FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】マレフィセント



マレフィセント 2014年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・アンジェリーナ・ジョリー、シャールト・コプリー、エル・ファニング、サム・ライリー、イメルダ・スタウントン

「眠れる森の美女」ではヒロインのオーロラ姫を困らせる悪役だったマレフィセント。本作はマレフィセントをあえてヒロインにするという新解釈で、オーロラ姫の成長を見守るという設定にしたのがユニーク。夫ブラッド・ピットとの間に子どもが6人いるジョリーが醸す強い母性と、迫力ある冒険ファンタジーが見ものだ。オーロラ姫役のE・ファニングもチャーミング。監督は「アバター」「アリス・イン・ワンダーランド」でアカデミー賞の美術賞に2度輝き、本作で監督デビューを飾ったR・ストロンバーグ。

平和な妖精の国とヘンリー王が君臨する人間の王国は対立してきた。妖精のマレフィセントは人間の少年ステファンと恋に落ちるが、妖精の国も支配したいと望むヘンリー王に仕えるようになったステファンは敵国のマレフィセントから羽を切り落としたことが認められ、次代の王に選ばれる。マレフィセントはステファンの娘オーロラ姫に、16歳の誕生日、日没までに永遠の眠りにつくという呪いをかけるが、陰から彼女を見守り続け……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。

感想。
映画館はパスして正解。(笑)
詰まらなくはないけどファンタジー好きじゃないし、アンジェリーナ・ジョリー好きじゃないし・・・(笑)・・・僕の好みじゃないです。
てか・・・良いのか!?お伽噺と180度違ってて・・・。^^;
これじゃ王様が悪だし・・・。^^;
こっちを見るのが初めての子供は、これが本当だと思っちゃうんでしょうね。

王様を演じたシャールト・コプリー。
「第九地区」の人ですよね。
変な声だし演技も下手だよね。
英語の分からない僕が下手だと思うんだから英語の分かる人が見たら更に酷いんでしょうね。(笑)



スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード