FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】それでも夜は明ける(ネタバレあり)



それでも夜は明ける 2013年アメリカ オススメ★★★
出演・・キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ、サラ・ポールソン、ブラッド・ピット

奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。主人公が体験した壮絶な奴隷生活の行方、そして絶望に打ち勝つ希望を描き出す。監督は『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン、黒人男性を『2012』などのキウェテル・イジョフォーが演じる。共演には、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ブラッド・ピットら豪華キャストがそろう。

1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまう。狂信的な選民主義者エップス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちの非道な仕打ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続ける。やがて12年の歳月が流れ、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バス(ブラッド・ピット)と出会い……。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。

2013年のオスカー作品賞に輝く話題作です。

1841年、奴隷制がはびこるアメリカ。NY州サラトガに妻と子と住むソロモン・ノーサップは自由券を持つ黒人だった。ある日、彼は二人組の男たちからサーカスへの出演(ソロモンはヴァイオリンで生計を立てていた)を依頼されるが実は二人組は奴隷商に黒人を売る目的だった。
そしてソロモンの解放されるまでの12年間の奴隷としての苦悩の生活が始まった・・・。

感想。
面白かった・・・と言ってはダメなのかな?
良い映画でした。
オスカー、「それでも夜は明ける」「ゼロ・グラビティ」「アメリカン・ハッスル」の3作品なら僕も「それでも夜は明ける」に1票入れますね。

僕はもっと最近の話かと思ってましたので冒頭1841年って出た時には古っ・・・って思いました。
でも良く考えれば奴隷制度が合法だった時代なので当然っちゃ当然ですよね。^^;

映画ではソロモンの奴隷としての辛い日々がリアルに描かれてます。
映画の2時間でも見てて辛いのに実際は12年ですよ・・・想像の付かない苦痛だと思います。

でも南部のアメリカでは代々、これが当然の如く続けられたんです。
親から黒人は奴隷だと教えられ子供も何の罪の意識もなく黒人を奴隷として扱います。
普通ではないことが普通だと思われていた時代なのです。
だから、しょうがないなぁ・・・と言う気持ちもありました。
そうゆう風土が一番の悪なのです。
ナチのユダヤ人迫害と同じじゃん・・・って。

監督のスティーヴ・マックィーンは敢えて見る者が苦痛を感じる演出をしてそうです。
見た者が二度とこんなことは繰り返してはいけないと思うように・・・です。
スティーヴ・マックィーンも黒人監督なので演出が痛いほど伝わってきました。
僕が一番印象に残ったシーンはソロモンが縛り首にされて、つま先でやっと立って息をしてるのに、その後ろで何もなかったかのように働く人々の光景。
ゾっとしました。
個人的にはスティーヴ・マックィーンにオスカー監督賞を上げたかったです。

俳優陣も素晴らしかったです。
主人公のソロモンをキウェテル・イジョフォーが名演して映画を引っ張ります。
助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴも良かった。(でも個人的には「アメリカン・ハッスル」のジェニファー・ローレンスのほうが上手いかな。)
マイケル・ファスベンダー、も憎まれ役を熱演してました。
そしてポール・ダノ・・・超~ムカついた!!!!(笑)
あとプロデューサーも務めたブラッド・ピットがソロモンを救う切っ掛けとなる白人を演じてました。

あっ、この作品の後に「リンカーン」を見れば詰まらなかった「リンカーン」も少しは面白く見れると思いました。←おいっ。(笑)




スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード