FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】それでも恋するバルセロナ

それでも恋するバルセロナ [DVD]それでも恋するバルセロナ [DVD]
(2009/11/27)
スカーレット・ヨハンソンハビエル・バルデム

商品詳細を見る
それでも恋するバルセロナ 08年アメリカ オススメ★☆
出演・・・スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、パトリシア・クラークソン、ケビン・ダン
バカンスでバルセロナを訪れたヴィッキーとクリスティーナは、親友同士だが恋愛観は正反対。二人はヴィッキーの親戚夫婦の家に滞在して、バルセロナの街を観光する。ガウディの建築物や、ミロの芸術に酔いしれていた。ある晩、訪れた画廊のパーティーで出会ったのは、画家のフアン・アントニオ。彼は元妻と離婚したばかりだった。そんな彼に、クリスティーナは興味を持つ。

年一作のペースで新作を発表するウディ・アレン監督が、スペインのバルセロナを舞台に、四角関係(それ以上?)の恋愛を描くロマンチック・コメディ。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、それぞれの個性や恋愛観をぶつけあいながら駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続き、ウディ・アレン作品でヒロインを演じるスカーレット・ヨハンソンのほか、『ノーカントリー』でオスカー受賞のハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが出演。ペネロペはこの作品で、本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞。そんな魅力的な俳優陣に加え、美しいバルセロナの街並、名所も見どころの一つ。
(goo映画より)


DVDレンタルにて鑑賞。
苦手なウディ・アレン監督作だけどキャストが魅力的なのでレンタルしてみました・・・。
が・・・やはりダメでした。(笑)
相変わらず何の盛り上がりもなく淡々と終ってしまいました。^^;
ホントに「くすっ」とも笑えないコメディだよね。
それと08年度のオスカー助演女優賞を取ったペネロペ・クルスのどこがイイのか全く分からなかったです。
こんなんで取っちゃうんですか~???!!!
ちなみにハビエル・バルデムとペネロペ・クルスはこの映画が切っ掛けで映画の話と同じく恋人関係になったそうです。
映画よりもこちらの恋の行方のほうが興味ありますね。(笑)



【映画】ブラッド・ワーク

ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]
(2009/11/18)
クリント・イーストウッドジェフ・ダニエルズ

商品詳細を見る
ブラッド・ワーク 02年アメリカ オススメ★★★
出演・・・クリント・イーストウッド、ジェフ・ダニエルズ、ワンダ・デ・ジーザス、アリジェリカ・ヒューストン
犯罪が移植される全米110万部突破のサイコ・サスペンスを映画化!
クリント・イーストウッド製作・監督・主演
FBIの誇る凄腕プロファイラー、テリー・マッケーレブは、宿敵"コードキラー"を追跡中、心臓発作で倒れた。それから二年後。FBIを引退し、新しい心臓で新しい人生を歩み始めた彼の元に美しい女性が現れ、こう告げる---「妹を殺した犯人を探して欲しい。あなたが今生きているのは、妹が殺されたおかげなのだから」と。その単純に見えた殺人事件は、血も凍る戦慄への序章に過ぎなかった。
犯罪記者出身の作家マイクル・コナリーのベストセラー小説『わが心臓の痛み』を、ハリウッドの重鎮クリント・イーストウッドが映画化。表面的なショッキングさを廃し、本物のサスペンスの恐怖を堪能させてくれる傑作に仕上がっている。
(Amazom.comより)


BS2にて鑑賞。
2002年のクリント・イーストウッドの監督・主演作ってことで観てみました。
面白かったです。
さすがイーストウッド。面白く作ってますね。
派手なアクション・シーンはないですけど丁寧に作られた良質のサスベンス映画でした。
ただ1つ・・・犯人と動機は映画の中盤でバレバレでしたけどね。(笑)
イーストウッドはこれが最新映画だと言われても分からない感じでしたよ。
今も変わらず若いですね。(今年80歳だとは思えないですね。)

そんなイーストウッドの最新監督作「インビクタス/負けざる者たち」が2/5から公開されます。
反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を超えた友情を描く実話を基にした映画みたいです。
マンデラを演じたモーガン・フリーマンとキャプテンを演じたマット・デイモンがどちらもゴールデン・グローブ賞にノミネートされました。
もちろんイーストウッドも監督賞でノミネートされてます。
これは是非、映画館で観なくちゃ・・・ですね。





初散歩

おはよ~ございます。
正月休みも今日でお終い。
10日間なんて早いもんですね。
今日の天気は嵐だし・・・今日は小鉄とゆっくり寝てま~す。




昨日は久々に晴れた1日でした。ホントに儲けもの

こんな日を逃しちゃいかん・・・ってことで小鉄と散歩にくり出しました。

今年の初散歩です。


恒例ですが今年の小鉄の足跡。



まずは家の周りを散歩。
久々に外に出れて嬉しかったのか・・・珍しく家の周りをかなり歩きました。



そして、いつものように「ドッグランに行きたい」と車の前にお座りしたので連れて行くことに。



小鉄。足が濡れるのが嫌いなのか、冷たいのが苦手なのか・・・基本的に雪は好きじゃないみたいです。
家の周りよりも早く帰りたいモードになりました。(笑)

♪雪やこんこん、霰やこんこん・・・
♪コウちゃん(近所のコーギー)は喜び庭かけ回り
♪鉄はコタツで丸くなる~


ですから。

やっぱりうちのワンコは温室育ちですわ~。(笑)






【映画】ロック・ミー・ハムレット

ロック・ミー・ハムレット! [DVD]ロック・ミー・ハムレット! [DVD]
(2009/06/05)
スティーヴ・クーガンキャサリン・キーナー

商品詳細を見る
ロック・ミー・ハムレット 08年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・スティーヴ・クーガン、キャサリン・キーナー、ジョセフ・ジュリアン・ソリア、デヴィッド・アークエット、エイミー・ポーラー、エリザベス・シュー
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」のS・クーガンが、俳優くずれの演劇教師を演じたドタバタコメディ。予算削減で演劇クラスの存続が危ぶまれ、主人公は起死回生を狙ったオリジナル劇「ハムレット2」の上演を計画するのだが……。ハムレットやキリストが現代に現われるという、はちゃめちゃな内容の劇中劇が見もの。その挿入歌「ロック・ミー・セクシー・ジーザス」の上演場面は特に必見だ。80年代の青春スター、E・シューが、ハリウッドに嫌気がさして引退した元女優シューというセルフパロディを演じているのも見どころ。

売れない俳優ダナは、高校で演劇を教えながら妻とさえない生活を送っていた。だが彼のクラスが上演する芝居は毎回大不評、おまけに予算削減のため演劇クラス自体の存続が危うくなってしまった。クラスを維持するための資金を捻出しようと、ダナは一念発起して名作「ハムレット」の勝手な続編「ハムレット2」の戯曲を書き上げ、上演へ向けて準備を進める。だが、その過激な内容が冒涜的だと父兄や学校から圧力がかかり……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。
演劇を作る人が主人公ってことで、あの悪夢だった「脳内ニューヨーク」を思い出しました。
しかもキャサリン・キーナーがどちらにも出てるしぃ~。(笑)
でも、こちらはラストはサクセス・ストーリーで後味が全然違いました。
まあまあ面白い映画でした。




【映画】無ケーカクの命中男/ノックトアップ

無ケーカクの命中男/ノックトアップ [DVD]無ケーカクの命中男/ノックトアップ [DVD]
(2009/02/06)
セス・ローゲンキャサリン・ハイグル

商品詳細を見る
無ケーカクの命中男/ノックトアップ 07年アメリカ オススメ★★★
出演・・・セス・ローゲン、キャサリン・ハイグル、ポール・ラッド、レスリー・マン、ジェイ・バルチェル
テレビ・キャスターに抜擢されたアリソンは、そのお祝いに姉とバーへ。そこで意気投合したのが、バカ仲間たちと共同生活を送り、仕事もせずに暮らしている無責任男ベン。二人は酔った勢いでベッドインしてしまう。8週間後、「妊娠した」とアリソンに告げられたベンは慌てふためく。アリソンはベンの協力を得て出産に備えるが、経済力も責任感もないベンに愛想を尽かしてしまう。ベンは果たして立派な父親になれるのか?

『40歳の童貞男』で大ヒットを飛ばしたジャド・アパトウ監督の新作は、またしてもダメ男を主人公にしたコメディだ。主人公の“命中男”を演じるのは、『40歳の童貞男』で主人公の同僚を演じていたセス・ローゲン。高校時代に受けた保険の支払いを少しずつ切り崩して、働かないでバカ仲間たちと一軒屋をシェアして暮らすダメ男だが、彼女には誠意を尽くそうと努力するベンをハマリ役で演じている。単純なドタバタ・コメディかと敬遠するかもしれないが、脚本はよく練られたもので、途中で飽きることはない。ユニークな個性の脇役たちが良く描けていること、映画マニアの小話がセリフに散りばめられていることも成功の一因だ。
(goo映画より)


WOWOWにて鑑賞。
僕のブログの下書きには10本くらいの映画のストックがありますが(笑)・・・新年、初鑑賞はコチラです。
何の予備知識もなく録画だけはしておいたのですが・・・。
あとで「スモーキング・ハイ」のセス・ローゲン&ジャド・アパトウ監督のコンビの映画だと分かりました。
録ってて良かった~。(←織田裕二っぽく(笑))
とは言え内容は知らぬまま観たので何、この邦題は???って感じでした。
宝くじに当たった話かな?って思ったら子供ができちゃった~!って話でした。
そっちの命中なのね・・・。(笑)
子供が出来てのドタバタ奮闘記って良くあるパターンですが、この映画が違うのは初めてあった男と軽い気持ちでエッチしたのが原因でできちゃったことですね。
しかもその相手が無職で年中、大麻でハイになってる無責任男だと・・・。(笑)
でも、そんな無責任男ベンもアリソンの気持に応えようと自分を変える努力をします。
その過程が微笑ましいです。
無責任男ベンに「スモーキング・ハイ」のセス・ローゲン、また妊娠してしまうアリソンを「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグルが演じていて、どちらもハマリ役でした。
解説にも書いてありますが単なるドタバタ・コメディではなくて子供が生まれるまでの過程を丁寧に描いていて良かったです。
「スモーキング・ハイ」もそうでしたが、この監督さんのコメディは面白いですね。!(^^)!
とっ言う感じで新年早々、思わぬ拾いもの映画でした。
あっ、それとスティーブ・カレルやジェームズ・フランコなどアパトウ監督作に出た人たちが本人役でゲスト出演してました。





降りました。



雪。

昨日の夕方時点では全くなかったのに、一晩でこんなに・・・。

てか、今もモコモコ降ってます。

僕が知る限りではこの冬、一番の雪ですね。

そのせいで昨日はスカパーが映らなかったです。

永ちゃんと清志郎、どっちにしようか~なんて悩んでたけど・・・どちらも映りませんでしたから~残念。

ホント、昨年のミスチル、せっちゃんが無事に録画出来て良かったです。

今月、あまり見たい番組がないのは僕にとっては「不幸中の幸い」かもしれませんね。






マイ・ランキング2009 ライブ編

マイ・ランキング2009、ラストはライブ編です。
僕の参戦した2009年ライブの中からベスト5を・・・。

選考基準。1アーチスト1公演とします。
(じゃないとBEGINばかりになっちゃうので・・・(笑))


1位 10/6 BEGIN@新潟県民会館
昨年のBEGINのツアーはなんと9箇所参戦しました。(笑)
ただし最初の2箇所の関内・日比谷は構成が全くの別物で同じツアーなのに2度楽しめる内容でしたね。
で・・・ベストは・・・。愛知、東京、泉大津・・・も楽しかったけどベストは新潟。
地元ってのもあるし1曲多かったですし・・・何より席が栄昇さんの真ん前でハープを僕の前で僕の為に(←妄想入ってま~す。)吹いてくれましたから・・・。(笑)
しかし、これだけ行ってるのに今回は不思議と飽きることなく全て楽しめました。
こんな感覚は「オキナワン・フール~」ツアー以来ですね。
やっぱりニューアルバムを発売してのツアーは当然、新曲が多くなるので新鮮で良いですね。!(^^)!
特にアンコールの♪笑顔のまんま、は楽しかったです。
今年はまずは3/21大阪城ホールで20周年のお祝いで~す。OH



2位 5/4 Mr.Children @朱鷺メッセ
大きな会場で桜井さんは小さかったですけど、セットリストが良くて楽しいライブでした。
ミスチル熱、再び上昇で~す。


3位 9/27 ハナレグミ@りゅうとぴあ劇場
初のハナレグミのライブでしたが会場もこじんまりしていてアットホームな感じで良かったです。


4位 10/11 斉藤和義@新潟市音楽文化会館
キャパ530人と小さいホールでのライブ。席も非常に良くて楽しかったです。


5位 11/14 馬場俊英@渋谷C.C.Lemonホール
ニューアルバムのツアーとあって新曲が多くて新鮮でした。


以上の5本が昨年の僕のベスト・ライブです。

昨年も書きましたけど良いライブになる要件は席とかもあるけど一番は自分の体調であること。
なのでライブ前は「ちゃんと寝ましょう~。」ですね。(笑)

2009年は合計23公演のライブ・イベントに参戦しました。うち、約半分がBEGINです。^^;

ちなみに2008年は30公演、2007年は42公演なので年々減ってますね。

やっぱり小鉄を置いて行かなきゃいけないことを考えると減りますね。

今年は地元や近県のライブに幅広く参戦出来たら・・・って思います。




マイ・ランキング2009 映画編

2009年マイ・ランキング、2回目は映画です。
選考基準は昨年初めて観た映画・DVDから選ぶことにします。
(映画館だけだと何本もないので・・・^^;)
数えたら昨年は181本の映画を観ました。
「時間がない、時間がない」なんて言いながらも一昨年よりも30本近く多く観たんですね。驚き。
さて、今年は何本の映画を観れるでしょうか・・・。

ではベスト5を・・・。

1位 パイレーツ・ロック 09年イギリス オススメ★★★★
出演・・・フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、リス・エヴァンス、ニック・フロスト、ケネス・ブラナー、トム・スターリッジ
「グラン・トリノ」と僅差の争いで1位です。
万人ウケする映画ではないけど僕の波長にはジャスト・フィットでした。
ロックン・ロール


2位 グラ・トリノ 08年アメリカ オススメ★★★★
出演・・・クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト
イーストウッド監督の傑作! ラストの予想を上回る演出に涙でした。


3位 マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと 08年アメリカ オススメ★★★★
出演・・・オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン、アラン・アーキン
昨年のワンコ映画はコレ!ラストは涙なしには観れません。小鉄くん、キミは幸せですか?


4位 キサラギ 07年日本 オススメ★★★★
出演・・・小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之
今年も日本映画がランクイン!シチュエーション・コメディの傑作です。上手い。


5位 ドリームズ・カム・トゥルー 06年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・キキ・パーマー、ローレンス・フィッシュバーン、アンジェラ・バセット、カーティス・アームストロング
家族の絆を描いた感動的なドラマでした。未公開ですけど拾いものの映画でした。


その他、「フリーダム・ライターズ★★★☆」「華麗なる恋の舞台で★★★☆」「フロスト×ニクソン★★★☆」「マンマ・ミーア!★★★☆」「チェンジリング★★★☆」なども面白かったです。
この辺の映画はホントに良いので是非、観てもらいたいです。!(^^)!



続いてワースト5位を・・・。

1位 ラスベガスをやっつけろ 98年アメリカ オススメ★
出演・・・ジョニー・デップ、ベニチオ・デル・トロ、トビー・マグワイア、キャメロン・ディアス、クリスティナ・リッチ
テリー・ギリアム監督作です。この監督の独特の世界観で訳が分かりません。(笑)

2位 パーフェクトゲーム 究極の選択 07年イギリス オススメ★
出演・・・ステラン・スカルスガルド、メリッサ・ジョージ、セルマ・ブレア、ポール・ケイ
「ソウ」の劣化版みたいなサスペンス映画。B級映画ですね。

3位 ライラにお手あげ 07年 アメリカ オススメ★
出演・・・ベン・スティラー、ミシェル・モナハン、マリン・アッカーマン
笑いのネタが酷過ぎ・・・笑えません。

4位 脳内ニューヨーク 08年アメリカ オススメ★
出演・・・フィリップ・シーモア・ホフマン、ミシェル・ウィリアムズ、サマンサ・モートン、キャスリーン・キーナー、エミリー・ワトソン
昨年の映画館で観て痛かった映画はコレ。
だって、訳が分かりませーーーーーーーん。切れずに最後まで観てたのにチンプンカンでした。^^;

5位 幸せの1ページ 08年アメリカ オススメ★
出演・・・ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー
このキャストでなんでこうなるの・・・。^^;
ジョディ・フォスターの映画で一番酷いかも・・・。

その他は「ワン・ミス・コール★☆」「ハプニング★☆」「ランボー 最後の戦場★☆」「クローバーフィールド/HAKAISHA★☆」「リボルバー★☆」「ライセンス・トゥ・ウエディング★☆」「モーテル★☆」「再会の街で★☆」「プルートで朝食を★☆」「ブラザーサンタ★☆」「光の六つのしるし★☆」「紀元1年が、こんなんだったら!?★☆」「スノーエンジェル★☆」なんかがダメでした。
やっぱりB級ホラー&アクションが痛い目に会う確率が高いですね。(笑)



マイ・ランキング2009 音楽編

新年一発目のブログで~す。

今日から年始恒例2009年【音楽・映画・ライブ】マイ・ランキングを書いて行きたいと思います。

まず第1回目は音楽編です。

<選考基準>
①今年、初めて発表された曲とする。
②1アーチスト1曲とする。

【2009年 マイ・ベスト・ソング10曲】

♪笑顔のまんま BEGIN 「シングル」
♪パナマ帽~、も好きだけどライブで一番楽しい曲なのでコチラを。

♪世界中のアンサー 馬場俊英 「シングル」
馬場さんは2009年は良い曲が多かったです。この曲のPVは2009年の僕のベストですね。

♪Halation 秦基博 「シングル」
「熱闘・甲子園」のテーマ曲でしたね。
間違いなく秦くんの代表曲になるでしょう~。

♪群青 -ultramarine- 福山雅治 「アルバム「残暑」収録」
待望のCD化! アレンジは変わったけど名曲だと思います。

♪My Best Of My Life Superfly 「シングル」
ドラマ「BOSS」の主題歌。初めて影の部分を書いた曲だそうです。

♪ラブソング サンボマスター 「シングル」
初のバラード・シングル。山口くんのボーカルが素晴らしいです。

♪WAO! ユニコーン 「シングル」
復活ユニコーンの1曲目。
AメロにWAO! ボーカルが民生さんじゃないWAO! 凄く良いサビが1回しかないのにWAO!(笑)

♪大丈夫 Jimama 「シングル」
僕の2009年のニューカマーです。
たまたま観てた「誰も知らない泣ける歌」で初めて聴いて、そして1回聴いて好きになりました。

♪光と影 ハナレグミ 「シングル」
ライブでのアコースティックver.も良いです。

♪ゴールデンタイムラバー スキマスイッチ 「シングル」
サビがキャッチーでスキマらしくて良いです。


【2009年 マイ・ベスト・アルバム3枚】
昨年も時間に追われ、アルバムは聴いたような、ちゃんと聴いてないような感じでした。反省。
そんな中でも良く聴いたのが、この3枚でした。

「3LDK」 BEGIN

「延長戦を続ける大人たちへ」 馬場俊英

「Box Emotions」 Superfly




謹賀新年




明けましておめでとうございます。


今年も映画に音楽と好きなことを書いて行きたいと思います。

もちろん我がブログのアイドル、小鉄くんのことも書きますよ~。

今年もマイペースでボチボチとやりますので宜しくお願いします。m(__)m

寝て起きたら新年一発目の(ちゃんとした)記事を書きま~す。

ではでは。あとからねぇ~。





プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード