FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

2007今年の出来事。

今年も今日1日で終わりです。
今年は個人的に色々あった年でした。
最後の日と言うことで今年を振り返って出来事ベスト5を書かせてもらいます。

5位 車を運転していて事故りました。
3.16に三条に映画を観に行く途中で事故りました。

人生2回目の事故です。
今回は車を買い替えなきゃダメかなぁ???って思うほど大きな事故でした。
相手が一時停止せずに侵入してきたってのもあるけど自分がスピードを出しすぎていたのも事実です。
もっと安全運転をしなきゃイカンなぁ~っと強く思いました。
カリーナ
古い車なので中古部品を取り寄せて思ってたよりもずっと安く直りました。


4位 自分なりの結末。
詳しくは書けないんですけど昨年から引きずっていた出来事が自分なりに結末を付けれました。
なので今は渋谷、中野、なんば・・・どこに行こうが何とも思わないです。
色んな人の支えやライブではBEGINの復活が大きかったです。


3位 BEGINのライブ追っかけ。
今年はBEGINが本格的にライブ復帰をしました。
約2年ぶりのライブ復帰。
いつもは1ツアーに東京、大阪の2箇所参戦くらいだったのですが今年は「追っかけ隊」なる流行語?も飛び出すほど追っかけ回りました。(笑)
春のオキナワン フール オーケストラ ツアー・・・東京、大阪、沖縄、長野、愛知。計5本。



秋のアコースティック・ツアー・・・越谷、伊那市、奈良、岸和田、四万十市、南相馬、米原、新宿。計8本。



その他・・・三線の花歌合戦、東京うたの日、うたの日カーニバル、BYG


いや~我ながらスゴイ数です。
さすがに終わった時は軽く燃え尽き症候群になってしまいましたもん。(笑)
でも各地でBEGIN友に会えると言うのも楽しいし来年もまた追っかけちゃおーーーかなぁ~。
追っかけ隊の皆さん、来年も宜しくお願いします。m(__)m


2位 中越沖地震発生。


7.16の朝10時ころ、M6.8の中越沖地震が発生しました。
中越地震からたった3年でまたこんな大きな地震に会うとは思わなかったです。
しかも今回はまさに震源地ですもん。
これだけ大きな揺れは過去に体験したことがなかったです。
とにかく動けないし逃げることすら出来ませんでした。ホントに家が潰れると思いました。
でも結果的に家族は無事でしたし、家も壊れなかったので不幸中の幸いだなぁ~っと思います。
それとこの地震では僕は悪いことばかりではなかったです。
知り合いの皆様からの暖かい励ましの言葉を頂いたり応援に行った会社で凄く良い人に巡り合えたりしました。
特に知り合いの皆さんからの励ましの言葉は力になりました・・・ホントに感謝です。m(__)m


1位 我が家に小鉄がやって来た。
やっぱり何と言っても今年最大の出来事はコレですね。
4.29にカニヘン・ダックスの子犬の小鉄が我が家にやってきました。
この日を境に僕の生活リズムは180度変わることになります。(笑)
最初、妹が犬を飼うと言い出した時は犬なんてウンチの処理も汚いし買わなきゃイイのに・・・って冷たい目で見てました。
絶対に僕はウンチの世話なんかしないよ!!って思ってたんですけど・・・今では率先してウンチ処理してお尻フキフキしてます。(笑)
小鉄が来る前は僕は夕食を食べるとすぐ自分の部屋に上がり映画を観たりと自分の世界で生活していました。
それが小鉄が来てからは小鉄がリビングに居るので僕も離れられず寝る時間まで下で小鉄と遊ぶなんてこともザラになってしまいました。
その結果、映画観る本数が激減しましたね。(笑)
でも僕が帰ってくると尻尾をちぎれるほど振って歓迎してくれる小鉄を見ていると心が癒されます。
ホントにここまで愛おしくなるとは思わなかったです。
実は少し前に自分のワンちゃんが欲しくて買おうかなぁ・・・なんて本気で考えてました。(笑)
でも1匹のワンちゃんの一生を背負うと思うと可愛いからと簡単には買えないので諦めました。(今のところは・・・(笑))
まっ、でも我が家には小鉄が居ますからね。
小鉄、我が家に来てくれてホントにありがとう~。

我が家に来たばかりの生後3ヶ月の小鉄。
可愛かったなぁ・・・。あっ、もちろん今も可愛いっすよ。(笑)


最新の小鉄くん。生後11ヶ月になりました。
ちなみに着てるのは僕が買って来た東京土産です。(^^♪


以上、今年の出来事ベスト5です。
悪いことが1位じゃなくてホントに良かったです。
こうして見ると今年の僕は感謝の1年だったなぁ~って思います。
もちろんこのブログを見てくださる皆様にも感謝です。
では、皆様、良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト



【ライブ】12/29馬場俊英@中野サンプラザ


昨日は今年最後のライブ参戦でした。
馬場俊英さんの"LIVE TOUR2007~青春映画が好きだった~"のファイナル公演を中野サンプラザで観てきました。

僕が中野に降り立つのは2回目です。
しかし今回もどこも観ることなく会場に行ってしまいました。
マイミクさんの話だと沖縄関連のお店が結構あるとのことだったのですが・・・残念。
ペットショップとかあったかなぁ???←おいっ。(笑)
中野サンプラザ、すごく分かりやすい会場です。
今までで一番簡単に見つけられたかもです。(笑)




紅白初出場を決めて勢いのある馬場さん。
ファンの熱も凄くて僕が着くと既にスゴイ入場列が出来ていました。
指定席なのに恐るべし。(何か早くグッズを買おうとする列だったようです。)

コブクロから花輪が届いてました。


まずは中野サンプラザの印象など・・・。
座席間の感覚が狭くてステージがかなり近く感じました。
今回は前から12列目くらいの、ほぼセンターと言う良い席で観ることが出来ました。
(チケット取ってくれたマイミクさんに感謝です。)
ただですよ、立つと違うんですよねぇ~。
床の傾斜がかなりキツくて立ってるのが大変でした。
しかもイスの背もたれが低くて・・・いつも立つと前の背もたれに手をかけて休むんですけど低すぎて手が届かないんです。(笑)
なので立ってるのがシンドかったです。
中野サンプラザ・・・立って観るライブは良くないかも。
ただ傾斜がキツいので障害物なく観ることは出来ましたけどね。
(完全に胸半分上に出てました。まるでジャイアント馬場になった気分。(笑))

ではライブの感想を。
-セットリスト-
1.明日へのフリーウェイ
2.多摩川土手~君へのメッセージ
3.草野球

ニュー・アルバムから3連発でした。

4.ただ君を待つ
紅白おめでとう~の声がかかってました。
馬場さんも「有り得ない展開だ」と言ってました。(笑)

5.車は愚かな哲学者たちを乗せて月明かりの中を行く
初めて聴きました。CDでもあまり聴いてないかも・・・。(笑)
でもカッコよいロックナンバーでした。
初めてエレキを弾く馬場さんが観れました。

6.ロードショーのあのメロディ
ライブで人気の高い曲です。
ライブバージョンはビリー・ジョエルの♪ピアノマン、エルトン・ジョンの♪ユア・ソング、ビートルズの♪レット・イット・ビー、佐野元春の♪サムデイ・・・などアレンジして入れてあるのが良いですね。

7.風の羽衣
ここからイスに座ってのアコースティックライブでした。

8.言いたいことはI Love You
ニュー・アルバムより。
レコーディングの時に手違いで入らなかったバンジョーを入れての幻のアレンジでした。
でもバンジョー、ないほうが良いかなぁ・・・。(笑)

9.鴨川

10.しあわせになるために
これも初めて聴きました。感動的なバラードです。

11.人生という名の列車
再びバンド編成にて後半戦スタートです。
最初と最後に何かの曲(もしかしてオリジナル?)が付けられてました。

12.オセロゲーム

13.働楽~ドウラク
オーオーオーを皆で合唱。
♪オセロゲームと続いて思いましたけどアンジェラ・アキが「私は結構ウォーウォーウォーマシーンだ」って言ってたけど馬場さんもオーオーマシーンだよね。(笑)

14.ボーイズ・オン・ザ・ラン
最初、ギター1本の弾き語りで入ったのはカッコ良かったです。
控えめにしました。(笑)

15.主人公
ニュー・アルバムより。馬場さん、感情入ってたなぁ・・・。

-EN-
16.君はレースの途中のランナー
歌い終わって長~い告知あり。(笑)
来年も精力的にライブをするそうです。
年初めはバンドスタイルで主要都市を回り、続いて春先はアコースティック編成で色んなところを回り(なんと新潟もあり。(ただ新潟LOTSってのが不安。もしかしてスタンディング?))、で・・・締めくくりに5/25(日)日比谷野音決定!!だそうです。
野音で、関東でも実現するんですね。
大阪城野音は外から聴いてたけど今度は中で聴いて控えめにしたいです。(笑)
あとライブのスポンサーであるダイドーからコーヒーを1本ずつプレゼントされました。
秦くんのポカリに続いてこうゆうの2本だなぁ・・・。(笑)ラッキー。(^^♪

17.スタートライン~新しい風
紅白で歌う曲です。
最後の高音部での声が酷かったです。ホントにヤバイ状態でした。(ーー;)
これが紅白本番だったらと思うと心配になりました。
紅白は無理せずキーを少し下げたほうが良いんじゃないかなぁ・・・。

18.君の中の少年
みんなで合唱しました。
馬場さんのライブではオーラスの定番曲になりつつありますね。
そうそ銀テープがボーーン!!発射されて驚きました。

感想総括。
春先からずっと調子の悪かった声は幾分良くなってる気はしたけど昨年と比べると変わらずって感じでした。
ブレークしてライブの本数が増え、休めない状態ですから上手くごまかして行くしかないんでしょうね。
良い声なので喉を大切にして欲しいです。
今回、観て感じたのは、とにかく演じる馬場さん本人が楽しそうだと言うことです。
ロックスターのようにステージの前に出てきてエレキを弾く馬場さん、初めて観ましたし・・・ギターを弾きながらのジェスチャーが今までよりも多かったと思います。
やっぱりノリにノッてる男は違いますね。
さすが違いの分かる男です。(あれ?これは違うプランドのコーヒーのCMかな?(笑))
MCはいつもとおり良いこと言ってるのになぜか可笑しい天然ぶりを発揮してました。(笑)
一番可笑しかったのがラストのMCで会場に来た人、皆で1つになりましょう~と言った時の「さまざまな性別、さまざまな年代、さまざまな場所、・・・・・さまざなな体調」
体調って・・・ハハハ確かにそうだけど・・・それに性別って2つしかありませんから・・・。(笑)

あと馬場さんのMCは感動する発言も多いです。
今年多くのメディアに取り上げられた馬場さん。
良くインタビューで聞かれるのが「ツライ時期、どうやって乗り越えられたんですか?」の質問。
決まって「多くはなかったけどファンの人の声援に支えられました」と答えるんですが、「またまた、馬場さん・・・それって好感度UP的な発言でしょ?ホントのところはどうなんですか?」的な雰囲気を感じるんですって・・・。(笑)
でもホントにそうで、自身が体験したマラソンに例えて話してくれました。
疲れて苦しい時、見知らぬ人の「がんばれ」の一言がどれだけ力になるかと・・・そうゆう人たちのおかげで今の自分があると言ってました。感動。
ホントに良い人オーラ出まくりの馬場さんでした。

そうそう、こぼれ話を1つ。
すっかり「リストラ・シンガー」と言うイメージが定着してしまいました。(笑)
その1つにETV特集があったのですが、それを見たレコード会社の社長さんのお父さんが社長である息子さんに「リストラしたのはお前か!!」って電話したそうです。(笑)
あとで話して良かったかなぁ???って後悔してたけど話したんだから書かせてもらいますね。(笑)



①馬場さんライブ恒例のメッセージ、セットリストの書かれた少子です。
これ、スタッフが1万枚も手織りしているそうです。スゴイ!!大変だなぁ~1万枚も。感謝です。
どーーりで微妙に折り目がズレてるわけです。(笑)

②頂いた違いの分かるコーヒーです。←ちゃうちゃう。(笑)
年明け、紅白のご祝儀(笑)として30秒バージョンが大量オンエアーされるそうです。
CMトリビアを1つ。ゴルフの丸山さんバージョンよりも、ぐっさんバージョンのほうが1テンポ速いらしいです。(本人がそう言ってました)
見比べてみてくださいね。

③飛んできた銀テープ。
これには「2008年5月25日日比谷屋野外音楽堂で会いましょう。どうもありがとう。ピース!!!」と書かれていました。(^^♪



最後に・・・来年もまた馬場さんライブに行きたいと強く思いました。
そんな素晴らしいライブでした。
とりあえず新潟と日比谷野音のチケット、なんとか取ろーーーっと。


ただでさえ長いのに追記。
馬場さんが「今回初めて自分のライブに来た人、拍手してみて」って言ったら見事に2階席オンリーでした。(笑)
最近、ガーーーっと人気が出た証ですね。

♪ケサラ  風味堂

メリークリスマス、、、。メリークリスマス、、、。
(2007/12/05)
風味堂、渡和久 他

商品詳細を見る

風味堂_.L
風味堂のニューシングルのC/W曲です。
曲目リストを見て、これってもしかして僕の好きな♪ケサラ、?ってことでレンタルしてきました。
聴いてみたらやっぱり同じ♪ケサラ、でした。(だよね。(笑))
僕がこの曲を初めて聴いたのが昨年のBEGINのBYGライブで待ってる時にかけてくださった「東京うたの日」CDのリクオさんバージョンでした。
原曲はイタリアのカンツォーネの曲で詩は岩谷時子さん(越路吹雪さんバージョン)の訳詞をリクオさんがアレンジしています。
木村充揮さんもカバーしている名曲です。
個人的にはこの曲をメジャーな風味堂が取り上げてくれたのが嬉しいです。
これでこの曲を知る人が増えるでしょうね。
もしかしたらカラオケで歌えるかも・・・・なんて夢も膨らみます。(笑)
とにかく良い曲なので聴いてみてもらいたいです。
1曲目、2曲目(CM曲)もクリスマスの曲で良いので是非お買い求めを・・・。(僕はレンタルでしたけど。(笑))

モデルはツライわん!!

ワンちゃんに服を着せること。今までは妹も僕も消極的でした。
きっと嫌がるから可愛そうだと・・・。
でも動物広場に散歩に来る室内犬は服を着てる確率が高いです。
それに冬場は寒いし服を着せてもイイんじゃないかと言うことでクリスマスの日に妹が何着か服を買ってきました。
そして・・・さっそく試着。
聖夜のプチ・ファッション・ショーとあいなりました。(笑)
あとは小鉄くんの画像でお楽しみください。(^^♪


最初に着たオレンジ色。
初めて着た時はくるくると回ってまっすぐ歩けなかったです。(笑)
フードが付いてるんだけど、さすがにフードを被るのは嫌みたいです。


赤レンジャー。(笑)
個人的にはコレが一番可愛いかと・・・。青い足あとのワンポイントが可愛いデザインです。


ミドレンジャー。(笑)
これが一番ゆったりしていて本人は好きみたいです。


緑の服に付いてたマフラーです。
冬ソナのヨン様を意識してみました。「テツ様」と呼んでください。(笑)


ファッション・ショー終了後のモデルさんです。(笑)
さすがに最後のほうは嫌がってクゥーンクゥーンと泣きべそかいてました。
無理に着せてゴメンね。


モデルは疲れるワン。(笑)


これは僕からのクリスマス・プレゼントです。
速攻で目、鼻のボタンを食いちぎってしまいました。無惨。(笑)


後日談。
その後ですが新潟は天気が良い日が続いていて毎日、父と散歩に出かけてます。
今では「服を着る」=「散歩に行ける」と認識したようで嫌がることなく着ているようです。(^^♪

【映画】主人公は僕だった

主人公は僕だった コレクターズ・エディション主人公は僕だった コレクターズ・エディション
(2007/12/19)
マギー・ギレンホール、エマ・トンプソン 他

商品詳細を見る
主人公は僕だった 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ウィル・フェレル、ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、マギー・ギレンホール
国税庁に勤めるハロルドは、ある日突然、自分にしか聞こえない女性の声に悩まされる。
その声は、彼の行動をことごとく予告。
じつはハロルドは小説の主人公で、声の主は作家だったという奇想天外な設定の物語だ。
小説の最後に死ぬことが決まっているハロルドが、何とか結末を変えてもらおうと、作家に直談判に行く。
状況はさらにややこしくなり…。現実と非現実が交わってしまう映画は多いが、本作ほど、その境界が曖昧になっている作品は少ないだろう。
コメディを得意とするウィル・フェレルが、ここでは抑えに抑えた演技を徹底。
歯ブラシを動かす回数や、通勤で乗るバスの時間など、ことごとく「数字」や「回数」にこだわるハロルドの日常(ここは映像もユニーク!)を哀愁たっぷりに演じ、正統派コメディとは別種の笑いを誘うことに成功。
人生に冷めていた主人公が、死を覚悟したときに初めて愛を知るのだが、その想いが切なさを増すのは、相手役マギー・ギレンホールの温かな演技のたまものでもある。
冒頭からやたらと登場する、一見、無関係な人々が結びつくラストでは、不思議な感動の後味が残される。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにより鑑賞。
これ、劇場公開の時から観たかった映画でした。
感想。何とも言えない不思議な感覚の映画でした。
作家の書く創造人物が実在してその声が本人に聞こえてくるなんてことは、まず絶対に有り得ない話ですもん。(笑)
でも最後まで面白く観れました。
これって監督の力もあるけど役者のアンサンブルが良かったと思います。
主演のウィル・フェレルはあまり好きじゃないけど、この映画は良かったですし相手役のマギー・ギレンホールがメグ・ライアンっぽくて凄く良かったです。
(マギー・ギレンホール、これから要注目です。(^^♪)
ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソンの名優コンビも良かったです。
(エマ・トンプソンがヒュー・グラントに見えてしまうのは僕だけでしょうか?(笑))

今年最後の散歩

このところ穏やかで暖かい日が続いている新潟です。
この前の日曜日も天気が良くて暖かかったので小鉄を動物広場に連れて行きました。
僕と小鉄だけで動物広場に行くのは初めてでした。
僕が行った時は先客が2匹、居ました。
1匹は犬嫌いなワンちゃんらしく小鉄が寄って行くと逃げてました。
他の犬から、いじめられると犬嫌いになるらしいですね。
その点、小鉄は、いじめられようが吼えられようが好奇心から自分から近づいて行きます。
もしかすると意外と勇気のあるワンちゃんなのかも・・・って思いました。
小心者な飼い主とは大違いです。(笑)
他の犬が帰ったあとは小鉄と一緒に走り回りました。
小鉄くらいの走りなら僕も追いつけますわ。(笑)


クリスマス・イヴの日に妹が動物公園に連れて行くと同じダックスが居たそうです。
小鉄よりも少し小さいミニチュア・ダックスだったそうです。
妹は「小鉄ちゃんもミニチュアですか?」と聞かれてカニヘンだとは言えずに「そうです。」と答えたそうです。(笑) カニヘンにしては大きいんですよね、小鉄は。


どうです?この立派なシッポ。(笑)
でもホントに小鉄は他の犬の飼い主さんから「毛並みがイイですね」って言われます。
馬並みの毛並みだね、小鉄は。(笑)


今週は穏やかな予報なので父や妹とは散歩に行けそうです。
でも僕との散歩はこの日が今年最後だなぁ・・・。
また、来年行こうね、小鉄くん。


【映画】手紙

手紙 スタンダード版手紙 スタンダード版
(2007/04/27)
山田孝之、玉山鉄二 他

商品詳細を見る
手紙 06年日本 オススメ★★★
出演・・・山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、風間杜夫
弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、誤って女性を殺してしまった剛志。
千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。
しかし、兄が受刑者というだけで、差別され、仕事も転々とし、恋人にもふられ、夢さえ打ち砕かれてきた直貴。
兄を思いながらも、その存在の大きさ、罪の大きさに彼は押しつぶされそうになる。
そんな彼が所帯を持った。守らなければならない妻、子どものために、直貴はある決心をした。
直木賞作家・東野圭吾が描いた小説をTVドラマでおなじみのヒットメイカー生野慈朗が映画化。
加害者の家族を主人公にする大胆な試みだが、登場人物の心情にきちんとよりそい、ときには心にグイグイと入り込む演出は、罪を背負って生きる兄弟のドラマに見るものを釘付けにする。
陰のある役がよく似合う山田孝之が、兄への思いと妻と子への愛の間で苦しむ直貴を熱演。意外にもさわやかなイメージの玉山鉄二が受刑者の兄を淡々と演じながら、最後で泣かせてくれる。
ひとりの人間の犯した罪により、家族がどんなに苦しむか。そこから生まれる差別との闘いのドラマは確かにヘビーだが、弟の怒り、哀しみ、諦めなどの感情がうなりをあげて見る者の感情をゆさぶり、目が離せない 。まさに感動作だ。
(Amazonレビューより)

地上波にて鑑賞。←久々。(笑)
邦画だけど前から興味あった映画なのでこのチャンスにと観てみました。
泣けると言う評判なんだけど観てて僕は泣けないなぁ・・・っと思ってました。
でもね・・・ラストシーンにはやられました。
当事者同士にしか分からない伝え方ってヤツですか・・・上手いです。完全にやられました。
映画は淡々と被害者の家族が差別に合う事実を描きます。
これがね、観てるのが結構ツライです。
ホントに不幸の連続です。その分、最後の感動が大きくなるんですけどね。
ただ、主人公が何しても簡単に成功するし、上手い具合に事件が起こるなど出来すぎな感はありますね。
でもこの映画ってフルだと121分かぁ・・・地上波はかなりカットされてますね。
フルで観るともっともっとツライ事実が長いんだろうなぁ・・・。
観るのがツライし僕には地上派バージョンで丁度良かったかもです。
これで観たと言ってイイのだろうか・・・。(笑)

追伸。
それにしても山田くんは暗い役がピッタリですね。(笑)
エリカ様はもっと主役級の役なのかと思ってました。

♪群青~ultramarine~ 福山雅治

年末。今年の10曲を発表したあとにスゴイ曲に巡り合ってしまいました。
それは車の運転中、ラジオから流れてきました。
福山雅治のトーキングFMです。
1回聴いて良い曲だと思いました。
聴きながら、どのアルバムに入ってるのかな?早速レンタルしに行かなきゃ!!って思っていると・・・なんとCD未発売曲で今のところ携帯の配信オンリーだとか・・・。ゲッ。
でもどうしてももう1回聴きたかったので着うたフルで購入しました。
うーーん、凄く良い曲だと思います。
(Mステの時にミスチルの櫻井さんから良い曲だね!!っと言われたらしいです。)
福山のHPで傑作と呼ぶにふさわしいと書いてたけどホントにそうかも・・・。
テーマは大切な人を想う愛、自然を敬する愛、そして群青色の奇跡の星、地球へ捧げる愛・・・この地球に生きる現代人にとって「愛し、愛されることとは何か」を問う曲です。
詩も良いけど曲も素晴らしいロックバラードになってます。
そして歌い方が素晴らしい・・・こんな歌い方出来たのね、福山って。驚きました。
来年、CD化されれば確実に今年の10曲に入ってくる曲だなぁ・・・。
興味のある方は着うたフルでダウンロードして聴いてみてくださいね。

福山雅治HP

Beginコンサート 新宿コマ劇場 DVD発売日決定!!

先日のBEGINアコースティックライブ@新宿コマのライブDVDの発売日がHMVに載っていました。
2/27日 定価4800円みたいです。
チラシでは来春発売ってなってたけど意外と早かったですね。
次のライブ予定とかないけど、とりあえずこれを楽しみに頑張れそうです。
で、速攻で予約完了!!(笑)
あとは映像特典とか詳細が知りたいところです。

HMV HP

今年最後の5枚で1000円。

ツタヤで24日までCD5枚で1000円レンタルキャンペーンをやっています。
今年何度となく利用したこのキャンペーン。
今回も利用させてもらいました。

私を抱いて下さい私を抱いて下さい
(2007/12/05)
中村中

商品詳細を見る
紅白・初出場を決めた中村中の2ndアルバムです。
もともとはこれ目当てにツタヤに借りに行ったのです。
でも、どーーせ借りるなら5枚にならないかなぁ・・・っと探し始めました。


The Gospellers WorksThe Gospellers Works
(2007/11/28)
ゴスペラーズ、ajapai 他

商品詳細を見る
色んな人とのコラボを収録したゴスペラーズの企画物アルバムです。
黒澤さんと、夏川りみちゃんのデュエット曲もあります。(^^♪


GREATEST HITS“THE SOUL”GREATEST HITS“THE SOUL”
(2000/02/14)
DREAMS COME TRUE

商品詳細を見る
WOWOWでドリカムのライブが放送されたので観てみました。
これが良かったっす!!
特に♪LOVE LOVE LOVE~何度でも~LOVE LOVE LOVE、のメドレーがめちゃ良かったんです。(NHKのプライム10でも、この曲は放送されましたね。)
正直、♪LOVE LOVE LOVE、は当時、聴きすぎて飽きていたんですが久々に聴いたらやっぱり凄く良い曲だと思いました。
で、ドリカムのベストを借りてみたと言う訳です。←単純。(笑)
♪LOVE LOVE LOVE、良い曲ですね。でもライブのメドレーのほうが良いなぁ~。
ちなみに♪何度でも、の入ってるアルバムは全てレンタル中~残念。(ーー;)


Super Best Of Yumi AraiSuper Best Of Yumi Arai
(2000/04/26)
荒井由実

商品詳細を見る

Neue MusikNeue Musik
(1998/11/06)
松任谷由実

商品詳細を見る
あと2枚がなかなか決まらなかったです。
どうしても借りたいと言うのがなかったです・・・。
なので僕の中では食わず嫌いアーチストになってるユーミンのCDを借りてみました。
♪卒業写真、と♪リフレインが叫んでる、が聴きたかったんですけど1枚に入ってるCDがなかったのでベスト盤を2枚借りました。
初めて本格的にユーミンのCDを聴くんですけど・・・どうなるでしょうか???

おーりとーりFM300回

今日の深夜の放送で、おーりとーりFMがめでたく300回目の放送を迎えました。

300回って言うと約6年ですよねぇ~。
もう、立派な長寿番組ですね。
僕はBEGINが初出場した紅白を観たあとから番組を聴き始めました。
そのころの人気コーナー「オリオンブック」「三線講座」が懐かしいです。(笑)
あとBYGでのライブ音源を聴けたのも嬉しかったです。
今も続いてるのは「もあいの会」くらいですかね?
これらのコーナーも、またやって欲しいです。(^^♪
とにかく楽しい放送で僕のBEGINって言うと"大人しい"というイメージを良い意味で裏切ってくれた番組でした。
それ以来、番組を聴くのが僕の毎週1回の楽しみになってます。
これからも400回、500回を目指して楽しい放送を続けてくださいね。
宜しくお願いします。m(__)m

最後にリクエストさせてください。
300回記念ってことで自分の一番好きな曲♪ON THE ROADをリクエストします。



以上、300回記念の自分のおめでとう投稿内容でした。(笑)
いつもはブログに書いたネタに手を加えて送ってるんですが今回は逆バージョンってことで・・・。^^;
BEGINのみなさん、300回達成おめでとうございます。
めざせ「水戸黄門」「笑っていいとも」!!(^^♪

【映画】ゾディアック

ZodiacZodiac
(2007/11/02)
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ

商品詳細を見る
ゾディアック 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニーJr、アンソニー・エドワーズ
アメリカ犯罪史上最も危うい連続殺人鬼と言われる“ゾディアック・キラー”を題材にした話題作。
ゾディアックに関わり、人生を狂わされた4人の男たちの姿を描く。
監督は『セブン』のデビッド・フィンチャー。『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホールが、事件の謎を追い続ける風刺漫画家を演じる。
徹底したリサーチを基に練り上げられたサスペンスとしても、4人の男たちの生き様をリアルにつづった人間ドラマとしても楽しめる。

1969年、自らを“ゾディアック”と名乗る男による殺人が頻発し、ゾディアックは事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつけてくる。
手紙を受け取ったサンフランシスコ・クロニクル紙の記者ポール、同僚の風刺漫画家ロバートは事件に並々ならぬ関心を寄せるが……。
(シネマトゥデイより)

DVDレンタルにて鑑賞。
大分前にレンタルしてたんですけど、やっと観れました。^^;
ちょっと長いんですけど長さを感じさせない面白さでした。
これ、実際にアメリカであった話です。
映画は実際の出来事を憶測を入れることなくドキュメントタッチで淡々と描いています。
これだけ面白く見せるのは監督の力量を感じますね。
僕は、実話のシリアルキラーもの(「モンスター」とかね)って興味あるので面白くみれました。
(ちなみに僕自身は危ないヤツではありませんので・・・念のため。(笑))
ただ映画としては犯人が捕まってないってのがマイナス点だなぁ・・・。
捕まらないまま終わるのでスキっとしないですよね。
これって州が変わると協力しない(秘密主義みたいな・・・)と言うアメリカの警察の仕組みの悪さのせいですね。
協力しあえば、すぐ捕まえられた事件だと思うね。
だって、結構ミスってるよ・・・この犯人。
だいたい犯人の顔、観た被害者に逃げられるって、どーーーーゆーーーこと???(苦笑)
役者では事件に魅せられて家庭を崩していく新聞記者をジェイク・ギレンホールが上手く演じていました。(^^♪

2007 サモやんの選ぶ今年の10曲

マイミクさんがブログで2007回顧ランキングを書いてたので便乗して僕も・・・。(笑)

昨日、オリコンで2007売上ランキングが発表されたことでもありますし僕も2007の10曲を選んでみます。

選考基準
①今年発売されたシングル、アルバムからとする・・・ホントはシングルだけにしたかったんですけど、それだと10曲いかないんです。^^;
②1アーチスト1曲とする・・・こうしないとBEGINばかりになっちゃうんで(笑)。

♪ミーファイユー BEGIN (S、A「オキナワン フール オーケストラ」)
♪あとからな BEGIN (A「オキナワン フール オーケストラ」)

スミマセン。BEGINはこの2曲、選べません。(笑)
どちらも大好きな曲です。


♪PLANET GOING UNDER GROUND (A「おやすみモンスター」)
やさしいメロディと奥の深い詩にやられました。


♪サクラ色 アンジェラ・アキ (S、A「TODAY」)
春と言えばこの曲かなぁ・・・。
アンジーの中で一番好きな曲です。(^^♪


♪スタートライン~新しい風 馬場俊英 (S「スタートライン4SONGS」、A「青春映画が好きだった」)
今年、新たにアレンジされて発売された名曲。
挫折した経験のある人の心に染みる曲です。
来年の世間一般の代表曲になる可能性ありです。


♪うろこ 秦基博 (S、A「コントラスト」)
今年の僕の中のニューカマーが秦くん。
♪シンクロ、♪風景、なんかもイイんだけど一番好きなのはこの曲です。


♪ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~ 斉藤和義 (A「紅盤」)
久々に超~カッコ良い、せっちゃん節全開!!
♪ウエディング・ソング、と迷ったけどこちらを選びました。


♪ももとせ  100s (S、A「ALL!!!」)
中村一義率いるバンドです。
この曲も詩が良いです。


♪花  中孝介 (S、A「ユライ花」)
森山尚太朗が作曲した曲です。
森山さんと中さん、歌い方もなんか似てますね。
良い曲です!!


♪Jewelry day  絢香 (S)
絢香が珍しくアコースティックに歌い上げるバラードです。好き!!


♪蕾 コブクロ
年末に良く聴く機会があり、最後の最後に逆転ランクインです。
この曲は小渕さんが亡くなったお母さんのことを歌ってるんですね。
良い曲ですね。(^^♪


はっきり言って自分の好みのアーチストの曲が多いです。(笑)
( )内に収録されてるCD名も書いてますので興味があれば聴いてみてください。
S=シングル、A=アルバムです。

ちなみにオリコンランキングは↓です。
しかし・・・シングル、売れなくなりましたね。
ちょっと前なら1週で20万枚売るアーチスト居ましたもんね。
それと自分の好みがいかに時代に合ってないのが分かります。^^;
ジャニーズ、ばっかやん!!(笑)

シングル
*1位…111.5万枚:秋川雅史「千の風になって」
*2位…*64.4万枚:宇多田ヒカル「Flavor Of Life」
*3位…*44.2万枚:コブクロ「蕾」
*4位…*43.0万枚:嵐「Love so sweet」
*5位…*40.4万枚:KAT-TUN「Keep the faith」
*6位…*37.1万枚:KAT-TUN「喜びの歌」
*7位…*35.9万枚:桑田佳祐「明日晴れるかな」
*8位…*35.5万枚:Mr.Children「旅立ちの唄」
*9位…*34.1万枚:関ジャニ∞「関風ファイティング」
10位…*33.4万枚:NEWS「weeeek」
11位…*32.6万枚:絢香×コブクロ「WINDING ROAD」
12位…*32.0万枚:Mr.Children「フェイク」
13位…*31.1万枚:NEWS「星をめざして」
14位…*30.4万枚:Hey!Say!JUMP「Ultra Music Power」
15位…*27.2万枚:嵐「Happiness」
16位…*25.2万枚:BUMP OF CHICKEN「花の名」
17位…*25.1万枚:EXILE「Lovers Again」
18位…*23.5万枚:関ジャニ∞「ズッコケ男道」
19位…*23.2万枚:B'z「SUPER LOVE SONG」
20位…*22.9万枚:宇多田ヒカル「Beautiful World/Kiss & Cry」

最近のお得意ポーズ


ネズミの死骸じゃないですからねぇ~。(笑)


幽霊じゃないですからね。(笑)

最近の小鉄は何かあるとすぐお腹を見せて寝るポーズをします。^^;
そんな小鉄の今の大好物は「芋ケンビ」です。
ドッギフードなんか要らないから芋ケンビくれぇ~って感じです。
今までで一番のお気に入りみたいです。
確かに甘くて美味しいもんね。太りすぎに気を付けてね・・・小鉄くん。(笑)

スタジオパークからこんにちは

昨日の「スタジオパークからこんにちは」は紅白特集ってことで一青窈さんと馬場俊英さんがゲストでした。
帰ってきて録画してたのを観たんですがなかなか面白かったです。
なんかNHKは最近、馬場さんをプッシュしてますよね。
たぶん馬場さんに昨年の秋川さんのような存在になって欲しいのではないでしょうか・・・。
しかし、馬場さんの質問の受け答えは相変わらず、天然系ですよね。
可笑しいこと言ってるわけじゃないんだけど、笑ってしまいます。(^^♪
あと、僕も馬場さんと同じだぁ~っと思ったこと。それは車の運転。
僕も温厚なほうだと思うけど車のハンドルを握ると人格が変わります。^^;
結構「遅せーーーーよ!!」とか「邪魔だよ」とか「下手くそ~」とか運転しながら叫んでます。(笑)
面白い番組だったんですけど1つ残念なのは・・・なんで馬場さんは歌えないの?
♪スタートライン~新しい風、聴けると思ったのになぁ~。


馬場さん出演番組
12/23(日)10:00~11:54 BS2「あなたのアンコール・サンデー」
12/31(月)12:50頃~14:00頃 NHK教育「2007輝く男の生き方」
10/7に放送されたETV特集の再々放送です。
なんとスペシャルバージョンにての再々放送です。
たぶん、紅白出演決定の映像が追加なのかな?


12/31(月)19時20分~21時25分(前半)21時30分~23時45分(後半)
NHK総合「第58回NHK紅白歌合戦」

がんばってます!柏崎!

中越沖地震から5ヶ月の昨日、TVのニュースでこんなことが伝えられていました。

中越沖地震で大きな被害を受けた柏崎市東本町2の「えんま通り商店街」で、倒壊した店舗の跡地にトレーラーハウスが設置され贈呈式が行われました。
このトレーラーハウスは社団法人「北陸建設弘済会」から寄贈され、商店街の復興のシンボルになるらしいです。



(12/6毎日新聞より)
設置を発案したのは商店街で皮革製品店を営む山崎章さん(52)。3年前の中越地震で刈羽村にあった自宅が全壊し、自宅再建の方法を探す中でトレーラーハウスの存在を知った。結局、自宅は商店街の近くに借りることになったが、今回の地震で店舗の倒壊が相次いだ商店街の活性化の方法として、トレーラーハウスの活用を提案した。

購入には1軒500~600万円かかるが、長岡市山古志地区などを支援している北陸建設弘済会が寄贈を申し出た。89年のサンフランシスコ地震で被害を受けた米国の地方都市・サンタクルーズが中心市街地にテントの出店を作って、商店街の復興を果たした事例から、「柏崎市の中心市街地の復興の核に」と支援を決めたという。

今回、寄贈されるのは長野市のメーカーが製造した店舗型のトレーラーハウス(長さ10メートル、幅3・4メートル、高さ4メートル)。14日に長野市からえんま通りに運ばれ、倒壊した呉服店などがあった更地に設置される。

具体的な活用方法は今後、検討していくが、商店街の各店舗が商品を陳列したり、イベントなどの開催場所にすることを計画している。

僕もたまたま用があってその前を車で通ったんですけど丁度、贈呈式をやってるところでした。
結構、報道陣の人もいましたよ。
ちなみに僕の用事の1つは、商店街のくじびきでした。(理髪店で貰ったので折角だからやりに行きました。)
結果は見事に3つとも白玉でハズレ~。前の子供は当たってるのにさぁ・・・。(笑)
やっぱり、くじ運ないわぁ~。


また会社に来た商工会議所ニュースにはこんな記事も載っていました。
がんば716ショップ好調スタート
当初が中越沖地震三ヶ月目の10/16から開設した震災復興支援ネットショップ「がんば716ショップ柏崎」は全国各地からの温かい応援を受け、開設1ヶ月で約260万円の売上実績をあげ、順調なスタートを切りました。
がんば716は47社の商業・サービス業など会社企業の参加でスタートし、11/26現在50社が参加しています。
スタートから1ヶ月のアクセス数はページ閲覧数14万542ページ、訪問者数1万8019人と非常に多い数になっています。
期間中の注文件数は437件、売上は263万8577円となり、40店以上に売上実績をもたらす結果となっています。

うーーん、色んなやり方で頑張っているんですね。(^^♪
ちなみにがんば716は6ヶ月限定だそうです。
興味がある方はHPを覗いてみてくださいね。

がんば716ショップ柏崎HP

第65回ゴールデングローブ賞ノミネート決まる

ハリウッド外国人映画記者協会(Hollywood Foreign Press Assosiation[HFPA])に所属する会員の投票によって選出されるゴールデングローブ賞のノミネートが12月13日(現地時間)に発表された。
アカデミー賞と一致する傾向があるため、アカデミー前哨戦とも呼ばれている。今年のゴールデングローブ賞発表は1月14日(日本時間)だ。

ノミネートされた各作品の中でも特に注目したいのは、やはり『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』。
作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞の4部門にノミネートされている。
ちなみに、『つぐない』、『マイケル・クレイトン』(原題)、『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』も同じく4部門ノミネート。
では、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のどこが注目なのかというと、やはり、ジョニー・デップとティム・バートンというゴールデンコンビによる作品だということ。
また、トニー賞を受賞した名作ミュージカルの映画化とあって、ジョニーが初めて本格的にその歌声を披露しているところも気になる。
(cinemacafe.netより)

主要部門の今年度のノミネートは以下の通り。

【作品賞(ドラマ部門)】
『アメリカン・ギャングスター』
『つぐない』
『Eastern Promises』(原題)
『The Great Debaters』(原題)
『マイケル・クレイトン』(原題)
『ノーカントリー』
『There Will Be Blood』

【作品賞(ミュージカル・コメディ部門)】
『Across the Universe』(原題)
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
『ヘアスプレー』
『Juno』(原題)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

【監督賞】
ティム・バートン 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
イーサン&ジョエル・コーエン 『ノーカントリー』
ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢をみる』
ジョー・ライト 『つぐない』

【主演男優賞(ドラマ部門)】
ジョージ・クルーニー 『マイケル・クレイトン』(原題)
ダニエル・デイ=ルイス 『There Will Be Blood』(原題)
ジェームズ・マカヴォイ 『つぐない』
ヴィゴ・モーテンセン 『Eastern Promises』(原題)
デンゼル・ワシントン 『アメリカン・ギャングスター』

【主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)】
ジョニー・デップ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
ライアン・ゴズリング 『Lars and the Real Girl』(原題)
トム・ハンクス 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
フィリップ・シーモア・ホフマン 『The Savages』(原題)
ジョン・C・ライリー 『Walk Hard: The Dewey Cox Story』(原題)

【主演女優賞(ドラマ部門)】
ケイト・ブランシェット 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
ジュリー・クリスティ 『Away From Her』(原題)
ジョディ・フォスター 『ブレイブ ワン』
アンジェリーナ・ジョリー 『マイティ・ハート/愛と絆』
キーラ・ナイトレイ 『つぐない』

【主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)】
エイミー・アダムス 『魔法にかけられて』
ニッキー・ブロンスキー 『ヘアスプレー』
ヘレナ・ボナム・カーター 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
マリオン・コティヤール 『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』
エレン・ペイジ 『Juno』(原題)

【助演男優賞】
ケイシー・アフレック 『ジェシー・ジェームズの暗殺』
ハビエル・バルデム 『ノーカントリー』
フィリップ・シーモア・ホフマン 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
ジョン・トラヴォルタ 『ヘアスプレー』
トム・ウィルキンソン 『マイケル・クレイトン』(原題)

【助演女優賞】
ケイト・ブランシェット 『I'm Not There』(原題)
ジュリア・ロバーツ 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
セルシャ・ローナン 『つぐない』
エイミー・ライアン 『Gone Babe Gone』(原題)
ティルダ・スウィントン 『マイケル・クレイトン』(原題)


とっ、書いてますけど例年、ミュージカル部門はオスカーでは弱いからどうでしょ?って感じです。
でも、いよいよ賞レースが始まった~って感じですね。(^^♪
今年は俳優部門にビッグネームが多そうなので楽しみです。

すっきり!!

昨日、理髪店に行ってきました。
ずっと行きたかったんだけど遠征とかあって行けずにいました。
僕が理髪店に行きたくなるのは、うっとーーしく感じた時。
前髪がデコに掛かってうっとーーしくなったり、もみ上げが耳に掛かってうっとーーしくなってり・・・
昨日まで感じなかったのにイキナリうっとーーしくなるから不思議です。
1回うっとーーしく感じると、もう我慢が出来ないのです。
で、行くとその反動から超~短くします。
大体、うっとーーしくなるサイクルは3ヶ月。
これで3月までは大丈夫だね。(^^♪

ちなみに中々変えられないもの。それは理髪店。
今、行ってる理髪店、最近出来たカット1500円とか2000円って言うところに比べると少々高いです。
でも変える気はないんです。
だって、こうしてくれ、ああしてくれ・・・って言うのが面倒だもん。
(自分の気に入らないカットされる可能性もあるでしょ・・・)
「いつものとおりにお願いします」の一言で後は寝てれば、いつもと同じようにカットしてくれますからね。楽です。(^^♪

さてーーっと髪の毛もすっきりしたし・・・次は部屋をすっきりさせたいです。(笑)

「サインの達人」

サインの達人」にJ・デップさん=B・ウィリスさんは最悪部門に-米誌

 【ニューヨーク14日時事】
サイン愛好家向け雑誌「オートグラフ・マガジン」(電子版)は14日までに、ファンにサインする際に態度が丁寧なハリウッド・スター10傑を発表、ジョニー・デップさんが3年連続で1位に輝いた。
 同誌はデップさんについて、「穏やかで気さくながら、サインをしつつファンに話し掛けて親しくなろうとする」と評価。
2位はマット・デイモンさん、3位はジョージ・クルーニーさんだった。
 同誌はまた、態度の悪いスター10人も公表。
人気コメディアンのウィル・フェレルさんがワースト・ワンに選ばれ、女優のレニー・ゼルウィガーさんが5位、ブルース・ウィリスさんも8位に「ランクイン」した。
 (時事通信より)

ハハハ。なんとなく分かる気がしますね。(笑)
ジョニー、見かけたらサイン貰いに行こう~っと。←居ない、居ない。(笑)

【ライブ】12/13 南ぬ風人 まーちゃんバンド@松波コミュニティ



昨日、なんと自分の町内のコミュニティで無料ライブがあったので喜んで行ってきましたよぉ~。
今回、オラが町で(笑)ライブをしてくれたのは西表島出身の、まーちゃん率いる、まーちゃんバンドです。
唄、踊り、音楽で、日本をもっと元気にし、世界を平和へと変えようと言う「風人の祭2007」の1つとして行われました。
3月には三条、長岡、小千谷、十日町でもライブをしたそうです。
柏崎はいつも高速道路で通過していた場所だと言ってました。(笑)

セットリスト
風よ吹け
ティンサグの花(沖縄民謡)
あしびなぁ(沖縄民謡)
島唄(ブームのカバー)
安里屋ゆんた(沖縄民謡)
?(沖縄民謡)
?(沖縄民謡)
あの月のように
大地に帰ろう
パパイヤ
小さな花の種
夢咲きほこれ



まーちゃん、見た目は平井堅が宮沢和史の声で歌ってるって感じでした。(笑)
ライブはオリジナルと沖縄民謡をチャンプルーしてました。
前半の沖縄民謡コーナーではエイサーダンサーが出てきて踊りました。
(新潟支部の人が2人居ましたよ。)
でね、オリジナルがねぇ・・・なかなかイイんです。
特に1曲目の♪風よ吹け、が良い曲です。
あとあと、♪パパイヤ。
懐かしかったなぁ~。この曲、ぽーぽーずが若夏ライブで良くやっていた曲なんです。
今回は結構なお客さんがパパイヤ・ダンスを踊っていました。
中にはステージの上に上がってノリノリで踊っているオバちゃんも居ました。^^;
あっ、でもカチャーシ・コーナーはなかったなぁ・・・。
アンコールはありませんでした。
「アンコール」コールは出たんだけど・・・まーちゃん、「今、やっちゃいました」って言ってました。
そう、♪夢咲きほこれ、がアンコール曲だったようです。
きっと柏崎の人が「アンコール」言うと思わなかったんでしょうね。(笑)
MCも自分の信念とか語ってたし、なかなか良いライブでした。
隣のオジーは「素晴らしい」って声を掛けてましたもん。
沖縄らしく「ハイサイ!!」で始まり「ミーファイユー」で終わった素晴らしいライブでした。(^^♪

まーちゃんのHP

Song to Soul~永遠の一曲~

【番組概要】
音楽好きな人なら、誰にでもある「好みのジャンル」、「好みのアーティスト」。
そして…永遠の一曲。どんな音楽、楽曲にも必ず「はじまり」があります。それらはある時、この世界のどこかで生まれました。やがて音楽は育ち、あるものは洗練され、あるものは形を変え、時空の旅を経て、ようやくその人の元に辿り着いたのです。
この番組は、多くの人々の心に響き続けるソング(名曲)のルーツを辿りながら音楽を生み出したソウル(魂)と音楽に魅せられたソウル(魂)をつないでいく、新しいジャンルの音楽番組です。

#1 「青い影」 プロコル・ハルム (12月06日放送)
ブリティッシュ・ロック 
ミュージシャンたちにも愛され続ける永遠の名曲 
ルーツの地 《イギリス・エセックス州》
ロケ地:イギリス・エセックス州

今回取り上げる一曲はイギリスのロックバンド、プロコル・ハルムの「青い影」。ハモンドオルガンの響き、R&B的要素とクラシック的要素を融合させた独特の音作りで、70年代プログレッシブ・ロックの先駆をなした名曲。番組では30年の時を経て「青い影」を独自にカバーしたアンジェラ・アキ、同時代にこの曲に出会った かまやつひろしにインタビュー、色あせない名曲の魅力をひも解く。


6日(21時~22時)からBS-iで始まった音楽新番組です。
第1回目はプロコル・ハルムの♪青い影、でした。
好きな曲なので録画して観ました。
いや~驚いた~アンジェラ・アキが出てました。(ラッキー♪)
♪青い影。バッハの曲を基にしてるのは有名だけど、この曲に2バージョンがあったと言うのは初めて知りました。
番組の最後に色んな映像を集めて本日取り上げた曲を流すんだけど、なんかPV変わりになってイイなぁ~って思いました。
次はどの名曲を取り上げてくれるんだろう・・・
なんか楽しみです。
ちなみに今日13日は青い影の再放送です。
興味のある方は観てくださいね。

小さなアイドルのお出迎え

今日の4時半に無事、東京から帰ってきました。
今日は休むことなく(休めないって・・・(笑))朝から仕事してます。
(事務仕事で助かりました。現場なら眠くて危ないです。(笑))

で、早朝、帰ってくると小さなアイドルの熱烈なお出迎えがありました。(^^♪
自分の部屋にそっと上がって行ったんですけど妹の部屋からワンワンと言う鳴き声とガリガリとドアをかく音がしてきました。
そっとドアを開けると思い切りシッポを振った小鉄が出てきて僕に抱きつき僕の顔を舐めまわしました。
その後、僕の部屋に入り、僕の布団の中に入って行きました。
妹には悪いと思ったけどそのまま朝まで小鉄と寝ました。
いや~嬉しいっすね。(^^♪
実は遠征2日目はペットショップを3軒くらい見に行ってめちゃくちゃ小鉄の事が恋しかったんです。(ジャック・ラッセル・テリアの子犬が可愛かった~。(^^♪)
小鉄も同じだったのかな?っと思うと嬉しかったです。
僕のお腹の辺りで丸くなって寝てる小鉄を見て思いました・・・もう2日間も家を空ける遠征はツライなぁ~っと。(笑)

【ライブ】12/11 秦基博@SIBUYA AX



秦基博くんのライブを観てきました。
連チャンで~す。(笑)

セットリスト(mxsiのコミュより拝借)
バンドで
1 色彩
2 トレモロ降る夜
3 シンクロ
4 dot
5 季節が笑う
6 君とはもう出会えない
7 Lily

弾き語りコーナー
8 僕らをつなぐもの
9 青

後半戦再びバンドで
10 青い蝶
11 赤が沈む
12 つたえたいコトバ
13 トブタメニ
14 鱗
15 風景

-EN-
16 ミルクティー (弾き語り)
17 やわらかな午後に遅い朝食を

-EN2-
18 夜をぶっ飛ばせ

秦くんは今年、ずっと注目してきたアーチストです。
ライブは夏にも行くチャンスがあったんですけどデビューアルバムを引き下げての年末ツアーのファイナルにようやく行くことが出来ました。
感想。
とにかく歌唱力が半端じゃなくスゴイです。
声量、歌唱力、音域の広さ、どれをとってもスゴイと思いました。
こんな歌い方して喉、大丈夫なの?って思ってしまいます。
ライブはバンドあり、弾き語りありで良かったです。
個人的には全曲、弾き語りで聴いてみたいです。
MCは・・・・・。(笑)
秦くん、かなりシャイですね。
ほとんど喋りませんでした。でも喋り下手な人が無理して喋るよりは良かったです。(笑)
MCなしで歌うから進みが早いこと、早いこと・・・。(笑)
しかも1stアルバムのツアーだから本編でオリジナル曲は全て出し尽くしてしまいました。
アンコールは全てカバー曲でした。(シングルのカップリングに入ってるけどね。)
曲的には♪シンクロ、♪僕らをつなぐもの、♪鱗、♪風景、が歌い始めの拍手が多かったです。
僕もこの4曲が好きなんで感覚的には同じですね。(^^♪
あとはアンコールでやったUAのカバー♪ミルクティー、の弾き語りが良かったです。
CD聴いてなかったけど聴いてみよーーっと。

ただ1つ苦言を・・・アンコール、2回に分ける意味が分からないんですけど・・・。
照明もアナウンスも入らないし、最初から3曲やる設定なんでしょ・・・。
最近2回に分けてアンコールするアーチストが多いんだけど僕には意味が分からないです。
2回あって満足するお客さんもどうなの?って思いますけどね。
(辛口になってスミマセン。気分を害された人が居たら謝ります。)
それ以外は文句なく素晴らしいライブでしたよ。

SIBUYA AXはスタンディングで観る会場でした。
ちょっと傾斜はあるけど後ろだと観づらいと思います。
僕は整理番号がなんと1206番(遅っ)だったので後ろのほうで観ました。
そんな後ろなのにセンターをキープする僕。(笑)
でもマイミクさんの予言とおり客層の8割は女性だったので障害物なく観れることが出来ました。
ただ、スタンディングはめちゃキツかったです。
最近、特に腰の状態が良くないので尚更でした。
待ち時間は立ってるのが辛くてしゃがみこんでしまいましたもん。
もう、スタンディングは撤退しよ~かなぁ・・・・。ぼそっ。

帰りに来場客全員にポカリスウェットが配られました。(^^♪
あっ、まだ飲んでないや・・・。(笑)

【ライブ】12/10 BEGIN@BYG




セットリスト
-1st-
ここから未来へ
迷路の出口
定価ブルーズ
およげたいやきくん
島人ぬ宝(一五一会ver.)


ミーファイユー
 この曲はアコースティックverが良いですね。
 CDにはないサビのコーラスがとても綺麗です。(^^♪

-2nd-
BLUE SNOW
 昨年もやりましたね。この季節定番曲ですね。(^^♪

九十九転び百起き
 正直♪青のまま、が聴きたかったけど聴いててライブハウスに合う曲だなぁ~って思いました。
 春のホールライブよりも良かったです。

マリーナ
 等さんの"強い"希望によりアコーディオンのソロパートが長くなりました。(笑)

がんばれ節

ボトル二本とチョコレート(feat.BBBBイギーさん(サックス))
I Shall Be Released(feat.BBBBイギーさん(フルート))
 
 ブラック・ブラス・ボトム・バンドのイギーさんが参加しました。

潮時

1年2ヶ月ぶりのBEGINのBYGライブに行ってきました。
長い待ち時間を経て栄昇さんの近くでかぶりつきで観ることが出来ました。
リハを聴いて正直、またこの曲・・・って感じもあったんですけど(わがままでゴメンナサイ)、BYGでやるとホールとは違った感じで(生音に近い感じがします。)良かったです。
あとは僕の大好きな♪I Shall Be Released、が聴けたのでそれだけで幸せでした。(超~感激)
この曲を歌う栄昇さん、ホントにカッコ良いです。(^^♪
BEGINバージョン、ボブ・ディランよりも良いと思いません?←暴言?(笑)

やっぱりBYGの雰囲気は素敵ですね。
僕が初めてBEGINのライブを観たのもBYG・・・BEGINのライブはBYGが最高だと思います。
栄昇さんもMCで「酒が入らないと怖くて出来ないのはBYGだけだ」と言ってましたしBEGINにとって特別な所ですね。
BEGINが帰ってくる音楽の家ですもんね・・・是非また帰ってきて欲しいです。
次はいつ観れるか分からないけど是非、また観に来たいと思いました。


【ライブ】12/8 森圭一郎@柏崎市民プラザ



柏崎のコミュニティFM(FMピッカラ)の番組でお馴染み(僕は聞いてませんけど。(笑))の森圭一郎さんの「柏崎応援ライブ」に行ってきました。
僕がこのライブを知ったのも、このFMピッカラ。
たまたま聞いてたらイベント告知があり♪柏崎、って曲が流れたんです。
良い曲だし良い声だなぁ~って思い行くことにしました。

会場は柏崎市民プラザの波のホール。
入った瞬間に米原を思い出しました。
だって折りたたみ式の座席セットに前のほうは普通のイスを置く感じだったんですもん。(笑)
定員280人の小さいホールでした。
僕は当然一番前のセンターをゲット。(やっぱりライブは1列目でしょう~。(笑))

ライブは予定とおり19時スタート。
森圭一郎さんが車椅子に乗って登場しました。
そう、森さんは車椅子のシンガーソングライターなのです。
ライブは途中、ゲスト女性ボーカルやアコギ、パーカッションのサポートもありましたが基本的にアコギの弾き語りで行われました。
セットリストは・・・う~ん、ゴメンナサイ・・・曲名が分からないです。
でもアンコールでやった♪君の為に作った唄(ピアノの弾き語り)、♪いのちの灯り、♪宝物、は良かったです。
あと聴きたかった♪柏崎、もやってくれました。
この人、バラードのほうがイイと僕は思います。
テンポの良い曲は、うーーーん???って感じです。

ライブの途中に森さんがライブをして回って集めたのと、四日市のガリバーと言うライブハウスのママさんからのチャリティ金が義捐金として柏崎副市長さんへの贈呈式がありました。
柏崎市民としては「ホントにありがとうございます。」って思いました。
無料ライブなのに2時間近くのライブでした。
森さん、また機会があればライブに足を運んでみたいと思いました。

森圭一郎さんHP
こちらで曲の視聴が出来ます。


13日は僕の町内のコミュニティに沖縄の唄者が来てライブをしてくれるようです。
また聴きに行こうと思いま~す。(^^♪


追記告知
先日やっと11/14のCaravanライブのレポを書き終えました。
良かったらこちらも見てみてくださ~い。
Caravanライブレポ

ワールド・ロック・ライブ アーカイブス・スペシャル

年末12/25~27までBShiで「ワールド・ロック・ライブ アーカイブス・スペシャル」と題して過去に放送したライブが3本放送されます。
これまでにNHKがハイビジョン収録した海外一流アーティストの日本公演の映像の中から、特に日本での人気の高いアーティスト3組のライブを3夜連続で放送する。


エリック・クラプトン ライブ イン ジャパン 12月25日(火) 午後11:30~午前1:30
イギリス出身のギタリストでブルース&ロックミュージシャン。
「ギターの神様」と呼ばれ、現在も多くのギタリストに影響を与え続けている。
ソロ・ミュージシャンとしても「アイ・ショット・ザ・シェリフ」や「レイラ」「ティアーズ・イン・ヘヴン」「チェンジ・ザ・ワールド」などのヒットを世に送り出し、グラミー賞も数多く受賞している。大の日本好きでも知られるクラプトンの、2001年12月4日日本武道館でのコンサートを紹介する。(120分)


エルトン・ジョン ライブ イン ジャパン 12月26日(水) 午後11:30~午前1:30
1969年にデビューしたエルトン・ジョン。
1970年の「僕の歌は君の歌」のヒット以降コンスタントに活動を続け、1997年には自動車事故で亡くなったダイアナ元皇太子妃への追悼歌「キャンドル・イン・ザ・ウィンド 1997」が全世界で3700万枚以上のセールスを記録。
シングルとしては史上最も多くの枚数を売り上げるなど、現在までに総計2億5千万枚以上のレコードセールスを記録している。
世界で最も成功した男性ソロ・アーティストの一人、エルトン・ジョンが、2001年11月13日日本武道館で行ったコンサートを紹介する。(120分)


ホール&オーツ ライブ イン ジャパン 12月27日(木) 午後11:30~午前1:25
アメリカのポップス・デュオ、ダリル・ホール&ジョン・オーツ。
1980年代前半に大ブレイクし、No1ヒットを連発。R&Bやソウルのテイストを取り入れたポップスで人気を得て、“ブルー・アイド・ソウル”と呼ばれるジャンルを確立した。
1991年に解散したが、95年に再結成を果たし、現在も精力的に活動を続けている。
2002年4月20日東京国際フォーラムで収録された、「プライベート・アイズ」や「マンイーター」「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」など懐かしのヒット曲満載のステージをお届けする。(111分)


わーーーい、嬉しいなぁ~。
3組とも大好きなアーチストです。
これは録画して保存版ですね。(^^♪

K-1 GP2008決勝戦

明日は年に1度のK-1 GP決勝戦があります。
K-1、もう特に好きじゃないんですけどネタもないので優勝者予想しちゃいます。(笑)

対戦組み合わせは・・・
ジェロム・レ・バンナ×チェ・ホンマン

セーム・シュルト×グラウベ・フェイトーザ

バダ・ハリ×レミー・ボンヤスキー

ピーター・アーツ×澤屋敷 純一

です。
僕の予想だと準決勝は・・・
チェ・ホンマン×セーム・シュルト
レミー・ボンヤスキー×ピーター・アーツ

決勝はセーム・シュルト×ピーター・アーツで優勝はセーム・シュルトかなぁ・・・。
あれ?これって昨年と同じ決勝戦やん。(笑)
てか・・・セーム・シュルトはガチガチの本命でしょ。
間違いなく圧倒的な強さで3連覇すると思います。
シュルトに勝てるのはホンマンくらいかなぁ・・・。
さて、どうなるでしょう~。

フジ721では17時から生中継があります。
ちょっと用事があって生で観れないので21時からの地上波で観ま~す。←熱が低いねぇ~。(笑)

タイムリミットは30分


(散歩中です。見えないって!!(笑))

秋になり10月くらいからかなぁ・・・。
仕事から毎日帰ってくると小鉄との散歩が日課になっていました。
家の周りを小鉄の行きたいようにただ歩くだけなんですけどね。
1時間近く・・・同じところを飽きもせずに何回も歩くんです。(笑)
でも最近、寒くて人間の僕が30分が限界になってきました。
30分すると手が悴んできちゃいます。(ーー;)
散歩終わってリードをハズすのにも一苦労です。
小鉄には物足りないだろうけど・・・この辺が限界です。(笑)
これからもっと寒くなると夕方の散歩はなしだなぁ~。
ごめんね。小鉄。

散歩中、小鉄は良く吼えます。
人を見ると必ず吼えます。
きっと、あそこの犬は良く吼えるって近所の噂になってるかもね。(笑)
でね、小鉄、吼える声が綺麗なんです。
ほら、映画「ベンジー」のベンジーって吼える声がしゃがれ声で汚いじゃないですか・・・。(笑)
綺麗な声で良かったよぉ~って思います。(^^♪
もしかして犬種によって吼える声が違ってくるんですかね?どうなんでしょ?


ちなみにこの下書きは11月下旬に書きました。
今は寒くて散歩なんて出来ません。
でも折角書いたのにボツにするのは勿体無いので小鉄の最新画像を追加してUPすることにしました。




(僕の部屋で迎えた朝です。(^^♪)


(激しい!!痛い!!(ーー;))


(お手!!完全にオヤツをもらえる時しかしなくなりました。しっかりしてます。(笑))

紅白出場歌手決定

昨日、紅白出場歌手が発表されました。
一応、大晦日恒例の番組なので書いておきますね。
個人的には紅組=アンジェラ・アキ、白組=馬場俊英さんが楽しみで~す。
たぶん観ると思います・・・たぶんですけどね。(笑)

●紅組

・aiko(6)
・あみん(2)
・絢香(2)
・アンジェラ・アキ(2)
・石川さゆり(30)
・AKB48(初)
・大塚愛(4)
・川中美幸(20)
・香西かおり(15)
・倖田來未(3)
・伍代夏子(14)
・小林幸子(29)
・坂本冬美(19)
・天童よしみ(12)
・DREAMS COME TRUE(12)
・中川翔子(初)
・中島美嘉(6)
・中村中(初)
・中村美律子(12)
・長山洋子(14)
・浜崎あゆみ(9)
・ハロー!プロジェクト10周年記念紅白スペシャル隊
 モーニング娘。(10)
 Berryz工房(初)
 ℃-ute(初)
・一青窈(4)
・平原綾香(4)
・BoA(6)
・水森かおり(5)
・mihimaru GT(2)
・リア・ディゾン(初)
・和田アキ子(31)


●白組

・秋川雅史(2)
・五木ひろし(37)
・w-inds.(6)
・EXILE(3)
・Gackt(5)
・北島三郎(44)
・北山たけし(3)
・コブクロ(3)
・米米CLUB(5)
・さだまさし(19)
・スキマスイッチ(3)
・すぎもとまさと(初)
・SMAP(15)
・寺尾聰(2)
・TOKIO(14)
・徳永英明(2)
・鳥羽一郎(20)
・馬場俊英(初)
・氷川きよし(8)
・平井堅(5)
・布施明(23)
・ポルノグラフィティ(6)
・前川清(17)
・槇原敬之(2)
・美川憲一(24)
・森進一(40)
・WaT(3)

イカ天復活

89年2月から90年12月までTBSで放送され、“イカ天”の愛称で若者に絶大な人気を誇った「平成名物テレビ いかすバンド天国」が、17年ぶりに一夜限りで復活する。30日午後9時から約2時間半の特番として放送。司会を務めていた三宅裕司(56)、相原勇(40)ら懐かしい顔ぶれがそろい、VTRを見ながら当時の熱気を振り返る。

 社会現象にまでなった“イカ天”は、バンドブームの終えんとともに終了したが、現在でも雑誌でたびたび特集が組まれ、インターネット上の書き込みも後を絶たない。根強い人気を感じた制作サイドが、番組終了後初めての“復活”を決めた。

 特番は「あの伝説の番組再び!“イカ天2007復活祭”名物バンド激レア映像 今夜限りの大放出スペシャル」と題し、VTRを見ながら当時を振り返る。話題になったバンドは網羅され、100組前後が取り上げられる予定。制作サイドは「素人だけに一発にかける勢いがすごい。その熱やうねりを時系列で追い、約2年間を凝縮したカタログ的な番組にしたい」と話している。

 “イカ天”は毎週土曜深夜0時半から同3時まで生放送された音楽番組。毎回、10組のアマチュアバンドが登場し、前回のチャンピオンに勝つと「イカ天キング」、5週連続で勝ち抜くと「グランドイカ天キング」になる。メジャーデビューしたバンドもおり、若者に圧倒的な支持を得た。

 89年「新語・流行語大賞」の「流行語部門・大衆賞」受賞。90年1月1日には日本武道館でレコード大賞のセットを使用し「輝く!日本イカ天大賞」を開催。アマチュアバンドが武道館を征服したと話題になるなど、数々の伝説を生み出した。

 「復活祭」には、番組がきっかけでメジャーデビューした「BEGIN」や「たま」の石川浩司(46)、「FLYING KIDS」の浜崎貴司(42)らも登場予定。来年には、当時、番組で演奏された数曲を収録したCDの発売も検討されており、制作サイドは「視聴者の反応次第では何らかの次の企画を考えたい」と第2、第3の復活祭を示唆。特番を機に再びイカ天ブームが起こりそうだ。
(スポーツニッポンより)


BEGINも出るのね。
おーーー、楽しみぃ。(^^♪

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード