FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】J・エドガー



J・エドガー 2011年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ
まだ若くしてアメリカ連邦捜査局(FBI)の初代長官に任命された後、半世紀近くにわたってその座に君臨し、極秘ファイルを楯に、歴代の大統領さえ手出しできないほど強大な権勢をふるって、誰からも恐れられた男フーヴァー。長年厚いベールに覆われ、従来ほとんど知られていなかった彼の私生活に、名匠イーストウッド監督が鋭いメスを入れ、その複雑で多面的な彼の実像を鮮やかに活写。主演のディカプリオを筆頭にN・ワッツ、A・ハマーらも見応えのある演技を披露し、重厚で奥深い人間ドラマの秀作に仕上がった。

FBIの初代長官として実に8人にも及ぶ歴代の合衆国大統領に仕えたフーヴァー。いよいよ人生の晩年を迎えた彼は自らの回顧録を作成すべく、書記役の広報官を相手に、これまで自らがたどってきた長い道のりを語り始める。彼の人生を大きく決定づける事件が起きたのは1919年のこと。ある晩、当時の司法長官の家が爆破され、熱心に現場検証をするフーヴァーの姿が長官の目にとまって、異例の出世を果たすことになったのだった。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。

主演レオナルド・ディカプリオ、監督クリント・イーストウッドの初コンビの話題作。
ストーリーはFBIの初代長官フーヴァーの生涯を描いてます。
年代的に言うと1920年くらいからメインエピソードの1932年のリンドバーグ愛児誘拐事件を挟んでニクソン大統領就任の1972年までの話です。

感想。
うーーーーん。レオ様&イーストウッドの豪華コンビとしては寂しい内容でした。
話のメインが無くて、あちゃこちゃ話が飛ぶので分かりづらいしイーストウッドにしては物足りない演出でした。
てか・・・フーヴァー長官って映画化するような人なの?
アメリカ以外の人は興味ないんじゃないの?^^;
公開前はオスカー大本命と噂されていたのに公開後に失速したのも頷けますね。

レオ様はハゲ&デブのメイクでフーヴァー長官に成りきってました。
でも「ジャンゴ」とか「シャッター アイランド」のほうが良い演技だと思います。
上手い演技も見せ場がないと印象に残らないですよね。
それに、やっぱりレオ様はカッコ良い役のほうが良いです。
そうゆう意味で本作ではフーヴァー長官の秘書のガンディを演じたナオミ・ワッツが一番印象に残りました。


J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/06/02)
レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード