FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

錦織 日本人初で自身初のGS決勝進出、世界ランク1位のジョコビッチ撃破



テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は6日、男子シングルス準決勝が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が同大会2011年覇者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3で下し、日本人初で自身初となるグランドスラム決勝進出を決めた。

両者は今回が3度目の対戦となり、錦織はジョコビッチとの対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。

錦織が最初にジョコビッチに勝利したのは、2011年11月に行われたスイス・インドアで、その時は逆転で勝利をおさめた。

この試合、序盤からダウンザラインを決めるなど積極的に攻めていく錦織に対して、ジョコビッチは少し体がかたくなっているように見えたが、第2セットからギアを上げてきた。ジョコビッチは左右に揺さぶるボールとドロップショットを繰り出し、錦織を走らせる展開で攻めた。

その後も両者は互角のラリー戦を披露するも、王者ジョコビッチのボールに食らいつき、最後まで攻めの姿勢を変えなかった錦織が勝利を手にし、日本人初で自身初となるグランドスラム決勝進出を決めた。

日本人初のグランドスラム優勝という偉業達成をかけて錦織は、決勝で第2シードのR・フェデラー(スイス)と第14シードのM・チリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

錦織は今大会、1回戦でW・オディスニク(アメリカ)を下し、2回戦はP・アンドゥハル(スペイン)の途中棄権により3回戦へ駒を進め、3回戦は第23シードのL・マイェール(アルゼンチン)に勝利した。4回戦では第5シードのM・ラオニチ(カナダ)を、準々決勝では今年の全豪覇者で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)を共に4時間を超える大激闘の末に破り、自身グランドスラム初のベスト4進出を決めた。

ラオニチに勝利して、清水善造(日本)以来の日本男子92年ぶり全米オープンベスト8進出という快挙を達成し、その後ワウリンカを下し1918年の全米オープンで記録した熊谷一弥(日本)以来となる日本男子で96年ぶりの準決勝進出という記録をさらに打ち立てた。

そして今回錦織は、世界ランク1位で同大会2011年覇者のジョコビッチを破り、男子アジア勢初で自身初となるグランドスラム決勝進出という更なる偉業を成し遂げた。

(tennis.365.netより)


ヤッターーーー!!!ホントに凄いよ!!!

起きてて見ようと思ってたのに睡魔に勝てず・・・。

目が覚めたら丁度、第4セットが始まったところだったので最後まで生で見ました。

ディフェンス力のあるジョコに粘らせない錦織の攻撃力ってスゴイね。

正直、こんなに凄いとは思わなかったです。

あっ、錦織くん、今回は勝った後、さすがに大喜びでしたね。(笑)

さて・・・ここまで来たら、あと1試合・・・勝っちゃえ!

決勝戦・・・会社、休んで見ちゃおうかなぁ・・・。(笑)




追記

決勝の相手はチリッチに決まりました。

ネットには過去の対戦成績が錦織くんが良いので既に優勝だ!の文字が・・・・・過去の対戦成績がアテにならないのは今回の2人が証明済みでしょうに・・・。^^;

でもフェデラーが相手より組みやすいのは確かだよね。(笑)





スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード