FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】ウォール・ストリート

ウォール・ストリート ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]ウォール・ストリート ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
(2011/06/15)
マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ 他

商品詳細を見る
ウォール・ストリート 2010年アメリカ オススメ★★★
出演・・・マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドン
『プラトーン』『7月4日に生まれて』で2度のアカデミー賞に輝くオリバー・ストーン監督が、87年に発表した『ウォール街』の続編としてメガホンをとった本作。23年ぶりにゴードン・ゲッコーというカリスマ的キャラが復活、演じるのはもちろんマイケル・ダグラスだ。若手注目株のシャイア・ラブーフが若く有能なトレーダーを演じ、息詰まる駆け引きをスリリングに描き出している。社会の裏側と人間の深層心理をあぶり出す演出は、オリバー・ストーンの真骨頂。人間の強欲が招いた最悪の金融パニックによって、価値観が問い直される今の現代性に鋭く迫っていて見応え充分だ。思いがけない俳優のワンシーンのゲスト出演にも注目。

ウォール街の若き金融マン、ジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)の会社が突然破綻した。心の師である経営者は自殺、ジェイコブ自身も資産を失ってしまう。それが金融業界の黒幕ブレトン(ジョシュ・ブローリン)の陰謀だと知ったジェイコブは復讐を誓い、刑務所を出た元大物投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)に助言を求める。しかしゲッコーはジェイコブの最愛の恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親でもあった。ゲッコーは絶縁状態のウィニーとの仲を取り持つことを条件にジェイコブと手を組むことに同意する。本能の赴くままに“欲望”を追及し、卓越した頭脳とあらゆる手段で虎視眈々と復活を目論むゲッコー。そんなひと筋縄ではいかないゲッコーとの駆け引きによって、愛の強さを試されるジェイコブとウィニー。3人に微笑むのは女神か、それとも悪魔か。尽きせぬ欲望と愛憎の行き着く果てには、このうえなくスリリングでドラマチックな結末が待っていた……。
(goo映画より)


DVDレンタルにて鑑賞。
マイケル・ダグラスがオスカー主演男優賞を取った1987年「ウォール街」の続編です。
口コミの感想がイマイチなので映画館はスルーしたのですが、なかなか面白かったです。
ただ・・・途中までは復讐劇の展開で面白かったのですがリーマンショックあたりから、あらら・・な展開になってしまったのは残念。^^;
なんでこんなん展開にしたんでしょう???
社会派のオリバー・ストーン監督なんでアメリカ社会の抱える大きな問題を入れたかったんでしょうね。
の、割には終わり良ければ全て良しみたいな感じで・・・^^; 全体的に中途半端な感じがしました。
この辺が最近、パっとしないオリバー・ストーン監督らしいですね。
それでも主演の若手2人の魅力もあって最後まで飽きずに見れましたけど・・・。
マイケル・ダグラスは本作で助演男優賞候補も噂され、同じ役で受賞なるか!って話題もありましたが結局ノミネートされずでした。
基本的に、マイケル・ダグラスって演技はあまり上手くないですよね。^^;

あっ、解説にある思いがけない俳優のワンシーンのゲスト出演と監督自らの出演は、はっきり言って邪魔でした。(笑)



スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード