FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】ボーン・レガシー(ネタバレあり)


ボーン・レガシー 2012年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョアン・アレン、アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン
暗殺者ジェイソン・ボーンと彼をめぐる陰謀を、壮大なスケールで描いた『ボーン』シリーズの裏で進行していたストーリーを描くアクション大作。前3作と同じ世界と時系列を舞台に、ジェイソン・ボーンとは別の暗殺者アーロン・クロスが繰り広げる戦いを活写する。『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーが暗殺者アーロンにふんし、体を張った見せ場を次々と披露。また、『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートン、『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズなどの実力派が共演してドラマを盛り上げる。

最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。その裏で、ボーンと匹敵する能力を秘めた暗殺者アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)を巻き込むようにして、さらなる戦いと陰謀が動き出していく。そして、CIA上層部ですら認知していない2つの計画を上回るプログラムの存在があり……。
(シネマトゥデイより)


映画館にて鑑賞。
マット・デイモン主演だったジェイソン・ボーン・シリーズの新たなるシリーズです。
とは言え面白いのが続編ではなく3作目の「ボーン・アルティメイタム」と並行してストーリーが展開することです。
なので「ボーン・アルティメイタム」に出ていたキャラが沢山登場します。(ジョアン・アレン、アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン)
「ボーン・アルティメイタム」をハッキリ覚えていなかった僕は・・・この人、死んだハズだよね・・・やっぱり、そうだよね・・・ってな具合。(笑)
なので完璧に楽しむには「ボーン・アルティメイタム」だけは見ておいたほうが良いかもです。

感想。
面白かったです。
個人的にボーン・シリーズってバカ好きな訳でもないので本作が一番面白かったです。
やっぱり何と言っても新しい主人公を演じたジェレミー・レナーの魅力でしょうね。
全編出ずっぱりの主演なので「アベンジャーズ」よりもジェレミー・レナーの魅力爆発でした。
バイクで階段の手すりを降りるシーンはスタントなしで自分でやったそうです。
この人、下済みが長くて41歳だそうです。(そうは見えない若さに驚き!!!)
コリン・ファレル主演の「SWAT」、シャーリーズ・セロン主演の「スタンド・アップ」では憎々しい敵役。
僕が初めて、この人、良いなぁ~って思ったのは2007年の「28週後...」。
どうせまた敵役だろう・・・って思ってたら、善玉でめちゃくちゃカッコ良かった。
その後、2009年の「ハートロッカー」でブレイクしてからはスター街道ばく進中ですね。

あとは主人公アーロンを助けるレイチェル・ワイズが死ななかったのが良かったです。
ボーン・シリーズはヒロインは死んじゃうので今回も死んじゃうのかなぁ・・・って思ってたんですけどラストはまさかの大活躍でした。

難点を上げると組織が殺し損ねて反撃されると言う良くあるパターンのストーリーで新鮮さがなかったこと。
それと後半の部隊がフィリピンになったことですかね。
必然的に敵役もアジア系に・・・。

続編は作ろうと思えば作れますがボーン・シリーズと違ってアクションを起こすのがCIA側だけってのがどうなんですかね?
アーロン側からアクションを起こす要素がないですから・・・。
とは言え製作者側はジェレミー・レナーとマット・デイモンを共演させたがっているので今後の展開が楽しみなシリーズには間違いないですね。


スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード