FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

大晦日

どもです。いよいよ今年も残すところ11時間ちょっとになりましたね。
このブログを見て頂いた方には感謝の一言です。m(__)m
来年は厳しい年になりそうですがブログだけは明るいネタを書いて行きたいと思います。
来年もボチボチ書いて行きたいと思いますので小鉄ともども宜しくお願いします。m(__)m


今年最後の小鉄の画像は12/29、儲けものの天気で行った最後のドッグランからで~す。








スポンサーサイト



【覚書き】サモやんの注目の音楽番組 1月

今年最後の自分への月一覚書き日記です。(笑)
新年、注目の僕の音楽番組はコチラ~。
なかなか盛りだくさんですね。
ただ、雪による受信障害が心配です。暖冬でありますように・・・。



さだまさし35周年記念コンサート
1/3(土)18:00~20:00 WOWOW
1973年、フォークデュオ「グレープ」でデビューしたさだまさしが、2008年に35周年を迎える。76年のソロデビュー以来毎年全国ツアーを重ね、通算コンサート回数は前人未到の3,600回超えを達成。「北の国から」、「関白宣言」、「案山子」といった誰もが知る名曲の数々を生み出し、日本のフォークシーン、ミュージックシーンに与えた影響は計り知れない。
 そんな彼の「さだまさし35周年記念コンサートツアー」が08年6月、三郷市文化会館からスタート。沖縄から北海道まで全国43会場48公演で95,000人を動員するこのツアー、WOWOWでは最終公演、千秋楽となるNHKホールでのライブを収録し、お届けする。豪華サポートメンバーと共に創り上げる重厚なサウンドは、さだまさしの円熟したステージを一層感動的なものにしている。
 …そして、最早「お家芸」とも言える、曲間の爆笑トークも見逃せない。元落研とか、そういったレベルを超える「噺家」としての彼のMCは、ライブ本編以外の大きな見どころでもあるので、こちらもあわせてお楽しみあれ。
【放送予定曲】北の国から~遙かなる大地より~、案山子、関白宣言他、予定
BEGINがカバーした♪案山子、も聴けそうですね。楽しみです。



斉藤和義 ライブツアー2008 “歌うたい 15<16”
1/5(月)00:30~2:00(1/6の深夜) WOWOW
1993年シングル「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューした斉藤和義は今年15周年を迎え、ますます意欲的な音楽活動を行っている。
 1月から4月にかけて行った「斉藤和義 LIVE TOUR 2008~I LOVE ME~」と題した全国ツアーに始まり、8月にはシングルズ・ベストアルバム「『歌うたい15 』SINGLES BEST 1993~2007」をリリース、9月にはCMタイアップ曲となったシングル「やぁ 無情」を発売し、大ヒットを記録した。
 また、WOWOW でも放送し記憶に新しい「ROCK IN JAPAN FES.2008」や「平安神宮 月夜の宴」等の音楽イベントにも数多く出演した。しかしまだまだ彼は走り続けている。12月にZepp Tokyoで行うライブハウスツアーをお届けする。
 15周年のキャリアを感じさせられる、斉藤和義の歌の魅力を存分に感じていただきたい。
【放送曲】歌うたいのバラッド、男節、Hey! Mr.Angryman、おつかれさまの国、やぁ 無情、レノンの夢も、かすみ草、何もないテーブルに、FIRE DOG、COLD TUBE、I LOVE ME、ベリーベリーストロング~アイネクライネ~
僕が行くのを断念したライブですね。
人の感想を読んでると、かなり良かったらしいので観れるのが楽しみです。
良いセットリストなんだけど・・・♪tokyo blues、の弾き語りがないみたいなのは残念。




沢田研二ライブ in 東京ドーム 人間60年ジュリー祭り
1/9(金)21:00~22:30 BS2
12月27日に放送する総合テレビのライブ版。12月3日、東京ドームで行われる“ジュリー祭り”の様子を収録。ザ・タイガース時代からソロ時代のヒット曲まで、4時間にわたって行われるライブの見どころをBS-hiとBS2で90分にまとめて放送する。
≪収録≫2008年12月3日(水)東京ドーム
12/28にBS-hiで放送あったんですが見事にタイマー録画失敗しました。
なので、今度こそはちゃんと録画しなくては・・・。






秦 基博 CONCERT TOUR 2008
1/15(木)19:00~20:30 WOWOW
ギター1本と、その唯一無二の声…。それだけで、聴く者の心を揺さぶる稀有なシンガー、それが秦 基博(はた・もとひろ)。
 2006年にデビュー、翌年9月に発売された1stアルバム『コントラスト』がオリコン・アルバム・ランキング初登場5位を記録し、現在もロングセールス中。名実ともに“2007年邦楽男性ソロNo. 1新人”と騒がれ、秦はまさに今年“新人”の枠を超え、飛躍の1年を迎えています。
 今年5月に行った初のホールツアーは全公演とも即完売。また、一青窈への楽曲提供、大橋卓弥や平井堅の楽曲への客演など、人気アーティストとのコラボも目白押し。今年第2弾シングルは、大型映画「築地魚河岸三代目」の主題歌にも決定。ヱビスビールのCMソング「第三の男」を歌っているのも実は彼。話題に事欠きません!また今春には好評の声が高かったWOWOWオリジナルライブ「卒業のうた」に出演。名だたる先輩アーティストとの共演でも、一際光る存在感を見せてくれました。
 そんな秦が満を持して10月29日にリリースした2ndアルバムをひっさげて、レコーディングにも参加したバンドメンバーと今冬行う全国ツアーのファイナルとなる12月27日(土)中野サンプラザホールのライブの模様を独占放送!ニューアルバム「ALRIGHT」からの新曲満載で送る、良質のコンサートを堪能してください。
このツアーは僕はツアー初日となる新潟公演を観ました。
とっても良いライブだったので、ツアーファイナルが観れるのは嬉しいです。




COUNTDOWN JAPAN 08/09
1/16(金)00:00~3:00(1/17の深夜) WOWOW
国内最大規模!
年末年越しのロック・フェスティバルをオンエア!
2月には拡大版、アーチスト特集もあるようです。



平井堅 Ken’s Bar 10th Anniversary
1/17(土)20:00~22:00 WOWOW
毎年年末恒例の平井堅のKen’s Barを今年もWOWOWが独占放送!98年にスタートしたKen’s Barは今年記念すべき10周年を迎える。
 平井堅が店主を務めるこのミュージックバー、今年は12月24日横浜アリーナで一夜だけ開店する。このライブイベントは観客がお酒やソフトドリンクを飲みながらリラックスして音楽を楽しむ形式で行われ、平井堅は数々のオリジナル曲やカヴァー曲をアコースティック・スタイルでトークも交えながら披露する。
 この極上のプレミアムライブを、会場にいる感覚でお酒やソフトドリンクを片手に自宅でくつろぎながら楽しんでいただきたい。



ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”
1/18(日)21:00~23:00 tbsチャンネル
ソローアーティストとしての活動を再開させたASKA(飛鳥)が「各地域のオーケストラの中に飛び込んでいって歌う」というスタイルに挑むコンサートツアー「ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”」。TBSチャンネルでは、2008年10月15日(水)、名古屋の日本ガイシホール公演をTV初独占放送!




秦 基博 オリジナル・アコースティック・スタジオライブ特番 -VOISING with MY GUITAR-
1/24(土)21:00~22:00 スペースシャワーTV
08年10月にリリースされた2ndアルバム「ALRIGHT」に収録されている楽曲を中心に、秦 基博のスペースシャワーTVオリジナルアコースティックライブ特番をお届けします。未だ記憶に新しい08年6月にスペースシャワーTV主催で日比谷野音で行った「VOICES」でのライブは、3000人を感動させる圧巻のステージでした。今回は、声とギターのみで奏でるオリジナル・アコースティック・スタジオライブをお届けします。
*VOISING with MY GUITAR=VOICEとSINGの造語→声は、僕のギターと共に歌う。
1月は秦くんのライブが2本も見れて幸せで~す。
しかもバンドスタイルとアコースティックスタイルと違ったライブが観れるなんて・・・。
3月の武道館に向けて、しっかりと予習したいと思います。




さだまさし 音楽を愛する心のビッグショー ~さだまさし!デビュー35周年~
1/31(土)20:00~21:30 BS2
シンガーソングライター“さだまさし”がデビュー35周年を迎えた今、彼は自分の音楽の集大成を考えている。
この番組は、自分の音楽生活の35年間を振り返り、様々な角度からさだが、さだまさしを語る番組である。彼は、故郷長崎を想いそして大切にしている。彼にとって長崎は特別なものである。また最近はオーケストラとの競演、美空ひばりの楽曲への挑戦など音楽を愛し、日本の音楽界特にフォークの世界での自分の立場を考えて、前に向かって歩み続けるさだまさしが35年間の音楽人生を語る。そして彼は言う“俺は歌でも、執筆でも楽器でもうまくなりたい。そして俺を知ってほしい”
マイミクさーーーん、1月は、さださん月間ですね。録画お忘れなく




ここからはサキドリ!


スガ シカオ All from 2008
2/3(火)19:00~ WOWOW
今年デビュー11周年を迎え更なる飛躍を遂げているスガ シカオ。9月には、前作から2年ぶりとなる通算8枚目のアルバム「FUNKAHOLiC」を発売。「FUNKAHOLiC」(ファンカホ
リック=ファンク中毒)というタイトルを象徴するかのようなファンク・ナンバーからバラードまで…ワン・アンド・オンリーで濃厚な楽曲が並んだ強力作品だ。
 この秋から冬にかけては、弾き語りスタイルのツアー「Suga Shikao Hitori Sugar Tour 2008 Vol.10 - 15」、スタンディングのファンキーライブ「Suga Shikao FUNK FIRE’08」、そしてホールでのライブ「Suga Shikao TOUR 2008 「FUNKAHOLiC」」と、3つの異なるスタイルのツアーで全国を駆け巡っている。このそれぞれのツアーの中から数々の選りすぐりのヒット曲をピックアップしてお届け。
 スガファンはもちろん、そうでない人もスガの音楽性の高さをあらためて認識してしまう注目番組は必見!


WINTER FANTASIA 2008 ~ DCTgarden “THE LIVE!!!”
2/14(土)18:00~ WOWOW
既にマイミクさんから録画を頼まれてるドリカムのライブでーーーす。(笑)
当日はライブ参戦で家に居ないので、しっかりとタイマー録画しなくちゃです。





“大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008”+α
2月放送予定 tbsチャンネル
2008年9月からスタートしたスキマスイッチのヴォーカリスト・大橋卓弥のソロライブツアーをTV初独占放送!
2008年12月22日(月)に日本武道館で開かれるツアー最終公演の模様をお届けする。
大橋卓弥ソロ活動開始の年を締めくくる公演の様子をお見逃しなく!



旅に出ると・・・

旅に出て枕が変わると寝れないって人、居ますよね。
僕はその点では全く問題なく、どこでもいつでも寝れます。
ただ1つ。なぜか旅に出ると、お通じが悪くなるんです。
普段は毎日1回は出るのに、旅に出ると出なくなるんです。
この間の遠征中も1回も出ることなく、今日、やっとお通じがありました。ほっ。(^^♪






【映画】ワールド・オブ・ライズ


ワールド・オブ・ライズ 08年アメリカ オススメ★☆
出演・・・レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ
ロジャー・フェリスはCIAで最高の腕を誇るスパイ。世界中の戦場で常に死と隣り合わせの彼の任務を決めるのは、遠く離れた安全な場所で、時には子供の世話をしながら命令を下すベテラン局員エド・ホフマン。彼らの目的は、地球規模の破壊を含む爆破テロ組織のリーダーを捕まえること。正体不明のその男を罠にかけるには、味方すらも欺く完璧な嘘をつかなければならない。世界を救うのは、いったい誰のどんな嘘なのか…?

息もつけない頭脳戦と、一瞬先も読めない熱き戦いを描くアクション・エンタテインメント。監督は、『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット。原作は、ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デイビッド・イグネイシアスがCIA工作員を描いた2007年の小説「ボディ・オブ・ライズ」。
(作品資料より)

映画館にて鑑賞。
東京遠征中に時間があったので是非、観たかった映画を観てきました。
「ワールド・オブ・ライズ」
僕の好きなディカプリオとラッセル・クロウの2大スター競演の映画です。
感想。
長いし、テロリストとの攻防を描いてるのに最後の決め手は恋愛かいっ!^^;
とにかく前半の半分以上が物語の核心に入らずに中東でのテロリスト活動を延々と見せられます。
こりゃ~参りますわ・・・。(ーー;)
拷問シーンとか、思わず目を逸らしたくなるシーンも多いですし・・・。
あのTVスポットで流してる「ディカプリオのウソが世界を救うか?ラッセル・クロウのウソが世界を救うか?」って、まるで2人が騙しあうみたいな宣伝に完全に騙されました。
「広告マンのウソが映画を救った」が正解ですね。(笑)
役者ではディカプリオは主演らしく良かったですがラッセル・クロウは・・・。
別にわざわざクロウが演じなくてもイイような中途半端な役でした。
「アメクカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督だから出てあげたのかな???
あとね・・・この2人意外は全然知らない役者ばかりでした。^^;
この俳優、監督で賞レースに全くカスってない訳が映画を見て分かりました。これじゃ~ね・・・ダメだわ。
同じディカプリオの「ディパーデット」の中東版みたいな映画でした。
ディカプリオの頑張りに☆1個追加しときま~す。




帰ってくると思わぬご褒美が・・・

どもです。
東京、そして今年最後の遠征から無事に帰ってきました。
ライブ3本&オフ会3回&大カラオケ大会っと・・・すごく楽しく充実した3日間でした。
まだ良い感じの余韻が残ってます。(^^♪

ただ帰りのバスの中では隣の男に思い切り枕代わりにさせられてしまいました。(ーー;)
僕のスペースまで手や足を伸ばすはで・・・大迷惑でした。
夜行バスで初めて寝れなかったです。
柏崎に着くと・・・予想に反して全く雪がなかったです。
青空駐車場が雪で積もってたら雪かきしなきゃダメかなぁ・・・くらいに思ってたのに。(笑)
やっぱり柏崎は新潟県の中では雪は降らない地域ですね。

家に帰ると早朝4時半にも関わらず・・・妹の部屋で小鉄がワンワン鳴いて出迎えてくれました。
戸を、そろりと開けると小鉄が出てきて嬉しそうに僕の顔を舐めてくれました。(^^♪
新宿のペットショップでダックスの赤ちゃんを見たのもあって「やっぱりデカイぞ、小鉄は~」って思いましたけど・・・。(笑)
そして今まで、小鉄と一緒に寝てました。
やっぱり小鉄が一番、カワイイです。どんなにデカくても・・・。(笑)

そして朝、起きて届いてた、かりゆしネットからの会報を見てみると・・・。
なんと!!サイン入りステッカー当選者の中に自分の名前がありました。
めちゃくちゃ嬉しい・・・っす。
10名当選だから倍率は300倍くらい? それとも応募した人が少なかったのかなぁ???
とにかく今年最後のサプライズでした。(宝くじは当たらないと思いますので・・・(笑))

さてっと、今日からライブレポ、部屋の掃除、そして年賀状・・・っと大忙しになりそうです。
どれも年越さないように頑張ろう~っと。





元の飼い主たずねて30km

<愛犬>1560万円で売られたチベタン・マスティフ、元の飼い主たずねて30km―湖南省長沙市

2008年12月23日、元の飼い主を忘れられないチベタン・マスティフ犬が新しい飼い主の元から逃げ出し、30km離れた「我が家」に戻ったという。「湖南在線」の報道。

11月23日、湖北省長沙市に住む何(ホー)さんは、犬の展示会で見た写真の中の1匹のチベタン・マスティフ犬に一目ぼれ。どうしても欲しくなり、探しあてた飼い主の胡(フー)さんに交渉して120万元(約1560万円)という高値で譲り受けることに。この犬は名前を「完美太子(ワンメイタイズ/完璧な王子の意)」といい、生後9か月だった。何さんが完美を引き取りに胡さんの家を訪れたとき、完美は気配を察して終始落ち着きがなく、家の中をうろついていたという。何さんの車に乗せられる際、完美は唸り声をあげながら必死で抵抗。近所の人も手伝って大人4人がかりでようやく車に押し込んだほどだった。

12月20日午前、何さんは「朝の散歩中に完美が突然走り出して姿を消した」と胡さんに電話。胡さんがあれこれ心配していると、泥だらけになり涙を浮かべて胡さんを見つめる完美の姿が家の前に。完美が家を遠く離れたのは何さんに引き取られた時だけ。しかも何さんの家からここまで30kmは離れている。「完美の気持ちを考えると、自分が恥ずかしくなった」と話す何さんは完美を胡さんから買い戻そうと決めたが、胡さんは「今回のことで、完美がますます好きになった」として、完美を手放す気持ちはないとのこと。現在、新旧飼い主の間で話し合いが続いている。
(Record China より)


遠征中にミクシイで読んだ感動的なニュースです。
すぐにUPしたかったんですけど携帯ではコピー出来ないので今頃になってしまいましたが紹介したいと思います。
犬は利口なんですよ。小鉄も僕が出かける雰囲気とかを察知して、置いて行かれないように・・・ってそわそわしますからね。
でも・・・いくら欲しいからってね。やっぱり犬の幸せを一番に考えて欲しいです。






【ライブ】12/28 BEGIN@新宿コマ劇場

ライブ参戦、最終日も前日に引き続き新宿コマ劇場でBEGINのライブです。
そう、今日がBEGINのツアーの最終日なのです。
最終日なので、少しオマケが付かないかなぁ???っと、ちょっぴり期待しています。←過去の例から言うと、たぶん付きません。(笑)
レポは帰ってから書きま~す。←年賀状も書けよ。^^;
昨日、等さんが『年賀状も書かなきゃ行けない忙しい中、来てくれてありがとう~』って言った時、あっ、自分だぁ~って思いました。(笑)
帰ってからも忙しくなりそうです。(笑)



12/29追記

終わったのは9時36分でした。


新宿コマ劇場は今年で、その歴史に幕を下ろします。
音も良いし、円形で見やすいホールなのに勿体無いです。
普通にコンサート会場として使って行けばイイのに・・・って思います。



色んなところから花輪が来てました。
なぜにGLAYから????

-セットリスト-
基本的に前日と同じでした。

1.♪誓い(一五一会ver)
2.♪ここから未来へ (一五一会ver)
3.♪心のインク (一五一会ver)

4.♪会いたい言葉 (一五一会ver)

5.♪恋しくて
MC
栄昇さん「このツアーの中で必ず子供が泣き出すって歌が♪パイナップルムーンって歌があるんです」(最初の2つか3つの会場だけで後に♪ここから未来へ、に変更されました。)
等さんに向かって「お前、ちょっと弾いてみてくれる」
イントロを弾く等さん。とってもムーディ。
すると子供が「うえーーーん」
栄昇さん「ほら、泣き出しだだろ・・・。」←ナイスタイミングです。


~一五一会によるリクエストコーナー~
Blue Snow
「それだけはやりたくないなぁ・・・。クリスマスも終わったさぁ・・・。」っと栄昇さん。
「じゃあよ、どんだけよ・・・クリスマスの終わった後にクリスマスの曲を歌ったらどんだけ変な気分か皆で味わってみよう・・・」←その理由でやるのもどうかと思うよ。^^;
僕の聴いた結果は良い曲は、いつ聴いても"良い"でした。

おつかれさん
栄昇さん「子供たち、何が聴きたい?」
子供「○×○×」
栄昇さん「おっかさん????そんな曲あったっけ???」
子供「おつかれさん」
等さん「似てるね」←確かに。(笑)
栄昇さん、歌いだすも途中の歌詞が分からず「ふふふん・・・」に。←やっぱり覚えてないやん。(笑)

イチャリバオハナ
あまりにレアな曲ばかり飛び出すので・・・栄昇さん「もうイイです。こっちでやります。」と言ってスティッチの曲をやりました。

これで終わりかと思えば・・・栄昇さんから「最終日と言う事でスペシャル・ゲストが来ています。コロッケさんです。」
会場「えーーーーーー!!」
ホントにコロッケが出てきました。顔がデカイ!(笑)
優さんが飲んだ席で「出てください。」と頼んだそうです。

ここからまるでNHKの「ふたりのビッグショー」みたいになりました。(笑)
コロッケの物まね講座が始まりました。
1.五木ひろしのまねで♪契り
コロッケの真似して顔を作ってる栄昇さんが笑えました。(笑)
物まね中に再び泣き出す子供。
コロッケ「あの子供はネックになってますね。」と言って「あの子供の真似をします。うえーーーん。」

2.森進一のまねで♪おふくろさん
流れでBEGINも森進一の真似をすることに・・・
栄昇さん・・・♪おふくろさんよ、おふくろさん~←結構似てます。
等さん・・・・・♪空を見上げりゃ~←さだまさしが入ってます。(笑)
優さん・・・・・♪空を見上げりゃ~←全く似てませーーーん。(笑)


3.田原俊彦の喋りまね

4.最近の武田鉄也のまねで♪贈る言葉
めちゃくちゃ似てました。
さすがですね。

5.BEGINの♪島人ぬ宝、で色んな人のまね
どのくらいのキー?って聴かれてちょっと歌う栄昇さん。
コロッケ「いい声してるよねぇ」←でしょ、でしょ。(^^♪
松山千春→さだまさし→細川たかし→淡谷のり子→志村けん→桑田佳祐
細川たかし意外は似てました。(たぶん、細川たかしの、ものまねする時のキーじゃないんだと思います。)
あまりに好評なので・・・コロッケ「これからネタにしようと思いました。」


6.♪島人ぬ宝
引き続きコロッケも加わって皆で歌いました。
3番は等さんによる読み上げで会場全体で歌いました。
最後は美川憲一で「どうも、ありがとうございましたっ。」って言ってコロッケははけて行きました。

ここまでMCも少なくスイスイと進行していた訳が分かりました。
コロッケが出る分、時間短縮していたんですね。
最終日だから少しはサプライズを期待してたけどホントにスゴイ、サブライズでした。
いや~、楽しかったです


7.♪埋立地 (一五一会ver)
8.♪ハイサイ California (一五一会ver)
9.♪ホクレア
10.安里屋ユンタ
11.♪涙そうそう
12.♪三線の花

13.♪オバー自慢の爆弾鍋
14.♪オジー自慢のオリオンビール
15.♪かりゆしの夜

島唄コーナーです。
♪オジー自慢、のエア乾杯は最終日と言うことでジョッキ・スタイルでのエア乾杯でした。

16.♪ボトル二本とチョコレート
この日の最後は「東京の皆さん、頑張って行きましょう~」でした。

17.♪ミーファイユー (一五一会ver)
この日は、さぁ・・・・っとお客さんは座ってしまいました。しかたなく座る僕。
他のアーチストのライブだと「お座りください」って言われなければ立ったままのが普通なんだけどBEGINライブって曲の質によってお客さんが自己判断で座るから面白いです。


-EN-
18.♪笑顔のまんま
サポート入りフルverでやってくれました。
前日に続き、「丸儲けOH!」って所は皆で「OH!」ってを上げてました。
会場全体でやってるので、等さんが「すげぇ~」って感じでウケてました。(笑)
もちろん、栄昇さんは足も一緒に上がってました。(笑)


19.♪僕らのこの素晴らしき世界
最後の挨拶。
栄昇さんの「僕らは戦争のために歌う気はサラサラありません。だから、うたの日は反戦の日ではありません。戦争があったから沖縄が今元気ではないんだよってことを子供たちに伝えたくて、戦争が終わってから沖縄の人たちは歌える喜び、踊れる喜びを体で感じたから今の沖縄があるんだよっと言うのを伝えたくて、うたの日をやってます。だから僕らは僕らで皆さんが元気になれる曲を歌って行きたいと思ってます。」
「「僕たちは新宿コマ劇場はこんなに凄かったんだよ」っと伝説を伝えるのが役目だと思ってます」っと栄昇さんが〆てくれました。
時間の関係か?等さん、優さんの一言がなかったのが、ちょっと残念。
曲のエンディングで優さんが♪お正月、を弾いてくれました。←にくい演出ですね。
あ~、ホントに終わっちゃったなぁ・・・って僕も少しシンミリしちゃいました。


こんな感じでツアー、新宿コマ劇場でのファイナルは幕を下ろしました。
とうとう3時間を越えたライブでした。
サプライズのゲストのコロッケとのやり取りも面白かったし、ホントに楽しいツアー・ファイナルでした。
僕も完全燃焼、燃え尽きました。
改めてBEGINのライブが一番楽しいなぁ~って思いました。
また、来年のツアーが楽しみです。
それまでの少しの間、皆さん、あとからねぇ~。







【ライブ】12/27 BEGIN@新宿コマ劇場

ライブ参戦、中日は今年一杯で取り壊される新宿コマ劇場にてBEGINのライブです。
果たしてBEGINはステージごと回ってくれるのでしょうか???←回らん、回らん。(笑)
ライブ前後にオフ会もあり、中身の濃い1日になりそうですよ~。
レポは帰ってから書きまーーーーす。



12/29追記

BEGINは昨年に引き続き新宿コマ劇場でのライブでした。


会場内には1/7発売の新曲♪笑顔のまんま、のポスターが貼ってありました。


-セットリスト-
1.♪誓い(一五一会ver)
「新宿コマは昨年の後援で終わったつもりだったのに、また今年もやることになって留年した気分だ」「今年はリラックスして楽しくやりたい」と栄昇さん。
ちなみに僕は調弦の後藤さんの髪型に釘付けに・・・。(笑)


2.♪ここから未来へ (一五一会ver)
3.♪心のインク (一五一会ver)

ツアーを振り返っての感想。
栄昇さん「年間60本くらいライブをしてたので、32本はそんなに大したことないと思ったけど4ヶ月で32本はキツかった」

優さん「スケジュールがタイトだった9月は大変だったけど、あとは大丈夫だった」

等さん「大都市じゃなくて普段行けないところに行けたので楽しかった」


4.♪会いたい言葉 (一五一会ver)
このアレンジはホントにイイですね。
僕の中ではオリジナルを越えたリアレンジです。(^^♪


5.♪恋しくて
MC新宿の話。
等さん「新宿と言えばアルタ前。石垣から出てきた人の待ち合わせ場所はアルタ前。もう会えないかもしれないと言う寂しさがあるのにアルタ前で待ち合わせをすると、なぜか石垣の同級生に会ってしまって、ありがたみがない」←オチがない。(笑)

優さん「駒沢大学の駅から栄昇とお金がなくて歩いてたらお金(800円)を拾って吉野家に行って2人で大盛りを食べた」
等さん「今日は子供も来てるよ」 (お客さん爆笑)
優さん「届けたから大丈夫、届けたから良いって言われたから。」←そんなウソを。(笑)
栄昇さん「それ以来、コンビニで買い物をする度に募金している。」←さらにウソの上塗り。(笑)
「若い頃は悪いことするさ。お金拾うよって歩いてて落ちてたら俺のもんさ」←その通り。(笑)


ロマンチックな話をと言うことで・・・。
栄昇「彼女にプロポーズする時に赤い車を買ってプレゼントしようとした」「同じ車のミニカーも買って、「この、ミニカーを上げる・・・外にホントの車もあるよ」とロマンチックなシュシュエーションを作ったのに上げる前にお姉さんから電話が来て「車、届いた?」って言われてしまって演出が台無しになってしまった」「で、結局、その車、お金がなくてよ・・・彼女から半分出してもらった」
等さん、優さん「最低」←確かに。(笑)
その後も、沖縄に持っていった、その赤い車が塩害でボロボロになり修理に出した爆笑エピソードが続きました。(書きたいんだけど、この面白さは僕の文章力では伝えられないです。ゴメンナサイ。)
栄昇さん、シンパ対ハブ話、以来の傑作MCでした。


~一五一会によるリクエストコーナー~
イチャリバオハナ
およげたいやきくん
あんぱんまん
崖の上のポニョ
防波堤で見た景色

うーーーん、微妙だなぁ・・・このコーナー。
色んな曲が出ても出来ないのが多いし、やってくれても1番とか1コーラスだけだし・・・。
イチャリバオハナ、も長野とかの時のようにエレキでやってくれたほうが良かったしね。
本日は見ての通り完全にお子ちゃまリクエスト・コーナーでした。(笑)


6.♪島人ぬ宝
普通verを一五一会だけでの演奏でした。
3番は等さんによる読み上げで会場全体で歌いました。


7.♪埋立地 (一五一会ver)
栄昇さん「石垣島は1972年まではカルフォルニア州だった・・・「カルフォルニア州、あざ、とのしろ」みたいな・・・」(笑)
「ホテルがどんどん建ち始めてお家から見える景色がホテルで見えなくなって恨みもあったのに、しばらくして等のお兄さんが働き始めて・・・あ~なんかイイねぇ~あのホテルは」←このMCは前の公演で何回か聞いていたのでオチが来る前に笑ってしまいました。(笑)


8.♪ハイサイ California (一五一会ver)
ここからベースのチャビーとパーカッションのラムジーさんがサポートメンバーで加わりました。
曲入り前の等さんのオルガンによる前奏がとても良かったです。
なんか♪青い影、を思い出しちゃいました。

9.♪ホクレア
ホクレア号の沖縄航海までの道のりの歴史を、いつもよりも詳しく説明してくれました。

10.♪安里屋ユンタ
優さんによるインスト。

11.♪涙そうそう
パーカッション入りの♪涙そうそう、新鮮で良かったです。

12.♪三線の花
♪三線の花、ロックverって感じでした。
個人的にエレキを使った♪三線の花、は好みじゃないです。


13.♪オバー自慢の爆弾鍋
14.♪オジー自慢のオリオンビール
15.♪かりゆしの夜

島唄コーナーです。
♪オバー自慢の爆弾鍋、が新たに加わりました。
♪オジー自慢、のエア乾杯、♪かりゆしの夜、のカチャーシ講座も、もちろんありました。
大盛り上がりだし、♪オジー自慢のオリオンビール、と♪かりゆしの夜、はライブではハズせない曲だと再認識しました。


16.♪ボトル二本とチョコレート
2番は優さん、等さんも歌いました。
最後は「新宿の皆さん、頑張って行きましょうかぁ~」でした。
サポートメンバーが加わったことで間奏の個人のアピールタイムが長かったです。
個人的に、コレ、好きなんです。(^^♪


17.♪ミーファイユー (一五一会ver)
栄昇さん「子供たちには嬉しいニュース、お父さん、お母さんには残念なお知らせです。」「次で最後の曲です。」
このツアー、定番のMCでした。(笑)
「僕たちは新宿コマでステージを務めたとは言えないです。ちゃんと1ヶ月とかやった人が言えることで僕たちは2日間だけちょっとスミマセ~ンって思い出作りでやらせてもらったって感じです。」
「僕たちはいずれ何十年後にはライブハウスに帰っていくバンドです。ライブハウスで生まれたバンドですから。」←これが本音だと思いますね。(^^♪
殆どの、お客さんが座ることなく立ったまま聴いてました。


-EN-
18.♪笑顔のまんま
サポート入りフルverでやってくれました。
PVで「丸儲けOH!」って所で栄昇さんが「OH!」ってを上げるんだけどライブでも2番からを上げてくれて会場もそれを真似して皆で「OH!」ってを上げてました。
もちろん僕も「OH!」って上げましたよ。めっちゃ楽しかった~。
これも♪オジー自慢、の手を交互に上げるのと同様にBEGINライブでの定番になって行くんでしょうね。
あっ、栄昇さんだけ手とと一緒に足も上がるのが何とも言えずカワイイです。(^^♪



19.♪僕らのこの素晴らしき世界
最後の挨拶。
優さん「来年デビュー19年になるんですけど、こうしてやらせてもらえてることに感謝してます。」
等さん「来年も、うたの日カーニバルをやって、その後ツアーやって、また皆さんと会いたいと思います。」←それが一番、気になってたんです。良かった~、来年もツアーやってくれそうです。(^^♪
栄昇さん「僕は来年は良い事が起こることしか考えられません。僕たちはこうやって歌を歌い続けて行きたいと思います。」←その後、インフルエンザに率先して掛かる・・・なんて訳の分からない方向に行きました。^^;


とっ、言う3時間に及ぶ楽しいライブでした。
な~んだセットリストは富山までとあまり変わってないじゃん!!って思うかもしれませんが今回はサポートメンバーが加わりアレンジが全く違ったので凄く新鮮な気持ちで聴けることが出来ました。
このツアーは沖縄公演あたりから完成度が凄く高いツアーになってるんですけど今回も完成度の高い素晴らしいライブでした。





【リリース情報】3/11 世界中のアンサー 馬場俊英

HMVより馬場さんの新譜情報が来ました。
冬のツアーでも歌ってくれた♪世界中のアンサー、が3/11にCDリリースされます。
そしてC/Wには大好きな♪君がくれた未来、が収録されま~す。やった~
CDだけの通常盤(1200円)と「いつか君に追い風が(未公開馬場さんオンリーver)」「君がくれた未来(馬場さんver)」「いつか君に追い風が サイドストーリー3話」等のDVDが付く限定盤(1700円)の2種類になるみたいです。
もちろんDVD付きゲットです。

HMVの商品サイト



【ライブ】12/26 アンジェラ・アキ@日本武道館

今日からまたまた東京へライブ遠征です。^^;
これが今年、最後のライブ遠征となります。←当たり前だろう・・・。
初日は日本武道館でアンジェラ・アキのライブを観てきます。
当初は行くつもりはなかったのですがヤフオクでアリーナA8席が8000円即決!!なんてのを発見しまして・・・思わず飛びついてしまいました。(笑)
意外なことに・・・アンジーのライブは今年、初めての参戦となります。
生で♪手紙、が聴けるのが楽しみです。
いつものことながらレポは帰ってから書きま~す。



‐会場内より追記‐
席・・・めちゃくちゃ近いんですけど。ドキドキ。^_^;


12/30追記

今年は全国ツアーがなくて1回もアンジーのライブに行ってなかったので、ギリギリになって武道館弾き語りライブに行くことにしました。
武道館に来るのはBEGINの15周年ライブ以来です。
席はヤフオクでなかなか良い席をゲット。
実際に席に行くとステージ右手の前から2列目。めちゃくちゃ近いので驚きました。

アンジーの武道館、1人弾き語りライブは今年が3回目です。
もはや年末恒例のライブになってますね。

-セットリスト-
01.♪This Love
アンジー登場。めっちゃ近い。(^^♪
しかし!!ピアノのが客席と水平に置いてあるのでステージ右手側だとアンジーの背中しか見えないことが発覚。
武道館は音が悪いので有名ですが僕はそんなに悪いと感じませんでした。

02.♪Final Distination
♪手紙のC/W曲です。
MCでライブ注意事項。
「私はめっちゃ喋ります。初めての人が引いちゃうとマズイので説明しておきます。」
「今年の武道館はラブ・ソングをテーマに選曲してきました。恋人だけでなく家族愛もラブソングだと思います。」「今日は皆と一緒に音楽をとおして心の冒険をして行きたいと思います。」
MCになるとアンジーはピアノから立ってステージ前に来て喋ってくれたので、めっちゃ近くで見れました。
TVで見るのと同じで細くてとっても綺麗でしたよ。

03.♪大袈裟に愛してる
「こうゆう、赤裸々な愛の形もある」っと言って歌ってくれました。
おーーー、ピアノが回り出した~。
180度回って止まりました。
これでアンジーの顔が見える~っと思ったらピアノが邪魔でおでこから上しか見えませんでした。

04.♪HOME

05.♪Honesty
「白い封筒を開けてください。」っとアンジー。

封筒を開けると英語の歌詞カードが入っていました。
そうでーーす。アンジーライブの恒例である勝手に英語でしゃべらナイト、コーナーです。
今回はビリー・ジョエルの♪Honesty、でした。
好きな曲なので嬉しかったです。(^^♪

いつものごとく歌詞の説明で・・・
キャロル・キングの♪ソー・ファー・アウェイ
あやや、の♪Yeah!めっちゃホリデイ
Perfume、崖の上のポニョ・・・そしてピンクレディーの♪UFO、を挟んでくれました。

そして歌詞カードに書いてあるサビの部分を会場全体で歌いました。

06.♪たしかに
またまたピアノごと回りました。また背中でーーーす。(笑)
こんな感じで2曲ずつくらいで回りました。

MCでは2/25にニュー・アルバム「ANSWER 」の発売が発表されました。
やった~

07.♪Knockin' on heaven's door
そのニュー・アルバム「ANSWER 」から新曲披露です。
とっ、言ってもボブ・ディランの名曲のカバーです。
来年公開の映画「heaven's door」の主題歌であり、アンジーが独自の解釈で日本語の詩を書いています。
この曲って言うと僕はエリック・クラプトンのバージョンが好きなので、ピアノがメインのアレンジはなんか合わないなぁ~って感じました。


ここでセットチェンジです。


08.♪One Melody
ここからはスクリーンに曲のイメージ映像を映しながら歌いました。
アンジーの考えるホントの愛とは「自由」だそうです。
そんな思いを歌詞にした曲です。
この曲、僕は大好きです。(^^♪

09.♪Love is over now
10.♪Rain


11.♪レクイエム
これまた武道館コンサート恒例の書き下ろしの新曲披露のコーナーです。
「赤い封筒を開けてください」とアンジー。

曲名は「レクイエム」
♪宇宙、や♪モラルの葬式、みたいな寓話の世界をテーマにした新曲です。
♪レクイエムの意味は葬送曲で死者を送る意味です。
実話を元にした詩で4部構成からなる組曲でした。
レコーディングも構成合唱団、オーケストラと一緒に録音したそうです。
今回はレコーディングした構成合唱団、オーケストラのオケを流しながら、それに合わせての弾き語りと言う初の試みになりました。
10分にも及ぶ壮大な曲なんだけど僕の好みではないかも・・・。^^;


12.♪Lean On Me~Again
ビル・ウィザースの.♪Lean On Meからの♪Again、でした。

13.♪MUSIC
アンジーライブで最後の盛り上がりコーナーで歌う曲で~す。
ああ・・・終わりも近いと実感。

14.♪手紙~拝啓 十五の君へ~
本編、最後は待ちに待ってた曲、♪手紙、です。
この曲はNHKの合唱コンクールの課題曲としてアンジーが書いた曲です。
ホントに良い曲なんです。この曲が聴きたかったから観に来たと言っても過言ではないです。
しかし!!なのに・・・
なんと、なんと、「この曲は今年、多くの人に歌ってもらえました。なので私が伴奏するから皆さんが歌ってください~。」ですって・・・ガックリ。
イッキにテンションが下がってしまいました。
まあ、歌うのは気持ちいいけど、ちゃんとアンジーの歌ってるのも聴きたかったなぁ・・・。
あとパン、パンパパパン・・・ってリズムの手拍子に合わせて歌うのは難しいって思いました。
昔、三線でリズムと違うメロディを弾いて一緒に歌うので挫折したのを思い出しました。
中学の合唱部の人ってスゴイですね。


-EN-
15.♪Angel
これまたアンジーライブ定番のアンコール1曲目は懐メロ・コーナー。
いつもはノリの良い邦楽の時が多いんだけど、今回はラブソングがテーマってことでアンジーがシンガー・ソングライターになる切っ掛けの曲、サラ・マクラクランの♪Angel、を歌ってくれました。
とっても良いバラードでした。(^^♪

16.♪サクラ色
最後は僕が♪手紙、に続いて好きな曲でした。
そして最後に来年の全国ツアーの発表がありました。
やっほ~、新潟は「4/12(日)新潟県民会館」です。
なんとかチケット、取るぞぉ~。

うーーーん、悪くはないんだけど今まで4回見たけど、一番イマイチだったかなぁ・・・。
なんか凝った演出が逆に僕には合わなかったです。
やっぱり普通に♪手紙、を歌って欲しかった!!!
撮影してたんでDVD発売されるけど買うかは微妙だなぁ・・・。
(買うとしたら自分を探せ目当てだなぁ・・・。(笑))
この心残りは来年の春の新潟公演でリベンジするぞぉ~。






SUPERMARKET FANTASY Mr.Children

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
(2008/12/10)
Mr.Children

商品詳細を見る


SUPERMARKET FANTASY  Mr.Children
1. 終末のコンフィデンスソング
2. HANABI
3. エソラ
4. 声
5. 少年
6. 旅立ちの唄
7. 口がすべって
8. 水上バス
9. 東京
10. ロックンロール
11. 羊、吠える
12. 風と星とメビウスの輪
13. GIFT
14. 花の匂い

■東宝系映画『恋空』主題歌「旅立ちの唄」、NHK ドラマ8『バッテリー』主題歌待望の初音源化「少年」NHK 北京オリンピック放送テーマソング「GIFT」フジテレビ系ドラマ『コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~』主題歌「HANABI」、東宝系映画『私は貝になりたい』主題歌として話題の配信限定シングル「花の匂い」超大型タイアップ楽曲5曲含む全14曲!
■初回限定盤はDVD「MUSIC CLIPS 2007-2008 ~SUPERMARKET FANTASY~」付き仕様。「旅立ちの唄」「GIFT」「HANABI」「花の匂い」「エソラ」収録。
(Amazon.comより)


「HOME」以来のミスチルのニューアルバムです。
ジャケットとタイトルは微妙ですが内容はなかなかイイです。
明るいポップス、ロック、バラード、そしてミスチル独特のシリアスな曲・・・っとバランスの良いアルバムですね。
桜井さんも「ライブで楽しめるアルバムを作った」っと言ってましたがホントに聴いてて飽きないし楽しいアルバムです。
既に5回通して聴きました。(「HOME」の聴いた回数を超えてるかも・・・。(笑))
曲的には説明にあるとおりタイアップ曲が5曲、それに最近TV出演して歌っている♪エソラ、も入ってます。
個人的には♪ロックンロール、がオススメで~す。
そして・・・やっぱりミスチルは生よりもCDのほうが安心して聴ける~って思いました。(笑)
紅白で生で歌う♪GIFT、心配だなぁ・・・。



Merry Christmas!


美容室に行って帰ってきた小鉄です。
クリスマス・シーズンと言うことで耳飾がクリスマス・バージョンでした。



月曜日のお昼、僕が東京から帰ってくると・・・。
久しぶりに小鉄が僕を玄関の外に飛び出してお出迎えしてくれました。
その後も僕がちょっと離れると不安そうにクウーーン、クウーーンっと鳴いて付いてくるんです。
うーーーん、今月はかなり家を開けてるので、たぶん小鉄はまた置いて行かれるのかと不安なんじゃないかなぁ・・・。
ちょっと罪悪感を感じてる僕でした。
ゴメンね、小鉄・・・もう1回だけ出かけさせてね。来月はどこにも出かけないからね。
昨日は妹が飲み会と言うことで夜8時から12時まで小鉄と一緒に寝ることが出来ました。←それにしても早っ。(笑)



【映画】ワイルド・チェイス


ワイルド・チェイス 00年アメリカ・カナダ オススメ★★★
出演・・・ジェイミー・フォックス、デヴィッド・モース、ダグ・ハッチソン、ロバート・パストレッリ、キンバリー・エリス、デヴィッド・ペイマー
しがないコソ泥が、大金を巡る犯人と捜査官の攻防に巻き込まれそうとは知らずに危険な囮役を演じるハメになる犯罪アクション・コメディ。監督は「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア。出演は「アリ」のジェイミー・フォックスと「グリーンマイル」のデヴィッド・モース。
 食糧倉庫からエビを盗もうとして捕まったケチなコソ泥アルビン。彼が刑務所の監房で一緒になった男は、なんと米連邦準備銀行から4,200万ドルもの大金を強奪した2人組の一人。だが、彼は間もなく心臓発作で死んでしまう。死の直前彼は、アルビンに曖昧な依頼を託していた。事件を担当するエドガー捜査官は、アルビンが一向に足取りを掴めないもう一人の容疑者ブリストルに繋がる最後の手掛かりになると確信。彼に気づかれぬよう歯に探知機を埋め込み釈放すると、彼の行動を徹底マークするのだったが…。
(allcinemaより)

スカパーにて鑑賞。
日本未公開だけど面白いアクション・コメディ映画で、なかなかの拾い物でした。
いつごろの映画かな?って思ったらジェイミー・フォックスがオスカー獲る遥か昔の映画なんですね。
容姿は今とあまり変わりませんが・・・。(笑)
結構、前から主演してたんですね。ちょっと驚き。
これで映画感想のストック、全て公開出来ました。


【ライブ】12/21 BEGIN@BYG


今日はBEGINのライブを観に渋谷はBYGに来ています。
大きなホールではなく久々に小さなライブハウスでのライブ。
どんなライブになるのか楽しみです。
レポは帰ってから書きま~す。



今年のBYG


店内にはBEGINのサインもあります。


ではセットリストです。

-セットリスト-
-1st-
01.♪心のインク(一五一会ver.)
歌い終わって「今日は久しぶりにちょっと、お酒を飲みながらやってみようかな・・・」「あれ?酒ってこんなにボワンとなったかな?」と栄昇さん。
ここから”酔っぱライブ”の始まりです。(笑)


02.♪星影のワルツ
1年を振り返って俳優さんとか色んな人が亡くなって・・・その中に遠藤実さんも居て・・・。
会ったことはないけれど歌は歌わせてもらっていてだから他人じゃないような気がして、ありがとうの思いを込めて遠藤実さんの、♪星影のワルツ、を歌ってくれました。
栄昇さんはマイクスタンドからマイクを取り、両手で握りながら気持ちを込めて歌ってました。
栄昇節炸裂で、とっても良かったです。(歌詞は間違ったそうですけど。^^;)


03.♪三線の花
「久々で感じを忘れているね」の等さんに「いや、そんなことないよ。今までで一番馴染んでるよ」と栄昇さん。
僕から見ると「酔っ払ってますよ!」です。(笑)

「今年も色んなところでライブをさせてもらったけど会場が大きくなることは決して嬉しくない」
「僕らがもっと遠いところで見て欲しいバンドだったら、お化粧をしたり・・・」
ここで優さんを見る栄昇さん。
「お前なんか、バックと同化して三角人間になってるぞ」

ハハハ。上手いです。
この日の優さんの衣装は「オキナワン・フール~」のCDジャケットを思わせる黒いハットに黒いジャケット。ジャケットの下に白系のTシャツを着てました。
そう、BYGのバックの壁の色は黒でして・・・。
なのでジャケットから出ている白いTシャツの逆三角部分とハットの下の顔だけが浮いているように見えるんです。
まるで手のない「やじろべ~」みたいでした。(笑)



04.♪涙そうそう
今日は優さんのバアちゃんを思って歌ったそうです。

MCは来年の話に・・・。
優さん「来年はフィットネスクラブが流行るんじゃないかと」
丑年で肉屋が繁盛→人が太る→ダイエットする→フィットネスクラブが流行る、らしいです。
それに対して栄昇さん「フィットネスクラブに行く金があったら肉食うよ」←僕も同じです。(笑)

等さん「健康管理がテーマだと」
それに対して栄昇さん「人間ドッグに行って病気を見つけてもらいに行くのはおかしい」「病気が見つかったら幾らかもらえるとか・・・」「行って病気があったよ~」
っと、たけのこ取りを例に例えて持論を展開してました。
栄昇さん、スミマセン・・・ハッキリ言って訳が分かりません。(笑)

MCの、しゃべり方から確実に、ほろ酔い気分の栄昇さん。
栄昇さんは今、最も関心事である(たぶん)「子作り論」を喋りまくりました。(笑)
「江戸時代の人は雨の日に子作りをした」「それは壁が薄いからだろう・・・」「ダメなんだよ、現代みたいに壁が厚いのは・・・」
栄昇さん、スミマセン・・・ハッキリ言って訳が分かりません。(笑)
栄ラーの僕も最近の栄昇さんのMCはしばしば付いて行けません。^_^;


05.♪テネシーワルツ
1stステージ最後はCDに入ってない曲を歌ってくれました。
こうゆうのは凄くレアなので聴けてラッキーです。


-2nd-
01.♪恋しくて
2ndは酔いも冷めたのか、いつもとおりの栄昇さんに戻ってました。ほっ。(^^♪
MCでは「30代くらいからツアーのライブ後のどんちゃん騒ぎはツラクなってくる」「等のMCの時にトイレに言ったり」←おいっ。
栄昇さん、ラジオの生放送中にもトイレに行ったことも発覚。^^;


02.♪Wonderful Tonight
栄昇さん、そろっと英語の勉強しようかと思ってるそうで~す。←たぶん思ってるだけです。(笑)


03.♪パイナップルムーン
BYGがなければ出来なかった曲です。
MCは・・・またまたエロいほうに・・・。^^;
ブラック・ボトム・ブラス・バンドからドラムのOJIさん、サックス(吹いたのはフルート)のIGGYさんが加わっての演奏でした。


04.♪Bourbon & Pineapple Pizza
MCから。
栄昇さんは歯医者が苦手でアルコール度数の高い酒を口に含んで痛みに耐えたり、欠けた時は自分でヤスリでこすったりしていたと。←想像しただけで痛いっす。
でも40歳になりそろっと医者に頼ってもイイんじゃないかと。
「2009年は歯医者に行って今よりも大きな口を開けて、今よりも見ごたえのある歌い方をする」そうですよ。(笑)
引き続きドラムのOJIさん、サックスのIGGYさんのサポート入り。


05.♪ボトル二本とチョコレート
今のツアーと同じで優さん、等さんも歌うverでした。
しかし等さんの歌うパートの途中で優さんのアンプの調子が悪くなり中断。
でも優さんの「お願い、直って」で無事に直りました。
さすがマジシャンみたいな格好しているだけのことはありますね。(笑)
でも再開後はなぜか等さんのパートを栄昇さんが歌っちゃいました。^^;
引き続きドラムのOJIさん、サックスのIGGYさんのサポート入り。
久しぶりに個々にアピールタイムがあり良かったです。


06.♪笑顔のまんま
BYGで待望の新曲披露です。
もちろん2番も含めフルコーラスで~す。
サックスのIGGYさんは退場してサポートはドラムのOJIさんのみ。


07.♪道玄坂で見た景色
最後は3人だけでBYGでのライブに相応しい♪道玄坂で見た景色、で終わりました。
栄昇さん「BYGは僕のふるさとです。皆さん(に、とって)もBYGがふるさとになってくれるとイイなと思います。」とMCを〆てくれました。
ドラムの音が反響して入ってしまったのが残念でした。ホントに勿体無い~。



とっ、言う感じで、かなり良い内容のライブでした。
後で気付いたんですけど久々に島唄のないBEGINライブでしたね。
これもBYGならではの選曲なんでしょうね。
栄昇さん、MCで来年はBYGでのライブの回数を増やしたいと言ってました。
ホントにそうなるとイイですね。(^^♪



今年も頑張って整理番号2番をゲット!
栄昇さんの近くで見れた・・・んですけど・・・・。
近すぎると栄昇さんを直視出来ないってことに気付きました。^^;
もし、この次、見れるようなら少し離れた席で見よう~っと。(笑)


ONE  Blue Smith

オルガンLOVEオルガンLOVE
(2008/12/03)
Blue SmithSIMON

商品詳細を見る


ORGAN LOVE  Blue Smith

トキメキのオルガン・サウンド!
Blue Smithの奏でるハモンドB-3オルガンの音色に虜になったアーティストが集結!
夢のコラボレーション・アルバムが実現した!

1. Talkin' 'bout Mr.K feat. DJ KAORI
2. Beautiful Day -Blue Smith Mix- feat. ORANGE RANGE
3. ONE feat. 松本素生 & 河野丈洋 from GOING UNDER GROUND
4. Regina
5. You Can't Hide Love feat. TAKE from Skoop On Somebody
6. Flower feat. ユラリ from BAHASHISHI
7. I've Got You Under My Skin feat. 村上てつや from ゴスペラーズ
8. Merry Christmas Baby feat. MARU
9. Organic Swamp
10. 太陽にほえろ! feat. SIMON
11. Christmas Eve
12. ONE(Inst ver.)


Blue Smithのアルバム「ORGAN LOVE」に収録されている1曲です。
この曲は先日僕がライブに行ったGOING UNDER GROUNDのボーカルの素生くんとドラムの丈さんが参加している曲です。
これがねぇ・・・なかなかイイのです。
とは、言え1曲のためだけにCDは買えないのでネット配信でダウンロードしました。
(こうゆう時はネット配信は便利ですね。)

詩は「誰でも心の中に枯れることのない花を1つ(ONE)持っている。」って言うメッセージ色の強い曲です。
アレンジはBlue Smithのソウルフルなオルガンが前面にフューチャーされていて今までのGOING~のサウンドにはない感じでとってもイイです。

コチラで視聴出来ます。
良かったら聴いてみてくださ~い。


余談ですがBlue Smithって名前から黒人さんかと思ってたら違いました。
ジャケットのアニメに書いてあるような、パっと見、スキャットマン・ジョン?って感じのオジさんでした。(笑)



さんま“ホッと一息”娘の寝顔見て缶コーヒー

明石家さんま(53)が、缶コーヒー・ジョージアの新CM「家族」編に出演する。座右の銘は「生きてるだけで丸儲(もう)け」というさんまと、「上出来」をキーワードにする商品の価値観が合致し、起用された。ある家庭を舞台に、仕事で深夜帰宅した父親が、ぐっすり眠る妻と小さい娘を見て「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」の栓を開ける。その瞬間、さんま扮する“ジョージ家さんま”が登場。「ええなあ、家族は。たとえ先に寝ていようとも、毎晩娘の顔が見られるだけでも、幸せやないかい」と前向きに持論を展開。一方で「1人の夜は寂しいぞお。そのうち娘の方が遅くなんねんけどね」と実感を伴ったような鋭いツッコミも披露する。

 「ジョージア」はこれまで、働く男性を中心に頑張る人たちを応援してきた。社会の厳しい経済状況に、さんまも「あまり景気はよくないですが、このCMのように何げない毎日こそが素敵だと気づくことができたら幸せですよね」と語っている。CM曲は今年夏に、さんまの依頼で誕生したBEGINの「笑顔のまんま」を起用。放送は来年1月5日から。
(スポニチより)


これでヒット確実
まさかこれで、ライブでジョージア缶を振るのが恒例にはならないですよね?(笑)




【映画】バブル・ボーイ


バブル・ボーイ 01年アメリカ オススメ★☆
出演・・・ジェイク・ギレンホール、スウージー・カーツ、マーリー・シェルトン、ダニー・トレホ、ジョン・キャロル・リンチ
無菌環境でしか生きられない青年が愛する人の結婚を阻止し彼女を取り戻すため無菌のバブル・スーツに身を包み遥かなる冒険の旅に出る姿をコミカルな描写で綴った異色ラブ・ストーリー。監督は新人のブレア・ヘイズ。出演は「遠い空の向こうに」「ドニー・ダーコ」のジェイク・ギレンホールと「25年目のキス」「クライムチアーズ」のマーリー・シェルトン。
 ジミーは生まれつき免疫系に障害を抱え、家の中に作られた無菌室=バブル・ルームの中でしか生きることが出来なかった。そんなある日、隣の家に美しい女の子クロエが引っ越してくる。ジミーは彼女を一目見て心奪われ、クロエのほうも心優しいジミーに好意を抱くようになる。だが、バブル・ルームが2人の愛を邪魔してしまう。やがて、クロエは別の男マークとの結婚を決意する。ジミーはこの結婚を阻止しクロエの愛を取り戻すため、なんと自らバブル・スーツを作り上げ、初めての外の世界へと飛び出していくのだった…。
(allcinemaより)

スカパーにて鑑賞。
日本未公開のコメディです。(このチャンネル、未公開ばっかじゃん。(笑))
主演はなんとジェイク・ギレンホール!
アダム・サンドラーがやるような、ぶっ飛んだキャラを演じてました。
しかし・・・くだらない・・・くだらなすぎる。(笑)
もし主演がアダム・サンドラーだったら途中で観るのを止めたことでしょう~。^_^;


【映画】チャプター27

チャプター27 [DVD]チャプター27 [DVD]
(2008/05/23)
ジャレッド・レトリンジー・ローハン

商品詳細を見る
チャプター27 07年カナダ、アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジャレッド・レト、ジュダ・フリードランダー、アーシュラ・アボット、ジャンヌ・フルニエ
ニューヨークにやってきた青年、マーク・デイヴィッド・チャップマンは空港に降り立つと、ジョン・レノンが居を構えるダコタ・ハウスに直行した。目的は彼を殺害する事。レノンのファンでもあるチャップマンは、LPを手に待ち続ける間、彼は二人の人物と知り合う。一人は熱烈なレノン・ファンのジュード、もう一人はパパラッチのポール。彼らの前では、ちょっと入れ込み過ぎのファンを装いながら、決行のタイミングを窺っていた…。

ジョン・レノンを殺害した男、マーク・デイヴィッド・チャップマンのニューヨークでの3日間を克明に描く本作。誰もが知らなかった、そして誰もが知りたかったレノン殺害の行動と心理を、綿密な取材のもと映像化した、まさに野心作だ。狂気と正気の狭間を行きかうチャップマンの、苦しみに満ちた思いを吐露するモノローグが観る者の心に突き刺さる。演じるのは『レクイエム・フォー・ドリーム』などで知られるジャレッド・レト。役作りのために体重を30kgも増やしたというから驚く。ちなみに実際のチャップマンは事件後、禁固20年~最高禁固刑終身を言い渡され、現在も刑務所に収監されている。
(goo映画より)


WOWOWにて鑑賞。
ジョン・レノンを殺害した男、マーク・デイヴィッド・チャップマンの話って事で興味があったので観てみました。
なかなか面白く観れました。
やっぱりこうゆう事をする人って精神的に不安定な人なんですね。
ジョンが好きで最初はサインを貰おうとしてたので、ある1つの切っ掛けで「殺さなければ・・・」って考えになるから恐ろしいです。
映画は、ほぼ主演のジャレッド・レトの心理演技です。
ジャレッド・レトも体型、喋り方などチャップマンに成りきっててスゴイ演技でした。
彼の心理演技だけで85分引っ張れるんだからスゴイです。
地味な映画だけど良い映画なので、この事件に興味のある方は観てみるとイイと思います。



急落中のガソリン価格「118円」あり「94円」あり

半年前の異常な高値がまるでウソみたいだ。

 このところ下落を続けている全国のレギュラーガソリン平均店頭価格が、ついに120円を割った。場所によっては100円を切り、国道沿いの激戦地では94円のガソリンスタンドも現れた。

 ガソリン高騰に悲鳴を上げていた庶民にはうれしい話だが、納得できないことがある。ガソリンの価格差だ。119円があったり、94円があったり、なぜ20円も30円も差が出るのか。

 大手石油元売り会社に聞いても、「各スタンドの企業努力じゃないか」「地域によって市況が違いますから」と、よく分からない回答ばかり。

 もしかして、一部のスタンドでは値下がり後も高値のままにして、ボッタクっているのか。それとも激安スタンドが“水増し”でもしているのか。自動車ジャーナリストの横田晃氏は「報奨金が復活しているのかもしれない」と、こう言う。

「報奨金とは、競争の激しい国道沿いなどを制するため、石油元売り会社がガソリンスタンドに特別に出すお金です。これがあるから、激戦区のスタンドはガソリン価格を安くすることができる。最近のガソリン価格高騰で報奨金は消えつつあったが、金融危機後の生き残りをかけた競争の中で復活した可能性はあります。また、格安のノーブランドのスタンドでは、流通の過程で余ったガソリンを安く仕入れる“業転モノ”を売っていることもある。このほか、セルフスタンドで大幅値下げした分を有人スタンドで取り返しているところもあります」

 別に“水増し”ではないようだから、1円でも安いスタンドへGOだ。
(日刊ゲンダイ2008年12月13日掲載)


ガソリン、ホントに日単位で安くなってますよね。
今月は長野に2回行ったんですけど、この記事じゃないけど、気付いた事があります。
柏崎から長野に行くには上越を通って行きます。
昨年、ガソリンが急騰する前は上越が一番安くて長野は上越よりも10円高かったです。
柏崎はその中間でした。
なので僕の中では長野は高い~っと言うイメージだったのです。
当然、長野に行く時は一番安い上越で給油していました。

それが今回行くと・・・。
上越と長野は同価格かスタンドによっては長野のほうが安いところも・・・。
そして柏崎が上越、長野よりも5円安かったです。(いずれもセルフスタンドです。)
がーーーーーーー!!っと価格が上がったことで地域による価値観が変わってしまったんですね。
ガソリン急騰がなければ、こんな逆転現象はなかったと思います。

ちなみに僕の入れてる地元のスタンドは1ℓ105円です。





【ライブ】12/16馬場俊英@CCレモン・ホール

怒涛のライブ月間も中盤戦の終わりで~す。←やっぱり行き過ぎ?(笑)
今日は馬場俊英さんのライブを観に渋谷CCレモン・ホールに行って来ます。
馬場さんのライブは5月の日比谷野音以来で~す。
あれから新曲も増えてるし楽しみです。
レポは帰ってきてから書きま~す。
では、行ってきまーーす。



12/18追記(完成)

馬場俊英さんのライブを観てきました。
馬場さんのライブは、あの5月の野音以来で~す。



会場は渋谷はCCレモン・ホール。
以前は渋谷公会堂の名前だったホールです。
渋公って言うと僕はBOOWYのイメージが強いです。

では、セットリストに・・・。

-セットリスト-
01.♪世界中のアンサー
意外や意外の静かな曲でライブ、スタートです。
えっ?この曲何?・・・・って感じでした。
あまり聴いてないアルバム曲かな?な~んて、思ってたら、これがずっと聴いてみたかった新曲、♪世界中のアンサー、でした。


02.♪君はレースの途中のランナー
03.♪明日へのフリーウェイ

ライブ定番曲ですね。総立ちでーーーーす。
MCでは、「僕のライブは初めてだ?」「1人で来た?」「仕事をしてから来た?」とか色んなパターンで拍手させてました。
最後に「だいたい、これで皆、1つは該当したでしょうか?」って言ってました。
ちなみに僕は3つ該当しました。

馬場さん、凄くMCが上手くなったなぁ~って思いました。
特にこのやり取りには笑いました。

馬場さん「今日は盛り上がるとイイですね。」
笑 (お客)
馬場さん「お前が盛り上げろよ」←「そのとおり」(僕)
笑 (お客)

ホント、1人、ノリ、突っ込みが出来るなんてスゴイです。(笑)
MCに余裕を感じますね。


04.♪ただ君を待つ
こちらも定番曲、そしてファンの間で人気の高い曲です。
今回は横笛入りでした。←うーーーん、合わないかも。^^;


05.♪ダウン・ザ・リバー
前奏で、もしかして僕の好きな♪夜空23時59分・・・・???って喜んだけど違う曲でした。^^;


06.♪草野球
アコースティック編成で。
お客さんも自然と座りました。
馬場さん「言わないうちに座ってくれるんですね。(笑)」←上手い。
楽しそうに歌う馬場さんが印象的でした。
やっぱりアコースティック編成はイイですね。(^^♪


07.♪Something Blue~きっといいこと
完全に1人での弾き語りに。
めちゃ良かったで~す。


08.♪ロードショーのあのメロディ
大好きな曲でーーーす。
途中からサポートメンバーが加わりました。
最後に挟む曲は「ピアノマン」「ホテル・カリフォルニア」「?(分からず)」「サムデイ」でした。
「ピアノマン」だけハマリすきです。(笑)


09.♪君がくれた未来
待ってましたの新曲。ただし配信のみ。(ーー;)
このライブで一番聴きたかった曲です。
いや~、やっぱりイイ曲です。これが、このライブで僕のハイライトでした。
めっちゃ良かったよ~。
アンケートに「早く、CD化してください」っと書いておきました。


10.♪スタートライン~新しい風
もう、ハラハラします。
今日は高音部がツラそうだったので最後がちゃんと出るか心配しましたよ。


11.♪いつか君に追い風が
新曲でーーーーす。
歌う前に馬場さんの自作の詩「闘う君に追い風が吹くように」3話の朗読がありました。
終わりそうで終わらず・・・めちゃ長いっす。(曲よりも長かった。(笑))


12.♪センチメンタルシティ・マラソン
好きな曲でーーーす。
「ライブも後半戦です。盛り上がって行きましょう~」の声で再び総立ちに。
でも正しくは「終盤戦」ですね。あと4曲なんですから。ここは突っ込んでおきまーーーす。(笑)
ライブは中盤ずっと座って聴けたので意外と楽でした。(^^♪


13.♪ボーイズ・オン・ザ・ラン
超~定番曲。大盛り上がりでーーす。
僕も珍しく両手で(笑)
大阪城ホールに参戦する方、タオルは買っておきましょうね。
たぶん・・・皆がタオルを上げてるショットがDVDに映ると思うので。


14.♪働楽~ドウラク
15.♪オセロゲーム

最後はジャンプ&コーラス。
いつからジャンプがお決まりになったの?(笑)
個人的には「おうおう」系の曲はどっちか1つでイイなぁ~って思いますけど・・・。


-EN-
16.♪陽炎
大好きな曲で~す。イエッ!

17.♪君の中の少年
アンコールの拍手中に歌われたんじゃ外せないですね。(笑)

18.♪風の中のI Love You
てっきり♪君の中の少年、で終わりだと思ったので意外でした。
CDで聴くよりも良い曲ですね。
こうゆう静かな終わり方もイイもんですね。


以上、簡単ですがレポでした。
印象としては定番曲に+新曲って感じでした。
良く考えると5月の野音と被る曲が非常に多かったです。
1つ前のツアーに行かなかった僕は、「またこの曲か~」ってのが多かったです。(ーー;)
まあ、大阪城ホールがDVDになるのがあるんで、しょがないんでしょうけどね。
大阪城ホールでは、これに+何か用意してるんじゃないかな???
でも・・・僕的には新曲がかなり良かったので不満はないライブでした。(^^♪





いつも通り、最後は馬場さんからの手紙を頂けました。
あっ、1つ画期的なことがありました。
グッズ販売でカード払いがOKでした。
これってイイですよね。お金を気にせず沢山買えるし、同時にカードのポイントも貯まりますし。
って・・・言っても僕はピックだけだったので現金払いにしましたけど・・・。(笑)
BEGINのライブでもやって欲しいで~す。



【ライブ】12/14 GOING UNDERG ROUND@長野CLUB JUNK BOX

GOING UNDERG ROUNDのTOUR 2008-2009  “LUCKY STAR”を観に長野に行ってきました。
長野は10日前にBEGINを観に行ったばかりでーーーーす。(笑)
土曜日の天気予報がだったので少し不安だったのですが晴れててスイスイで帰りは2時間5分と今までの最短時間で帰ってこれました。(さすが隠れ晴れ男


ライブは寒い長野でとっても熱いライブでした。
今日は疲れているので、レポは後ほど~。


12.15(夜)追記

GOING~のライブを長野JUNK BOXで観るのは5月以来で~す。



壁にはメンバーのサイン&落書き(笑)入りのポスターが貼ってあります。


-セットリスト-
01. ♪LUCKY STAR(新曲)
02. ♪世界の真ん中(新曲)
03. ♪スローモーション(新曲)

入る時に新曲の歌詞カードをもらったんですが、いきなり新曲3連発でした。(笑)
個人的には♪世界の真ん中、が良かったです。
僕は整理番号「72」ってことでステージ中央の6列目くらいの好位置をキープしました。
こうゆう良い位置で見れるのも地方ライブの特権ですね。


04. ♪グラフティー
05. ♪同じ月を見てた
06. ♪モンスター

デビュー曲、♪グラフティー、でいきなりの大盛り上がり。


07. ♪シンドローム
08. ♪かいき
09. ♪海にまつわるエピソード

懐かしめの曲が続きました。
MCで素生くんの髪型について・・・。
名古屋では会場全体がざわついた素生くんの髪型は・・・横分けのオヤジカット。しかもジェルでピッチリ。(笑)
素生くん曰く「キアヌ・リーブスを意識した」と・・・。
すかさずギターのナカザが「素材が違うから・・・」←ナイス突っ込み。(笑)


10. ♪トーキョー・キンバス(新曲)
11. ♪Tender
12. ♪なんでぼくらは(新曲)

このツアーは会場ごとにセットリストが違うそうで、長野は新曲が多いと言ってました。
確かに、これで5曲です。


13. ♪Train
14. ♪My Treasure
15. ♪Holiday
16. ♪フラッグ

5月の長野でもやった素生くん、ステージ前方に置いてあるスピーカーの上に乗って身を乗り出して歌いました。
「もう、ずっとここで歌ってやるぞ~コノヤロー」と素生くん。
盛り上がりも本日、最高潮に。
こうゆうのは小さいライブハウスならではですね。
しかし・・・盛り上がりすぎてヤバイ・・・。ジャンプしまくる人も・・・。
僕は怪我しないようにスルスルと下がるのでした。^^;
個人的には大好きな♪My Treasure 、が聴けて嬉しかったです。


17. ♪トワイライト
18. ♪TWISTER
19. ♪Twinkle(インスト・新曲)

GOING~ライブで絶対にハズせない♪トワイライト 。
そして最後は珍しくインストで終わりました。


-En-
20. ♪STAND BY ME
21. ♪いっしょに帰ろう(新曲)

アンコール。これもハズせない定番曲♪STAND BY ME 。
しかし・・・僕はあまり好きじゃないです。(笑)
最後は1/21発売の新曲で終わりました。


素生くんが「可笑しいな?暑いぞ。外は寒かったのに」って言ってたとおり今回も熱い、熱いライブでした。
そして21曲中、なんと新曲が8曲でした。スゴっ。
こんなに知らない曲の多いライブは初めてでした。(笑)
ホントはアルバムを出してから、このツアーをしたかったんでしょうね。
アルバムは、このツアー中に発売予定のようです。楽しみです。(^^♪



ライブ後、今ツアーグッズのDVD(とっ言っても音楽とは全く関係なし。(笑))を買うとサインをして貰えると言うことで僕も参加。
会場によってメンバーが変わるみたいなんですけど長野ではベースの石原さんでした。
ホントはボーカルの素生くんがイイんですけどね。←失礼。(笑)
2月の新潟LOTSは素生くんだとイイなぁ・・・。
あっ、石原さんから「ライブ中、見えてましたよ」と言われて嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。
前から6列目にデカイ中年が居れば完全に浮いて目立ちますよね。^^;
そして水色の紙がライブ前に配られた、落書き付き(笑)の歌詞カードで~す。


延長戦中~(ドリカムの名曲に乗せて)

昨日、帰ってくるハズの妹が帰れず(今日の午前中に帰ってくる予定)、今も小鉄、独占延長中のサモやんです。(ウハウハ)


母が「小鉄と一緒に食べてると食べた気がしない。」って言うけど僕は「小鉄と一緒に寝ると寝た気がしない。」です。
木、金、土っといずれも21時には床についたんですよ~。(早っ。)
しかし、朝までに4、5回は小鉄に起こされることに・・・。(ーー;)
おしっこや、妹が帰って来たと思ってワンワンと鳴くんですよ~。
スゴイ睡眠時間なのに眠りが浅い・・・って感じです。
さっきは寝てる僕の髭、髪の毛をカツカツと噛まれて目が覚めました。(笑)
♪オ・キ・テ・ヨ・の・サ・イ・ン。 ちゃんとあなたに伝わってるかな?髭や髪の毛、5回カツカツしたり、ワンワン鳴いてみたり~。(笑)



♪おしっこ予想図2。 僕の部屋の戸を5回ガリガリ、おしっこしたいのサイン~。(笑)
これは、おしっこがしたいよ~の時の小鉄。
僕の部屋では決してしなくて、こうやってガリガリして教えてくれます。
戸を開けてあげると妹の部屋に行って、おしっこシートの上に、おしっこをしてきます。
エライでしょう~。
ちなみに逆に廊下に出て戸をガリガリする時は下(1階)に降りたい~ってサインです。



昨日は寒かったけど晴れ間が覗いたのでドッグランへ行ってきました。
でも、やっぱり冬ですかねぇ・・・2時間居て来たのは4匹だけでした。
小鉄は、好きなワンちゃんが来なくて、隅っこで詰まらなそうにしてました。



生後6ヶ月のラブラドールにビビル、小鉄。
生後6ヶ月とは言え既に30キロ。
無邪気に「遊んで~」っと小鉄に寄って来るんだけど大きなワンちゃん恐怖症の小鉄は遊ぶハズもなく・・・。^^;
こんな感じで、あまり動こうともしなかった小鉄ですが帰り際に大好きなメスの柴が来て、大喜び
たぶん、今、小鉄が一番好きなワンちゃんだと思います。
この柴に会いに来てる感もありますね。15分くらいだったけど、この時とばかりに思い切り遊んでました。
♪何度でも。 何度でも、何度でも何度でも、乗るよ、君の上に、乗って腰を振るよ~。(爆)
ラブラドールの飼い主さんも「あれ、急に活発になりましたね。」って驚いてました。(笑)
僕としても小鉄が楽しいドッグランになって、ホっとしました。(^^♪




さてっと、妹が帰ってくるまでの、あと何時間、小鉄と”6度寝”と行きますか~。
って、もう脇でスヤスヤと寝てますけど・・・。(笑)
♪LOVE LOVE LOVE ねぇ~せめて夢の中で会いたいと~。
小鉄も妹の夢を見てるのでしょうか?それとも美味しいご飯の夢かな?(笑)





第66回ゴールデングローブ賞ノミネート決まる

来年1月11日(現地時間)に授賞式が行われる第66回ゴールデン・グローブ賞のノミネーション発表が12月11日(現地時間)に行われた。映画部門では、ブラッド・ピット×ケイト・ブランシェット主演の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』が作品賞、監督賞(デヴィッド・フィンチャー)、主演男優賞、脚本賞、音楽賞の5部門にノミネートされた。ブラッド・ピットのゴールデン・グローブ賞ノミネーションは2006年『バベル』(助演男優賞)以来、2年ぶり4度目。

また、ニクソン元米大統領が、ウォーターゲート事件で辞任後に初めて受けたインタビューをテーマにした『フロスト×ニクソン』(原題)も作品賞、監督賞(ロン・ハワード)、主演男優賞(フランク・ランジェラ)、脚本賞、音楽賞という『ベンジャミン・バトン』と全く同じ部門にノミネート。さらに、『ダウト』(原題)も脚本賞に加え、主演女優賞(メリル・ストリープ)、助演男優賞(フィリップ・シーモア・ホフマン)、そして助演女優賞にエイミー・アダムスとヴィオラ・デイヴィスの2名がノミネートするなど先述の2作と並ぶ最多タイの5部門にノミネートされている。

ちなみにメリル・ストリープは、ドラマ部門での『ダウト』(原題)のみならず、『マンマ・ミーア!』でコメディ・ミュージカル部門のおける主演女優賞にもノミネート。また助演男優賞部門には『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』のロバート・ダウニーJr.に加え、同作にカメオ出演していることで話題を呼んだトム・クルーズもノミネートされた。さらに、急逝したヒース・レジャーも『ダークナイト』での演技が高い評価を得て助演男優賞候補者に名を連ねている。

大作、名優が並んだ今年のノミネーション。受賞者の発表は来年1月11日(現地時間)に行われる。近年、ゴールデン・グローブ賞とアカデミー賞の受賞者・受賞作品が一致するケースが多く見られ、オスカーのゆくえを占う意味でも大きな注目を集めそうだ。
(cinemacafe.netより)


【作品賞(ドラマ部門)】
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
『フロスト×ニクソン』
『愛をよむひと』
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
『スラムドッグ・ミリオネア』(原題)

【作品賞(コメディ・ミュージカル部門)】
『バーン・アフター・リーディング』
『ハッピー・ゴー・ラッキー』(原題)
『IN BRUGES』(原題)
『マンマ・ミーア!』
『ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ』(原題)

【監督賞】
ダニー・ボイル 『スラムドッグ・ミリオネア』(原題)
スティーヴン・ダルドリー 『愛をよむひと』
デヴィッド・フィンチャー 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
ロン・ハワード 『フロスト×ニクソン』
サム・メンデス 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

【主演男優賞(ドラマ部門)】
レオナルド・ディカプリオ 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
フランク・ランジェラ 『フロスト×ニクソン』
ショーン・ペン 『ミルク』
ブラッド・ピット 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
ミッキー・ローク 『ザ・レスラー』(原題)

【主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)】
ハビエル・バルデム 『ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ』(原題)
コリン・ファレル 『IN BRUGES』(原題)
ジェームズ・フランコ 『パイナップル・エクスプレス』(原題)
ブレンダン・グリーソン 『IN BRUGES』(原題)
ダスティン・ホフマン 『LAST CHANCE HARVEY』(原題)

【主演女優賞(ドラマ部門)】
アン・ハサウェイ 『レイチェル・ゲッティング・マリッド』(原題)
アンジェリーナ・ジョリー 『チェンジリング』
メリル・ストリープ 『ダウト』(原題)
クリスティン・スコット・トーマス 『I'VE LOVED YOU SO LONG』(原題)
ケイト・ウィンスレット 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

【主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)】
レベッカ・ホール 『ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ』(原題)
サリー・ホーキンズ 『ハッピー・ゴー・ラッキー』(原題)
フランシス・マクドーマンド 『バーン・アフター・リーディング』
メリル・ストリープ 『マンマ・ミーア!』
エマ・トンプソン 『LAST CHANCE HARVEY』(原題)

【助演男優賞】
トム・クルーズ 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
ロバート・ダウニーJr. 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
レイフ・ファインズ 『ある公爵夫人の生涯』
フィリップ・シーモア・ホフマン 『ダウト』(原題)
ヒース・レジャー 『ダークナイト』

【助演女優賞】
エイミー・アダムス 『ダウト』(原題)
ペネロペ・クルス 『ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ』(原題)
ヴィオラ・デイヴィス 『ダウト』(原題)
ビヨンセ・ノウルズ 『Cadillac Records』(原題)
ケイト・ウィンスレット 『愛をよむひと』


マイミクさんのブログに記事が書いてあって気付きました。(笑)
今年もそんな時期になったんですね。
映画を観てないので分からないですけど個人的にはレオナルド・ディカプリオ、ブレンダン・グリーソン、ケイト・ウィンスレット、フィリップ・シーモア・ホフマンに受賞して欲しいで~す。
そしてこの後、大本命のアカデミー賞のノミネートが気になりなりますね。


【映画】ザ・スナイパー

ザ・スナイパーザ・スナイパー
(2008/11/26)
モーガン・フリーマンジョン・キューザック

商品詳細を見る
ザ・スナイパー 06年アメリカ・ドイツ オススメ★★☆
出演・・・モーガン・フリーマン、ジョン・キューザック、ジェイミー・アンダーソン
アカデミー賞作品賞ほかの名作「ドライビングMISSデイジー」のB・ベレスフォード監督と名優M・フリーマンのコンビによるサスペンスの注目作。ある要人の暗殺を計画する凄腕の殺し屋、そしてキャンプ中に偶然から彼を拘束するはめになった父と息子。3人の危険な道中が綴られる。単なるクライム・アクションに終わらず、息子のため正義を貫こうとする元警官の父の姿や親子関係の修復、そして非情な殺し屋の心境の変化など、アカデミー賞コンビならではの深いドラマが見どころ。

元警官の体育教師レイは、妻を亡くして以来、ひとり息子のクリスの素行が悪化していることに心を痛めていた。レイは親子の絆を修復しようと、クリスをキャンプに誘う。だがその矢先、彼らは森の中で倒れていた初老の男カーデンと遭遇する。なんと彼は、FBIに追われるプロの殺し屋だった。何も見なかったことにすれば危険はないと約束するカーデンだったが、レイは元警官、そして父親としての立場からカーデンを連行する……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。
モーガン・フリーマン、ジョン・キューザック共演のサスペンス映画です。
お~、モーガン・フリーマンが悪役~って驚いたけど終わってみれば、そんなに悪でもないよな・・・。^_^;
とっ言う訳でモーガン・フリーマン映画3連発、終了でーーーーす。(笑)


【映画】F.R.A.T./戦慄の武装警察

F.R.A.T./戦慄の武装警察 DTSエディション [DVD]F.R.A.T./戦慄の武装警察 DTSエディション [DVD]
(2008/03/05)
ジャスティン・ティンバーレイクケイリー・エルウィズ

商品詳細を見る
F.R.A.T./戦慄の武装警察 05年アメリカ オススメ★★★
出演・・・モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー、ジャスティン・ティンバーレイク、LL・クール・J、ディラン・マクダーモット、ジョン・ハード、ケーリー・エルウェス
精鋭ぞろいの警察特殊部隊F.R.A.T.が、その機密性を盾に法律の範疇を超えた行動に走っていると疑問を抱いた若い新聞記者。彼はやはり隊のあり方に疑問を持って辞職した元隊員と共に、不正の証拠をつかもうと奔走するが……。ポップ・グループ、イン・シンクの一員としても活躍したJ・ティンバーレイクが若手記者を熱演、「S.W.A.T.」のLL・クール・Jが元隊員の男を演じる。さらに主人公を厳しくも温かく見守る上司に名優M・フリーマン、連邦捜査官にK・スペイシーと、豪華なキャストの織りなすドラマとサスペンスに注目だ。

警察特殊部隊F.R.A.T.の隊員ディードは、仲間とギャングのアジトを急襲するが、同僚の隊員たちがまるで楽しむように犯罪者を射殺する姿に疑問を抱き、除隊を申し出る。一方、若手新聞記者ポラックもF.R.A.T.の行き過ぎた捜査を記事に取り上げるが、上司アシュフォードから証拠がない憶測記事だとクビにされてしまう。ポラックは何者かに妨害を受けながらも真実と証拠を求めて独自の取材を開始、ディードと接触するが……。
(WOWOWオンラインより)


WOWOWにて鑑賞。
腐敗した警察組織と、それを暴こうとする新聞記者の攻防を描いたアクション・サスペンスです。
なかなか面白かったです。
B級アクションっぽい内容になりがちの映画をしめてるのは、やっぱりモーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシーという2人の名優の存在感だと思います。




とっくり


小鉄ちゃん、今年の冬バージョンの、おべべです。
タートル・ネックの、とっくりタイプのセーターです。
どうです?似合ってるでしょう


今日から土曜日まで妹は出張。
なので小鉄ちゃんのお世話は僕が見させてもらいま~す。
ってことで会社から帰ると確実に自分の時間はありましぇーーーーん。(笑)
まあ、鉄ちゃんと一緒に寝れるのは嬉しいですけどね。温かいよぉ~。(^^♪






【映画】エバン・オールマイティ

エバン・オールマイティエバン・オールマイティ
(2008/12/04)
スティーヴ・カレルモーガン・フリーマン

商品詳細を見る
エバン・オールマイティ 07年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・スティーヴ・カレル、モーガン・フリーマン、ローレン・グレアム、ジョン・グッドマン
神様から1週間だけ万能の力を与えられた主人公を描く爆笑編「ブルース~」の続編。前作では主人公ブルースのライバルという脇役だったエバンが、今度は神様と対面する主人公に昇格するが、大勢の運命がかかった非常事態に、前任者ブルース以上に悪戦苦闘するはめに……。クライマックスの巨大スペクタクルが見ものの本作、一説によれば1億7500万ドルも製作費がかかり、史上最も金がかかったコメディとなった。前作に続いてエバンに扮するのは「40歳の童貞男」「ゲット スマート」の喜劇派カレル。監督は前作に続いてT・シャドヤック。

かつてTVのアンカーマンだったエバンは下院議員に当選し、一家でバージニア州郊外に引っ越す。エバンが“世界を変えたい”という公約を実現したいと祈った翌日、神様がエバンの前に現われ、旧約聖書のノアのように方舟を作るよう告げる。やがてエバンのもとにどこからともなく動物たちが集まりだし、エバンも方舟を作ろうと決心。方舟を作りながら、エバンは髪やひげが伸びてノアそっくりになっていき、周囲を心配させるが……。
(WOWOWオンラインより)

WOWOWにて鑑賞。
ジム・キャリー&モーガン・フリーマン主演でヒットした「ブルース・オールマイティ」の続編です。
前作に引き続きモーガン・フリーマンが神様役で出演しています。
えーーーー、エバンも前作のキャラなんですね・・・全く記憶(印象)に残ってないです。^_^;
前作よりもスケールはUPしてるし、信じる事の大切さ、家族の絆なんかも描いてあるので、なかなかの良作だと思います。
でもでも・・・やっぱり主演のカレルがジム・キャリーほどの魅力がないのが痛いです。(ーー;)





【映画】インベージョン

インベージョン 特別版 [DVD]インベージョン 特別版 [DVD]
(2008/03/07)
ジャクソン・ボンド二コール・キッドマン

商品詳細を見る
インベージョン 07年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、ジェレミー・ノーサム、ジェフリー・ライト、ジャクソン・ボンド、ベロニカ・カートライト
精神科医のキャロル・ベネルは、元夫タッカーから、息子オリバーへの面会要求を受けていた。離婚してから全くオリバーに興味を示さなかったタッカーの突然の要求に戸惑うキャロル。その頃、彼女の周囲で不可思議なことが起こり始める。夫が別人になってしまったと訴える患者、謎の言葉を発しながら車に轢かれる女性、その事故の目撃証言を要らないという警官。そんな中彼女はオリバーをタッカーの元へと送り出すのだが……。

隣人たちが外見はそのままに、いつの間にか中身だけ、感情を持たない“別の何か”に変わってしまう。そしてその変化が自らにも起ころうとしている――そんなジリジリと追い込まれていく状況の中で、かけがえのない息子のために戦う母親の姿を描いたSFサスペンス。息子を愛し、守るために、文字通り不眠不休で行動する母親キャロルを、ニコール・キッドマンが力強くも繊細な演技で表現。キャロルを愛する医師・ベンを演じたダニエル・クレイグも好演を見せている。感情を失った人間だらけの街の映像はリアルで、うすら寒い恐怖を感じさせる。そしてそれ故に感情の温かさ、大切さを思い出させてくれる作品だ。
(goo映画より)


WOWOWにて鑑賞。
原作は、これまで『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』など3度も映画化され、日本でも「ウルトラセブン」の1エピソードに似た設定が登場した、ジャック・フィニィの小説「盗まれた街」です。
スペース・シャトルの墜落により、宇宙の生命体が地球に落ちてくる。
それに触った物は、眠ると人格を乗っ取られてしまう・・・。
その事実を知った主人公が、眠気と闘いながら、愛する息子に迫る危険を必死に避けようとする話です。
題名が「インベーション」なので、もっとコテコテの宇宙物かと思ったらそうでもなかったです。
個人的には良質なサスペンスだと僕は思いました。面白かったです。
戦争を起こすのは人間がわがままだからだ・・・っと言う皮肉も含んでいて、その辺も上手いと思いました。



12/10の「SONGS」はミスチルです。


NHK総合 12月10日(水) 23:00~23:30

SONGSにMr.Childrenが登場します。
この夏の北京オリンピック・NHKの放送テーマソング「GIFT」を歌ったMr.Children。金メダルだけではない、いろんなものに存在する価値を歌ったそのメッセージは、幅広い多くの人達からの支持を集めました。
更に今年は、「HANABI」や、ドラマ『バッテリー』主題歌となった「少年」など、続々と作品を発表。12月には、それらの曲がつまったアルバム「SUPERMARKET FANTASY」もリリースされます。デビュー16年目を迎え、今もピュアでポジティブなメッセージを放つ彼らの音楽に迫ります。
(SONGS HPより)


ニューアルバム発売日に「SONGS」にミスチルが登場です!
なんとなく紅白の宣伝も兼ねてるような・・・。(笑)
でも楽しみでーーーーす。





【映画】幻影師 アイゼンハイム

幻影師 アイゼンハイム [DVD]幻影師 アイゼンハイム [DVD]
(2008/11/21)
エドワード・ノートンポール・ジアマッティ

商品詳細を見る
幻影師 アイゼンハイム 06年アメリカ・チェコ
出演・・・エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル
19世紀末ウィーン。ハプスブルク帝国末期の芸術文化の都では、大掛かりな奇術=イリュージョンが一世を風靡していた。中でも絶大な人気を誇っていたのは、アイゼンハイムという名の幻影師。ある日彼は舞台の上で、幼なじみのソフィと再会する。今では、皇太子の婚約者として注目を集める彼女は、その後ほどなく皇太子邸で謎の死を遂げてしまう。謀殺の噂も沸き立つ一大スキャンダルのさ中、アイゼンハイムはソフィの幻影を蘇らせる前代未聞のイリュージョンを発表するのだが…。

ピューリッツァー賞作家スティーヴン・ミルハウザーの傑作小説を、『クラッシュ』『サイドウェイ』のアカデミー賞製作スタッフが仕掛けるラブ・サスペンス。全米公開時は51館でスタートの後、出来栄えの良さが次々と口コミを呼び、1438館まで拡大、22週に渡る異例の超ロングラン大ヒットとなった話題作。主演は、本作が本格的ラブストーリー初出演となるエドワード・ノートン。
(作品資料より)


DVDレンタルにて鑑賞。
エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの共演って事でレンタルしてみました。
「プレステージ」と同じくマジシャンが主人公の話です。
こっちのほうが現実性があって僕は好きです。
ただ、話のオチがすぐに分かっちゃうのがマイナス点ですね。(ーー;)


プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード