FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】博士と彼女のセオリー(ネタバレあり)



博士と彼女のセオリー 2014年イギリス オススメ★☆
出演・・・エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー、デヴィッド・シューリス

車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ。将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづる。監督は、第81回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作『マン・オン・ワイヤー』などのジェームズ・マーシュ。ホーキング役に『レ・ミゼラブル』などのエディ・レッドメイン、妻ジェーンを『あなたとのキスまでの距離』などのフェリシティ・ジョーンズが演じる。

天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。
(シネマトゥデイより)


3本連続映画感想。ラストはエディ・レッドメインがアカデミー賞で主演男優賞を受賞した「博士と彼女のセオリー」。

天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキングはケンブリッジ大学の大学院に在籍中、詩を学ぶジェーンと出会い、二人は恋に落ちる。だが直後にスティーヴンは難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、余命2年の宣告を受ける。そんな彼と共に生きると覚悟を決めたジェーンは、一緒に病気と闘う道を選択し結婚するが・・・。

感想。
うーーーーん・・・・詰まらないです。
てっきり2人が支えあって生きていく感動ドラマかと思えば・・・2人とも違う人に行っちゃうなんて・・・なんでやねん!^^;
これなら日本のドラマ「1リットルの涙」「僕のいた時間」のほうが、ずっと良いです!!!

エディ・レッドメインの演技もそこまでイイか?って感じで・・・。
僕なら「イミテーション・ゲーム」のベネディクト・カンバーバッチに入れるぞ。^^;
話の展開も退屈だし・・・一番期待してたのが一番ダメでした。

スティーヴン・ホーキングは現在73歳。
ALSでも長生きできる人はできるんですね。



スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード