FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

名言

ドッグランで良く一緒になるカワイイ、プードルを飼っている女性が小鉄の様子を観て一言。

「鉄っちゃんは箱入りだから・・・」

上手い! 鋭すぎる。(笑)

そう小鉄は女の子か自分よりも小さい子しか遊ぼうとしないのです。
お気に入りが居ても近くに大きいワンちゃんが居ると近づけないんです。






笑顔のまんま~
スポンサーサイト



【映画】ディスタービア

ディスタービアディスタービア
(2008/04/25)
シャイア・ラブーフサラ・ローマー

商品詳細を見る
ディスタービア 07年アメリカ オススメ★★★
出演・・・シャイア・ラブーフ、キャリー=アン・モス、デヴィッド・モース、サラ・ローマー、アーロン・ヨー 、 マット・クレイヴン
父を自動車事故で亡くして自暴自棄になっていたケールは、学校で暴行事件を起こし、裁判所から3ヵ月の自宅軟禁処分を言い渡された。足首に監視システムを付けられて外出できない彼は、退屈しのぎに近所の覗き見を始める。これが意外と面白く、隣に越してきたアシュリーや親友のロニーも交えて覗きに興じていくようになる。しかしある日、裏手に住むターナーが連続行方不明事件の容疑者と同じ車に乗っていることに気づき……。

他人の生活を一方的に監視し、その後ろめたさゆえに好奇心がより一層刺激される「覗き」。そんなある種麻薬的な行為をモチーフに作られたのがこの映画だ。主人公のケールたちが軽い気持ちで始めた“覗きゲーム”のせいで、いつしか本物の殺人事件に巻き込まれていく様子を描いていく。ヒッチコックの『裏窓』を思わせる設定に現代的なエッセンスとテンポのよさを加え、新しい感覚のスリラー映画を作り上げた。ケールを演じるのはシャイア・ラブーフ。コミカルな演技とシリアスな演技のどちらも高いレベルで見せるなど、期待の若手俳優としての実力を遺憾なく発揮している。覗きのドキドキ感がいつの間にか恐怖へと変わる感覚が面白い作品だ。
(goo映画より)


DVDレンタルにて鑑賞。
「トランスフォーマー」「インディ・ジョーンズ4」のシャイア・ラブーフ主演のサスペンス映画です。
ヒッチコックの名作「裏窓」を思わせる設定が良かったです。
てか・・・パクリだろう・・・。^^; そのまんまなんでリメイクかと思ったよ。(笑)
面白かったんですけど、ラストの結末がイマイチだったです。
もっとガールフレンドを絡ませたほうが良かったです。逃げて終わりかい!(-_-;)
シャイア・ラブーフは今作も良かったっす。今後、注目の若手スターですね。

【映画】トランスアメリカ

トランスアメリカトランスアメリカ
(2007/01/27)
フェリシティ・ハフマン

商品詳細を見る
トランスアメリカ 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、キャリー・プレストン、グラハム・グリーン
トランスセクシャルのブリーは、男性としての身体を完全に捨てる手術を目前に控えている。そんなある日、ブリーは驚くような電話を受ける。ブリーがかつて、男性として一度だけ関係した女性との間に、息子がいたのだ。窃盗の罪で拘置所に入っていた息子トビーを保釈するため、ブリーは手術費用を切り崩してニューヨークへ向かう。ブリーは、自分の正体を明かさないまま、トビーを継父の暮らすケンタッキーへ送り届けようとするのだが…。

男性としての自分に違和感を抱き、肉体的にも完全に女性となる決意をした主人公・ブリー。本当の父親の姿を知らないまま、ドラッグや売春に手を染める息子のトビー。出会うはずのなかった2人が、ふとしたことからアメリカ大陸横断の旅に出る。お互いに、痛みの多い人生を歩んできた2人が、この特別な旅を通じて変わっていく様子を、ユーモラスに、そして少し切なく描いていく。主人公ブリーを演じたのは、人気ドラマ『デスパレートな妻たち』で知られるフェリシティ・ハフマン。女性に変わる直前の男性、という難役を、絶妙なぎこちなさと圧倒的なリアリティで演じきり、アカデミー主演女優賞にノミネートされた。
(goo映画より)


WOWOWにて鑑賞。
この前の3連休にHDDに溜まっている映画を何本か観たのでボチボチ感想書いていきます。
まずは・・・一番良かった、この映画。
性同一障害の主人公と、その息子の一緒に旅しているうちに家族の絆が出来るドラマです。
これまでにも「スケアクロウ」「レインマン」などロードムービーには良い映画があるんですけど、これも良かったです。
最初、主人公は性転換手術のことしか眼中になく厄介な息子(息子の出現で手術が延期になってしまったから)を早く自分から遠ざけようとします。
でも・・・一緒に旅をしているうちに息子が愛おしくなってしまうんですよね。
最後、性転換手術が成功して憧れていた女性になれるんですけど・・・息子が居ないので心は満たされないんです。
そんな主人公を素晴らしい演技で見せてくれたのがフェリシティ・ハフマン。
なんとこの人、女優さんなんですよ。
ハリウッド映画には男優が女性を演じるパターンのが多いんですけど、これは逆でした。
フェリシティ・ハフマン。普段は綺麗な女優さんらしいです。
でもここではメイクや髪型も男性っぽくしていてホントに女性に憧れる男性に見えました。
アカデミー主演女優賞にノミネートも納得の名演技でした。
ただ・・・ねぇ・・・1つ残念なのはラスト。なんかあやふやなまま終わっちゃうんですよねぇ~。(-_-;)

BEGIN、明石家さんまを泣かす

7月26日(土)~27日にかけて放送された『FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!』。その総合司会を務めた明石家さんまのために、BEGINが徹夜で楽曲を書き上げてプレゼントした。

発端は、『FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!』生放送中の26日、深夜のトーク・コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」。そのコーナーにゲスト出演したBEGINに、「エンディング曲を作ってほしい」とさんまから突然の要請が。あまりにも急なリクエストに、BEGINもスタッフも困惑を隠しきれなかったが、さんまの熱いラブコールに応えて、メンバー3人寝ずに作詞・作曲に取り組み、オーダーを受けてから約18時間後、27日夜の番組フィナーレに“明石家さんまに贈るテーマ曲”として「笑顔のまんま」を完成させ、披露した。

さんまから曲のコンセプトを「つらい時にこそ笑顔を!」で考えてほしいとオーダーされ、“笑い”を愛するさんまに対してBEGINなりの敬意を表して「笑顔のまんま」という曲に託した。

ギリギリまで制作していたためリハーサルの時間もなく、番組フィナーレで初めて3人で合わせたというBEGINの歌に、人前で涙をほとんど見せたことがないという明石家さんまが目頭を熱くし、また、ビートたけしも「いい曲だねぇ」と絶賛した、感動のフィナーレとなった。

そうした様子を側で見ていたスタッフは、「本番が21:40だったのですが、20:40まで出来上がってなくて、控え室にずっとこもって鶴の機織り状態で曲を作っているBEGINをスタッフは廊下で待つしかなく、祈る気持ちで見守ることしかできませんでした」と、当時の状況を振り返っている。

BEGINは、2003年にリリースされて大ベスト・セラーとなったアルバム『ビギンの一五一会』の第2弾『ビギンの一五一会2』を発売したばかり。沖縄音楽とハワイアンをミックスしたような、心地よく和やかな一枚だ。そして9月からは全国ツアー<ビギンの一五一会コンサート2008>がスタートする。
(バークスより)

♪笑顔のまんま
ファンの間でもかなり盛り上がってますし(既に「名曲」の呼び声あり)、フジTVに問い合わせあるんじゃないかなぁ???
なんとなく緊急発売の予感が・・・・。ムフっ。

笑顔のまんま 

笑顔のまんま  BEGIN

今さっき、生まれたての新曲を聴きました。
この曲は今日の朝3時くらいにフジの27時間TVに生出演したときに、さんまから「番組のエンディング曲を作って」っとお願いされ出来た曲です。
だから18時間。いや、実質もっと短い時間で完成した曲なんです。
まあ、イントロは♪考え込んでちゃ、そのまんまだけど、あとはオリジナリティ溢れる曲ですね。
また、詩がイイんですよねぇ~。前向きになれる詩ですね。
即興でこんなイイ曲作っちゃうんですからBEGIN、恐るべしです。
この曲、これだけで終わらせて欲しくないです。
視聴者の反響殺到!なんて感じで是非CDリリースして欲しいです。
出来れば秋のツアーでも歌って欲しいです。

MEET THE WOLRD BEAT 2008 TV生観戦中~


今日はスペシャーTVで大阪は万博公園にて行われているMEET THE WOLRD BEAT 2008 が生中継されています。
今日も暑いので外に出ずにTV観戦しています。


馬場俊英
♪明日へのフリーウェイ
♪ボーイズ・オン・ザ・ラン
♪スタートライン~新しい風~
♪君の中の少年

代表曲4曲でしたね。個人的には新曲が聴きたかったです。
イベントだとこの選曲はしょうがないかな・・・。
でも♪君の中の少年、のラストのDJ隊のコーラスは良かったです。
あと馬場さん、ブログにも書いてたけど声の調子がイイですね。
♪スタートライン~新しい風~、こんなに安定してるのは久々に聴きました。


秦基博
♪鱗
♪キミ、メグル、ボク
♪シンクロ
♪虹が消えた日
♪プール(弾き語り)

うわっ、こんなに調子の悪い秦くん、初めて観ました。
♪シンクロ、で喉、やっちゃった~って感じで高音が苦しそうでした。(-_-;)
でも弾き語り、相変わらずイイっす。歌も上手かったのは流石です。


アンジェラ・アキ
♪HOME
♪モラルの葬式
♪This Love
♪手紙(新曲)
♪Again
♪たしかに

アンジーはピアノ弾き語りでした。
彼女も弾き語りのほうが断然イイです。
新曲も聴けたし良かったです。


大橋卓弥
♪はじまりの歌
♪SKY
♪ありがとう

大橋くんもギターの弾き語りでした。
シングル曲3曲を歌いました。
やっぱり最後の♪ありがとう、はイイです。
本人、歌いながら少し涙ぐんでたかも・・・。
「東京」を「大阪」に変えて歌ってました。感動。


Superfly
♪Hi-Five
♪愛を込めて花束を
♪マニフェスト
♪ハロー・ハロー

今年、急激に好きになったSuperfly。
でも思えば昨年のこのイベントで♪ハロー・ハロー、歌っててイイなぁ~って思ったんだよなぁ~。
パワフルかつ、めちゃ上手いヴォーカルに圧倒されました。


いきものがかり
♪コイスルオトメ
♪帰りたくなったよ

いきものがかり、ってこんな感じなんですか?
CDと違って、これまたアコースティックな感じで良かったです。
でも2曲って・・・短っすぎ。(-_-;)



あっ、これで僕のお目当てのアーチストは終了~。(笑)
で、このイベント観て決心したことが1つ。
長岡である「音楽と髭達」行くのを止めよう~っと。^^;
だって僕にイベントは向いてないみたいだから・・・。
好きなアーチストとそうでないアーチストのときの温度差が凄すぎなんですもん。
「音楽と髭達」も半分は興味ないアーチストだしぃね。
遅まきながら分かりました・・・僕は好きなアーチストのワンマンライブ・タイプみたいだと。

花火に行ってきました。

ぎおん柏崎祭りの大花火大会に行ってきました。
昨年は中越沖地震により中止になったので2年ぶりの大花火大会でした。
そのせいか・・・人の出も例年より多い感じでした。
昨日からの大雨で天気が心配でしたが午後から晴れて風もそこそこ吹いて良いコンディションで打ち上げられました。
僕は2年前と同じ場所で観ました。最後まで観ていると帰りが大変なので東電、リケンと大企業の花火を観て帰りました。
ホントにそんなに暑くもなく気持ちよく観れましたよん。


2年前同様、いくつか写真を撮ってきたのでUPします。
観て涼しい気持ちになってくださ~い。









そして今年は動画にも挑戦してみました。
良かったら観てみてください。











【情報】注目の音楽番組 8月

僕らの音楽
フジ 8/1(金) 23時半~24時
この回のメインゲストはレミオロメン。
そしてなんと、せっちゃんとのコラボがあるらしいですぞ!





サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE
WOWOW 8/24(火) 18時~生中継
日本中が話題騒然!
8月6日には2年振りのニューシングルをリリース!
この夏最大級のイベント、サザンオールスターズのメモリアルライブを独占生中継!
(WOWOWオンラインより)
これがサザン、見納めかもよぉ~。



「ARTIST'S JP」BEGIN特集決定!
スカパースペースシャワーTV&VMC 8/26(火) 19:00~20:00(リピート放送あり)
BEGINのミュージックビデオ特集をお届け!
(BEGINオフィシャルサイトより)
どうせ僕の観たい昔の曲はないと思うので期待してません。
けど・・・一応観ます。(笑)




木村カエラ LIVE TOUR 2008 「+1」FINAL
スカパーフジ721 8/29(金) 23時~25時
最新アルバム「+1」を引っ提げ5月から全国20箇所22公演を回る初の全国ホールツアー「LIVE TOUR 2008 「+1」」を行った木村カエラ。
ファイナルとなった7/10 NHKホールでの熱狂と興奮のステージを余すところなくオンエアーする。
(スカパーガイドより)




KOBUKURO LIVE TOUR’08 “5296”
スカパーTBSチャンネル 8/31(日) 21時~23時
人気デュオ コブクロの全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR’08 “5296”」から6/5大阪城ホールでの最終公演を放送する。
今回のライブツアーはコブクロのファンに対する感謝、サービス精神が満ち溢れてファンにはたまらない内容となっている。
抜群のハーモニーで聴かせるヒットナンバーの数々はもちろん、小気味よいMC、会場との掛け合いまでじっくりと楽しめる。
(スカパーガイドより)
このツアー、僕は新潟で観ました。
とっても良かったので、また観れるのが楽しみです。





番外編。(笑)

戀歌II ~ソン・スンホン、パク・ヨンハ 初共演ドラマ~
スカパーフジ721 8/3(日) 12時半~14時
2001年、韓国で大きな話題を呼んだ「戀歌」オムニバスCDアルバム。「戀歌I」では韓国トップ女優であるイ・ミヨンをメインビジュアルとし、200万セットを越す大ヒットを記録した。その第二弾として6年振りに制作された「戀歌II」には、ソン・スンホン、パク・ヨンハなど韓流を代表する俳優が主演するミュージックドラマと、04年から08年に発売された韓国人気アーティストのR&Bやバラード曲から厳選された全72曲(新曲3曲を含む)入りのCDが収録される。フジテレビ721ではこの度、本国韓国よりも一足早く、このミュージック・ドラマ本編とドラマ・メイキングを全世界テレビ初公開する。
(フジ721より)
この組み合わせは観て観たいぞぉ~。(笑)

【映画】GOAL!2

GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディションGOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディション
(2007/10/26)
クノ・ベッカー

商品詳細を見る
GOAL!2 07年イギリス・スペイン・ドイツ オススメ★★☆
出演・・・クノ・ベッカー、スティーブン・ディレイン、アンナ・フリエル、レオノア・バレラ 、ルトガー・ハウアー
ニューカッスル・ユナイテッドの人気選手となったサンティアゴ。ロズとの結婚式の準備も着々と進んでいたサンティアゴに、レアル・マドリードへの移籍の話が舞い込む。反対するロズを説得し、マドリードに移り住み、ベッカムやロナウドらチームメイトに迎えられた。しかし、豪邸のような家を買い、高級車を乗り回す彼を、ロズは複雑な気持ちで見つめていた。ある日、サンティアゴの前に弟だと名乗る子供が現れた。

スタジアムの興奮をリアルに再現した『GOAL』シリーズ。2作目は、ニューカッスルに入団したサンティアゴが、選手としての本物の夢を叶えるまでの中間地点。目の前にあるチャンスと恋人とに板ばさみにされ悩んだり、生き別れになった母が現れたり、心の葛藤と成長がある分、シリーズ3作中、最もドラマティックと言えるかも。現実にサッカーの世界では、国際的チームに移籍し高額の契約金を手にした途端、周囲にちやほやされて、堕落していく選手も多いとか。出演は、前作に続きクノ・ベッカー、スティーブ・ディレイン、アンナ・フリエルほか。実際のレアル・マドリードの選手も多数出演している。特にベッカムは活躍しているので注目。
(goo映画より)


WOWOWにて鑑賞。
ワールドカップに合わせて公開された「1」の続編です。
「1」が面白かったので観てみました。
今回はスター選手になったサンティアゴがレアル・マドリードに移籍して活躍する話です。
うーーーーーん、作らなかったほうが良かったかも・・・。
何の捻りもなく「1」と同じ展開でした。
ネタがないのか死んだハズの実の母親が出てきたり・・・エピソードがことごとく中途半端なのです。
なんかレアルのスター選手達を見せたいだけの映画でした。
最後の美味しい所もベッカムが持って行ってるし・・・。^_^;
そしてそして・・・最後の「To Be Continue・・・」の文字にはお口あんぐりでした。(笑)
まだ続くみたいですよ・・・これ。^_^;

【映画】Life天国で君に逢えたら

Life天国で君に逢えたら メモリアル・エディション(2枚組)Life天国で君に逢えたら メモリアル・エディション(2枚組)
(2008/02/22)
大沢たかお 伊東美咲 真矢みき 袴田吉彦 川島海荷 石丸謙二郎 哀川 翔

商品詳細を見る
Life天国で君に逢えたら 07年日本 オススメ★★★
出演・・・大沢たかお、伊東美咲、真矢みき、袴田吉彦、川島海荷、哀川 翔
1991年、プロウィンドサーファーの飯島夏樹は、ワールドカップに出るため、妻の寛子と世界各国を転戦していた。家賃も払えず、公園に寝泊りするような、ドサ周りの日々だったが、献身的な妻寛子の支えで、オーストラリア大会で夏樹は見事優勝。晴れて結婚式を挙げ、4人の子宝にも恵まれた。それからも夏樹は世界中のレースに出場し、連勝を続けた。ある時、体の異変を感じた夏樹は、精密検査を受けた。検査の結果、肝細胞ガンであることがわかった…。

2005年に他界した、世界的プロウィンドサーファー、飯島夏樹とその家族を描いた真実の物語。ガンと診断され、38歳の短い生涯を終えるまでを描いている。生前、飯島はガンと診断されてから、ブログでエッセイを発表。同じく病で苦しむ人やその家族から大きな反響を呼んだという。作品中にも、「自分はガンに生かされている」というセリフが印象的だ。また、余命3ヶ月の飯島を、心底明るく見送ろうとしている家族の姿が胸に迫る。『解夏』、『眉山』と、これまでナイーブな役が多かった大沢たかおが、豪快な海の男をはつらつと演じている。ロケはハワイで行われ、海と風の演出が素晴らしい。
(goo映画より)


WOWOWにて鑑賞。
久々に邦画観ました。
若くしてガンに侵されてしまったプロウィンドサーファー、飯島夏樹さんの実話の映画化です。
この話は生前ニュース番組の特集で取り上げられたのを、ちらっと観たことがあったので観てみたかったのです。
ガンとの闘いって言うよりは家族愛を描いていて良い映画でした。
主題歌は桑田佳祐の♪風の詩を聴かせて♪でした。

ビギンの一五一会2

「ビギンの一五一会2」ゲットしました。
まあ、でも実は少し前にプロモ盤を入手して既に何回か聴いているんですけどね。^_^;
っと、言うことで早速、感想です。(笑)


ビギンの一五一会2  BEGIN
1. ここから未来へ (一五一会バージョン)
2. 三線の花 (一五一会バージョン)
3. 埋め立て地 (一五一会バージョン)
4. 心のインク (一五一会バージョン)
5. ハイサイCalifornia (一五一会バージョン)
6. 夏の花火 (一五一会バージョン)
7. パイナップルムーン (一五一会バージョン)
8. 会いたい言葉 (一五一会バージョン)
9. 誓い (一五一会バージョン)
10. ホクレア (一五一会バージョン)
11. ミーファイユー (一五一会バージョン)
12. 君を見ている (一五一会バージョン)
13. 僕らのこの素晴らしき世界 (一五一会バージョン)


正直言って一五一会でのセルフカバー企画2と知った時は、がっかりでした。
「ビギンの一五一会」はBEGINで一番売れたアルバムだけど僕は好きじゃないんです。
オリジナルと比べると明らかに音が少なすぎで薄いサウンドが好きになれなかったのです。
なのであまり期待せず聴いてみたのですが・・・
聴いてみると、これがなかなかイイのです。
CD解説では「沖縄音楽とハワイアンミュージックの心地良さを掛け合わせた“ヤファイアンミュージック”」と書いてありましたが、ホントにその通りで、ゆったりとしたウクレレ・サウンドに近いんです。
バンバンバザールが「ウクレレ・バンバン」ならこれは「ウクレレ・ビギビギ」って感じでしょうか・・・。(笑)
曲ではアレンジのがらりと変わった♪誓い(北京オリンピックver.(笑))、スローな♪ミーファイユー、口上を栄昇さんが言う♪三線の花、そしてなかでも新曲♪ホクレア、がめちゃイイです。
聴いてるとホントに、ほっこりとしたき持ちになれるヒーリーング・ミュージックでした。
でも・・・こんな感じでライブされたら気持ち良くて寝ちゃうかもぉ~。(笑)

うたの日カーニバル2008 TV観戦


今日、「うたの日カーニバル2008」の放送がWOWOWでありました。
とりあえずはBEGINのところを中心に観ました。

仕事を定時で終わらせ、TVの前で録画スタンバイ状態に。
録画してオープニングを観て・・・小鉄がせがむのでドッグランへと出かけました。←おいっ。(笑)
今年は編集時間に余裕があるのか、オープニングを観た限りちょっと凝った番組構成になってました。
個人的には昨年のようにシンプルにライブだけを沢山見せてくれるほうのが好きです。

さてさて、1時間経過して帰ってきてTVを点けると・・・
なんと、もう、さだまさしさんが歌っていました。
賞味2時間の番組なのに後半1時間は、さださんとBEGINの2組に・・・。
な~んて素晴らしい番組構成でしょう~。(笑)
おかげで、たっぷりとBEGINを堪能出来ました。
最後は新曲僕らのこの素晴らしき世界。
うーーん、やっぱり良い曲です。この曲を映像で保存出来て嬉しいです。
それにしても暑かったんでしょうね。こんなに汗かいて歌っている栄昇さんの姿を始めて観ました。
あとは知り合いの顔もチラホラ観れたのも楽しかったです。今のところ5名発見!
観てて来年は行きたいなぁ~って思ったサモやんでした。

あっ、そうそう・・・危なかったです。
今さっきまで大雨でBSが一時受信不能でした。ひやぁ~危なかった。
さてっと、ぼちぼち編集しながら前半部分を観てみようと思います。

終了証

行ってきました。小鉄の、しつけ教室の4回目。
これが最後になります。いつもよりも30分早くスタートでした。


なんか最後なのか?スタートが早いのか?今日はワンちゃんも興奮気味でした。



頑張る、小鉄。ウソウソ・・・似てるけど違うダックスです。
同じブリーダーさんから買ってるので似てるワケなのです。
このダックスくんはなかなかお利口さんでしたよ。



えーーー、こちらが本物の小鉄くん。
今日は他のワンちゃんが気になるってよりは怖がってました。シッポが股の中に入りまくりでした。
なんか最近どんどん大きいワンちゃん恐怖症が進行してる感じです。
ドッグランも大きいワンちゃんが居ると入らなくなりましたから・・・。



でも今日は小鉄、頑張ってました。
いつもは頑として動かないのに、歩いてましたから。
ゼッケン「21」が小鉄です。えっ?引き釣られてるぅ?^^;



リラックス・タイムでまったりしてるシュナウザーくん。ラブリー




最終回と言うことでトレーナーさんの実演がありました。
さすがに訓練されたワンちゃんですね。賢いです。
トレーナーさんが「ハウス!」って言うと1人でハウス(ケージ)の中に入って行くんですよ!スゴイっす!



最後に終了証が受講者全員に渡されました。
成績はビリかブービーだったけど、小鉄良く頑張りました。

【映画】敬愛なるベートーヴェン

敬愛なるベートーヴェン敬愛なるベートーヴェン
(2007/11/07)
エド・ハリス.ダイアン・クルーガー.マシュー・グッド.フィリーダ・ロウ.ニコラス・ジョーンズ.ラルフ・ライアック

商品詳細を見る
敬愛なるベートーヴェン 06年イギリス・ハンガリー オススメ★★★
出演・・・エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ラルフ・ライアック、ジョー・アンダーソン 、 ビル・スチュワート
“第九”の初演を4日後に控えた1824年のウィーン。楽譜が完成しない中、ベートーヴェンのもとに写譜師としてアンナが派遣されてくる。ベートーヴェンはアンナを冷たくあしらうが、彼女の才能を知り、仕事を任せることに。尊大で傲慢なベートーヴェンだが、ただ一人の肉親である甥のカールだけは溺愛していた。しかしカールがその一方的な愛を疎ましく感じていることに気づかない。やがて初演の日がきた。難聴から指揮を怖れるベートーヴェンを助けたのはアンナだった。

怒れる風貌の肖像画、“エリーゼのために”から“第九”といった作品群……。しかしベートーヴェンの人となりがどうであったかはあまり知られていない。本作はアンナという架空の女性コピスト(写譜師)の目を通し、晩年のベートーヴェンが描いた意欲作だ。人の才能をけなし、傲慢な態度をとるベートーヴェン。しかしその裏には、不幸な少年時代、創造に残された時間はわずかなのに思うようにいかない苛立ちがあった。それを受けとめてくれる女性アンナは、彼にとっては恋愛の対象というよりも、母性的な存在だ。ベートーヴェンを演じるのは、名優エド・ハリス。『ヒストリー・オブ・バイオレンス』の殺し屋など、出演する作品によってまったく違う面を見せる演技派で、今回もベートーヴェンを熱演している。
(goo映画より)


WOWOWにて鑑賞。
ベートーヴェンの“第九”が出来るまでの話です。
面白かったです。
“第九”の12分に及ぶ初演の再現シーンは圧巻でした。
“第九”って言うと僕は「ダイ・ハード」に使われたコーラス部分なんですけど^_^;、初めて最初から最後まで聴きました。
イイですね・・・名曲って言われるわけです。
ただ、あれっ?って思ったのは今回のベートーヴェンは耳は難聴で目は見えてました。
これが本当なんでしょうか???僕の思っていたベートーヴェン像とはかなり違っていました。
あと、エド・ハリスはベートーヴェンのイメージとは違いすぎで違和感ありました。
しかもジャケ写は誰これ?状態。(笑)

【映画】ザ・シューター/極大射程

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディションザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション
(2008/04/25)
ダニー・グローバーマーク・ウォールバーグ

商品詳細を見る
ザ・シューター/極大射程 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・マーク・ウォルバーグ、マイケル・ペーニャ、ダニー・グローバー、ケイト・マーラ 、イライアス・コティーズ、ネッド・ビーティ
元海兵隊の名狙撃手、スワガー。軍を退いて山奥で暮らしていた彼の元を、退役したジョンソン大佐らが訪ねてきた。彼は大統領暗殺の動きがあることをスワガーに話し、その阻止を手伝ってほしいという。スワガーは大統領の遊説先を狙撃手としての経験を活かして調査し、唯一と思われる狙撃ポイントを発見。演説当日も大佐らとともに、現場の見張りについた。すると銃声が鳴り響いた…撃たれていたのはなぜかスワガー自身だった。

2000年に「このミステリーがすごい!」の海外作品部門第1位となった、スティーブン・ハンターの小説を原作としたミステリー・アクション。欺かれた元海兵隊の名スナイパーが、自らの掟と名誉のために激しく戦う姿を描く。主人公のボブ・リー・スワガーを演じるのはマーク・ウォルバーグ。銃の名手であり、精神的にも肉体的もタフな男を、一本筋の通った力強い演技で表現。巨大な敵に立ち向かう孤高のヒーロー像を見事に作り上げた。その周囲にはベテランのダニー・グローバーや『クラッシュ』『ワールド・トレード・センター』のマイケル・ベーニャらを配置。監督はアントワーン・フークアが務めた。
(goo映画より)


WOWOWにて鑑賞。
ちょっと勿体付く感はあるけど面白かったです。
なんか雰囲気はジェイソン・ボーンのランボー版みたいな感じです。
マット・デイモンが演ればジェイソン・ボーンにしか見えなかっただろうなぁ・・・。(笑)
マーク・ウォルバーグは今まであまり好きじゃなかったんだけど、これ観てちょっと良いなぁ~って思いました。
渋くてカッコ良かったです。
とっ、言っても新作「ハプニング」は観ませんよ~・・・だって監督があの人だもん・・・。(笑)
あっ、マイケル・ベーニャって「父親たちの星条旗」の人ですよね?
「クラッシュ」「ワールド・トレード・センター」の人は別人だと思ってたのに、同じ人だってことに驚きました。
暑い夏にスカーーーっとしたアクションを観たい人にオススメ作でーーーす。

【映画】暴行

暴行 64年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ポール・ニューマン、ローレンス・ハーヴェイ、クレア・ブルーム、エドワード・G・ロビンソン、ウィリアム・シャトナー
黒澤明監督の「羅生門」のリメイク。映画化にあたり黒澤明と橋本忍の脚本と、マイケルとフェイのカニン夫妻の舞台劇『ラショーモン』の二つの脚本を元に、夫のマイケルが本作用のシナリオを書いた。
時代と舞台は、1870年代の南北戦争後の西部に置き換えられているが、ストーリーは忠実に守られている。

駅で、昨日の裁判について3人が語り合っていた。町の牧師とペテン師は汽車を待つためで、もう1人の炭鉱夫は雨宿りに駆けこんだのだ。
話はメキシコ人盗賊が旅の夫婦を襲った事件で、妻は暴行され、夫は殺されたのだ。そして、当事者の陳述はいずれも違っていた。
盗賊は正当に決闘で夫を殺したと言い、妻は狂乱して夫を殺したと言い、死際の夫にインディアンが聞いたところによると、自殺だという。だが炭鉱夫に言わせればどれも嘘っぱちで、妻にけしかけられて無理矢理決闘した際に、偶然ナイフが刺さったと言う。これを聞いたペテン師は人間は嘘つきだと結論し、牧師は人間不信に陥る……。人間の真実の姿を問いかけるテーマは同じでも、「羅生門」が放つエチゾチックな魅力は影をひそめている。
(allcinemaより)


BS2にて鑑賞。
芥川龍之介の原作「羅生門」のアメリカ版リメイクってことで興味がありました。
読むよりも観るほうが僕には合ってるんで・・・。(笑)
更に黒澤明監督で海外で賞をとって居るし主演がポール・ニューマン。
これは観ない訳には行かないでしょう・・・。

感想。面白かったです。
さすが名作って言われるだけのことはありますね。
人間のエゴ、欲望、そして弱さを上手描いていました。
3者3用の証言って言うパターンは現代の映画でも良くありますよね。
そして事件を目撃していた炭鉱夫が、裁判で証言出来ないオチがまた素晴らしいです。
古い映画だけど良い映画でした。
あっ、そうそう牧師役が「スタートレック」のウィリアム・シャトナーだとは全く気付かなかったです。
だって若いし細いしハンサムだし・・・。今と全然違うんですもん・・・驚きました。(笑)

あれから1年

今日は中越沖地震からちょうど1年目です。
その時、僕は家でブログの記事なんかを書いてたんですよね。
そしたら突然、揺れだして・・・今まで経験したことないような大きな地震でした。
ホントに家が潰れるんじゃないかと思いました。
1年。僕的にはまだ1年なの?って感覚です。
幸い家は壊れず今は元と同じ生活をしています。
普通の生活をしていると、遠い過去の出来事のような感じがしますね。
でも、通勤時に通る公園には仮設住宅があり、まだそこに住んでる人も居るわけで・・・。
仮設住宅にも期限があるわけで・・・そうゆう方々はまだまだ大変だと思います。
あと道路も今も、あちらこちらで工事中です。この辺にも地震の傷跡はまだまだ残っています。
今年は東北のほうで大きな地震がありましたね。
なんかここ最近は毎年、どこかで大きな地震がありますよね。
今日は、うちの会社では防災集会、非難訓練があります。
なるべくこうゆう天災がなく平和であって欲しいと思うけど、もしもの時の備えはちゃんとしておきたいですね。

♪ダニーボーイ

本日の1曲!
おっと・・・これはミクシイのほうでした。(笑)
このタイトルに関しては後ほど・・・。


日曜日。小鉄の、しつけ教室第3回目。
先週は行けなかったけど、今回はしっかりとダメっぷりを観に行ってきました。(笑)
内容は先週までの「付け」「お座り」「伏せ」「腹見せ」、そして今週は新たに「待て」が加わりました。
「付け」で飼い主さんに付いて歩き、「お座り」で座る。
これが小鉄は一番ダメですね。とにかく自分の嫌な方向へは動こうとしないです。
でも今回はトレーナーさんに無理やり引っ張られ、最初は引きづられながらも最後は嫌々ながら歩いてました。(笑)
「待て」はねぇ・・・前に紹介したことありますけど小鉄は家だと得意技の1つなんです。
でもココでは無理。集中力ゼロですから。^^;
小さいワンちゃんと遊びたい・・・でも大きい犬のところには行きたくない・・・。
って感じなのが、バレバレでした。(笑)
僕が見たところ、最下位争いをもう1匹のダックスとしているって感じです。
まあ、指導中にウンコしてるワンちゃんよりはイイかぁ~。(笑)
来週はいよいよラストです。
30分早く始まるそうです。
最後、小鉄の成長ぶりを見届けてきます。^^;


前のレトリバー、1回目は凄く賢かったんですが、お母さんが病気とかで今回は娘さんが指示していたんですがソワソワして全然ダメでした。
人が変わるとこんなに変わるものなんですね。



緊張&退屈気味の小鉄。
終わり間際には、ぐったりしてました。^^;



午後からはドッグランへ行きました。
梅雨の中休みって言うか珍しくピーカンでめちゃ良い天気でした。
逆に暑過ぎて夕方涼しくなってから行くことにしました。
居ましたよ・・・たくさん。
みなさん、同じ考えなんですね。
小型犬が多くて小鉄は楽しかったんじゃないかなぁ~。


とにかくダックス率が高かったです。



緑がとても綺麗でした。


そうそう・・・タイトル。
♪ダニーボーイ
有名なアイルランドの民謡です。
まあ、それとは全く関係ないのですが・・・
なんと小鉄の耳にダニが付いて血を吸っていました。(-_-;)
たぶん雨上がりの土曜日にドッグランで付いたんでしょうね。
雨上がりで蜂がウヨウヨ居ましたから・・・。
とっ、言うわけで、しつけ教室の前に医者に行ってダニ除けの薬を貰ってきました。
スゴイですね、これ。
首に数的垂らすだけで1ヶ月、ダニとか虫を除けれるそうです。

【情報】15周年記念・斉藤和義プレミアムライブ決定!

アリナミンpresents 15周年記念・斉藤和義プレミアムライブ決定!
supported by MUSIC ON! TV

デビュー記念日に無料招待制のイベントが決定しました。
応募方法は以下の2チャンス!

日時:8月25日(月) 開場18時/開演19時(予定)
場所:東京・品川ステラボール

1.アリナミンHPにて150組300名様を完全無料で抽選の上ご招待!
募集期間:7月13日~8月11日(メールにて応募受付)
詳しくはコチラhttp://alinamin.jp/kazuyoshisaito/index.html

2.シングルズ・ベストアルバム「歌うたい15」購入者の中から150組300名様を
抽選の上ご招待!
募集期間:8月6日-8月11日(消印有効)
(オフィシャル・サイトより)


本日はもう1つ音楽ネタを。
せっちゃんのデビュー15周年記念ライブが決まったようです。
その方法は応募&抽選。げっ・・・くじ運悪いのに・・・。(-_-;)
とりあえずアリナミンHPのほうは申し込みました。
ベストアルバムのほうも買ったら申し込みたいと思います。
当たらないかなぁ・・・。

TVにてライブ観戦

どこも出かけなかった土日。
ゆっくりと家で録画してあった映画など観ました。
やった~とりあえず4日ぶんはネタが出来たぁ・・・。(笑)

そんな中、録画してあった2つの音楽ライブ番組を観ました。
偶然にも2つとも会場が日比谷野音でした。


馬場俊英~野音でピース!~
7/4にNHK-BS2にて放送がありました。
これ、実は僕が実際に観に行ったライブなのです。
(レポは5/25の記事で書いてますので興味ある方は探して読んでください。)
えーーーっと、1曲を除いて全て観ました。(笑)
なぜ、1曲除いたかと言うと・・・僕が映ってるらしいから・・・。(笑)
ラジオでも投稿が読まれると嬉しいけど恥ずかしくて2回は聞けなくタイプなんです。
ましては映像でなんて・・・恥ずかしすぎです。^^;
決心が付いて観れるのは、いつになるかなぁ・・・♪この町のどこかに今も~♪(笑)
番組的には2時間半のライブを上手く90分にまとめていたと思います。
♪スタートライン、♪ボーイズ・オン・ザ・ラン、前のミニ・トピックスも良かったです。
曲的にも好きな♪陽炎、♪ロードショーのあのメロディ、があって嬉しかったです。
欲を言えばサックスが良く効いていた♪ティラノザウルスの恋、も聴きたかったです。
あっ、そう・・・曲に字幕が付くのが観ててハラハラでした。(笑)
馬場さんライブ。夏のツアーは僕はお留守番。次は冬のツアーで新しい馬場さんを観に行く予定で~す。


VOICE 秦基博
こちらは7/12にスペシャーにて放送がありました。
これは僕は観に行ってませんから気楽に観れました。(笑)
ゲストの大橋卓弥とのデュオなんかもあって良かったです。
こちらの選曲は最近の曲&シングルのC/Wが多くてライブ映像的にはレアで美味しかったです。
ただ賞味45分だったので、放送時間短いなぁ・・・もう少し観たい!!ってやっぱり思いましたけど・・・。完全版が観たい!!(^_^)
あっ、やっぱり大橋さんのしゃべりは面白くないっすね。(笑)
ボソっボソっだけど秦くんのしゃべりは面白いです。

【映画】ラストキング・オブ・スコットランド

ラストキング・オブ・スコットランドラストキング・オブ・スコットランド
(2007/10/05)
フォレスト・ウィテカー

商品詳細を見る
ラストキング・オブ・スコットランド 06年アメリカ・イギリス オススメ★★★☆
出演・・・フォレスト・ウィテカー、ジェームズ・マカヴォイ、ケリー・ワシントン
スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガンは、志を胸に、ウガンダにある診療所で働く道を選んだ。時は1971年。軍事クーデターによってオボテ政権が倒れ、イギリスの支援を受けたイディ・アミンが、新ウガンダ大統領の座についた直後のことだ。軍隊のヒーローであるアミンは、国民の期待を一身に集める希望の星だ。そんな彼が、診療所の近くで演説すると聞き、興味を抱いて出かけて行くニコラス。熱弁をふるうアミンのカリスマ性にニコラスは、集まった多くの民衆と同様に強くひきつけられるのを感じる。そんなニコラスとアミンの運命がひとつに交わる出来事が、演説会の直後に起こった…。

ガイルズ・フォーデンの処女小説を元にしたドラマは、青年ニコラスが人助けの理想に燃え、ウガンダにやって来るところから始まる。これにアミンをはじめとする実在の人物や、エア・フランス機のハイジャック事件などの歴史的出来事がからみ紡がれていくドラマは、あの名作『ジャッカルの日』を彷彿とさせる。アミン役はフォレスト・ウィテカー。本作では、独裁者の光と影の部分を見事に捉えた熱演を披露。2006年のほぼすべての映画賞で、主演男優賞を総なめにしている。そんなウィテカーとぶつかりあいを繰り広げるニコラス役のジェームズ・マカヴォイは、スコットランド人俳優。ニコラスの驚愕と焦燥を、リアリティ満点に演じる彼の名演は、観客の共感をひきつけずにはおかないだろう。
(作品資料より)


DVDレンタルにて鑑賞。
感想。かなり良かったです。
アフリカものって言うと「ホテル・ルワンダ」「ブラッド・ダイアモンド」「ナイロビの蜂」など貧困による悲惨な話なのかな?って思ったら全然違ってました。
1970年代、実在したウガンダの独裁者アミンの恐怖政治を描いています。
物語はスコットランドからやってきた一人の医師の視点で進んでいきます。
最初は魅力的に見えたアミンが、実は恐ろしい顔を持った独裁者だったことがだんだんと分かっていきます。
しかし時既に遅く、もう逃げられない状況になっていました。そして今度は自分が殺される・・・と言う恐怖に襲われることに・・・。
とにかく役者の演技、監督の演出が上手くて、グイグイと最後まで緊張感切れることなく観れる映画です。
役者では今作でアカデミー賞を獲ったフォレスト・ウィテカー、「今を生きる」の生徒組のジェームズ・マカヴォイの2人が良かったです。
ウィテカーは正直、これならディカプリオでも良かったのに(役柄に助けられている)・・・・って思って観てたけど最後、実際のアミンの映像が出たときに「ああそうなのかぁ~」って思いました。
雰囲気が本人そっくりなんですもん。
でも考えると、この映画に緊張感があるのはウィテカーの迫真の演技のおかげなのかもしれませんね。
もう1人。ジェームズ・マカヴォイ。僕はこの人のほうが良かったですね。
この人、イーサン・ホークとかが出ていた「今を生きる」の生徒の1人です。
久々に顔が観れて嬉しかったです。
新作ではアンジェリーナ・ジョーリー、モーガン・フリーマンと共演しているみたいです。

眠い・・・

2日間ぶりの登場で~す。(笑)
ネタはないし、とにかく眠くて眠くて・・・昨日、連続更新ストップしちゃいました。^^;
DVDは観たい、CDは聴きたい・・・なのに眠くてダメ。
どーーーすれば眠くならずに居られるんでしょう?(笑)
今日はこれからテニスです。
夜は疲れてまた眠くなるんだろうなぁ・・・。^^;


追記。
テニスから帰ってきました。
曇りでそんなに暑くもなく気持ちよくやれました。
何より調子が良くて気持ち良くボールを叩けました。
フォアーの握りをちょっちだけ厚くしてみたのですが、それが良かったみたいです。
来週もこの調子で打てたらなぁ~。

【映画】マーゴット・ウェディング

マーゴット・ウェディングマーゴット・ウェディング
(2008/07/04)
ニコール・キッドマンジェニファー・ジェイソン・リー

商品詳細を見る
マーゴット・ウェディング 07年アメリカ オススメ★
出演・・・ニコール・キッドマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジャック・ブラック、ジョン・タートゥーロー、キアラン・ハインズ
ニコール・キッドマン×ジャック・ブラックの2大スター共演で贈る、笑いと感動のハートウォーミング・コメディ!
作家のマーゴットは妹の結婚式に出席するため、思春期の息子を連れて久々に実家を訪れる。
長い間疎遠だった関係から、ぎこちないながらも再会を喜ぶ姉妹。しかしマーゴットは妹の婚約者が無職の画家と知って、この結婚に不安を抱き始める。そんな彼女の予感が的中したように次々と思わぬ騒動が巻き起こり…。
(「Oricon」データベースより)

DVDレンタルにて鑑賞。
詰まらなかった「イカとクジラ」のノア・バームバック監督作品ということに不安を持ちつつも豪華キャストに釣られてレンタルしました。
結果・・・。うっ・・・「イカとクジラ」よりも詰まらない。詰まらなすぎる。^^;
スミマセン・・・何これ?っとしか書けないです。(苦笑)
ニコール・キッドマンは髪をダーク色に染めて「めぐりあう時間たち」の時のような感じでした。
豪華キャストに釣られて観ないことをオススメします。(笑)

トイレ




ズル投稿です。
あ・・・・・ブログの更新が途切れた・・・・
って思ったでしょう???
でもブログはミクシイと違って、ズルが簡単に出来るのです。(笑)
でもでも・・・近々、完璧に途切れそうですけど・・・。^^;^^;^^;

トイレ。
うちは廊下と玄関に小鉄用のトイレシートを置いています。
小鉄、おしっこは8~9割くらいはちゃんとシートの上でしてくれます。←エライぞ。
でも・・・・
ウンコは、殆どダメです。^^;
たいてい、決まって廊下のある場所にします。
それは人間のトイレの前なのです。(笑)
小鉄的には「僕も仲間に居れて~」なのか、それとも「早く片付けて~」なのかな・・・。
画像は春先の小鉄ちゃんです。
僕が長袖パジャマ着てるもんね。今は短パンにTシャツで寝てま~す。

♪劣等生諸君~


(お昼まで一緒に寝ました。得意の腹見せポーズです。(^_^))

昨日の朝4時半に東京から帰ってくると早朝なのにも関わらず嬉しい小鉄のお出迎え。
ワンワン鳴いて妹の戸をガリガリと足で掘ってるので開けてあげると飛びついて顔を嘗め回してくれました。(^_^)
午前中は休みを取っていたので、お昼近くまで小鉄と寝ました。
やっぱり可愛いヤツです。
なんか・・・ますます出かけるのがツラクなってきたなぁ・・・。
まあ、秋のBEGINツアーまでは出かけない(予定(笑))なので休みは小鉄サービスします。

会社から帰ってきて、日曜日のしつけ教室のことを聞いて大笑い。
とうとうドッグトレーナーも小鉄にはさじを投げたようです。
先週に引き続き、散歩の訓練をしたんだけど相変わらず小鉄は動かず。
見かねたドッグトレーナーの先生が無理に引っ張ったんだそうです。
小鉄はどうしたと思います?
なんと足を突っぱねてテコでも動かなかったそうです。
他のワンちゃんは引っ張られればシブシブ歩くみたいなんだけど小鉄はガンとして動かず。
先生も「あーーーら、この子はダメですね。服従する気が全然ないですね。」って言ったそうです。
これを聞いて、なんで可笑しかったかと言うと僕と行く散歩でも同じだからです。(笑)
自分の嫌なほうには絶対に動こうとしないです。
しかたなく最後は抱きかかえて動かすんですけどね。^^;
こんなに意地っ張りなのに・・・反面、超~ビビリなんですよね。
午後からドッグランに行ったら小さいポメラニアンに吼えられたらシッポを撒いてビビって近寄らなかったそうです。
さすがに妹も小さいポメラニアンにビビってる小鉄を見てショックだったようです。(笑)
でも、そんな小鉄にも唯一、優等生な科目があります。
それはお腹を見せること。(笑)
しつけ教室の4項目(散歩、ふせ等)のうち、唯一、腹見せだけ○印が付いていたそうです。ガハハ。
そんな小鉄だけど、可愛いから劣等生でも全然かまわないです。君はそのままで良いよ~。(笑)

【映画】JUNO/ジュノ


JUNO/ジュノ 07年アメリカ オススメ★★
出演・・・エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、オリヴィア・サルビー
16歳のジュノは、バンド仲間のポーリーと興味本位でしたたった一回のセックスで妊娠してしまう。高校生が子供を育てられるわけがなく、ジュノは親友リアに「中絶するつもり」と報告するが、中絶反対運動中の同級生に「赤ちゃんにはもう爪も生えているわよ」と言われ、産む決心をする。フリーペーパーで子供を欲しがっている理想的な若夫婦を見つけ、里子に出す契約を交わしたジュノは、大きなお腹を抱えて通学する生活を始める。

16歳で“できちゃった”女子高生と家族、友人、里親志願のカップルの騒動を描くハートウォーミング・ドラマ。早すぎる妊娠というテーマにも関わらず、日本の作品にありがちな後ろ暗さは微塵もない。ただ事実を事実として受け止め、あっけらかんとした明るさと愛にあふれた良作だ。アメリカではわずか7館での公開から2448館に拡大し、ついに興収全米第2位へと大躍進した作品だけに、オモシロさは折り紙つき。また元ストリッパー(!)の脚本家ディアブロ・コディは、デビュー作の本作でアカデミー賞脚本賞を受賞し、一躍脚光を浴びた。クールで風変わりな言動を繰り返すけれど、いつだって真摯なタイトルロールを演じたエレン・ペイジも最高!
(goo映画より)

映画館にて鑑賞。
今回の東京遠征の1つの目的は、この映画を観ることでした。
今年のアカデミー賞で数々ノミネートされた話題作なのです。
なのに・・・なんでこんなに公開限定なのかな?って不思議だったんですけど・・・。
観て分かりました。完全に単館系テイストの映画ですね。
分かりやすく言うと「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」にそっくりな雰囲気の映画です。
最近のアカデミー賞って本作とか「リトル・ミス・サンシャイン」みたいな小品だけど評判の良い映画が1本はノミネートされますよね。
さてさて、僕の感想ですが・・・
僕、こうゆう地味系映画ってイマイチ苦手なんですよね。
好きな役者でも出てないとツライっす。
内容的にも特に素晴らしいって感じはしなかったし、普通だなぁ~って感じでした。
ってことで、この評価です。^^;

【ライブ】7/6 GOING UNDER GROUND@SHIBUYA-AX

東京2日目で~す。
今日はライブ参戦です。
詳細は帰ってから書きま~す。でわでわ。


7/8追記。


一夜明けて翌日はまたまたGOING~のライブでした。(笑)
この日は同じく好きなアーチスト馬場俊英さんのライブもあり、どちらにするか最後まで迷ったんですがGOING週末にしよう~ってことでこちらにしました。
でも、当初は行く気がなかったのでチケットは取ってなく、しかも即日完売。
なんとかミクシイのほうで譲ってもらって行けることとなりました。
場所は約1ヶ月前に東京うたの日を観にきた渋谷AX。
しかし今回はスタンディングでした。今回は腰より足に来ました。^^;


-セットリスト-
1. My Treasure
2. STAND BY ME
3. ステップ
4. 思春期のブルース
5. ミラージュ
6. 新曲
7. 暗夜行路
8. 荒川わたれ
9. 夜行列車
10. 愛のうた
11. 新曲
12. センチメント・エキスプレス
13. TRAIN
14. Holiday
15. ダイアリー


-EN1-
16. 初恋(素生くん弾き語り)
17. チェロ
18. トワイライト
19. TWISTER


-EC2-
20. グラフティー

セットリストは基本的には新潟で観たのと同じでした。
新曲とミラージュ、荒川わたれ、の4曲だけ違ってました。
今回のツアーのセットリストは好きな曲が多くて良かったんですけど、さすがに新潟の時のような感動までは行かなかったです。
でも東京でのライブにも関わらず意外と前のほうで観れたので満足でしたけどね。
あっ、素生くんの髪の色、白っぽい金色でした。
30代目前で髪の毛の量が減ってきて、これが最後のつもりでやったそうです。
って・・・ブリーチって頭皮に一番良くないじゃん。^^;
イメージはイギリスのバンド、コールドプレイだったけどスタッフからは、たけし(ビート)?って言われたそうです。(笑)

これで僕の今年の上半期のライブ日程は全て終了しました。
上半期は地元新潟を中心に結構色んなライブに行ったけどGOING、馬場さん、せっちゃんライブが中心だった気がします。
どれもハズレのない楽しいライブばかりでした。
下半期は怒涛のBEGINのツアー追っかけが始まります。(笑)

そう言えば昨年のこの時期もGOINGのライブを東京で観たんでした。
そして帰ってくると、あの大地震が・・・。今回は何も起こらないとイイんですけど・・・。

最後に・・・。
2日間、お付き合いしてくれたマイミクさんに感謝です。
やっぱりライブは1人よりも2人のほうが楽しいですね。
バンバンのイントスア・ライブも楽しんできてね。(笑)

【イベント】7/5 GOING UNDER GROUND(松本素生)@渋谷HMV

今日から2日間、東京のほうに遊びに行ってきま~す。
本日は映画&イベント参戦の予定っす。
詳細は帰ってから書きま~す。
では、行ってきまーーーーす。


7/8追記。


渋谷のHMVでのGOING UNDER GROUNDのベスト盤発売インストア・イベントに行ってきました。
GOING UNDER GROUNDとは言ってもボーカルの松本素生くんの弾き語り形式のイベントでした。
素生くんの弾き語りはスカパーで何曲か聴いていて凄く良かった(バンドよりもイイかも・・・(笑))ので見たかったのです。
これは渋谷のHMVでベスト盤を買った人だけ参加出来るものでした。
ちょうどベスト盤発売の週に馬場さんのライブを観に東京に行く機会があったので渋谷によって買って来たのです。ナイス・タイミング!

こうゆうイベントに参加するのは、お台場での馬場さん依頼です。
あの時は凄い人、人、人・・・だったので今回もそうなのかなぁ???って思ったら、意外と少なめで・・・。(笑)
ベスト盤を買わなかったマイミクさんも見れることになりました。
イベントなのでトークを交えて30分くらいのライブでした。

セットリスト
1. 同じ月を見てた
暑いってことで、涼しい季節の曲を・・・。
アコギの弾き語りでベース音だけで歌うのってカッコ良くて好きです。

2. My Treasureベスト盤に入っている新曲。
大好きな曲です。翌日、カラオケに行って歌っちゃいました・・・2回も。(笑)

3. センチメント・エキスプレス
この後、明日のライブに備えて美容室で髪を染めるって言ってました。
本人曰く、殆どの色はやってみたとのこと。果たして何色になるのでしょうか・・・。

4. 思春期のブルース
3曲の予定だったけど、もう1曲演ろう~ってことで最後はインディーズ時代の曲で〆ました。

個人的には新宿のタワレコで演った[emoji:e-291TWISTER、の弾き語りが聴きたかったなぁ・・・。
最後に握手会がありました。
PLANET、が大好きです」と言うと「リクエストしてくれれば~」って言われました。
でも・・・ベスト盤に入ってないじゃん!!(笑)
うーーーん、なかなかレアなライブだったけど、やっぱり短いっすね。
これだけで東京遠征するのは、ちと勿体無いですね。
翌日もライブに行くことにして正解でした。ってことで明日へ続く・・・。(笑)

本能


小鉄が背後に回ったらご注意を・・・。(笑)


水曜日のドッグランにて・・・。
この日は天気も良くて、いつもの夕方よりも多くワンちゃんが来て居ました。
その中にミニチュア・ピンシャーを連れた女性が居たんです。
小鉄は、つたつたと、しゃがんでいるその女性の背後に回り・・・。
なんと足を上げたのです。そう、これは間違いなく、おしっこポーズです。^_^;
幸い、何回もマ-キングしたあとだったので、出なかったんですけど・・・これはマズイっしょ!
しかも同じ女性のところに行ってもう1回やりましたからね。
他の人にはやらないのに何でなんでしょう???
実は家でも最近は米袋にマーキングしてみたりと・・・男の子の本能とは言えこれはちょっとマスイなぁ~って思いますね。


犬の本能と言えば、おもちゃで遊ぶときも感じます。
ワンちゃん、おもちゃを銜えると必ず首を横に振るでしょう・・・。
これって野生の肉食動物が獲物に土留めを刺すのと同じなんだと思います。
人間の良いように改良されてペットだけど野生の本能は遺伝子レベルで受け継がれてるんですね。

【映画】ワーロック

ワーロック 59年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ リチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、アンソニー・クイン、ドロシー・マローン
「若き獅子たち」のエドワード・ドミトリクがオークレイ・ホールの小説にもとづいて製作・監督した西部劇。
脚色をロバート・アーサー、撮影を「秘めたる情事」のジョー・マクドナルドがそれぞれ担当している。
音楽は作曲リー・ハーライン、指揮ライオネル・ニューマン。出演するのは「女優志願」のヘンリー・フォンダ、「拳銃の罠」のリチャード・ウィドマーク、「黒い蘭」のアンソニー・クイン、「翼に賭ける命」のドロシー・マローン、ドロレス・マイケルズ、トム・ドレイク、フランク・ゴーシン、デフォレスト・ケリー、レジス・トゥーミー等。製作エドワード・ドミトリック。
(BSオンラインにて)

BS2アナログ(笑)にて鑑賞。
観たんだけど、これっと言った感想もなく・・・ずっと放置してあったんですけど、ネタも尽きたので今頃(強引に)書きます。(笑)
西部劇です。今は少ないけどこの時代は西部劇、多かったですよね。
豪華キャストなので観たんですけどホント、昔の古い映画って感じでした。
このくらいだなぁ・・・感想。(笑)
役者は良いので普通に面白かったです。

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード