FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

ムーンライダーズ、伝説の1986年ライブがCD&DVD化



ムーンライダーズのアーカイブシリーズ第9弾となるライブアルバム「Archives Series Vol.09 Moonriders Live At FM TOKYO HALL 1986.6.16」と、ライブDVD「The Worst Visualizer」が本日1月29日に同時リリースされた。

「Archives Series Vol.09 Moonriders Live At FM TOKYO HALL 1986.6.16」はムーンライダーズが1986年に行った結成10周年記念ツアーの中から、ムーンライダーズ史上最長演奏時間の記録を作った東京・FM東京ホール公演の模様を収録した3枚組のライブアルバム。はちみつぱい時代の楽曲から当時の最新アルバム「アニマル・インデックス」までの代表曲が時代順に演奏された、伝説の一夜をパッケージした作品だ。この日のパフォーマンスはライブアルバム「ワースト・オブ・ムーンライダーズ」にその一部が記録されていたが、今作には約3時間半におよんだステージの模様がMCを含めて完全収録される。

そして「The Worst Visualizer」は、ムーンライダーズの映像作品の中で唯一デジタル化されていなかったVHS作品をDVD化したもの。同じく10周年ツアーより、東京・恵比寿ファクトリー公演の模様が収められている。

(ナタリーより)


大ファンとしては、もちろん両方、購入。

早速、DVDを見たけど皆さん、若いね。若すぎ。

一瞬、誰?って人も居ます。^^;

27年前の映像だから当然だけど・・・2011年にファンになった僕には若すぎなのは、ちょっとね・・・。(笑)

あっ、そうそDVDのケースが破損してた。

買い替えるほどの内容ではなかったので、これでOKとします。

CDはライブ遠征の時に、ゆっくり聴きたいと思います。




ムーンライダーズ「Archives Series Vol.09 Moonriders Live At FM TOKYO HALL 1986.6.16」
[DISC 1]
01. こうもりが飛ぶ頃
02. 塀の上で
03. 大寒町
04. スカンピン
05. ジェラシー
06. 週末の恋人
07. マスカット・ココナッツ・バナナ・メロン
08. スタジオ・ミュージシャン

[DISC 2]
01. スイマー
02. いとこ同士
03. バック・シート
04. 鬼火
06. モダーン・ラヴァーズ
07. ヴィデオ・ボーイ
08. 水の中のナイフ
09. 彼女について知っている二、三の事柄
10. ロシアン・レゲエ(Performed by アート・ポート)
11. 青空のマリー
12. 僕はスーパーフライ
13. トンピクレンッ子

[DISC 3]
01. スカーレットの誓い
02. 工場と微笑
03. くれない埠頭
04. 犬にインタビュー
05. 今すぐ君をぶっとばせ
06. S・E・X
07. 30
08. NO.OH
09. 駅は今、朝の中
10. Frou Frou
11. 夏の日のオーガズム

Archives Series Vol.09 Moonriders Live At FM TOKYO HALL 1986.6.16Archives Series Vol.09 Moonriders Live At FM TOKYO HALL 1986.6.16
(2014/01/29)
MOONRIDERS

商品詳細を見る



ムーンライダーズ「The Worst Visualizer」
01. OPENING(ヴィデオ・ボーイ)
02. 塀の上で
03. スイマー
04. ヴィデオ・ボーイ
05. マスカット・ココナッツ・バナナ・メロン
06. 彼女について知っている二、三の事柄
07. Broken Days
08. S・E・X.
09. 僕はスーパーフライ
10. トンピクレンッ子
11. くれない埠頭
12. ENDING(夏の日のオーガズム)

The Worst Visualizer [DVD]The Worst Visualizer [DVD]
(2014/01/29)
MOONRIDERS

商品詳細を見る






スポンサーサイト



【覚書き】サモやんの注目の音楽番組 2月

2月の注目の音楽番組です。



エルヴィス・コステロ ドキュメンタリー MYSTERY DANCE
2/11(火・祝) 13:30~15:00 WOWOW
インテリジェンスあふれる音楽性で、ファンだけではなく音楽界の巨人たちをも魅了するエルヴィス・コステロ。彼の音楽にフォーカスを当てたドキュメンタリーが登場。
先月のライブ生中継に続いてエルヴィス・コステロ登場!


a href="http://blog-imgs-51.fc2.com/s/a/m/samoyan/miaia.jpg" target="_blank">
生中継!MISIA 星空のライヴVII -15th Celebration- Hoshizora Symphony Orchestra
2/16(日) 18:00~生放 WOWOW
デビュー15周年記念ベストアルバム『MISIA SUPER BEST RECORDS-15th Celebration-』を発表後、2013年2月より展開し70公演にも及ぶ、過去最大規模となる「星空のライヴVII」から、2014年2月に神奈川・横浜アリーナでのステージの模様を放送する。アリーナ公演では、星空のオーケストラを従えたMISIA珠玉の名曲の数々を堪能できる。
MISIA、最近は全然聴いてないけど生放送なので見てみようかな・・・。



秦 基博 “Signed POP”TOUR 2013
2/21(金) 20:00~21:30 WOWOW
話題曲「Girl」も収録された4枚目のオリジナルアルバム『Signed POP』をフィーチャーして展開された全国ツアーから、6月に岩手県民会館で行なわれたセミファイナルのライブをお届けする。
新作は“自身の署名を入れた、独自のPOP”という意味合いで、秦 基博流のPOP観を追究したアルバムという気持ちが込められている。その手応えの確かさをひとりでも多くの人に届けたいとばかりに、ツアーは4カ月にわたって29都市31公演という自己最長となった。柔らかく、強く、さまざまな形に姿を変えて届く秦のボーカルをじっくりと味わうのなら、やはりライブ。2014年さらなる飛躍が期待されるアーティスト、秦 基博の“真価”をその目と耳に刻み込んでほしい。
既に発売されてるブルーレイからの抜粋なのかな?



ゆず SPECIAL
2/22(土) 19:00~20:00 スペースシャワーTV
『友 ~旅立ちの時~』『雨のち晴レルヤ』『守ってあげたい』『表裏一体』『ヒカレ』などのシングルを含む約9ヶ月ぶりとなるアルバムを2月19日にリリースするゆず。数々の名曲を生み出し、全国ツアーも決定するなど、現在も日本ミュージックシーン第一線で活躍する彼らのスペシャでしか見れない素顔に迫る特別番組!
ニュー・アルバム、楽しみです。



平井堅 Ken's Bar 15th Anniversary Special!
2/23(日) 21:00~23:00 WOWOW 
平井堅のコンセプトライブとして1998年に“開店”し、15周年を迎えたKen’s Bar。「15th Anniversary Special」の最終日、12月24日の神奈川・横浜アリーナでのライブを放送する。
幕が上がれば、そこはもう大人のムード漂うゴージャスな“店内”となる。マスター平井堅の歌声と、通常のライブとは異なるアコースティック・サウンドに彩られたオリジナル曲、カバー曲が絶妙に絡み合うカラフルなメニューの数々。プレミアム感と遊び心満載の至高のひとときを、マイルームでお楽しみください。
ちょっとオシャレなまったりムードのライブです。



高橋優 2013【YOU CAN BREAK THE SILENCE IN BUDOKAN】
2/23(日) 23:00~24:30 WOWOW
2013年11月24日、高橋優の初の東京・日本武道館公演の模様を放送する。ファースト・アルバム『リアルタイム・シンガーソングライター』がオリコン・アルバムランキングで8位を記録、以来着実なセールスを重ね、2012年のホールツアーでは延べ2万人を動員するなど、彼の歌声、メッセージに心を震わせるファンが急増中だ。その熱い想いを“むき出しの言葉”に込めた高橋優が、最新アルバム『BREAK MY SILENCE』をフィーチャーした今回のライブも、武道館を感動で包み込むに違いない。“音楽の力”を信じる方に是非見ていただきたいアーティストだ。
高橋優の初・武道館ライブがオンエアー!
今月、一番の楽しみです。




SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU” ~HY~
2/22(土) 19:00~20:00 スペースシャワーTV
あなたの側で、生きてる音楽。”をコンセプトに送るプレミアムライブ番組『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”』。第六弾出演アーティストとして登場するのは、幅広い世代に届く楽曲と、親近感溢れるライブでファンを魅了する、HY
2014年2月26日(水)リリースのニューアルバム『GLOCAL』に込めた“More Local , More Global”の想いを、新旧の名曲に載せて披露します!
LIVE with YOUの第6弾はHYです。




【レンタルDVD】 僕はこれをレンタルしたいです。 2月

2/5



エリジウム
出演: マット・デイモン、ジョディ・フォスター、シャールト・コプリー、アリス・ブラガ
『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督が放つSFアクション。2154年、世界は人造スペースコロニーに住む富裕層と、荒廃した地球に住む貧困層とに二分化。余命宣告をされたマックスは、スラムから医療ポッドのある「エリジウム」への進入を試みるが…。
マット坊主デイモン主演のSFアクション。



泥棒は幸せのはじまり
出演: ジェイソン・ベイトマン、メリッサ・マッカーシー、ジョン・ファヴロー、アマンダ・ピート
『テッド』のプロデューサー、スコット・ステューバーと『モンスター上司』のセス・ゴードン監督が贈るハートフルコメディ。IDを盗まれ悪用されたビジネスマン・サンディは、自分の名を騙った女詐欺師・ダイアナを捕まえるべくフロリダへ向かうが…。
アメリカで大ヒットしたコメディ。
日本ではキャストに知名度がないのか?未公開でDVDレンタル。^^;




死霊館
出演: ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リビングストン、リリ・テイラー
「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督が、実在の心霊学者夫妻が体験した衝撃の事件を元に描くホラー。ロードアイランド州の古びた一軒家に越して来たペロン一家は数々の奇妙な現象に悩まされ、心霊学者のウォーレン夫妻に助けを求めるが…。
アメリカで大ヒットしたホラーです。
パトリック・ウィルソン、ホラーづいてるねぇ~。(笑)




トランス
出演: ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン
鬼才、ダニー・ボイル監督が贈るクライムサスペンス。ゴヤの名画を奪った競売人・サイモン。しかし、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失った彼は、催眠治療で記憶をたどることに。主演は『つぐない』のジェームズ・マカヴォイ。
主演ジェームズ・マカヴォイ×、監督ダニー・ボイル。
映画館で見たかったです。




2/7



バーニー みんなが愛した殺人者
出演: ジャック・ブラック、シャーリー・マクレーン、マシュー・マコノヒー、ブレイディ・コールマン
『スクール・オブ・ロック』のリチャード・リンクレイター監督とジャック・ブラック主演で贈る犯罪コメディ。葬儀屋で働くバーニーは、町中から嫌われている未亡人の理不尽に振り回された後、彼女を殺してしまう。だが町の人々は彼の無罪を求め始め…。
実際にあった事件を映画化。
映画館で見ましたが面白かったです。
ジャック・ブラックが良い味を出してました。(ゴールデン・グローブ賞ノミネート)




ウォーム・ボディーズ
出演: ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ、ロブ・コードリー
ニンゲン女子に恋をしたイケメンゾンビの一途で不器用な恋の行方を描くゾンビラブコメディ。ある日、襲撃するはずのジュリーにひと目惚れしてしまったゾンビ男子・R。次第にジュリーも心を開き始めるが、ふたりの恋は許されるものではなく…。
ゾンビが恋する発想が面白いロマコメ。
映画館で見ましたが面白かったです。




2/8



エンド・オブ・ウォッチ
出演: ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、アナ・ケンドリック、ナタリー・マルティネス
アメリカで最も危険なL.A.のサウス・セントラル地区を舞台にした壮絶ポリスアクション。区内で屈指の犯罪検挙率を誇る警官コンビである白人巡査・テイラーとメキシコ系巡査・ザヴァラの奮闘を描く。主演はジェイク・ギレンホールとマイケル・ペーニャ。
これ、映画館で見たかったです。
ドキュメンタリータッチのようです。




2/21



2ガンズ
出演: デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ、ポーラ・パットン、ビル・パクストン
デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグが初共演したアクション。異なる組織に属するふたりの男が反発し合いながらも、ギャングに強奪された資金を取り返すべく奔走する。監督は『ハード・ラッシュ』のバルタザール・コルマウクル。
2大スター共演のアクション。
マーク・ウォールバーグは苦手だけどデンゼル・ワシントンが出てるので見なくては・・・。




Moondance: Expanded Remastered Edition Van Morrison



Moondance: Expanded Remastered Edition Van Morrison

[Disc One – Original Album Remastered]
01. And It Stoned Me
02. Moondance
03. Crazy Love
04. Caravan
05. Into The Mystic
06. Come Running
07. These Dreams Of You
08. Brand New Day
09. Everyone
10. Glad Tidings

[Disc Two – All Previously Unreleased]
01. Caravan (Take 4)
02. Nobody Knows You When You’re Down And Out (Outtake)
03. Into The Mystic (Take 11)
04. Brand New Day (Take 3)
05. Glad Tidings (Alt. Version)
06. Come Running(Take 2)
07. Crazy Love (Mono Mix)
08. These Dreams Of You (Alt. Version)
09. Moondance (Take 22)
10. I Shall Sing (Take 7)
11. I’ve Been Working (Early Version, Take 5)


1969年秋、ヴァン・モリスンは新作のレコーディングのためにスタジオに入った。完成した作品は『MOONDANCE』と名付けられ、彼自身のキャリアにとって大きな転機になるとともに、レコード史に輝く屈指の作品として、多くのリスナーに後々まで愛されることになった。
そんな『MOONDANCE』が今回新たにリマスターされ、さらに「Caravan」「Moondance」「Into The Mystic」を含む多くの未発表アウトテイク、そして今回初めてのお目見えとなる未発表ナンバー「I Shall Sing」の最終ミックスが収録されたファン待望のデラックス・エディションとして登場した。ヴァン・モリスンの名を世に知らしめたこの作品が生まれた背景や、当時のヴァンとバンド、スタッフの熱気に触れるまたとない機会となるだろう。


正月にWOWOWで放送された映画「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」。

この映画のラストシーン、ロイヤルの葬式で流れるのがヴァン・モリソンの♪Everyone

めちゃくちゃ良い曲!



その♪Everyone、が収まられてるのがアルバム「Moondance」

これは、もう名盤ですね。

捨て曲なしで全て良い曲です。

そんな名盤がリマスターされ再発されたので買いました。

5枚組のデラックス盤もあるんだけどデモ音源集なので2枚組のほうで良いかなぁ~ってコチラをチョイス。

更に価格の安い輸入盤にしました。(笑)





Moondance: Expanded Remastered EditionMoondance: Expanded Remastered Edition
(2013/10/22)
Van Morrison

商品詳細を見る




<全豪オープン>バブリンカ初優勝



テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は26日、男子シングルス決勝戦が行われ、第8シードのS・ワウリンカ(スイス)が第1シードで世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)を6-3, 6-2, 3-6, 6-3で下し、四大大会初優勝を飾った。また、今回の優勝によりワウリンカは、大会後に発表される世界ランキングでR・フェデラー(スイス)を抜きスイス勢トップ、さらに自己最高の3位に浮上する事が確定した。

28歳のワウリンカは今回の優勝で、キャリア通算6度目の優勝となった。

決勝戦、ワウリンカは試合序盤から王者ナダルを攻め立て、第1セットを先取する。

そして、第2セットの第3ゲームで腰を痛める仕草をみせたナダルは勢いが衰えるどころか、プレーするのがやっとの状態に。ナダルのサービスのスピード、足の動きは明らかにいつもとは違った。

これに対し、2セットを連取したワウリンカは第3セット落としてしまうも、その後息を吹き返したプレーを続け、悲願のグランドスラムタイトルを獲得した。

今回の対戦でワウリンカはナダルから初勝利をあげた。対戦成績はワウリンカからみて1勝12敗とした。

また、ワウリンカは準々決勝で、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を下し、ジョコビッチのオープン化以降史上初となる4連覇を阻止していた。

第1・2シードの選手に勝利してグランドスラム初優勝したワウリンカは、「とても嬉しい。夢が叶った。本当に嬉しい。」「僕にとって史上最高のグランドスラムとなった。またここに戻ってきたいと思う。皆さんの前でプレー出来て嬉しい。」と、喜びのコメント。

(tennis365.netより)


ヤッターーーー めちゃ嬉しい。

バブリンカ(WOWOW呼び)優勝、おめでとう~。

昨年、カッコ良いなぁ~って注目したんですが今大会で完全にハマりました。

ジョコビッチ戦。最初はベッカー・コーチの付いてるジョコを応援してたけどファイナル・セットではバブリンカのほうを応援していたと言う・・・。^^;

バックのダウン・ザ・ラインは素晴らしいの一言。

ベッカー、サフィンに続いて久々のお気に入り選手の登場です。

試合はどうせナダルが勝つだろう・・・と録画して生では見てなかったです。

途中、チラ見しながらリードしてるぞぉ~って・・・。(笑)

第2セットでナダルのアクシデントがあったけどフィジカルも実力の内なので快勝と言って良いでしょうね。

でも体調万全ならナダルが最強だと思いますけどね。

バブリンカはラケット、ウェアーと全てヨネックスでヨネックスも良い宣伝になりましたね。

WOWOWのインタビューで「今年はジャパン・オープンに出る予定がある」って言ってたので見に行きたいかも・・・。

今年のテニス観戦は久々にハラハラ・ドキドキしそうです。(笑)





ラヴ・ラヴ・ラヴ



♪ラヴ・ラヴ・ラヴ・・・と言ってもドリカムではありません。(笑)

ザ・タイガースのほう。

先日、BSプレミアムでザ・タイガースの東京ドーム復活ライブを見てたら演奏された曲。

個人的にグールプサウンズは好きではないので沢田研二ソロの曲のほうが好きだけど、この曲は良いですね。

ビートルズの♪愛こそはすべて、の日本verって感じです。

早速、レンタルしました。

それにしても東京ドームでライブできるってスゴイですね。

トッポの声が財津和夫さんみたいに綺麗で驚きました。





Happy Birthday 7歳

小鉄7歳-2

今日は小鉄の誕生日。7歳です。

例年ならケーキを買ってお祝いするんですが小鉄があまり喜ばないので^^;・・・なら大好きな鳥の唐揚げでお祝いしてあげることになりました。

ただ・・・今、小鉄の調子があまり良くなくて・・・。

良い時と悪い時を繰り返して今は鼻の膿が出ている悪い状態です。

なので薬を飲んで良い状態になってからお祝いすることにしました。

もうちょっと待っててね。



今日は雲りだけど暖かく穏やかな日だったのでドッグランへ。

でも・・・。ドッグランは雪が融けて、ぐちゃぐちゃ。



1周して撤収でーーーーす。(笑)



7歳の小鉄くん。置物みたい。(笑)

とにかく健康で元気であって欲しいです。

願いはそれだけです。



誕生日記念アーカイブ。

あの頃、キミは小さかった。(笑)

それにしても、めっちゃカワイイなぁ・・・。



1/26追記



小鉄の状態が少し良くなったので、お誕生日プレゼントが出ました。

めっちゃ喜んでましたよ。

ただ小鉄の記念日ってクリスマス、大晦日、誕生日と近いのが残念ですね。

だって次はクリスマスまでお預けですもんね。(笑)




【映画】ラッシュ/プライドと友情



ラッシュ/プライドと友情 2013年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ

F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシーンと共に描く。監督は、『ビューティフル・マインド』などの名匠ロン・ハワード。陽気なハントをクリス・ヘムズワース、冷静沈着なラウダをダニエル・ブリュールが演じる。

性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。
(シネマトゥデイより)


試写会にて鑑賞。

舞台はモータースポーツの最高峰F1の1976年シーズン。
事故で瀕死の重傷を負いながらも6週間後に復帰したニキ・ラウダと彼を倒すことに執念を燃やすジェームス・ハント。
性格もドライビングスタイルも正反対な2人のチャンピオン争いを劇的に描いた感動の実話!

さすがロン・ハワード監督作・・・面白かったです。
僕はF1って全く興味なしなんですけど面白く見れました。
性格の違う2人の背負う人間ドラマ、そして臨場感溢れるF1の描写が上手くミックスされていて、あっと言う間の2時間でした。
イタリアGPのニキ・ラウダ、ジャパンGPのジェームス・ハントと2人それぞれに見せ場があってハラハラ・ドキドキするスポーツ映画としても十分に楽しめます。

出演はジェームス・ハントに「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、ニキ・ラウダに本作の演技が高く評価されたダニエル・ブリュール。
クリス・ヘムズワースはカッコ良いっすね。「マイティ・ソー」よりもコッチのほうが良かったです。
ダニエル・ブリュールはホントに上手い!!!の一言。
素晴らしい演技だったのでオスカーにノミネートされなかったのは残念でした。
でも助演じゃなくて主演でしょ。^^;

ちなみに評価は★★★☆に限りなく近い★★★です。
なので2回目を見ると思います・・・って前売券があるので確実に見ます。(笑)




試写会



今日はこれから「ラッシュ/プライドと 友情」の試写会に当たったので行ってきまーーーす。

これ、前売り券、買ったのになぁ・・・。^^;

まぁ、いいっか~。(笑)

感想は後ほど。



乗り潰します!

FIT3、マジで迷ったけど止めました。

燃費の差は年40,000円くらいだから買い替えてトントンになるのに20年。

20年は乗れないし・・・だったらフィットよりカッコ良いストリームを乗り潰そうかと。





それでは長い付き合いが決まったストリームくんの燃費記録です。

1/18 給油

走行距離 157.8キロ・・・(街乗りのみ)

給油量  20.38L

燃費計  8.40キロ/L

実燃費  7.74キロ/L

価格1L 148円(前回比:1円高) 



まだ半分以上あったけど灯油を買いに行った序に入れました。

冬タイヤで街乗りオンリーだったので酷い燃費に・・・。とうとう一桁台。^^;

やっぱり選択ミス?(笑)



ニューアルバム詳細発表!



GOING UNDER GROUND
new album『ひとりぼっちになる日のために』

2014/03/05 Release
ampa-008 ¥3,000(税抜)

【収録曲】
01.ALONE AGAIN
02.Turquoise blue
03.STORMY STORIES
04.ウォーターメロンシンフォニー
05.僕たちのフィロソフィー
06.ならば青春の光
07.哀愁のBOY
08.my small town
09.Tangerine Orange
10.カモメトゥモロー


ついに詳細発表!

ああ、やっぱりかぁ・・・この商品番号はインディーズですね。

それよりも・・・また♪WINDING ROAD、がスルーされたのがショックです。

日本橋三井ホールで流れてたデモCDで配られた♪my small town、は入りますね。

あとは販売形式がどうなるか・・・ですね。

Amazonとかタワレコとかネット通販で買えることを祈ります。



1/24追記

タワレコ・オンラインで予約の受付してました。

良かった~。


タワレコ・オンライン  クリック






馬場俊英「FACTORY TOUR 2013~キャンディー工場ヘようこそ」DVD発売決定!



昨年開催されました「キャンディー工場へようこそ」ツアーの模様を収録したDVDの発売が決定!
インタビュー映像やアコースティック工場での映像も収められています!



こちらのDVDは 2014年2月以降のライブ会場で販売を行います。
会場でご購入いただいた方には特典としてポスターをプレゼント!
※特典ポスターは数に限りがございます、無くなり次第終了とさせて頂きます。
BABA TOSHIHIDE ONLINE SHOP でも販売を行っています。


FACTORY TOUR 2013~キャンディー工場ヘようこそ 馬場俊英
01.プロローグ
02.キャンディー工場
03.石ころ伝説
04.昭和生まれの星屑野郎
05.talk
06.ギザ10
07.一瞬のトワイライト
08.幸せのウェイティングリスト
09.インタビュー & アコースティック工場
10.敗者復活の街
11.弱い虫
12.愛をあきらめないでくれ
13.平凡
14.野蛮人になって
15.ラーメンの歌
16.向かい風は未来からの風
17.働楽~ドウラク
18.talk
19.青空
20.talk
21.スーパーオーディナリー
22.キャンディー工場~再び
23.クレジット

【価格】¥4,900 (税込) 【収録時間】 132分



馬場っちの最新ライブのDVDでーーーす。

会場特典はポスターがもらえるので5月にライブに行った時に買う?

でも・・・それまで待てるのか?5月までポスターはあるのか?

通販で買うか迷うとこです。




【ライブ】1/19 GOING UNDER GROUND TOUR@日本橋三井ホール



今年のライブ初めです。

GOING UNDER GROUNDの「TOUR 2013~14 ならば青春の光」を日本橋三井ホールで見て来ました。

1月は雪も降るので遠征しづらいんですが2年前にファンクラブ限定ライブで演ったGOING CLASSICSの再演があるってことで行くことにしました。

この会場は昨年に引き続きなのですが昨年は有楽町で映画を見たので、そこから歩いたけど疲れたので今年は無理。
地下鉄で乗り継いで最寄りの駅で降りました。良く歩けたなぁ・・・去年。(笑)

まずは物販へGO!



本日発売開始の桶川のDVDと昨年11月に発売されたニューシングルをようやくゲット!!
だって松本屋は送料がめちゃ高いんですもん。^^;
更に5000円以上買うとサイン会に参加できる券もゲット!!!

会場内に入ると聴いたことのない曲が・・・。
歌ってるのは素生くんだから間違えなくゴーイングの曲。
なんと開演前のBGMが2日前に完成したニューアルバムの曲でした。
なかなか良かったですよ。ポップス色が強いかな・・・今回のアルバムは。


では早速、セットリストへ。

-セットリスト-
01.♪My Treasure
02.♪カモメトゥモロー
03.♪dan di bi de

一番好きな曲から始まると気持ちもアゲアゲです。
でも、この曲。素生くん、いつも歌詞を間違えるんだよねぇ。^^;



♪カモメトゥモロー、♪dan di bi de、と新曲が続いて素晴らしいスタート・ダッシュ!

ナガザのMCも「俺たち全員、午年で歳男!ヒヒヒーーーン」って更に素晴らしいスタート・ダッシュ。(笑)
でも・・・ヒヒヒーーーンってヒーハーのパクリでしょ・・・。^^;

04.♪グラフティー
05.♪STAND BY ME

定番曲でーーーーす。(笑)

06.♪Heavenly
07.♪ビターズ
08.♪南十字
09.♪PLANET
10.♪愛のうた
11.♪Shining
12.♪パスポート
13.♪ハミングライフ

ここからは告知でもあったGOING CLASSICSの再演コーナー。
ゲストのEverlyが加わりアコースティック編成のゴーイング+ヴァイオリン+クラリネット+キーボードの編成でした。
ゆったりと座れて心地よく音楽が聴けました。ホントに贅沢。
ただ、やっぱり♪PLANET、はオリジナルのほうがイイネ。(笑)
♪愛のうた、♪Shining、は丈さんボーカルverでした。

14.♪LONG WAY TO GO
15.♪RAW LIFE
16.♪ナカザのディスコ★
17.♪ショートバケーション
18.♪Holiday
19.♪TWISTER

後半戦はペンライト振りぃ~の、タオル回しぃ~のって大盛り上がり!
時々、無性に「ウォーーー!!!」って叫びたくなる素生くんも、これなら十分、発散できたたでしょう~。(笑)
個人的には♪RAW LIFE、が良かった。やっぱり「稲川くん」は良いアルバムだね。

-EN-
20.♪ならば青春の光
21.♪ALONE AGAIN
22.♪トワイライト

アンコールもナカザのヒヒヒーーンで始まり。(笑)

MCでは物販が売れまくってると。
そうですよね、この日から桶川ライブのDVDが発売開始でしたから。
あと、ペンライトもとうとう完売したそうです。
結局、買わないまま終わっちゃった。^^;

この日のMCは終始リラックス・ムードでお客さんとのやり取りとかメンバー同士でもザックバランなMCで面白かったです。

そして重大発表もありました。
「2015年1月に渋谷公会堂でワンマンをやります!」
今の観客動員だと大きな賭けですね。
素生くんも「お友達、会社の同僚、家族、親戚、なるべく声をかけて来てください」「これで、この先のゴーイングが行けるか行けないかが決まる」って言ってました。
これは行くしかないでしょう!!!

曲は♪ならば青春の光、は「俺たち36才でもう見た目はフレッシュじゃない。でも気持ちだけはフレッシュで居たい」と素生くんが思って書いた曲です。
そして只今、YouTubeで公開中の新曲♪ALONE AGAIN、を。
これ、めちゃくちゃ良いですね。サビが胸にグっと来ました。



最後は定番中の定番♪トワイライト、で終わり。
♪トワイライト、はいつ聴いても新鮮で色褪せないですね。

こんな感じの2時間半のライブでした。
正直、最近、似たような曲ばかりだったので、あまり期待してなかったんだけど新曲も沢山聴けたしMCも笑えて、めちゃくちゃ楽しかったです。
こりゃ、3月の新潟も行かないとダメかなぁ・・・。(笑)


そして終演後はサイン会。

今回はメンバー全員でのサイン会でした。
素生くんは「おう!少年!」って子供にも気さくに声を掛けてました。
石原さんはホントに男前!
こんなにファン・サービスしてくれるアーチストってなかなか居ないぞって・・・改めて頭が下がる思いでした。

さてさて、いつも迷うのはどこにサインをもらうか・・・。


①ジャケット
ここに書いてもらってる人が多かったです。
個人的にはイラストだし、ここは無いな・・・。


②ブックレイトの中開きの写真
ここは迷ったけど写真が暗いのでサインが目立たないので止め。


③ブックレイトの表紙
第一感は、ここに、してもらおうかと思ったけど良く考えるとサインを書けるスペースが小さいので止め。

④ブックレイトの裏表紙
結局、ここにしました。
ここなら、表紙を広げて飾っても良いなぁ~と思いました。
サイン・マニアならではのこだわりってヤツです。(笑)



よろチクビ!



イヤーーーン。

せっちゃんのブルーレイとCDのピクチャーレーベルが!!!

ブルーレイはパっと見???だったけどCDはリアル。^^;

まさに、よろチクビ。(笑)

昨日、W購入者応募も無事に済ませました。

当たりますように・・・パンパン。



うさぎ跳び



昨日は休みの日に珍しく晴れ。
こんなチャンスは逃すまいとドッグランへGO!



ドッグランは一面、雪でした。



かき氷はレモン味で。(笑)



誰も居ないし詰まらないのか少し歩いて、もう帰るモードに。^^;



雪が降ると足の短いワンコは歩くのも大変。

うさぎ跳びになります。ラブリー。(笑)

[広告] VPS


[広告] VPS




リアル・ショップ・ホラーズ(笑)

昨日。20年ぶりくらいに歯医者へ。

何年か前に被せた物が取れて・・・。

面倒くさいし怖かったので、ずっとそのままにしてたんですが・・・。

最近になって沁み始めたので酷くなる前に行こうと意を決して行ってきました。

まずは歯の状態を検査。

CとかAとか色々、出ました記号が・・・。^^;

で、さすが歯医者。「すぐにハブラシの毛がダメになるでしょ」「右利きですね」と占い師のように的中。

力の入れ過ぎのようで特に左側の歯が削れてるそうです。

力一杯磨かないと虫歯になると思ってました。^^;

歯磨き粉が研磨材になってるってことですよね。(恐)

昨日は早速、やさしくソフトタッチで磨きました。(笑)

なのに歯石も結構、付いてるようで・・・。^^;

で・・・被せが取れた歯は幸い虫歯にはなってなかったようで少し削る程度で、また被せて終了。

しかし、その治療中、キーンキーンって器具が回る音にドキドキ・ガチガチ・ブルブル・・・体は固まって動かなかったです。

小鉄が医者でブルブル震える気持ちが分かりました。(笑)

まるでリアル・ホラー映画って感じでした。


(映画「リトル・ショップ・ホラーズ」より。)


結構、色んな記号が出てたし、しばらくは歯医者に通うことになりそうです。

続・リアル・ショップ・ホラーズへ続く・・・。(笑)




第86回アカデミー賞ノミネート発表



第86回アカデミー賞のノミネートが発表されました。

日本関係では宮崎駿監督の「風立ちぬ」が「長編アニメーション部門」にノミネートされました。

では、気になる主要6部門のノミネート結果を・・・。

1ヶ月前にブログに書いた僕の予想で当たったのは赤く塗っておきます。(笑)


作品賞
それでも夜は明ける
アメリカン・ハッスル
ダラス・バイヤーズクラブ
ゼロ・グラビティ
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
ウルフ・オブ・ウォールストリート

キャプテン・フィリップス
her 世界でひとつの彼女
あなたを抱きしめる日まで

ノミネート数は9作品でドンピシャ。
そのうち当たったのは6作品。
大胆予想で外した「キャプテン・フィリップス」「her 世界でひとつの彼女」は順当にノミネート。^^;
「あなたを抱きしめる日まで」を予想出来た人は少ないんじゃないかな?



監督賞
アルフォンソ・キュアロン(ゼロ・グラビティ)
スティーヴ・マックイーン(それでも夜は明ける)
デヴィッド・O・ラッセル(アメリカン・ハッスル)
マーティン・スコセッシ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)

アレクサンダー・ペイン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)

監督賞は4人的中!


主演男優賞
ブルース・ダーン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
レオナルド・ディカプリオ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)
キウェテル・イジョフォー(それでも夜は明ける)
マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズクラブ)

クリスチャン・ベール(アメリカン・ハッスル)

主演男優賞も4人的中!
波乱!トム・ハンクスの代わりにクリスチャン・ベールが選ばれた!
個人的には下馬評の低かったディカプリオのノミネートが当たったのが嬉しいです。
レオ様にそろそろ取らせてあげたいです。



主演女優賞
ケイト・ブランシェット(ブルージャスミン)
サンドラ・ブロック(ゼロ・グラビティ)
ジュディ・デンチ(あなたを抱きしめる日まで)
メリル・ストリープ(8月の家族たち)

エイミー・アダムス(アメリカン・ハッスル)

主演女優賞も4人的中!
波乱!5強の一角(エマ・トンプソン)を崩してエイミー・アダムスがノミネート!



助演男優賞
マイケル・ファスベンダー(それでも夜は明ける)
ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズクラブ)

バーカッド・アブディ(キャプテン・フィリップス)
ブラッドリー・クーパー(アメリカン・ハッスル)
ジョナ・ヒル(ウルフ・オブ・ウォールストリート)

やはり最激戦区。本命の2人しか当らず。
デヴィッド・O・ラッセル監督作の「アメリカン・ハッスル」が昨年の同監督作「世界のひとつのプレイブック」に続き主要6部門全てにノミネートの快挙!
「キャプテン・フィリップス」は見たけどバーカッド・アブディがノミネートされるのが僕には分からない



助演女優賞
ジェニファー・ローレンス(アメリカン・ハッスル)
ルピタ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)
ジュリア・ロバーツ(8月の家族たち)
ジューン・スキッブ(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)

サリー・ホーキンス(ブルージャスミン)

助演女優賞も4人的中!
ジェニファー・ローレンスが2年連続の受賞となるか?



僕の予想は助演男優賞意外はまずまずの的中率でした。

注目の授賞式は3/2(日本3/3)です。

また受賞予想もしたいと思います。



Coming Up Roses さかいゆう



Coming Up Roses さかいゆう
1. She left
2. 薔薇とローズ
3. Life is feat.Emi Meyer
4. きみなんだ
5. EMERGENCY
6. オトコFACE feat.KREVA
7. 愛するケダモノ
8. キミのいない食卓
9. イバラの棘
10. ピエロチック feat.秦 基博
11. 僕たちの不確かな前途
12. 時季は巡る

話題曲「薔薇とローズ」はもちろん、SG「僕たちの不確かな前途」、さらにKREVA、Emi Meyerという豪華アーティストとのコラボレーション楽曲をはじめ、グルーヴ感溢れるR&Bナンバーからエレクトロまで、ジャンルにとらわれないオリジナリティ溢れる楽曲を収録。通算3作目となる、これぞ音楽(=音を楽しむ)アルバム! !


さかいゆうくんのニューアルバムです。

大好きな♪僕たちの不確かな前途、が入ってまーーーす。

Joshin-Webで買ったんですがアナザージャケットが付いてきました。




裏にはサインが。当然のごとく印刷ですけど。(笑)

でも、良いんです。直筆サインはマイミクさんから頂いたので。(ありがとう~。m(__)m)



あと本日、ニコ生でスペシャル生ライブが生配信されます。

番組名:さかいゆうNEW ALBUM「Coming Up Roses」発売記念 ニコ生スペシャル生ライブ!
放送日時:1月16日(木)20:00-21:30

http://live.nicovideo.jp/watch/lv165318452  クリック!


Coming Up Roses(初回生産限定盤)(DVD付)Coming Up Roses(初回生産限定盤)(DVD付)
(2014/01/15)
さかいゆう、秦 基博 他

商品詳細を見る




チラシならぬ・・・



5/3公開の「プリズナーズ」のチラシです。

なんと、これ、業界初のクリアファイルなんですよ。

タダだし、ごそっともらってきました。(笑)






オフコートが熱い!



全豪テニスが始まりました。

仕事から帰ってWOWOWを見たら、ちょうどジョコビッチの試合でした。

で・・・見てると客席に人相の悪いオヤジが映った。

セレブ?

まぁ、気にせず見てるとアナウンサーが「今年からベッカーさんがジョコビッチのコーチに・・・」

えっ・・・もしかして、さっきの人?でも、まさかぁ・・・。あまりにも違いすぎるじゃありませんか~。

客席を、もう1回、映して~。試合よりも客席が気になる。(笑)


で・・・やっぱり、そうでした。

なんと今年からボリス・ベッカーがジョコビッチのコーチに付いたようです。

ブログに書こうとネットで調べると更に驚きの事実が・・・。

なんとフェデラーにはエドバーグが。(パート・タイムみたい)

更に錦織くんにはマイケル・チャンでしょ。

昨年、マレーがレンドルをコーチにして成功したのが引き金ですかね?

まさに時代はレジェンド・コーチ流行ですね。(笑)

ベッカーvsエドバーグのコーチ対決が見たいです。

個人的にはオフコートのコーチ対決のほうが楽しみです。(笑)


それにしてもベッカー、老けたし(46歳には見えない)太ったねぇ・・・。

ロシアの政治家かと思いました。(笑)

僕の永遠の憧れのテニス選手だったので、かなりショック。

これじゃ、もうシニア・ツアーでプレイなんて無理ですね。

お腹の肉、タプタプでプレイする姿は見たくないです。^^;

対するエドバーグは歳取っても貴公子ぶりは変わらずですね。





第71回ゴールデン・グローブ賞、作品賞は『それでも夜は明ける』



【1月13日 AFP】アカデミー賞の前哨戦とされる米映画賞、第71回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が12日、米カリフォルニア州ビバリーヒルズで開催され、19世紀の米国で誘拐され奴隷として売られた自由黒人を描いた『それでも夜は明ける』がドラマ部門(映画)の作品賞に輝いた。

 同ミュージカル・コメディー部門では、70年代米国で起きた収賄事件「アブスキャム」で米連邦捜査局(FBI)が行ったおとり捜査を題材にした『アメリカン・ハッスル』が作品賞を受賞。同作は主演女優賞(ミュージカル・コメディー)と助演女優賞も受賞し、最多となる3部門を制覇した。

 ドラマ部門の主演男優賞は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でHIV感染者を助けるため治療薬を密輸する実在のエイズ患者を演じたマシュー・マコノヒーが、主演女優賞は『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットがそれぞれ受賞した。

 監督賞は、宇宙飛行士役のサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが宇宙空間に投げ出される3D映画『ゼロ・グラビティ』のアルフォンソ・キュアロン監督。

主要部門(映画)の受賞結果は以下の通り(★が受賞)。

<作品賞(ドラマ)>
★『それでも夜は明ける』
-『キャプテン・フィリップス』
-『ゼロ・グラビティ』
-『あなたを抱きしめる日まで』
-『ラッシュ/プライドと友情』

<主演男優賞(ドラマ)>
- キウェテル・イジョフォー『それでも夜は明ける』
- イドリス・エルバ『Mandela: Long Walk To Freedom』
- トム・ハンクス『キャプテン・フィリップス』
★マシュー・マコノヒー『ダラス・バイヤーズクラブ』
- ロバート・レッドフォード『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』

<主演女優賞(ドラマ)>
★ケイト・ブランシェット『ブルージャスミン』
- サンドラ・ブロック『ゼロ・グラビティ』
- ジュディ・デンチ『あなたを抱きしめる日まで』
- エマ・トンプソン『ウォルト・ディズニーの約束』
- ケイト・ウィンスレット『とらわれて夏』

<作品賞(ミュージカル・コメディー)>
★『アメリカン・ハッスル』
-『her 世界でひとつの彼女』
-『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
-『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
-『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

<主演男優賞(ミュージカル・コメディー)>
- クリスチャン・ベイル『アメリカン・ハッスル』
- ブルース・ダーン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
★レオナルド・ディカプリオ『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
- オスカー・アイザック『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
- ホアキン・フェニックス『her 世界でひとつの彼女』

<主演女優賞(ミュージカル・コメディー)>
★エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』
- ジュリー・デルピー『ビフォア・ミッドナイト』
- グレタ・ガーウィグ『Frances Ha』
- ジュリア・ルイス・ドレイファス『Enough Said』
- メリル・ストリープ『8月の家族たち』

<監督賞>
★アルフォンソ・キュアロン『ゼロ・グラビティ』
- ポール・グリーングラス『キャプテン・フィリップス』
- スティーヴ・マックィーン『それでも夜は明ける』
- アレクサンダー・ペイン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
- デヴィッド・O・ラッセル『アメリカン・ハッスル』

<助演男優賞>
- バーカッド・アブディ『キャプテン・フィリップス』
- ダニエル・ブリュール『ラッシュ/プライドと友情』
- ブラッドリー・クーパー『アメリカン・ハッスル』
- マイケル・ファスベンダー『それでも夜は明ける』
★ジャレッド・レトー『ダラス・バイヤーズクラブ』

<助演女優賞>
- サリー・ホーキンス『ブルージャスミン』
★ジェニファー・ローレンス『アメリカン・ハッスル』
- ルピタ・ニョンゴ『それでも夜は明ける』
- ジュリア・ロバーツ『8月の家族たち』
- ジューン・スキッブ『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』



オスカーの前哨戦でもあるゴールデン・グローブ賞が発表されました。

ゴールデン・グローブ賞はスター俳優が受賞する傾向があるので、ある意味順当ってところでしょうか・・・。

「アメリカン・ハッスル」、面白そうだけど僕の行く映画館では上映予定がないなぁ・・・。

オスカーのノミネート発表は1/16(日本時間だと1/17かな?)です。





【映画】ホワイトハウス・ダウン

無題

ホワイトハウス・ダウン 2013年アメリカ オススメ★★★
出演・・・チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク
『インデペンデンス・デイ』『2012』などのローランド・エメリッヒ監督が放つアクション大作。謎の武装集団に占拠されたホワイトハウスを舞台に、邸内に居合わせた議会警察官が人質となった大統領と自身の娘の救出とホワイトハウスの奪還に挑む姿を活写する。主人公の議会警察官に『マジック・マイク』などのチャニング・テイタム、大統領に『ジャンゴ 繋がれざる者』などのジェイミー・フォックスら実力派俳優が結集。危機迫る展開はもとより、爆発炎上して崩落するホワイトハウスといった迫力の破壊描写にも息をのむ。

大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指すも、不採用となってしまった議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)。不採用だったことで幼い娘を悲しませたくないと、気晴らしも兼ねて彼女を連れてホワイトハウスの見学ツアーに参加する。だが、そこへ謎の武装グループが乗り込み、瞬く間にホワイトハウスを制圧した上に大統領とケイルの娘らを人質にして籠城。未曽有の事態に全世界が混乱する中、ケイルは武装グループに挑む。
(シネマトゥデイより)


DVDレンタルにて鑑賞。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」と同じくホワイトハウス陥落を描いたアクション映画です。
これ、アメリカでは酷評の嵐だったので全く期待せずに見ました。

感想。
あれ?かなり面白かったです。(★★★☆に近い★★★です。)
「エンド・オブ・ホワイトハウス」よりもマシな設定だし内容も面白かったです。
これがコケた最大の要因って「エンド・オブ・ホワイトハウス」が先に公開しちゃったせいじゃないかなぁ???

内容は「ダイ・ハード」のホワイトハウス版。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」よりも更に「ダイ・ハード」っぽい。(笑)
人質に身内が居て、それがバレて窮地に陥る展開や外に居る味方がバカ丸出しなとことか・・・モロ「ダイ・ハード」のパクリで。^^;
欲を言えば主人公がもっと傷だらけでボロボロになれば更に良かったですけどね。
その辺が「ダイ・ハード」みたいにイマイチ感動出来なかった要因かな・・・。

主演は「マジック・マイク」のチャニング・テイタム。
うん、良かったです。何の問題もなくカッコ良かったです。(笑)

大統領にオスカー俳優のジェイミー・フォックス。
戦うスーパー大統領じゃなかったのが良かったです。普通に弱いです。(笑)

敵役に「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェイソン・クラークとお久しぶりジェームズ・ウッズ。
ジェームズ・ウッズがブラマヨの吉田に見えてしまって・・・どうかしてるぜ!(笑)


ホワイトハウス・ダウン [Blu-ray]ホワイトハウス・ダウン [Blu-ray]
(2014/01/01)
チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 他

商品詳細を見る




たぶん継続特典。



先月送られてきた浜省ファンクラブ会報。

同封されてたネックウォーマー。

たぶん継続特典だと思う。

「たぶん」って言うのは特に何も書いてないし、自分、8月更新だから(今頃)継続特典???って感じで。(笑)

物は凄く良い物です。

継続特典の豪華さは浜省と安全地帯が、ずば抜けて良いです。




【映画】パシフィック・リム

無題

パシフィック・リム 2013年アメリカ オススメ★★★
出演・・・チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー
『ヘルボーイ』シリーズなどの鬼才ギレルモ・デル・トロが放つSFアクション。世界各国を襲撃する謎の巨大生命体を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの姿を壮大なスケールで活写する。『ザ・レッジ -12時の死刑台-』のチャーリー・ハナム、『バベル』の菊地凛子、『ヘルボーイ』シリーズのロン・パールマンらが出演。さらに、子役の芦田愛菜がハリウッド作初出演を果たす。最先端VFXを駆使した生命体とのバトル描写に加え、細部まで作り込まれたイェーガーの設定なども見逃せない。

2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。
(シネマトゥデイより)


DVDレンタルにて鑑賞。

2014年の初映画鑑賞(DVD)はコレ。

アメリカよりも日本でウケた「ロボットvs怪獣」映画です。
内容は日本のロボット・アニメをハリウッドが実写化したって感じでした。
一部ではトランス・フォーマーのパクリという噂も・・・。^^;

見せ場はCGによるロボットvs怪獣の対決。
迫力がスゴイですね。CGも不自然さもないし良く出来てます。
このレベルなら機動戦士ガンダムの実射版も作れそうな感じ。

菊地凛子、芦田愛菜が出てたり怪獣を「モンスター」ではなく「Kaiju(カイジュー)」と呼んでるところからも日本のロボット・アニメのオマージュを感じました。
前半、あれだけ強かった怪獣がラスト、あっさりやられるのも日本の特撮ヒーロー物に通じるものがありますね。
カラーライマーが鳴ったらスペシウム光線みたいな・・・。(笑)

主演はチャーリー・ハナム。
この人、ブラピ+チャニング・テイタムって感じのイケメン俳優さんでした。

相棒役に菊地凛子。
スゴイですね。ほとんど主役じゃないですか~。
英語も日本人って感じがしないし完璧にハリウッドの役者になってました。


パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/12/11)
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ 他

商品詳細を見る




桶川ライブDVDリリース決定!



昨年11月に行われた桶川市民ホールLIVEが待望のDVD化!

もちろん元メンバー伊藤洋一限定復活の模様も完全収録!

1/19(日)日本橋三井ホール公演よりライブ会場、オフィシャル通販サイト「松本屋」で販売開始です!


『GOING UNDER GROUND TOUR 2013~14 「ならば青春の光」ふるさとライブ~荒川わたれ vol.4~ at 響の森 桶川市民ホール』
2014/01/19 Release 4,300(tax in)

【収録内容】
01. ハートビート
02. グラフティー
03. 凛
04. センチメント・エキスプレス
05. さびしんぼう
06. ステップ
07. ボーイズライフ
08. カモメトゥモロー
09. RAW LIFE
10. dan dibi di
11. 流線形
12. スパイス
13. 南十字
14. LISTEN TO THE STEREO!!
15. ナカザのディスコ★
16. ショート バケイション
17. Holiday
18. ダイアリー
19. TWISTER

ENCORE 1
01. 9th Route
02. ならば青春の光

ENCORE 2
01.トワイライト

(GOING MAGAZINE Facebookより)


洋一さん限定復活の桶川ライブがDVD化です。

撮影してたと言う情報は知ってたんですが発売されるまで分からないですからね。

このライブは自分は行けなかったので凄く嬉しいです。

日本橋三井ホールでゲットするのだぁ~。
(サイン会あれば最高!!!(笑))



Signed POP TOUR 秦基博



Signed POP TOUR 秦基博
1. グッバイ・アイザック
2. トラノコ
3. 鱗(うろこ)
4. May
5. 現実は小説より奇なり
6. アイ
7. 虹が消えた日
8. 恋の奴隷
9. 花咲きポプラ
10. エンドロール
11. ひとなつの経験
12. 自画像
13. Girl
14. キミ、メグル、ボク
15. FaFaFa
16. 初恋
17. Dear Mr.Tomorrow
18. 綴る
19. Hello to you (Encore)
20. 言ノ葉 (Encore)
21. 月に向かって打て (Encore)
22. 水無月 (Encore)

「Signed POP」は通算4作目のALで、緩急自在のポップセンスと独自の視点で描かれた詞世界、そして表情に富む柔らかなボーカリゼーションが見事に結実した一枚となり高く評価され現在もロングヒット中の作品。「チケットは軒並みSOLD OUTとなったため、会場に足を運べなかったファンにはまさに待望の映像作品となる。


昨年、買ったんですけどUPするのを忘れてました。^^;

でも・・・なんか、これ、来月、WOWOWで放送あるみたいです。^^;

それにしても昨年末は、せっちゃん、コブクロ、ミスチルとブルーレイ発売ラッシュでした。

ボーナス払いで大人買い。(笑)



Signed POP TOUR(初回生産限定盤) [Blu-ray]Signed POP TOUR(初回生産限定盤) [Blu-ray]
(2013/12/25)
秦 基博

商品詳細を見る




マイ・ランキング2013 音楽編

年始恒例の2013【音楽・映画・ライブ】マイ・ランキング。

最後は音楽編です。

<選考基準>
2013年に発売されたオリジナル・アルバムからベスト5を選びます。


【2013年 マイ・ベスト・アルバム5枚】


第1位  斉藤 斉藤和義

2013年の1位は、せっちゃんの「斉藤」と「和義」が激しく争いました。(笑)
「斉藤」はどれも良い曲だけど収録曲に若干の不満が「和義」は嫌いな曲もあるけど♪Always、が超~強力!
「斉藤」のほうに♪Always、が入ってれば迷わなかったのに・・・。(笑)
オススメ曲は♪月光、♪ワンモアタイム、♪やさしくなりたい



第2位  終わらないミラクルの予感アルバム サンボマスター

聴きやすいし嫌な曲がない素晴らしいアルバム。
♪愛の国どこにある、は名曲中の名曲!
山口くんは悔しいけど(なんでやねん(笑))歌は上手いし声も良い!!!
オススメ曲は♪愛の国どこにある、♪孤独とランデブー、♪スローモーションラブ



第3位  馬場俊英LP1 ~ キャンディー工場 馬場俊英

遊び心のある2枚組の大作。(笑)
1枚目は完璧です。
オススメ曲は♪弱い虫、♪犬はライオンになりたくない、♪ラーメンの歌



第4位  Signed POP 秦基博

1月発売のアルバムが逃げ切り。
僕の今年のアルバムはコレから始まりました。
オススメ曲は♪FaFaFa、♪ひとなつの経験、♪初恋



第5位  LAND ゆず

最後の一枠をコブクロ、高橋優、サカナクションと激しく争って、ゆずがランクイン。
レコ大でアルバム賞、取るだけのことはあります。
タイトル曲の♪LAND、がめちゃくちゃ良いです。
オススメ曲は♪LAND、♪with you、♪REASON


次点は「One Song From Two Hearts コブクロ」「BREAK MY SILENCE 高橋優」「sakanaction サカナクション」でした。



続いてシングル部門。

【2013年 マイ・ベスト・シングル3曲】

第1位  Always 斉藤和義



第2位  同じ空の下 高橋優



第3位  僕たちの不確かな前途 さかいゆう



第3位  Remember me くるり



ライブ、アルバム、シングルと、せっちゃん三冠王!!!
♪同じ空の下、は詩が凄く良い。
♪僕たちの不確かな前途、はソウルフルで大好き。
♪Remember me、は典型的なビートルズ・サウンド。



マイ・ランキング2013 映画編

2013年マイ・ランキング、2回目は映画です。

選考基準は昨年”初めて観た映画・DVD”から選ぶことにします。

数えたら昨年は133本の映画を観ました。(リピート除く)
2013年も目標100本をクリアしました。
2013年の特徴は映画館での鑑賞が多かったこと。
なんと過去最高の33本を映画館で見ました。
今年もなるべく映画館で見たいし、総本数も100本はクリアしたいです。


ではベスト5を・・・。


1位  マン・オブ・スティール 2013年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウ
1位は新生スーパーマン。
人間ドラマもあってアメコミなのに3回泣きましたから。(笑)
ただ2013年はダントツでコレだ!ってのが無かったです。
2位と迷いましたがラッセル・クロウ効果で1位。(笑)



2位  世界にひとつのプレイブック 2012年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、クリス・タッカー、ジャッキー・ウィーヴァー
ジェニファー・ローレンスがオスカーを取ったロマコメです。
主要キャスト4人のアンサンブル演技が素晴らしかったです。



3位  ジャンゴ 繋がれざる者 2012年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン
クリストフ・ヴァルツがオスカーを取ったクエンティン・タランティーノ監督による新感覚マカロニ・ウエスタン。
途中まで、めちゃくちゃ面白かっただけに終盤が勿体ない映画でした。
レオ様、サミュエル・L・ジャクソンも快演でした。



4位  ラブ&ドラッグ 2010年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・アン・ハサウェイ、ジェイク・ギレンホール、オリバー・プラット、ハンク・アザリア
アン・ハサウェイ、ジェイク・ギレンホールによるラブ・ストーリー。
お約束の展開だけどラストがめっちゃ感動的でした。



5位  インポッシブル 2012年スペイン・アメリカ オススメ★★★☆ 
出演・・・ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー、トム・ホランド、ジェラルデイン・チャップリン
スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基に描く感動の人間ドラマ。
津波の描写がスゴイ!ナオミ・ワッツの演技がスゴイ!
苦境のなか諦めない人々の姿に感動しました。


以上がベスト5でしたがその他、「ゼロ・ダーク・サーティ★★★☆」「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日★★★☆」「キャプテン・フィリップス★★★☆」「リンカーン弁護士★★★」なんかも印象に残る良い映画でした。
この辺の映画はホントに良いので是非、観てもらいたいです。!(^^)!



続いてワースト5位を・・・。(笑)

1位  狂気の行方 2009年アメリカ・ドイツ オススメ★
出演・・・マイケル・シャノン、ウド・キア、ウィレム・デフォー、マイケル・ペーニャ、クロエ・セヴィニー
こうゆう映画を作る意味が分からないです。


2位  クリーチャーズ 異次元からの侵略者 2012年アメリカ オススメ★☆ 
出演・・・ロブ・メイズ、ポール・ジアマッティ、チェイス・ウィリアムソン、グリン・ターマン
救いようのないB級SFホラー。


3位  ダーケストアワー 消滅 2011年アメリカ オススメ★☆ 
出演・・・エミール・ハーシュ、オリヴィア・サールビー、マックス・ミンゲラ、レイチェル・テイラー、ジョエル・キナマン
金は掛かってるけど内容が伴わないSFホラー。


4位  ブラック・レコード~禁じられた記録~ 2009年イギリス オススメ★☆ 
出演・・・ロモラ・ガライ、エディ・レッドメイン、ビル・ナイ、デイヴィッド・テナント、クリストファー・リー
小難しい戦争ミステリー。


5位  テッド 2012年アメリカ オススメ★☆
出演・・・マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン(テッドの声)
映画館で見た映画で最悪だったのも入れておきます。
これが大ヒットする意味が分からないです。



その他は「マーサ、あるいはマーシー・メイ★☆」「黄金を抱いて翔べ★☆」「テイク・ディス・ワルツ★☆」「SHAME-シェイム-★☆」「極秘指令ドッグ×ドッグ ★☆」あたりが僕にはダメでした。
大体、僕がダメなのって救いようのないB級ホラーか地味で小難しい映画ですね。←そうゆうの見なきゃ良いじゃんね。(笑)




マイ・ランキング2013 ライブ編

今日から仕事始めです。

なのでブログも本格始動。
今日から年始恒例2013年【音楽・映画・ライブ】マイ・ランキングを書いて行きたいと思います。

まず第1回目はライブ編です。

僕の参戦した2013年ライブの中からベスト5を・・・。
選考基準。1アーチスト1公演とします。


1位  9/1 斉藤和義@さいたまスーパーアリーナ
レポはコチラです。
2013年のベスト・ライブは文句なしにコレ。
せっちゃんの20周年記念ライブです。
懐かしい曲に新曲のバランスが良く笑える演出もあり楽しいライブでした。
せっちゃんは今真っ最中のツアー「11/10 斉藤和義@新潟県民会館」も素晴らしかったです。
今、一番ライブが楽しいアーチストです。


2位  2/26 スキマスイッチ@新潟テルサ
レポはコチラです。
2人だけで47都道府県を回るツアーでした。
2人の誠実な人間性が伝わる素晴らしい内容でした。
ただ「11/16 スキマスイッチ@さいたまスーパーアリーナ」はイマイチだったなぁ・・・。(笑)


3位  2/17 Mr.Children@朱鷺メッセ
レポはコチラです。
素敵な演出のライブでした。
今まで見たミスチルのライブで一番、楽しめました。


4位  3/23 BEGIN@Billboard Live TOKYO
レポはコチラです。
BEGINはツアーがイマイチだったので「Billboard Live TOKYO」が一番良かったです。
♪悲しい色やね、が聴けただけで10000円の価値はありました。


5位  11/17 さかいゆう@新潟ジョイアミーア
レポはコチラです。
初さかいゆうライブ。
しかも地元の小さなレストランBARでの弾き語りライブ。
何とも贅沢な一時でした。


以上の5本が昨年の僕のベスト・ライブです。

2013年は合計18公演のライブに参戦しました。
春に父が入院してキャンセルしたライブも結構あったので本数は激減しましたね。
ちなみに2012年30公演、2011年30公演、2010年21公演、2009年26公演、2008年30公演、2007年42公演です。
個人的に最近は1ツアー1本がベスト。同じの何回も見ると飽きちゃいます。(笑)
年々、遠征疲れも増してるので今年は地元のライブを中心に時々、東京遠征できれば・・・って思ってます。


【2013参戦したライブ】
01/08 Superfly@新潟県民会館
01/20 GOING UNDERG ROUND@日本橋三井ホール
02/17 Mr.Children@朱鷺メッセ
02/26 スキマスイッチ@新潟テルサ
03/06 松本素生@下北沢 BAR? CCO
03/23 BEGIN@Billboard Live TOKYO
04/13 GOING UNDERG ROUND@新潟RED PIG
04/14 安全地帯@新潟テルサ
05/22 秦基博@新潟県民会館
06/22 浜田省吾@東京国際フォーラム(ファンクラブ限定)
07/20 GOING UNDERG ROUND@SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
07/30 BEGIN@かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホール
09/01 斉藤和義@さいたまスーパーアリーナ
09/29 GOING UNDERG ROUND@SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
11/10 斉藤和義@新潟県民会館
11/16 スキマスイッチ@さいたまスーパーアリーナ
11/17 さかいゆう@新潟ジョイアミーア
12/22 BEGIN@昭和女子大学人見記念講堂



目当ては福袋。(笑)

ホンダの初売りに行ってきました。


来場者プレゼントの福袋。
中身はキッチンペーパー、洗濯洗剤、テッシュBOX
個人的に有益なのはテッシュBOXだけ・・・別に行かなくても良かったかも・・・。(笑)
あとサイコロを投げて出た目の分だけお菓子を頂きました。
これは有益。(笑)



福袋目当てで来たと思われるのもアレなんで新しく出たヴェゼルのカタログをもらってきました。(笑)
最初はFITとの違いがイマイチ分からなかったんですが全長が長いんですね。
エアウェーブの後継車的位置づけなのかな?なんて思ったりして。
顔もカッコ良いし好みです。


続いて燃費記録です。^^;

12/29 給油

走行距離 382.4キロ・・・(長岡市3回(約180キロ)、あとは街乗り)

給油量  38.02L

燃費計  10.50キロ/L

実燃費  10.06キロ/L

価格1L 147円(前回比:変わらず) 



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード