第2弾。元MI5のベテラン諜報員・ジョニーは、タークス・カイコス諸島に身を隠していた。ある日、ジョニーは見知らぬ男から食事に誘われる。翌日、その会食で知り合った男が死体で発見され…。
まだ第1弾も見てないけど見たい。(笑)




【ライブ】11/24 サム・スミス@国立代々木第一体育館



サム・スミスのIN THE LONELY HOUR JAPAN TOURを代々木体育館で見てきました。
代々木って久しぶり。
確か野猿の完全撤収がココだったよなぁ~。懐かしい。

このライブ、見たかったけどチケ落選ばかりで・・・。
当初はチケットキャンプでも3万円とかプレミア価格で。
でもこんな大きなキャパですからね・・・発券された後くらいから価格が下がってきて・・・。(売るほうも売れ残りが怖いから下がるんです。)
これなら納得って価格になったので取りました。



席はグッズ付きVIP席を取ったのでアリーナ10列目のセンター寄り通路側だったので最高に観やすかったです。
肉眼でバッチリ、サム・スミスの姿が見れました。
大きいキャパのライブって自分で取るよりチケットキャンプで席を選んで取るのがベストですね。(笑)

で、ライブ。最高でした!!!
とにかく歌が上手い!!!
日本にもファルセットの上手い歌手は居ますがサム・スミスは別次元です。
ビブラートの効いたファルセットに酔いしれました。

サム・スミス。最初はボーイ・ジョージに似てるって思ったけどステージに立ってるサム・スミスはどっちかと言うとジョージ・マイケルって感じでした。
ちょっと痩せてカッコ良くなりましたね。
歌うじゃなくて喋る声が誰かに似てるな・・・って思ったらジュード・ロウでした。(ホントにそっくり!)


(写真禁止なんだけど皆、平気で撮りまくりだったので僕も1枚だけ。^^;)

そのMCはもちろん英語。
こうゆう時こそ日頃、映画を沢山見ている実力をってヒアリングしたんですが殆ど分からん。^^;
ところどころ単語は分かるんですが文章に出来ないと言う・・・。
歓声が上がっても意味不明。「3rd Album」って言ってたから来年、アルバムが出るのかな?
唯一、分かったのは「知ってる日本語が少なくてゴメンナサイ。」かな・・・。(笑)

あと洋楽のライブに来てるんだな・・・って感じたのは曲終わりの歓声。
ヒャーーーって。
こんなの日本人じゃ有り得ない。お客さんに外人さんが多かったってことです。(笑)

曲では♪I'm Not The Only One、が一番の歓声でした。
僕もこの曲が一番好きです。
でも、この曲でクッラップ・ユア・ハンドって言ったのには驚いたね。
確かにリズムは拍手が入ってるけど、これってバラードでしょ?
サム・スミス、「歌って~」とか「ダンスして~」とか日本人相手に無茶ぶりが多すぎ。(笑)

洋楽アーチストってライブ時間が短いって言うけどライブ時間は75分でした。
BEGINのビルボードと同じくらいで・・・。(笑)
でも曲数がそれなりだったからか彼の圧倒的な歌唱力に酔ったせいか、長く感じました。
サム・スミスの曲って3分くらいだから2時間やるのは無理だと思う。(笑)


VIP席のグッズ・・・トートバッグ。
この日のライブは来年2月にWOWOWで放送されます。


-セットリスト-
01.♪Life Support
02.♪Together
03.♪Leave Your Lover
04.♪I'm Not The Only One
05.♪I've Told You Now
06.♪Nirvana
07.♪Like I Can
08.♪Restart
09.♪メドレー (Not In That Way~I Can't Help Falling In Love With You)
10.♪Lay Me Down
11.♪La La La
12.♪Money On My Mind


-EN-
13.♪Latch
14.♪Make It To Me
15.♪Stay With Me






【映画】ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(ネタバレあり)



ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション 2015年アメリカ オススメ★★★ 
出演・・・ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、エリザベス・バンクス、ウディ・ハレルソン、ジュリアン・ムーア、サム・クラフリン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ドナルド・サザーランド

スーザン・コリンズのベストセラー小説を基にした、ヒットシリーズの最終章後編。独裁国家パネムへのレジスタンスの象徴的存在となったカットニスが、パネムのスノー大統領暗殺に挑んでいく。メガホンを取るのは、前2作も手掛けたフランシス・ローレンス。ジェニファー・ローレンスやジョシュ・ハッチャーソンら、シリーズを支えたメンバーが結集する。壮絶なアクションもさることながら、思いがけない真実が待ち受けるラストにも息をのむ。

独裁国家パネムを統治しているスノー大統領(ドナルド・サザーランド)との最終決戦に臨むカットニス(ジェニファー・ローレンス)をはじめとする第13地区の反乱軍。ついにスノー大統領暗殺作戦が発動され、カットニスは、ゲイル(リアム・ヘムズワース)、フィニック(サム・クラフリン)、ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)と実行に乗り出す。だが、スノー大統領は彼らの動きを察知しており、迎撃を展開していく。彼らは、無数の敵からの攻撃や死のトラップにさらされ……。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

「ハンガー・ゲーム」シリーズの完結編です。

カットニス率いる第13地区の反乱軍は、スノー大統領が支配する独裁国家との最終戦争に突入。カットニスは、ゲイル、ピータと共にスノー大統領暗殺に挑んでいく。戦争は衝撃的な結末が待っていた・・・。そしてカットニス、ゲイル、ピータの恋の行方は・・・。

感想。

うーーーーん、だね。^^;
結末があるから「3」よりは面白いんだけどね。
でも・・・完結編を2部構成にしたことで、やっぱり無駄なシーンが多いんだよね。
ラストは良かったですよ。(スッキリしました。
それだけに「3」「4」の出来の悪さが残念です。
実際にアメリカでの興行成績も「3」「4」は悪いみたいです。(とは言え1週目に1億ドル突破してますけど。)

このシリーズ、僕はアクションって言うより恋愛映画だと思ってるのでアクションの少なさは別に問題ないんですけどね。
そのロマンスもピータを洗脳された設定にしたのが、かなりのマイナスになってますね。
三角関係の結末は愛すよりも愛される幸せ・・・って感じですかね。





【映画】デビルズ・ノット



デビルズ・ノット 2013年アメリカ オススメ★★★
出演・・・コリン・ファース、リース・ウィザースプーン、デイン・デハーン、ミレイユ・イーノス、ブルース・グリーンウッド

全米を震撼させた3人の児童の猟奇殺人事件と、その後、警察のずさんな捜査のせいで迷走をたどり、一層の騒ぎを巻き起こすことになった事件の裁判。1993年、アメリカ中南部ウエスト・メンフィスで実際に起き、物議を醸すことになった疑惑の未解決事件を、「スウィート ヒアアフター」のエゴヤン監督が独自のタッチでスリリングに映画化。警察のずさんな捜査法に疑問を抱き、独自の調査を開始する私立探偵を熱演するのは、「英国王のスピーチ」で第83回アカデミー主演男優賞に輝いた実力演技派C・ファース。

1993年、アメリカ中南部のウエスト・メンフィスで3人の男児が行方不明となり、捜索の末、“悪魔の巣窟”と呼ばれる近くの沼で全裸の惨殺体で発見されるという事件が発生。その猟奇的な手口から悪魔崇拝者による犯行とみなした警察は、1カ月後、オカルト好きのダミアンら、3人の未成年の若者たちを容疑者として逮捕する。やがて世間が注目する中、事件の裁判が始まるが、そこでさまざまな矛盾や疑問点が浮き彫りとなり…。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

コリン・ファース、リース・ウィザースプーン主演で実際に起こった殺人事件を描いたサスペンス。


1993年、アメリカのアーカンソー州ウエスト・メンフィスで児童たちが無残にも殺害される事件が発生。彼らと顔見知りだったアイスクリーム売りの青年や現場近くにいた血まみれの黒人男性など、不審な人物がいたにもかかわらず、警察は16歳から18歳の若者3人を容疑者として逮捕する。私立探偵ロンは、事件捜査の経過に疑問を覚えて独自に調査を開始するが・・・。


感想。
デビルって言うからホラーかと思えば実際にあった殺人事件でした。
子供が殺害されて悪魔信仰する青年が犯人として仕立てあげられる・・・って話で冤罪物ですね。
悪魔を犯人にしろって世間の流れと警察のずさんな捜査で犯人にさせられてしまう怖さがあります。
演出もドキュメンタリー風な演出で良かったです。
こうゆう実話の殺人物って興味あるので面白く見れたんですが痛いのは未解決な事件だと言うこと。
やっぱりラストは犯人が逮捕されてスッキリしたいでよね。モヤモヤ。




【映画】ランナーランナー



ランナーランナー 2013年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジャスティン・ティンバーレイク、ジェマ・アータートン、アンソニー・マッキー、ベン・アフレック

製作陣に人気男優L・ディカプリオが名を連ね、世界中で巨万の富を生み出す“オンラインカジノ”を筆頭とする、新手のアウトロービジネスを題材にした、ユニークなハリウッド産サスペンス。雰囲気が似た話題作「ソーシャル・ネットワーク」の俳優兼歌手のティンバーレイクが主人公役に扮し、「アルゴ」などで映画監督としても活躍するアフレックと男っぽい顔合わせを実現。主人公は実在のギャンブラー、ナット・アレムをモデルにしたといい、インターネットを駆使した新時代アウトロー稼業をリアルなタッチで描いた。

プリンストン大学に通う頭脳明晰な元金融マンのリッチーだが、あるオンラインカジノにはまって全財産を失う。リッチーはオンラインカジノの帝王と呼ばれるアイヴァンに興味を抱き、アイヴァンが実際にもカジノを経営しているコスタリカに飛び、彼と接触。アイヴァンに気に入られたリッチーは彼のもとでカジノの経営を手伝いだし、大金を手に入れる。だが、アイヴァンを追うFBI捜査官からひそかに情報を提供するよう脅され……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

アメリカで大コケした映画です。^^;

プリンストン大学の学生リッチーは大事な学費をオンラインカジノのポーカーに使い込んでしまう。カジノのいかさまを疑い胴元のサイトオーナーに直接話をしに向かったリッチーはサイトオーナー、アイヴァンに気に入られる。だが、それはアイヴァンの巧妙な罠だった。カジノ王にFBIも絡み合う裏社会で絶体絶命の窮地に陥ったリッチーは窮地を脱出しようとするが・・・。

感想。
あれ?面白いじゃん。
コケたから、どんだけ酷いのかと思ったのに・・・。
なんでコケちゃったの?

悪役のベン・アフレックに魅力がないのは分かるんですが・・・。
やっぱり変な顔だよね。
バットマンは有りえないなぁ・・・。^^;



【映画】コードネーム U.N.C.L.E.(ネタバレあり)



コードネーム U.N.C.L.E. 2015年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・ヘンリー・カヴィル、アーミー・ハマー、アリシア・ヴィキャンデル、エリザベス・デビッキ、ジャレッド・ハリス、ヒュー・グラント

1960年代の人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、『スナッチ』などのガイ・リッチー監督が新たな視点で映画化。東西冷戦下、CIAとKGBのエージェントが協力し合い世界規模のテロ事件を阻止すべく奮闘する。プレーボーイのソロと堅物クリヤキンという水と油のスパイコンビを、『マン・オブ・スティール』などのヘンリー・カヴィルと、『ローン・レンジャー』などのアーミー・ハマーが熱演。そのほか『アンナ・カレーニナ』などのアリシア・ヴィキャンデル、ヒュー・グラントらが脇を固める。

東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。
人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」の映画化。

東西冷戦真っただ中の1960年代前半。ナチスの残党が強大な国際犯罪組織と手を組み、核兵器とその技術拡散によって世界の勢力バランスを揺るがそうとするテロ計画を企んでいた。そんな中、CIAで最も有能な男といわれるナポレオン・ソロと、KGBに史上最年少で入った超エリートのイリヤ・クリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。タイムリミットが迫る中、核爆弾大量生産の危機から 二人は世 界を救えるのか・・・。


感想。
惜しいね。
前半の導入部は面白かったのに中盤がグダグダで・・・。
冷戦時代のスパイ活動をスタイリッシュに描いてるところは、めちゃ良いだけに惜しいね。
敵役の女性も見るからにオードリー・ペップバーンのファッションだし。(笑)

役者ではナポレオン・ソロを演じたヘンリー・カヴィルは良かったけどクリヤキンを演じたアーミー・ハマーが魅力薄。
ヘンリー・カヴィルって顔はマイケル・パレっぽいけど声はウォーレン・ベイティーに激似だよね。(笑)

ラストは続編を匂わす終わり方なんだけどアメリカでの興業成績がパっとしなかったので続編は微妙かな・・・。^^;
個人的には、もう1本見てみたいです。



特別号外!



スター・ウォーズ/フォースの覚醒 12/18公開

結局、グッズ付きはキャンセルしました。

だって予約が始まってるのにグッズ付きチケが来るのは12/15なんですよ~。遅すぎ。

それに、それほど熱狂的なスター・ウォーズ・ファンでもないしね。(笑)

セブンイレブン前売り特典は「スター・ウォーズ新聞」でした。

12/20に東京遠征するので予約しました。楽しみ。








【映画】ミケランジェロ・プロジェクト(ネタバレあり)



ミケランジェロ・プロジェクト 2014年アメリカ オススメ★☆
出演・・・ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン、ボブ・バラバン、ヒュー・ボネヴィル、ケイト・ブランシェット

『オーシャンズ』シリーズなどのジョージ・クルーニーが、製作・監督・脚本・主演をこなした実録サスペンス。第2次世界大戦末期を背景に、ナチスドイツに奪われた美術品を取り戻す命令を下された者たちの姿を活写していく。『ボーン』シリーズなどマット・デイモン、『アビエイター』などのケイト・ブランシェット、『ロスト・イン・トランスレーション』などのビル・マーレイら、実力派スターが共演。彼らが繰り出す重厚で濃密な物語もさることながら、戦下での壮絶な戦闘を描写したアクションも見もの。

ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラーの命を受け、ドイツ軍は侵攻した欧州各国の美術品を略奪。それに強い危機感を抱くハーバード大学付属美術館の館長ストークス(ジョージ・クルーニー)はルーズベルト大統領を説得し、美術品や歴史的建造物を保護する部隊モニュメンツ・メンを結成する。中世美術に精通したグレンジャー(マット・デイモン)や建築家キャンベル(ビル・マーレイ)などのメンバーを集め、ヨーロッパ各地を奔走。だが、劣勢を強いられて自暴自棄になったナチスや、妨害しようとするソ連軍が彼らの前に立ちはだかる。
(シネマトゥデイより)


(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。
こちらも更に豪華キャストで描く実話です。

第二次世界大戦末期。ヨーロッパ戦線ではいよいよナチスドイツの敗色が濃くなっていた。ルーズベルト大統領は、ナチスが強奪した美術品の数々が戦火で灰塵に期することを懸念し、美術品の奪還作戦を発令する。人類の遺産とも呼ぶべき美術品の運命やいかに・・・。

感想。
詰まらない・・・。^^;
アメリカではオスカー候補と噂されてたのに蓋を開ければ不評だったのが分かりました。
実話物だから真面目に描くか多少のフィクションを入れて面白く描くか・・・。
監督のジョージ・クルーニーは前者を選んじゃった・・・。
なので豪華キャストを上手く使えてないですね。
冒頭だけでしたね・・・「スティング」みたいな雰囲気でドキドキしたのは。
「オーシャンズ11」みたいに全員で動くではなくて幾つかに分かれて動くのが魅力減です。




【映画】エベレスト 3D(ネタバレあり)



エベレスト 3D 2015年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、エミリー・ワトソン、キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、ジェイク・ギレンホール

世界中の登山家を魅了するエベレストで1996年に起きた遭難事故を、『ザ・ディープ』などのバルタザール・コルマウクル監督が映画化。死と隣り合わせの標高8,000メートルを超えたデスゾーンで極限状況に追い込まれた登山家たちのサバイバルを、迫力の映像で描く。キャストには『欲望のバージニア』などのジェイソン・クラークをはじめ、ジョシュ・ブローリン、キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、ジェイク・ギレンホールら実力派が集結。

世界にその名をとどろかせるエベレスト登頂を目指し世界各地から集まったベテラン登山家たちは、参加者の体調不良などトラブルが重なり下山が大幅に遅れる。さらに天候が急激に悪化し、命の危険性が劇的に高いデスゾーンで離れ離れになってしまう。ブリザードや酸欠などの極限状況に追い込まれた一行は……。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

エベレストで1996年に起きた遭難事故を豪華キャストで描いた話題作です。
「エベレスト 3D」だけど2Dで鑑賞。(笑)
でも2Dで十分だと思う。^^;

登山家の夢である世界最高峰エベレスト登頂を目指すツアーに、様々な山で経験を積んだ者たちが集結。頂上に向け出発するが、道具の不備や参加者の体調不良などが重なり予定よりも下山が大幅にずれ込んでしまう。さらに天候が急変し、人間が生存できないとされる標高8000メートルを超える地帯、デスゾーンで離れ離れに。酸欠の中、自然の猛威が彼らを襲う。

感想。
面白かったです。
前半は背景となる人間関係をじっくりと・・・後半は怒涛の災害パニックに・・・。
安全第一って言ってた主人公が情に流されてしまうことで悲劇が・・・。
頂上制覇出来ても死んじゃ意味ないと思うけどね。
ラスト、奇跡の生還を期待したけど・・・実話だしダメかと思った瞬間に別のところで奇跡が!!!
これは上手い演出でしたね。

遭難者の中に日本人が居たのが驚きでした。
たぶん、当時、大きなニュースになったんでしょうね。

役者はとにかく豪華でした。
今が旬なジェイク・ギレンホールに旬が終わったサム・ワーシントンまで。(笑)
「ターミネーター ジェネシス」で全く魅力なかったジェイソン・クラークが良かったです。

でも・・・命賭けてまで冬山に登ろうとする気持ちが理解できないです。^^;




サボっちゃった。

ブログ、土・日とお休みしました。

なんか毎日更新が義務っぽくなってたので疲れちゃって・・・。

病気とかではないので。(笑)

週末に映画を3本見てリフレッシュ。

映画3本分のネタもあるので(笑)ボチボチ再開しまーーーす。






車じゃないよ。(笑)



オデッセイ 2/5公開

SF物って苦手なんだけどアメリカで「ゼロ・グラビィティ」の再来って言われて大ヒット&高評価なので見ることにしました。

マット・デイモン、役作りだと思うけど痩せたねぇ・・・。

前売り特典は「なし」でした。







新型プリウス



4代目プリウス。

カッコ悪~。^^;

ウィッシュを不細工にした感じ。(笑)



続いて燃費記録です。(結構、前だけど・・・。^^;)

10/24給油

走行距離 406.6キロ・・・(長岡市2回120キロ、あとは街乗り)

給油量  40.40 L

燃費計  11.10キロ/L

実燃費  10.06キロ/L

価格1L 127(前回比:3円高)






【映画】グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札



グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 2014年フランス・アメリカ・ベルギー・イタリア・スイス オススメ★☆ 
出演・・・ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポージ

26歳で女優業からの引退、モナコ公国のプリンスと結婚したケリー。そんな彼女の心の奥に隠されたドラマを「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のO・ダアン監督が映画化。ケリー役のキッドマンは撮影前の5カ月間、ケリーについての大量の映像や資料に目を通し、独特の立ち居振る舞いや話し方を習得するためリサーチを重ねたという。顔が似ているわけではないが、見ていくうちにケリーに見えてくるから不思議で面白い。あちこちにちりばめられたヒッチコック作品へのオマージュにも思わずニヤリとさせられるだろう。

1956年、人気絶頂の中で女優を引退し、モナコ公国の公妃となったグレース。“世紀の結婚”から6年、彼女はいまだに宮中のしきたりになじめず、孤独感を募らせる日々を過ごしていた。そんなある日、彼女のもとにヒッチコック監督から新作出演のオファーが届く。監督直々のオファーに心が揺れ動くグレースだが、そんな中、モナコが国家存亡の危機に直面。グレースは悩んだ末に、夫と国を支える決意をするのだが……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

女優を引退しモナコ大公レーニエ3世と結婚した公妃グレースは、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな折、夫の推し進めていた政策が当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールを激怒させ、武力衝突に発展する可能性もある危機に直面。彼女はスクリーン復帰か、家族そして国家のために全てをささげるかの選択に直面し・・・。


感想。
面白くありません!
モナコ公国の身内から「事実と違う」ってクレーム来たらしいね・・・。
別にこんなの映画化しなくても・・・。
ニコール・キッドマンがグレース・ケリーを演じたかっただけじゃないの?^^;
そのニコール・キッドマンは公開前はオスカー確実とまで言われていたが見事にスカしてしまいました。
興行的にもコケてたのも分かる出来の悪さです。





【映画】ブラックハット



ブラックハット 2014年アメリカ オススメ★★
出演・・・クリス・ヘムズワース、ワン・リーホン、タン・ウェイ、ヴィオラ・デイヴィス

『インサイダー』『ALI アリ』などのマイケル・マン監督が、サイバーテロをテーマに描くクライムアクション。コンピューターやネットワークに対して攻撃するハッカー「ブラックハット」を題材に、ネットワーク不法侵入により世界を脅かす凶悪犯を追跡すべく、獄中から駆り出された元ブラックハットの奔走を活写する。『マイティ・ソー』シリーズなどのクリス・ヘムズワースが主演し、『ラスト、コーション』などのタン・ウェイとワン・リーホンらが共演。

ネットワークに不法侵入されたことで香港の原子炉が破壊されてしまい、さらにアメリカの金融市場も被害を受ける。アメリカと中国の合同捜査チームは事件解決のため、現在獄中生活を送るすご腕ハッカーで天才プログラマーのニコラス(クリス・ヘムズワース)に協力を要請。犯人は以前彼が開発したプログラムを応用しており、正体・目的共に不明の犯人のしっぽをつかむべくニコラスは捜査チームと一緒に世界中を駆け巡るが……。
(シネマトゥデイより)


DVDにて鑑賞。

何者かがネットワークに不法侵入し、香港の原子炉が爆破される事件が発生。アメリカと中国の合同捜査チームは解決の糸口を掴むことができずにいたが一縷の望みを託してハッキングの罪で投獄されていた天才プログラマー、ハサウェイに協力を要請する。犯人が使用しているシステムは、かつて彼が開発したプログラムを応用したものだったのだ。世界を脅かす凶悪犯を阻止するため、ニコラスは合同捜査チームの中国人パートナーとともに捜査を開始するが・・・。

感想。
詰まらない。
前半はまだ良かったんだけど後半はドロドロで・・・。
それとマイケル・マン監督作って無駄に長いよね。^^;
「ラスト・オブ・モヒカン」は大好きなんだけど・・・当たり外れのある監督ですね。

役者ではマイティ・ソーことクリス・ヘムズワースが頭が良い人には見えないのがツライです。(笑)





【映画】ANNIE/アニー



ANNIE/アニー 2014年アメリカ オススメ★★★ Annie
出演・・・ジェイミー・フォックス、クワベンジャネ・ウォレス、キャメロン・ディアス、ローズ・バーン

1977年の初演からロングランを続けるブロードウェーミュージカルを、[1982年版]に続いて再映画化。舞台を大恐慌時代から現代に置き換え、携帯電話やSNSが登場するなど現代的なアレンジが加えられたほか、映画用に新曲も追加。名曲「トゥモロー」もR&Bテイストにアレンジされているが、物語の根本は変わっていない。前向きなアニーを演じるQ・ウォレスの達者な演技と歌のうまさには脱帽だ。過去のグラック作品に絡んだ俳優たちのカメオ出演が見もので、本人役で登場する人気俳優にもご注目を。

携帯電話会社のCEOでニューヨーク市長候補のスタックスは選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女を助ける。彼女の名はアニー。4歳のときにレストランに置き去りにされ、現在は横暴なハニガンが営む施設で暮らしていた。スタックスはそんな彼女の境遇を選挙戦に利用しようと、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始める。最初は反りが合わなかった2人だが、いつしか固い絆が芽生えていく。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

現代のニューヨーク。アニーは4歳のときに姿を消した両親に、いつの日か会えるときが来ることを夢見て、両親と別れたレストランに足しげく通っていた。ある日、アニーはIT長者でニューヨーク市長の有力候補とされるスタックスに出会う。選挙スタッフに提案されてアニーを引き取ったスタックス。そんな中、アニーの両親に関わる知らせが届き……。

感想。
面白かったです。
選挙戦って言う新しい設定が上手いと思いました。
ただ・・・やっぱり今回もアニーを愛してしまう過程に説得力がないですね。
こんなに簡単に愛せないでしょ・・・ペットじゃないんだから・・・。^^;
あとは僕の中でアニーは赤毛でソバカスで赤毛のアンみたいなイメージなので黒人のアニーは違和感ありでした。

ジェイミー・フォックスは流石の歌唱力ですね。
歌が下手なイメージがあるキャメロン・ディアスがこれほど歌えるとは思わなかったです。(笑)
でもキャメロン・ディアスもこうゆう役をやる年齢になったんですね。^^;



おニュー



スマホの交換してきました。

設定とかクリアになってやり直さなきゃならないのは面倒だけど1年経ってまた新品になるのは気分が良いですね。(笑)

古株の小鉄くんと一緒にパシャ。




珍しく食レポ



新宿の珈琲屋さん。
お店の名前は・・・忘れた。^^;
場所はヤマダ電機の裏あたり。アルタの並び。
漢字のほうがピッタリなクラシカルなお店でした。

BEGINのイベントの後にマイミクさんとお茶するのに入ってみました。
珈琲、1300円。
高い!って思ったけど3杯は飲めるので1杯400円だと、そんなに高くないね・・・って思う。
味は美味しかったです。
普段、インスタントしか飲まないんですが、やっぱり違いますね。
ブラックだけど苦味もなく美味しく頂きました。
あっ、マイミクさんにご馳走して頂きました。ありがとう~。




続いて、その足で丸亀製麺へ。
17時以降の限定メニューの「牛すき鍋うどん」が目当て。
何が一番好き?って聞かれると迷わず「すき焼き」って答えるほど、すき焼き好きなのです。
価格は590円。プラス期間限定でご飯、うどん増量が無料なのも魅力的でした。

すき焼き鍋は適度に煮てあって後は席で固形燃料で煮て食べるスタイル。
味は・・・すき焼きとしては美味しいと思う。
でも、うどん食べるにはタレが甘すぎると思う。
甘くて途中で飽きちゃいます。^^;
なので最後は、たまごにタレを入れて、それをご飯に掛けて食べました。
やっぱり、すき焼きとしては美味しい。でも、うどんなら「ぶっかけ」食べたほうが美味しいね。(笑)
ちなみに自分は生の卵の白身は苦手なので白身は鍋に入れて加熱します。(笑)




豪華キャスト



ミケランジェロ・プロジェクト 11/6公開

今日から公開の映画です。

アメリカでイマイチだったので迷ったんですが豪華キャストに釣られて買いました。(笑)

だって、ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン・・・ですよ~。

前売り特典は「なし」でした。








こっちのクマさんは?



パディントン 2016年1月15日公開

イギリスのベストセラー児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化。


テッドがダメだったので、こっちのクマさんに期待してます。(笑)

前売り特典はマグネット・ブックマークです。








Gone, Gone, Gone Phillip Phillips



ラジオでたまたま聴いたんだけど、めちゃイイネ。

声が好みです。

こうゆう時、洋楽ってレンタルできないのがツライです。

配信で1曲にしようかとも考えましたがアルバム単位で聴いてみたいので買いましたよ。思わぬ散財。(笑)








バックアップは重要



スマホが壊れました。

朝、カメラが真っ暗になり再起動すれば直るよな・・・なんて思って再起動したら・・・。

再起動ループに陥りました。

起動して1分くらいすると再起動の繰り返し・・・。

これじゃ何もできない・・・。

買って1年。全くバックアップしてなかったので慌てた慌てた。

バックアップしたくても時間が1分でしょ・・・。^^;

メールとかアドレス帳はバックアップ中に再起動してダメ。

カメラの画像だけコマメにバックアップしました。

バックアップの大切さが分かりました。

こんな感じで朝、昼休みと音楽も聴けず・・・ツイッター、ミクシイも見れずで・・・。

スマホが使えないとホントにツライです。

会社が終わってauショップへ直行。

買った時に入らされてた保険を解約しないで続けてたので無償交換になりました。

代替え機を借りてきたけどメーカーが違うから使い方、分からんし・・・。

交換機は明日来るので早いとこ交換に行かなくちゃ・・・。

あ~、めっちゃ疲れた1日でした。

もうサムソンは買いません!!!





【映画】ジョン・ウィック(ネタバレあり)



ジョン・ウィック 2014年アメリカ オススメ★★★
出演・・・キアヌ・リーヴス、ウィレム・デフォー、イアン・マクシェーン、ミカエル・ニュークヴィスト、ディーン・ウィンタース、エイドリアンヌ・パリッキ、 ジョン・レグイザモ

『マトリックス』シリーズなどのキアヌ・リーヴスがすご腕の元ヒットマンを演じたアクション。ロシアン・マフィアに平穏な日々を壊された元暗殺者が、壮絶な復讐(ふくしゅう)に乗り出していく。メガホンを取るのは、『マトリックス』シリーズなどのスタントを務めてきたチャド・スタエルスキ。『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』などのウィレム・デフォー、『ヘラクレス』などのイアン・マクシェーンら、実力派が共演する。全編を貫くダークでスタイリッシュなビジュアルに加え、カンフーと銃撃戦を融合させた迫力のアクションも必見。

伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。暴力から遠く慣れた毎日に安らぎを覚えていた彼だったが、それをロシアン・マフィアによって奪われる。怒りと憎しみに支配された彼は、封印していた殺しのスキルをよみがえらせ、ロシアン・マフィアへのリベンジを果たすことを決意し……。
(シネマトゥデイより)


映画館で鑑賞。
アメリカで好評だったキアヌ主演のアクション映画です。

ジョン・ウィックは裏社会にその名を轟かせた殺し屋だったが、愛に目覚め引退。しかし妻が死に、その忘れ形見はロシアン・マフィアの手により散ってしまう。ジョン・ウィックは怒りに身を任せ、たった一人、復讐に乗り出す・・・。

感想。
これは面白いですね。
最後まで、あっと言う間のノンストップ・アクションでした。
好評で続編が作られるのも頷けます。
なのに日本公開がここまで遅くなったのは、なんでなんでしょうね?

とにかくキアヌがカッコ良いです。
至近距離での銃撃戦はスピーディーで迫力があって「キングスマン」を超えてると思います。
ジョン・ウィックとキングスマンを戦わせたら面白いかも・・・。(笑)
ジョン・ウィックを助けるマーカス役のウィレム・デフォーも良かったです。
たぶん続編ありきだったら殺さなかったでしょうね。残念。

あと・・・途中まで何で復讐がワンコが殺されたからなんだろう?って思ってたんです。
普通に妻が殺されて・・・でいいのに・・・って。
でもラストのオチで納得しました。
最初のワンコがめちゃくちゃ可愛らしいのにラストのワンコが不細工なのもナイスでした。(笑)

めちゃオススメのアクション映画です!!!


【映画】ダイバージェントNEO



ダイバージェントNEO 2015年アメリカ オススメ★★★
出演・・・シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、マイルズ・テラー、アンセル・エルゴート、マギー・Q、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット

『ファミリー・ツリー』などのシャイリーン・ウッドリーが主演を務め、ベロニカ・ロスのベストセラー小説を映画化したSFアクションの続編。五つの共同体に分類された近未来を舞台に、その背後に隠された重大な秘密を探る少女の戦いを描き出す。相手役を『アンダーワールド 覚醒』などのテオ・ジェームズが好演。新たにナオミ・ワッツやオクタヴィア・スペンサーら実力派キャストを迎えた衝撃の展開に熱中する。

トリス(シャイリーン・ウッドリー)とフォー(テオ・ジェームズ)は、宿敵ジェニーン(ケイト・ウィンスレット)のせいで異端者であることが露見したため逃亡生活を余儀なくされる。シカゴを追われた彼らは、エリュダイト(博学)たちが異端者を排除しようとする理由を知るために奔走する。愛する者たちを守るため、二人は力を合わせて苦難の道を突き進み……。
(シネマトゥデイより)


「ダイバージェント」の続編です。
WOWOWで見て面白かったので劇場で見ることにしました。
しかし・・・地元の映画館では上映されず・・・しかたなく東京に行くことに・・・。
ちょうどBEGINのミニ・ライブがあってラッキー。

最終戦争から150年後。人々は性格診断テストにより『勇敢』『無欲』『高潔』『平和』『博学』いずれかの共同体に分類されその管理下に置かれていた。しかしトリスはいずれにも属さない異端者=ダイバージェントであると診断される。異端者は秩序を脅かす危険分子とみなされており、『博学』の権力者・ジェニーンは彼女の排斥に動き出す。様々な困難に直面しながらも、愛する人々を守ろうと立ち向かっていくトリス。彼女の両親が死守しようとしジェニーンに奪われたある箱には、異端者とこの世界にまつわる重大な秘密が隠されていた。


感想。
このシリーズ、世界観が「ハンガーゲーム」+「メイズランナー」って感じで・・・二番煎じ感は否めませんね。^^;

で・・・第2章の本作。
前半はトリスが、うじうじ悩む展開で詰まらなかったけど・・・。
こうゆうの何かであったような・・・「アメイジング・スパイダーマン2」だ。(笑)
後半、祖先からのメッセージボックスを開けるあたりからイッキに面白くなりました。
なので及第点です。
終わり方も3部作の1つではなく1作として完結していて良かったです。
って・・・これで終わりで良いんじゃないの?(笑)

しかし・・・「ハンガーゲーム」同様に日本では不人気みたいですね。
東京でも上映してるのは4館のみ。
しかも殆どが上映2週間目の29日に終了。
まぁ、新宿で見れたから良いんですけど・・・。

主演のシャイリーン・ウッドリーとテオ・ジェームズがが日本じゃ誰?って感じなのが痛いですね。
「セッション」のマイルズ・テラー(人相悪いです。(笑))、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレットと脇は何気に豪華なんですけどね。

最終章は「ハンガーゲーム」と同じく前後半の2部作になるようです。
楽しみだけど前売券は慎重に買わなきゃ・・・。(笑)




プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード