FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】キサラギ

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]キサラギ スタンダード・エディション [DVD]
(2008/01/09)
香川照之ユースケ・サンタマリア

商品詳細を見る
キサラギ 07年日本 オススメ★★★★
出演・・・小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之
知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。

ひとつの部屋の中で繰り広げられる“密室劇”。日本映画には珍しい(?)ワンシチュエーション・サスペンスで、謎が謎を呼ぶ展開がとてもスリリングなのに、観終わるととても爽やかな後味のハートフルドラマ。そんな不思議な魅力の作品だ。三谷幸喜の舞台劇を観ているかのような絶妙な会話劇を構築したのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』で知られる脚本家・古沢良太と、「僕の生きる道」など秀作TVドラマを手がけてきた佐藤祐市監督。映画界、TV界のそれぞれタイプがまったく違う人気者5人を巧く配置して、不協和音が奏でる“一体感”を作り上げた。
(goo映画より)


BSJにより鑑賞。
開口一番「素晴らしい!」 超~オススメ作の登場です。

確か07年の日本アカデミー賞で各部門にノミネートされてた映画だよなぁ~っと思い観ることに・・・。
観る前はタイトルと出演者から軽いコメディかと思えば・・・これが「12人の怒れる男」みたいな舞台劇の映画化のようなシチューエーション・サスペンスでした。
話は1つの部屋で起こり、そこに居る5人だけ(ほぼ)で展開されます。
まるで舞台劇を観ているような感覚です。
序盤の1つ1つの何気ない会話が後半1つに繋がるストーリーは「さすが!」の一言です。
さらに一周忌追悼会に集まった5人の男たちの驚くべき素性が次々に明らかになってゆく展開も「素晴らしい!」の一言です。
あとユースケのHNがオダユージなのには笑わせてもらいました。(「踊る大捜査線」をギャグにしてますね。(笑))
邦画でここまで引き込まれたのは久しぶりです。
ただ、惜しくは最後の最後のオチは余計でしたね。これさえ無ければ完璧な映画でした。(ーー;)
でも、間違いなく大人の鑑賞に堪えうる極上のサスペンスだと思いますし必見の1本です。
DVD借り直そうかなぁ・・・。(^^♪


スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード