FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】レッドクリフ Part I

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
(2009/03/11)
トニー・レオン金城 武

商品詳細を見る
レッドクリフ Part I 08年アメリカ・中国・日本・台湾・韓国 オススメ★★★
出演・・・トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ性に魅了される。一方の周瑜も孔明の人柄と戦術眼に驚嘆し、その存在を意識するようになる。そして二人は信頼を深め、共に戦う事を決意するのだった。

日本でも高い人気を誇る中国の史伝・英雄譚「三国志」。その中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、名匠ジョン・ウー監督の手で映像化。壮大な戦いと戦の最中に繰り広げられる人間模様を2部構成で描いていく。第1部にあたる本作は周瑜、孔明を中心に「赤壁の戦い」に至るまでの経緯を丁寧な描写で追う。周瑜を演じたトニー・レオンは芯のしっかりとした演技でカリスマ性を見事に表現。一方、諸葛孔明を演じた金城武は常に微笑をたやさぬ悠然とした演技で、希代の名軍師の懐の深さを印象づけることに成功した。名将たちが奮戦する戦闘シーンも迫力満点。『Part II』の公開が楽しみになる作品に仕上がった。
(goo映画より)


地上波にて鑑賞。
昨年の日本での公開映画の洋画の興行収入NO.1映画です。
Part Ⅱの公開に合わせてだと思うんですけど、すごい早いタイミングで地上波で放送されたので観てみました。
感想。
アジアが舞台でアジア人俳優の映画ってことで全然期待してなかったんですが面白かったです。
Part Ⅰは、まさにこれから赤壁の戦い!ってところで終わります。
「パイレーツ・カリビアン2」同様、リアルタイムで映画館で観た人は続編を待つのがツライ終わり方です。(笑)
僕も思わず映画館にPart Ⅱ、観に行こうかと思いましたもん。
ただ・・・吹き替えで観ちゃったんで続編も吹き替えで観ないと違和感ありありになりますね。(笑)
お金払って吹き替え版観たくないですしね。(笑)
あっ、この時代劇の雰囲気・・・僕は昨年観たヨン様のドラマ「太王四神記」を思い出しちゃいました。
俳優も「インファナル・アフェア」のトニー・レオンに日本でもおなじみの金城武と良かったです。
やっぱり続編、観たいなぁ・・・。GWに観てこようかなぁ・・・。
ちなみにジョン・ウー映画で必ず出てくる「白い鳩」。今回は違和感なく話の筋にそって出てました。(笑)



スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード