FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】猿の惑星:新世紀(ライジング) (ネタバレあり)



猿の惑星:新世紀(ライジング) 2014年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル

名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアンディ・サーキスがモーションキャプチャーを駆使し、猿のリーダーとなるシーザーを熱演。その脇を『ホワイトハウス・ダウン』などのジェイソン・クラークや『裏切りのサーカス』などのゲイリー・オールドマンが固める。人類が衰退した世界の衝撃的なビジュアルに言葉を失う。

自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考えに従って動き出す。一方、猿たちを率いるシーザー(アンディ・サーキス)は、人類と接触しようとせずに文明を構築していた。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

前作から10年後。人類は科学者が作り出した猿インフルエンザの蔓延で絶滅の危機を迎えようとしていた。一方、シーザー率いる猿たちはさらに進化を遂げ、独自の文明を形成、森の奥に平和なコミュニティを築いていた。そんなある日、人間たちが電気を作るためダムの施設を見に猿たちの森に足を踏み入れたことから、猿たちとの間に危うい緊張が走る。異なる種でありながらもお互いに家族や仲間を持ち、平和を望むシーザーと人間のマルコムは和解の道を探るが人間を憎む猿のコバが反乱を起こしてしまう・・・。


「猿の惑星」の前日譚を描いた「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編です。
19日公開ですが先行上映で見てきました。

感想。
かなり面白かったです!
前作を遥かに超えた凄く良い映画でした。

アメリカで批評家から絶賛され大ヒットするもの頷けます。

戦争の原因が全て人間側ではなく、むしろ猿のほうにもあるって展開がヒネリがあって面白かったです。
人間も猿も同じで下手に知能を持つと利己的な人格が生まれるという感じですかね。

あと人間?いや猿ドラマとしても良く出来てました。
傷ついたシーザーが元の飼い主ウィルの家に逃げ込み、そこで幼いころのウィルとのビデオを見るシーンには涙でした。

最後は裏切り者のコバを倒して人間と猿の戦争は一段落はしますが・・・たぶん次回作で人間の世界が滅亡するのが描かれるんじゃないでしょうか・・・。
確か1作目の「猿の惑星」のラストで人間が滅亡したのは核を使ったことによる自滅でしたよね?

役者ではモーションアクター(CGを被せる動きをする人)の第一人者のアンディ・サーキスが前作同等に猿のシーザーを演じてます。
確か、今作では凄いギャラだったような・・・。

人間側の理解者マルコムに「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェイソン・クラーク。
珍しく良い役でビックリでした。(笑)

3作目はアメリカで2016年7月に公開予定だそうです。
正直、今作を超えるのはキツイと思うけど楽しみです。






スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード