FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】テッド



テッド 2012年アメリカ オススメ★☆
出演・・・マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン(テッドの声)
クマのぬいぐるみが命を吹き込まれる。主人公が少年なら立派なファミリー映画でも、その27年後が舞台のこの『テッド』では、主人公はすでに35歳の中年。下ネタ、下品ネタ満載の“立派な”R指定映画になっている(日本ではR+15)。子供なら美談のぬいぐるみとの友情も、大人になってもその関係が続いていたら、世間的には「自立できていない大人」だ。実際、ジョンとテッドの精神構造は中学生並み。C級映画鑑賞が趣味というふたりが大好きな映画が『フラッシュゴードン』(駄作として悪名高い1980年のスペースオペラ)というのだから…。ジョンが“責任感ある大人”になるためには、テッドとの別れが必要なのかという葛藤が丁寧に描かれ、さんざん笑った後に観る者の心をホロリとさせてくれる。本人役で『フラッシュゴードン』の主演のサム・ジョーンズ、コンサートシーンで“本物の”ノラ・ジョーンズが出演しているのも見どころだ。

1985年、ボストン郊外。誰にも相手にされない孤独な少年・ジョンは、クリスマスプレゼントでもらった唯一の話し相手であるテディベアと、本当の友人になれるよう天に祈りを捧げる。翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア“テッド”はジョンに「一生親友だよ」と約束する。しかし、やがて奇跡は日常となり、少年は大人へと成長する……。それから27年。ジョン(マーク・ウォールバーグ)はいつまでも青春時代から脱却できないダメ男に成長、テッドも見た目は可愛いテディベアのままだが中身だけが成長し、いまや下品なジョークと女の事で頭がいっぱいの中年テディベアに成り下がっていた。少年時代の約束通り、親友として今日も自宅ソファーで自堕落で低モラルな毎日を送るジョンとテッド。そんな中、ジョンは4年間付き合っている彼女ローリー(ミラ・クニス)から、自分かテッドのどちらかを選ぶよう迫られ、テッドから自立することを決意するが……。
(goo映画より)


映画館にて鑑賞。
全米で2億ドルを突破した大ヒット・コメディです。
愛らしいルックスとは裏腹に下ネタ満載の中年テディ・ベアー「テッド」が巻き起こすドタバタ・コメディです。

へへへ・・・。
東京では満員で見れなかったけど大黒屋で前売り券は買ってきてたんです。

しかし・・・。感想。
うーーーーーん、詰まらん。(爆)
ジョークが日本人にはイマイチ分からないのが多くて笑えない。
レジで腰振るテディ、グリーン・ランタン野郎(ライアン・レイノルズがゲスト出演)、スーザン・ボイル、最後のテーラー・ロートナー(「トワイライト」の狼男)ネタとか、ところどころは笑えるんだけど全体的に笑えないジョークばかりで・・・。
また僕は「フラッシュゴードン」は見てないのでフラッシュゴードン・ネタは全く理解出来ず・・・。
ストーリーもこんなんで良いの???ってくらい浅い。
終盤はサスペンスの要素があったりラストはホロっと暖かい気持ちになれたけど中盤まではホントに退屈でした。
こんなのが良く大ヒットしたよなぁ~って驚きです。

僕はマーク・ウォールバーグは好きじゃないので(笑)見に行った理由はテディの可愛らしさに惹かれてたから。
しかし!!!現実のテディは下品なオッサン。(笑)
可愛かったのは、しょんぼりした時くらいかなぁ・・・。
それとテディの声が全然可愛くない!!!
監督がテディの声も担当してるみたいなんですけど、もうちょっと魅力的な声にして欲しかったなぁ・・・。

あとはマーク・ウォールバーグの太い腕が気になって気になって・・・。
無意味に太すぎでしょう!!!(笑)


スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード