FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

はるまついぶき Bank Band

朝、起きてスカパーで録画しておいたap Bank fes2007を観ていました。
このイベント、台風直撃で3日間開催のハズが最終日1日だけになっちゃったんですよね。
でもKREVA、絢香、コブクロなど出演していて、とっても良いfesでした。

で、最後にBank Bandの新曲♪はるまついぶき、の誕生秘話と共に曲が流れました。
この曲はap Bank fes2007が丁度開催されている時に起こった中越沖地震に影響を受けて出来た曲だそうです。
作曲の小林武史さんは実際に柏崎を訪ねてfesで余ったレトルトのカレーを援助したそうです。
(映像で自分の会社近くが映りました。)
そんな誕生秘話を観たあとで聴いたのもあり、久々に曲を聴いて涙してしまいました。
Bank BandのHPでも誕生秘話が書かれています。
良かったら見てみてください。
http://www.apbank-ecoreso.jp/07/harumatsuibuki/index.html

音楽プロデューサー的に言うと当初は、いくらなんでも「はるまついぶき」を9月に配信するのは早過ぎるかなという懸念もあったけれど、次第に僕の中ではっきりとした絵が浮かんで来ていた。
それはやはり柏崎で見た光景だった。
たくさんの家が崩壊し、至るところで道路が損壊していた光景や、人々の姿を思い出した時にあの場所や、あそこで被害に遭われた人の視点からすれば本当に春を待つ気持ちを感じた。
加えて言わせてもらえるならば、ap bankにとっても、今回中止になったために見れなかった人たちの気持ちやフェスでの損害を思うと、それもまさに「はるをまつ」気持ちだった。
なんだかこの時期に、このタイトルで出すことこそがふさわしいように思えた。
(小林武史さんメッセージより抜粋)


雪に覆われた春を待つ息吹のように、再生を待っている人たち、
また、その人たちを遠くから想っている人たちに、
この歌が届いていくことを願ってます。
(ミスチル櫻井さんメッセージより抜粋)



この曲はネット配信だけのリリースだそうで、一部収益は中越沖地震の義捐金になるそうです。
僕も早速iTunesでダウンロード購入しました。
とっても良い曲なので多くの方に聴いてほしいです。


2007年9月1日(土)より下記の各サイトにて配信
ap bankオフィシャルモバイルサイトでも配信情報を確認できます。

着うた(R)配信 ケータイサイト一覧
avexうた♪ミュゥモ/ dwango.jp(うた)/ music.jp超高音質/ うた@トイズファクトリー/ 着信★うた♪/ ポケうたJOYSOUND/ レコード会社直営サウンド

着うたフル(R)配信 ケータイサイト一覧
avexうたフル♪ミュゥモ/ dwango.jp(フル)/ music.jpフル/ うた@トイズファクトリー フル/ 着信★うた♪フル/ うたフルJOYSOUND/ レコード会社直営♪フル

PC配信サイト
iTunes



スポンサーサイト



マイティ・モーモー


小鉄の新しい遊び相手の、ぬいぐるみのマイティ・モーモー(K-1のマイティ・モーから拝借(笑))くんです。

ここで突然ですが・・・
本日のメイン・イベント。小鉄対マイティ・モーモーの15分1本勝負です。(笑)
赤コーナー、4.8キロ、小鉄~。
青コーナー、サモアのホルスタイン、マイティ・モーモー。


おーーーっと!!小鉄の必殺・噛み付き攻撃炸裂だぁ~。
敢え無くマイティ・モーモー、ギブ・アップ。
小鉄のTKO勝ちです。(笑)


試合後は仲良く寝んねです。(^^♪

さて、我が家では小鉄の勝ちだったけど本物のK-1では9/29の韓国ソウルでのGP開幕戦にマイティ・モーが出ます。
相手は韓国の超デカ男、チェ・ホンマンです。
前回はモーがKO勝ちしてるけど今回はどうかなぁ???


【オマケ】

もはやテーブルの上に上がるのは日常茶飯事になりました。
この画像を見て妹の会社の人は「甘やかせてるね」と言ったそうです。
確かに・・・
確かに小鉄は過保護だよなぁ~。特に僕は甘いそうです。(笑)


尻尾の毛がフサフサして立派になりました。
モップ代わりに掃除出来そうです。(笑)



関西遠征 観光編 9/23

9/21~23に行ってきた関西遠征の観光編です。(^^♪

【9/23】
この日は泊めて頂いたマイミクさんから岸和田を案内して頂きました。

岸和田城
建武元年(1334)楠正成の一族和田氏が、当時「岸」と呼ばれていたこの地に城を築き、根拠地としたことから「岸の和田氏」と呼ばれ、「岸和田」の地名の起こりになったといわれています。
その後、信濃氏、細川氏、三好氏、松浦氏、中村氏、小出氏、松平氏とかわり、寛永17年(1640)岡部宣勝が入城、以来13代続き明治を迎えました。
 大正11年11月1日、大阪市、堺市に次いで府下で3番目に市制を施行し、今日に至っています。

今回もライブ&キャッスル観光が出来ました。(笑)

(岸和田城)
お城の中は改装されていて完全に資料館になっていました。
海も近いとあって天守閣から見た景色は綺麗でした。


(天守閣から見た八陣の庭)
庭は三段に構えて、各段は6寸(約20センチメートル)の高さとして、古城の縄張りを美術的に造形して組み合わせたものである。
庭園様式は遠く室町・桃山の手法に現代感覚をアレンジしたもので、立体的に盛り上げて巧みに線と稜を生かしている。
石組みは大将軍を中心として周りに天・地・風・雲・鳥・蛇・龍・虎の各陣を配して、一分のスキもなく象徴的に布石している。砂紋を描いた白砂をもって石組みを囲み、海中の蓬莱山を立体的に表現している。


だんじり会館
岸和田と言えば、だんじり祭り。
ここはその、だんじり祭のテーマ館。
祭りの迫力を再現するマルチビジョンや、町家の間を駆け抜ける3D映像が楽しめるほか、現存する岸和田最古のだんじりを展示する。
だんじりの大屋根に乗る体験もできる。


(五軒屋町旧だんじり)
僕、「だんじり」って男が尻を出しながら神輿を担ぐからだと思ってました。(笑)
「だんじり」とは車の付いた神輿のことなんですね。恥ずかしい。^^;
だんじり祭りを3Dメガネを掛けて擬似体験出来る映画も観たけど迫力ありますね。
機会があれば1度本物の、だんじり祭りを観てみたいものです。


中にはこんな部屋もありました。
まるで♪三線の花、のジャケ写の部屋みたいですね。(笑)


てな感じで岸和田観光を満喫して、難波に移動しレストラン沖縄で昼食を食べて15時42分のサンダーバードで大阪をあとにしました。
今回の関西遠征、かなり充実して楽しかったです。(^^♪



関西遠征 観光編 9/22

9/21~23に行ってきた関西遠征の観光編です。(^^♪

【9/22】
大きな輪でライブを観て、その後カラオケに行き一睡もせずに朝を迎える。(笑)
マイミクさんと待ち合わせるまでどうするか考える。
梅田の、まんが喫茶で仮眠してシャワーを浴びようと考え、駅に向かうがホームで気が変わり急遽、再び奈良へ。(笑)
前日、奈良から難波へ向かう途中に「法隆寺」って言う駅があったことを思い出したんです。
これってどうみても柿食えば・・・・の法隆寺だよね。
奈良に来たんだから法隆寺も観とかなきゃってことで行くことにしました。
松本に続き、早朝観光どぇーーーす。(笑)
しかし法隆寺駅から法隆寺がこんなに遠いとは思わなかったです。
早朝でバスもないし、そんなに時間もないので走りましたよ。

法隆寺
法隆寺 は、奈良県生駒郡斑鳩町にある、聖徳宗の総本山。別名:斑鳩寺(いかるがでら)。
聖徳太子こと厩戸王ゆかりの寺院であり、創建は同じく聖徳太子ゆかりの寺院である大阪の四天王寺より約20年後の607年とされるが、確証はない。
金堂、五重塔などがある西院と、夢殿などのある東院に分かれる。
西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。
法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。


(やっと着いた法隆寺)




さてさて時間もないし中に入るか迷ったんだけど折角来たんだから中に入ることに・・・。
しかし~法隆寺って観る場所が多い!!しかも結構、離れてる!!
とっ言うわけで走る走る、法隆寺内を走る!!(笑)


(五重塔)


(夢殿)

帰りの電車の時間を検索すると10分しかない・・・。ってことで帰りも駅まで、もちろん走り。
しかも行きみたいに休み休みじゃなく走った!!
なんとか電車時間に間に合うも既に汗だく状態。
ここで一句。「夏季来れば汗が出るなり法隆寺、特に走るとね。」字あまり。(笑)


木曽路
大阪に着き、まんが喫茶でシャワーを浴びマイミクさんと合流。
お昼は僕のお気に入りの「木曽路」へ。
ここは食べ放題のバイキング式のお店なのです。
しかも値段が男500円、女400円ととってもリーズナブルなのです。
今回も、おから、ひじき、肉じゃが、肉だんご、野菜炒め、コロッケ、てんぷら、そーめん、卵焼き、焼きそーめん・・・っと色んな物をお腹一杯になるまで食べました。大満足です。(^^♪
美味しいし安いし僕のオススメなので皆さんも是非、行ってみてください。




カラオケ・オフ会
ご飯も食べ、ライブ会場の岸和田に移動しました。
ここでライブまで3時間、カラオケをしました。←またかい!!(笑)
BEGIN好きの集まりとあって歌ったのは9割、BEGINの曲でしたね。
ライブ未参戦のマイミクさんが居て、ライブのセットリストを悟られないように歌ったのが面白かったです。(笑)
しかし、僕は法隆寺を走りまくったつけが出てしまいました。
なんと歌ってる最中に足が吊ってしまいました。(苦笑)


ライブ後の打ち上げ
BEGINのライブ後はマイミクさんたち総勢21人で盛大に打ち上げをしました。
料理も美味しかったし、とっても楽しかったです。
で、マイミクさんが持ってきた「の まんじゅう」がサプライズで大好評でした。(^^♪
普段は「の」と言う文字しか書いてくれないのに、この打ち上げの為にお願いして写真のような文字を書いてもらってきたのです。
ホントに驚きました。
僕は自分の名前の1字でもある「田」を頂きました。
夜中に食べましたけど、大きいけどそんなに甘くなく美味しく食べれました。
マイミクさんに感謝!!




LIKE A 合宿
この日はマイミクさんのお宅にマイミクさん3人(ややこしい。(笑))で泊めて頂きました。
なんか合宿みたいで楽しかったです。
ホントは夜中にBEGIN話で、ゆんたくしたいなぁ~っと思ってたのに・・・連日の寝不足でシャワーを浴びて横になったら即・爆睡してしまいました。(笑)
ちゃんと寝ておくんでした。
でも、翌朝、少しだけど起きて、ゆんたく出来たので良かったです。
泊めて頂いたマイミクさん、ありがとうございました。m(__)m
ホントに爆睡だったので、スゴイいびきかいてたんじゃないかと・・・それが心配です。(笑)

関西遠征 観光編 9/21

9/21~23に行ってきた関西遠征の観光編です。(^^♪

【9/21】
夜の仕事であった為、前日1時間しか寝ずに9時11分に柏崎を出発。(笑)
14時37分に大阪着。マイミクさんと合流してライブのある奈良へ移動しました。
奈良は中学の時に修学旅行で来て以来でした。

奈良と言えば大仏ってことで僕のリクエストでバスに乗って東大寺へ観光。

東大寺
728年、聖武天皇が皇太子供養のため建立した金鐘寺が東大寺の始まり。華厳宗大本山。741年に聖武天皇が護国信仰に基づいて国分寺の建立を命じられた際、金鐘寺を大和国分寺として金光明寺と称した。
743年になり聖武天皇が大仏造顕の詔を公布、745年に金光明寺にて造営が開始された際、東大寺となった。
大仏は752年に開眼供養が行なわれたが、大仏殿や講堂などの伽藍が完成したのは789年になる。
その後1180年に平重衝によって、1567年には松永久秀によって伽藍が焼失。現在の伽藍は1709年に再建されたものである。

(東大寺大仏殿)


(大仏(国宝、盧舎那仏))


(奈良と言えば鹿。人を全く怖がらないんですよね。)



会場に向かいながら帰りは興福寺の五重塔を観に行きました。
その道中に別のマイミクさんと偶然会いました。
やっぱり奈良って言うと皆さん、大仏なんですね。(^^♪

興福寺の五重塔
五重塔(国宝)は天平2年(730年)、光明皇后の発願で創建された。現存の塔は応永33年(1426年)頃の再建である。高さ50.8メートルで、木造塔としては東寺五重塔に次ぎ、日本で2番目に高い。

(五重塔 もう少し早く明るい時間に見たかったで~す。)

【ライブ】9/21 ヘンリー松山@大きな輪



21日は奈良でのBEGINのライブ後、大好きな大阪のお店「大きな輪」に遊びに行きました。
ちょうどヘンリー松山さんのライブの日でライブを観ることが出来ました。
ライブはなんとノーマイクのアンプラグド形式でした。
ブルースハープの方とルーシー?さんと言う女性ボーカリストがサポートで加わる3人編成でした。
アンプラグドなのもあり、とってもゆったりとした時間を過ごせました。(^O^)
曲名は分からないんですがヘンリーさんはカバー曲(日本語の詩は自身で付けてます)を中心に歌ってくれました。
個人的には1曲目の♪ケセラ、と2曲目の♪クレイジーラブ、のカバーが良かったです。
特に♪ケセラ、の詩は上手いし感動しました。
MCは独り言みたく、ぼそっぼそっと呟くんですがヘンリーさんの人生感が出ていて味わい深かったです。
機会があればまた聴いてみたいです!!

【ライブ】9/22 BEGIN@大阪・岸和田市立浪切ホール


BEGINのアコースティック・ライブを大阪・岸和田市立浪切ホールに観に行ってきました。
岸和田市、地図で見るとめちゃ遠いんだけど難波から南海線急行で25分と思ったよりも近かったです。
で、降り立った岸和田も良い感じの田舎町でした。(^^♪

(駅は立派な駅で~す。)


(会場の浪切ホールです。田舎町なのに、どこの会場も立派なんですよね。この辺が柏崎と大違いです。(笑))

ライブは・・・僕は、またまたやっちゃった!!超~寝不足参戦でアンコールまで乗りきれなかったです。反省。(ーー;)
しかしアンコールが超~良かった!!
ネタバレになりますのでこの先はコメントに書きま~す。(^^♪

【ライブ】9/21 BEGIN@奈良・なら100年会館


BEGINのアコースティック・コンサートを奈良の、なら100年会館に観に行ってきました。
奈良って言うと僕の中では京都と同じイメージだったので奈良駅に降り立った時、えっ!!こんな田舎なの?って感じでした。
松本市と良い勝負だなぁ・・・。(笑)
ホントに今回のツアーは”ここから未来へ”のイメージぴったりの田舎町ばかりですね。(^^♪
そしてライブは、とにかく楽しかった!
伊那市と同じくらい楽しかったです!
レポもどきはコメントのほうに書きま~す。
ネタバレありなので観たくない方は観ないでくださいね。

明るい表通りへ

今週は自分が時差出勤ってことで日中時間があるので僕が小鉄を散歩に連れ出しています。
最近、小鉄が変わったこと。
外が微妙に好きになってきたことです。
前は散歩に外へ連れ出すとシュンとなって家に一目散に走り帰るって感じだったのに最近は近所を歩きまわるようになりました。
(人の家の庭に入って行くのが困りものだけど。(笑))
そして更に最近は自分から外へ出たいとアピールするようになりました。(^^♪


僕が外へ出ようとすると自分も!!って感じで付いてきます。


玄関を開けると更に出たい出たいと催促をします。


外へ出ても道路に出るわけでなく家の周りを徘徊するのが好きみたいです。
家から離れるのは、まだ怖いんでしょうね。


そしてこれが犬の習性。
「ここ掘れワンワン」とは言わないけどとにかく地面を掘るのが好きです。
ただね・・・掘ると肉球や爪が泥だらけになるのが困りものです。
拭いても汚れがなかなかとれないんですよね。

小鉄がワンちゃんらしく外が好きになったのは嬉しいけど、自分が外に出づらくなったよなぁ~。
僕の先、先へと行くんでケージに入れて出かけるしかないよなぁ。(笑)

【オマケ】
最後に最近の小鉄、ベストショットです。






TODAY アンジェラ・アキ

TODAY(初回生産限定盤)(DVD付) TODAY(初回生産限定盤)(DVD付)
アンジェラ・アキ (2007/09/19)
ERJ(SME)(M)
この商品の詳細を見る

TODAY アンジェラ・アキ
1 サクラ色
2 Again
3 Today
4 愛のうた
5 たしかに
6 Silent Girl
7 モラルの葬式
8 乙女心
9 One Melody
10 友のしるし
11 孤独のカケラ
12 On & On
13 Surrender

初回限定盤DVD
1 サクラ色 (PV)
2 孤独のカケラ -special ver.- (PV)
3 たしかに (PV)
4 Againライブ (Live / 2007.4.30 in NHKホール)
5 サクラ色ライブ (Live / 2007.4.30 in NHKホール)
6 孤独のカケラ (Live / 2007.4.30 in NHKホール)
7 サクラ色 (PVメイキング映像)
8 孤独のカケラ (PVメイキング映像)
9 たしかに (PVメイキング映像)

ヒットシングル「サクラ色」「孤独のカケラ」「On & On」を収録した2ndアルバム。
デビューまでの10年間を凝縮した前作「Home」以降、ピアノの弾き語りによる初の武道館ライブ、さらにNHK紅白歌合戦に出演するなど、急激に知名度を上げた彼女。
すべての楽曲のプロデュースを自ら手がけた本作は、どんなに有名になっても変わらない、彼女の表現の深さと凄みがはっきりと映し出されている。許されない恋愛に心を燃やす男女を描いた「愛のうた」、「奪い取れ やり返せ ぶつかれよ」というフレーズを持つ「乙女心」、そして、"変わらないものは何もない。
でも、だからこそ、今日という日をあなたと祝福したい"というメッセージを伝える表題曲「TODAY」。
リアルな言葉づかいとダイナミックなメロディ、ライブ感を重視したスタジオワークがひとつになった、きわめて質の高いシンガーソングライター・アルバムである。
(Amazonレビューより)

19日にゲットしたもう1枚のアルバムです。
今日、初めて通して聴いてみました。
なかなかエエんじゃないでしょうか・・・。
「HOME」も良かったけど更に良いかも。(^^♪
シングル曲の中で一番好きな♪サクラ色、から♪Surrender、までバラエティに富んだ曲が並んで居ます。
シングル曲以外で僕が好きなのが♪Again。
めざましTVでお馴染みの曲ですが軽快なテンポの良い曲です。
(シングルにしないのが勿体無い。)
アンジー曰く「Home」は0枚目で「TODAY」は1枚目って位置づけみたいだそうですね。
今の自分を素直に表現したアルバムですね。

追伸。
オリコン・デイリー1位みたいですわ。おめでとう~。

青春映画が好きだった 馬場俊英

青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付) 青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付)
馬場俊英 (2007/09/19)
FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT,INC(PC)(M)
この商品の詳細を見る

青春映画が好きだった 馬場俊英
1. 君はレースの途中のランナー
2. 青春ラジオ
3. ただ君を待つ
4. スタートライン~新しい風
5. 多摩川土手~君へのメッセージ
6. 草野球
7. 八月のレイン
8. ひとつだけ
9. 言いたいことはI Love You
10. 小さな頃のように
11. 明日へのフリーウェイ
12. 働楽~ドウラク
13. 主人公

●日本テレビ系「The・サンデー」出演後、大反響!馬場俊英待望のオリジナル・フル・アルバム完成。
3枚のシングルに加え、コブクロの小渕健太郎プロデュースで馬場俊英が作詞・作曲したNTV系ドラマ
「セクシーボイス アンド ロボ」主題歌「ひとつだけ」のセルフカバーやニッポン放送「ショーアップナイターハイライト」のテーマ曲としてO.Aされた「草野球」等全13曲収録。

●初回限定盤:DVD付
〈DVD収録予定内容〉
「青春映画が好きだった」セルフ・コメンタリー(馬場俊英本人による楽曲解説)収録。
本人の音楽に対する姿勢や人柄がこの1枚でわかる、まさに馬場俊英バイブル的映像!
(Amazonサイトより)

19日発売のアルバムをAmazonでネット注文したのでフラゲ出来ず本日送られてきました。
その1枚が馬場俊英さんの「青春映画が好きだった」
早速、聴きながらこのブログを書いています。
まだ1回しか聴いてないですけど・・・感想。
意外とポップス・アルバムだなぁ~って思いました。
軽快なテンポの曲が多いです。
1回聴いて、これはイイ~!!ってのが少なかったなぁ・・・。
個人的には前作「人生という名の列車」のほうが好みだなぁ・・・。
まあ、まだ1回しか聴いてないんで分からないですけどね。
結構、シングル&CW曲も入っていて新曲は7曲なんですけど僕が一番良かったのは♪青春ラジオ、かなぁ~。
これは良いっす!!
♪八月のレイン、はこんな曲調も歌うんだ~って驚きました。(オリジナル・ラブが歌うような曲ですね。)
そして最後の♪主人公、はセリフ入りが聴いてるこっちも恥ずかしくなります。(笑)
さてっと、関西遠征の道中に聴いて行けるようにMP3プレイヤーに入れようと!!


馬場さんネタ序に先日放送された「僕らの音楽」の感想も。(^^♪
全国ネットの音楽番組出演、初めてってことで対談は馬場さんの経歴なんかも紹介しつつで良かったです。
でも「ザ・サンデー」のほうが上手くまとめてるよなぁ~って思いました。
スタジオライブの曲は♪ボーイズ・オン・ザ・ラン、♪スタートライン~新しい風、でした。
馬場さん、声が荒れてて心配(ブレークして歌いすぎると声が荒れて変わってしまうアーチストが多いので)だったけどアルバム聴く限りでは大丈夫そうなので安心しました。


9/24追記。
関西遠征で4回通して聴きました。
ファーストインプレッションと感想が変わりました。
明るいポップス調の曲が多いのは馬場さんの音楽活動が順風満帆の現れなのかな?って思いました。
それならファンとしては嬉しいで~す。
曲も♪多摩川土手~君へのメッセージ、♪言いたいことはI LOVE YOU、♪明日へのフリーウェイ、が好きになりました。
なかなか良いアルバムだと思います。(^^♪

【映画】オーシャンズ13


オーシャンズ13 07年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、エレン・バーキン、アル・パチーノ、ヴァンサン・カッセル、ジュリアン・サンズ、デヴィッド・ペイマー
カリスマ詐欺師ダニー・オーシャンをはじめ、11人のプロフェッショナルが集まった犯罪チームが騒動を繰り広げる人気シリーズの第3作。
監督は『トラフィック』のスティーブン・ソダーバーグ。
ダニー・オーシャンを演じるジョージ・クルーニーほか、おなじみの豪華キャストが再結集している。
新キャストとして加わるのは名優アル・パチーノやエレン・バーキンら。
人気スターたちのコミカルなやりとりとトリック満載のストーリー展開が楽しめる。

ラスベガスの大ボス、ヨーロッパ一の大泥棒、ユーロポールの腕利き刑事というトリプル包囲網を潜り抜け、門外不出の名宝と引き換えに1億9000万ドルを手に入れたダニー、ラスティ、ライナスらチームの面々。
彼らは因縁の地ラスベガスで再び大きな獲物を狙うことに……。
(シネマトゥデイより)

映画館にて鑑賞。
今月一杯の割引券もあるし仕事が夜からなので三条に観に行ってきました。(笑)
オーシャンズ・シリーズの第3弾です。
舞台をラスベガスに移しての騙し合戦なんだけど・・・どこかヨーロッパ・テイストを感じる画作りになってました。
この辺はソダーバーグ監督の色なんでしょうね。
感想。普通に面白かったです。
コケまくった「12」よりは数段、良かったです。
ただ長いっすね。
1つの騙しにこれだけ時間かけて観せられると、さすがに中盤ダレました。
最後30分の騙し本番はスピーディーな展開で良かったです。
あとキャストは脇役に至るまで有名俳優を使っていてホントに贅沢だなぁ~っと思いました。

人の記憶なんて・・・

昨日、アタック25を観ててパリ旅行を賭けての最後の問題の「ある都市は?」って問題の答えが松本市でした。
この前行ったばかりの都市じゃん!!
もちろん正解したと思うでしょ?
松本城、旧開智学校と先日観に行ったばかりの写真が出たのにもかかわらず見事に不正解。(笑)
人間の記憶なんてこんなもんです。(ーー;)
ちなみに僕の答えは「名古屋市」^^;
名古屋城じゃないってば!!(笑)


(前の記事で載せなかったけど旧開智学校の画像で~す。)

【映画】ラブソングができるまで

ラブソングができるまで 特別版 ラブソングができるまで 特別版
ヒュー・グラント. ドリュー・バリモア. ヘイリー・ベネット. ブラッド・ギャレット. クリステン・ジョンストン (2007/09/07)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
ラブソングができるまで 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、ヘイリー・ベネット、ブラッド・ギャレット、クリステン・ジョンストン
ヒュー・グラント、ドリュー・バリモアというラブコメ最強コンビが実現。
ふたりの余裕たっぷりの演技で、誰もが素直に楽しめる一作になっている。
1980年代に「PoP」というバンドで人気を博したアレックスだが、現在は過去の栄光にすがる日々。
そんな彼のもとに、今をときめく若手シンガーから新曲製作の依頼が来た。
部屋に植木の水やりのバイトに来たソフィーに作詞の才能があると知ったアレックスは、彼女に曲作りの手伝いを頼む。
まず笑わせてくれるのが、80年代を意識した「Pop」のミュージッククリップ。
「ワム!」や「デュラン・デュラン」などをパロった作りで、当時の流行を知らない人にも強烈なインパクトを残す。
現在は、遊園地や同窓会での“余興”に呼ばれるくらいしか仕事がないアレックスを、ヒュー・グラントが持ち前のトホホな雰囲気を全開にさせて笑いを加速。
前半は“受け”の演技に徹するドリュー・バリモアだが、後半は彼女の側に感情移入できるドラマの流れもうまい。
軽快なポップスの音楽は、映画全体の世界にぴったりで、こういった明るいラブコメを観ることが、疲れた心とからだを癒してくれるのだと証明してくれる。目的に見合ったという点で、上質な作品だと言っていい。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
久々にDVDを観ました。
観終わってホヤホヤの感想で御座います。
これ、映画館で観たかったんですよね。
なんでDVDで速攻レンタルしました。
感想。手がたい作りで面白かったです。
僕は、てっきりヒューがドリューの書いた詩を盗んで大騒動になるコメディかと思ってたら違いました。
2人で共作しているうちに恋が芽生えると言うロマンティック・コメディでした。
しかし、ヒュー・グラントってどれ観ても似たような感じだよね。(笑)
政治家とか偉い役をやっても、どこかダメ男ぶりがあるのに憎めない、でも最後は男らしくなると言うパターン。
今回もそんな感じでした。

もしかして廃盤間近?



今回のBEGINのツアーに行って気付いたこと。
CD売り場にアルバム「BEGIN」「Tokyo Ocean」が、なぜかない・・・。
前からHMVには掲載されて居ないしAmazonでは中古盤しかなかったので変だなぁ~とは思っていたんですけどテイチク・レーベルのCDなんでライブ会場では売っていると思ってました。
これってもしかして生産終了ってことですか?^^;
アルバム「BEGIN」はBEGINのアルバムで一番好きなアルバム。
生産終了だと悲しいなぁ・・・。
ってより今後、買えなくなるのがマズイ。
ジョーシンの通販に「BEGIN」があったので早速注文しました。
もちろん未開封で大切に締まっておきます。(^^♪
「Tokyo Ocean」も買っておこーーかなぁ・・・。(笑)

どっちにしようかな・・・

BEGINの出演したNHK「SONGS」。
地デジとBS2(アナログ)で両方、録画しました。
で、どっちを保存しようか迷ってます。
画質的にはDVDに落とせばどちらも同じクオリティ。
違いは画像サイズなんですよね。
BS2(アナログ)は4:3の画面オンリー、地デジは16:9と4:3(横に帯が入る)の混合。
うーーん、どっちにしようかな・・・
BS2(アナログ)の16:9(上下に帯が入る)なら、これが一番好きだなぁ~。
先のことを考えると地デジの16:9で残しておくのがイイのかなぁ???

病院へ

久々の小鉄ネタです。
最近の小鉄は食欲不振。
朝、晩となかなか食べようとしません。
こうゆう時は無理して食べさせないほうがイイんですってね。
犬は2、3日食べなくても平気なんですってね。
だから最近は食べない時は無理して食べさせないって感じです。
昨日の夜も結局食べなかったなぁ・・・。


小鉄にとっての僕ら家族の位置づけ。
母の見立てだと・・・
妹→主
父→友達
母→家来
僕→恋人
だ、そうです。(笑)
たぶん僕だけが叱らずにマウンディングに付き合ってあげてるからかな~。(笑)
だって、発情してるのにやらせてあげないなんて可哀想でしょ・・・。
最近、小鉄は夕方になると僕の帰りを玄関に寝転んで待っててくれるそうです。
そして僕が帰ってくると思い切り尻尾を振って大歓迎してくれます。
なんて可愛いんでしょ。(^^♪
なんで僕は最近、帰ってきてからずっと小鉄と一緒に居ます。
前は21時くらいになると自分の部屋に上がって自分の時間を過ごしたんだけど最近は妹が部屋に連れて行く時間まで居間で一緒に遊んでます。
だって、僕が2階の自分の部屋に上がろうとすると付いて来るんですよ・・・これじゃ上がれないですよ。(笑)
妹は結構割り切って自分の部屋でやることはやるけど僕は無理だなぁ・・・付いてこられたら上がれないです。
こんなんですから最近はブログ書いたり、コメントやメールの返信なんかが出来なくなり遅くなりがちになってます。(ーー;)
うーーん、これじゃマズイなぁ~とは思ってます。


そんな小鉄を昨日は動物病院に連れて行きました。
僕が帰ってくると、いつもとおり大ハシャギの大歓迎ぶり。(^^♪
部屋を思い切り走りまっくって居たんですが・・・テーブルに上ろうとした瞬間!!
な~んとテーブルに上がり損ねて後ろ足を思い切りぶつけてしまったんです。
そのまま、寝込んでしまって・・・。
ああ、ハシャギすぎて疲れたのかな?って思ったら足を引きずって歩いてるではありませんか!!
これにはさすがに心配になり病院に連れて行くことになりました。
妹が仕事で帰ってきてなかったので僕が連れて行きました。
幸い、骨、じん帯に損傷はなく打撲とのこと。ほっ、良かった。(^^♪
飲み薬を7日間ぶん貰って帰ってきました。
小鉄は足のひざのお皿が被ってる骨が浅いらしくお皿がズレやすいみたいです。
なんで滑るところで思い切り走ると足を損傷しやすい可能性があるので気を付けて欲しいと言われました。
まあ、当分は思い切り走りまくるのはお預けですね。
いや~、しかし、ホントに心配しましたよ。
やっぱり僕は「恋人」ってよりも「パパ」なような気がします。(笑)


PS
聞いてはいたけど病院に行くと大人しくなる小鉄、ホントでした。
家での王様ぶりはなりを潜めて、ただビクビクしてました。
でも自分よりも小さいパピヨンが入ってくると「ぐぅ~」って威嚇してました。(笑)

バレた!!^^;

BEGINの出演した「スタジオパークからこんにちは」を観ました。
約1時間の生出演、見ごたえがありました。
♪ここから未来へ、♪島人ぬ宝、の生演奏、BEGINらしくて良かったです。(^^♪
しかし「SONGS」と言いNHKの番組に出まくりですね。
これはやっぱり年末の"あの番組"出演の匂いがプンプンしますね。(笑)

あっ、この番組を母がたまたま観てまして・・・。
トークの中に「台風の日にライブ・・・」「長野は伊那でライブ・・・」なんて話があり、僕が出かけた日と全く同じなので何しに行ったかバレてしまいました。^^;
これで来週、大阪に行くのも何しに行くかバレたことでしょう。(笑)

【TV映画】インプット

インプット インプット
アレック・ボールドウィン (2004/09/03)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る
インプット 03年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・アレック・ボールドウィン、パワーズ・ブース
アレック・ボールドウィン製作総指揮・主演の近未来サスペンスアクション。
重傷から目覚めた男・ケインは、医師から自分が飛行機事故に遭い、妻と子供を失ったと聞かされる。
しかし、彼はその記憶が埋め込まれたものだと知り、真の記憶を求めて奔走する。
(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

DVDレンタルにて鑑賞。
これ、劇場じゃなくてTV映画みたいです。
このキャストだとTV映画かな?って思ってたらやっぱりでした。
記憶を無くした男がホントの自分を探すというサスペンスです。
別に「近未来」じゃなかったです。
感想。
いかにもTV映画って感じでした。以上。(笑)
アレック・ボールドウィンはカッコ良かったです。
良かったのはそれだけだなぁ~。

※これで映画関係のストック「0」で~す。^^;

Dear,Music

【人生に音楽は必要。今日の1曲を書いていきます。】と題して7月から書いていたミニ・ブログPIYOがFC2の機能UPに伴いブログ内に表示出来るようになりました。
ってことで僕も早速表示出来るように設定しました。
こちらも宜しくです!!

【ライブ】9/8 BEGIN@長野県伊那文化会館

長野県は伊那市にBEGINのライブを観に行ってきました。
地元・柏崎駅から代行バスで柿崎町まで行きそこから全て鈍行で約7時間掛けて行きました。(笑)
降り立った伊那市駅は出発駅の柿崎町と同じくらいの超~田舎町。
岡谷駅で飯田線に乗り換えたあたりから無人駅が多くなってきて・・・えっ!!こんなところでやるの!!って感じでした。(笑)
こんな田舎町に来るのは久しぶりです。
でもね、電車乗ってる時も感じたけど、正に♪ここから未来へ、のイメージにピッタリのところだと思いました。(^^♪

(伊那市駅。ホントに小さいっす。)


(♪ここから未来へ、のイメージぴったりの町並みでした。)


ライブ会場は伊那文化会館。
田舎町なのに、この会館だけは不釣合いなほど立派でした。(笑)

(伊那文化会館)

ライブはセットリストは越谷と全く一緒でした。
でも越谷でのイマイチ楽しくなかった感覚はなく凄く楽しいライブでした。
やっぱり睡眠バッチリ(越谷帰りのバスの中で爆睡しました。)だと頭の回転も違いますね。
越谷では思わず寝そうになってしまった曲も今回は集中して聴くことが出来ました。
あとは、この曲やってくれるかな?なんて淡い期待を持ってなかったのも良かったかも。(笑)
そしてこの日はMCがバツグンに面白かった!!
越谷で面白かったのは等さんの台風話くらいだったんだけど伊那市では栄昇さんの面白トーク炸裂(相変わらずの意味不明話もあります。(笑))でした。
特に「SONGS」撮影秘話は笑えました。←バラしてイイのかぁ・・・。(笑)
しかしBEGINと長野は愛称バツグンですね。
地元の喫茶店の人から滅多に満員にならないと聞いた伊那文化会館が即完売っすからねぇ~。
北陸県で長野を選らんで良く来るのが分かりますわ~。
これじゃますます新潟には来てくれそうもないなぁ・・・。(苦笑)

そしてライブ終わりにはBEGIN追っかけ隊の人たち6名で打ち上げをしました。
こちらも、料理、お酒と美味しくて楽しかったです。
越谷の翌々日で、しかもめっちゃ遠いので行くのを迷ったんだけど行って大正解のライブでした。(^^♪


【オマケ。翌日の観光】
当初は速攻で帰るつもりだったんだけど1箇所行きたいところがあったので行ってきました。
それは・・・・ジャーン!!松本城!!
城好き(マニアではないです。(笑))としては松本を通るのに寄らないのは心残りになるなぁ~と思い行ってきました・・・朝5時に起きて。(笑)
春に行った犬山城と同じくシンプルで飾り気のない良いお城でした。

(外から観た松本城)


(中に入って観るとこんな感じです。)

ジョン・レノン ミュージアム


HPはこちら→http://www.taisei.co.jp/museum/

越谷へBEGINのライブを観に行くなら・・・
知り合いから、さいたま行くならここ行っとけ~!!と言うことで・・・さいたまスーパーアリーナ内にある「ジョン・レノン ミュージアム」に行ってみました。
僕もビートルズはジョン・レノン派なので行ってみたかったんです。
入場料は大人1500円。ちょっと高いかな・・・。(笑)
入るとまずはジョンの生涯を7分間にまとめた映像を見せてくれます。
これがなかなか良くて、もっと見たい!!って感じになります。
あとは順路にそってジョンの人生にまつわる展示してある物を見て回るって感じです。
ジョンが使ったギターやバンジョーなんかが展示してあります。
ジョンの手形と自分の手を合わせれるコーナーもあるんですけど合わせてみたら僕とジョンの手って同じくらいの大きさでした。
意外と小さい手で驚きました。
はっきり言って白で統一したオノ・ヨーコの世界観は理解出来ないんですけど(笑)、なかなか面白かったですよ。
で、最後にあるのがグッズ店。
いや~、買うつもりはなかったのに買っちゃいました。
「ピック・セット」と「ネック・ストラツプ」そして帽子を。
普段、帽子はキャップばかりなんですが珍しくハット・タイプのを買いました。
帽子はそのままBEGINのライブに被って行きましたよ。(笑)
BEGINのアコースティック・ツアーは全てこのハットを被って行こうかなぁ・・・。(^^♪
グッズを買うだけなら入場料は要らないので、さいたま方面に出かける時は是非寄ってみて欲しいです。

【ライブ】9/6 BEGIN@サンシティ越谷市民ホール


BEGINのアコースティック・ツアー、追っかけ第1弾。
埼玉県は、サンシティ越谷市民ホールに観に行ってきました。
天候は台風上陸と最悪で、帰れなくなる心配をしつつ出かけました。
案の定、ライブ終わりは電車が止まってしまいました。
ありがたいことにマイミクさんから車で送って頂けたので帰ってこれました。
雨、風、凄かったですよ。

さてさてライブですが、今回は事前の宣言とおりサポートなしの純粋にBEGIN3人だけのライブでした。
当然、アコースティック調のアレンジになり栄昇さんの歌声も良く聴こえて良かったです。(栄昇さんの歌声は絶好調でしたよ。)
特に2曲目の曲はアコースティックな感じと歌声が合っていてゾクゾクって感動しました。(^^♪
個人的にアコースティック編成でのツアーは大歓迎なので、これからも定期的に続けて欲しいと思いますね。
MCは少し控え目って感じでした。
台風接近ってことで話した等さんの夏休みの台風話が笑えました。(笑)


ただ個人的な原因から今回のライブは不完全燃焼でした。(ーー;)
マイミクさんのご好意で前から10列と良い席で観れたのに・・・

1つは極度の寝不足による体調不良。
ライブ中、ここまで頭がボーーーっとしてたのは初めてでした。
分かります?頭の中に靄がかかってる感覚。
思考回路が低下していて、歌を楽しむ余裕がなかったです。

もう1つはセットリストが個人的に好みではなかったこと。
何か毎回似たような・・・って言うと失礼なんだけど、もう少しレアな曲(新曲以外、過去に聴いたことある曲でした。)をやって欲しかったなぁ~・・・と言うのが本心です。
(セットリストは後ほど、コメント欄に載せますので知りたくない方はコメント欄は見ないでくださいね。)


さてさて、次は明日。長野県は伊那市へ参戦です。←明日かよ。(笑)
今回の反省を踏まえて今日は早く寝て体調万全で挑みたいと思います。(^^♪

SONGS

BEGINの出たNHK「SONGS」観ました。
30分、BEGINヒストリーも織り込み中身の濃いなかなか良い出来の番組でした。(^^♪
演奏曲も♪涙そうそう、♪恋しくて、♪島人ぬ宝、♪ここから未来へ、っと一般の人にとってポピラーな選曲でしたね。
あと♪三線の花、が加われば完璧でしたね。

9/10(月) 25:50~26:19 NHK総合
9/12(水) 8:30~8:59 NHK BS2にて再放送がありますので興味のある方は観てみてください!!

今日は・・・

BEGINの「SONGS」の放送日です。
昨日、予告を観たけど面白そうでしたよ。
忘れずに観なくちゃ。

映画「恋しくて」DVD情報。
セル盤のみ、監督&BEGINのオーディオ・コメント(映画の解説ってより雑談なんじゃないかぁ~。(笑))が収録されているそうです。
やっぱりレンタルじゃなくてセル盤を買いですね。(^^♪

【映画】守護神

守護神 守護神
ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー 他 (2007/06/20)
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
この商品の詳細を見る
守護神 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー、ニール・マクドノー、メリッサ・サージミラー、クランシー・ブラウン
日本の“海猿”と同じ仕事であるアメリカの沿岸警備隊を舞台に、カリスマ的な実績を誇った元レスキュー・スイマーと、若き訓練生の関係をドラマチックに描く。
救助作業中に仲間を亡くしたことで現役を退き、育成学校の教官となったベンが、新入生で元高校の水泳チャンピオン、ジェイクに才能を見出していく。
過酷な訓練の末、一人前のレスキュー・スイマーとなるジェイクだが、現場では思いもよらぬ試練が待っていた。
ケビン・コスナーがこれまで演じてきた正統派ヒーローとは違う魅力を発揮。
辛い過去を引きずり、妻との関係もぎくしゃくするベン役を、屈折感たっぷりに演じている。
対するアシュトン・カッチャーは、一本気な性格のジェイクで、初のシリアスな大役を見事にこなし、観客の共感を誘うことに成功。
訓練シーンがやや長いが、後半、アラスカに舞台を移しての実地シーンでは、セットやCGも違和感なく合成され、スペクタクルな迫力を生み出している。
ラストもちょっと驚きで、『トップガン』『愛と青春の旅立ち』といったハリウッドの王道的成長ストーリーの香りを受け継ぎつつ、意外な展開に新しさを感じさせる。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
まずまずの面白さでした。
『愛と青春の旅立ち』の沿岸警備隊バージョンって感じですね。
なんで予想したとおりの展開でしたよ。(笑)
レビーには意外なラストって書いてあるけど僕は最初から絶対にこうなると思ってました。全然、驚かなかったけど・・・。(笑)
確かに長いんだけど僕は訓練シーンは面白かったです。
ラストのレスキュー場面も良かったです。
冒頭の、くだりをもう少し短くすれば良かったのに・・・って思いました。
しかしケビン・コスナーって演技、下手っすね。(ーー;)
セリフに感情が入ってないもんねぇ~。(笑)

【映画】バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー (ユニバーサル思い出の復刻版DVD)バック・トゥ・ザ・フューチャー (ユニバーサル思い出の復刻版DVD)
(2008/12/19)
マイケル・J・フォックスクリストファー・ロイド

商品詳細を見る

バック・トゥ・ザ・フューチャー 85年アメリカ オススメ★★★★☆
出演・・・マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トーマス・F・ウィルソン、クリスピン・グローバー
1985年10月25日、ブラウン博士は手伝いの高校生マーティを、深夜の秘密実験に呼び出した。博士は愛車のデロリアンをタイムマシンに改造していたのだ。かくてマーティは30年前へと旅立った…。
スティーブン・スピルバーグが製作総指揮し、ロバート・ゼメキスを一流監督に仲間入りさせた、タイムスリップを背景にしたアクション・コメディ。
戻っていく世界が、アメリカの黄金時代というべき1950年代というのがおもしろい。
アメリカではアイゼンハワーが大統領で、日本では鳩山内閣時代。
マーテイの両親が、ちょうどマーティと同じ年ごろだった時代に戻ることで、笑いが倍加する。
以後のタイムスリップ映画を方向付けた名作で、その後「2」「3」とシリーズ化された。
(Amazonレビューより)

DVD持ってます。(笑)
もう何回も観た傑作SFコメディです。
今さっきBS2でやってたんですけど最後の30分、また観ちゃいました。(^^♪
いや~、やっぱり良く出来てる映画ですね。
最後の現在に戻るシーンは何回観てもハラハラ・ドキドキです。
そして戻った現在が少し変わってるオチも上手いです。(^^♪
タイムトラベルものとしてはこれが一番の出来でしょうね。
まあ、でも確かに深く考えると矛盾点はあるんですよ。(笑)
10分前じゃなくて、もっと余裕を持って戻れよ!!って言いたくなりました。
役者では主演のマイケル・J・フォックス&クリストファー・ロイドのコンビが抜群に良いですね。
マイケル・J・フォックスはカッコ良いのに可愛いですよね。
それに明るくて元気一杯でマーティ役は彼しか考えられないですね。
ちなみに最初、この役はエリック・ストルツ(暗くて降ろされたそうです。)だったのは有名な話ですね。
クリストファー・ロイドのドクは少しオーバーな演技なんだけど笑いとユーモアを上手くミックスした名演技だと思います。
この年、大ヒットしたこの映画は「~2」「~3」と続編が作られました。(明日、明後日BS2にて放送予定)
作品の出来は「1」よりも、かな~り落ちますけど詰まらないってわけでもないです。(1回観れば十分ですけど。)
当初、発売されたDVDはトリロジーBOXオンリーで特に欲しくもなかった「~2」「~3」も一緒に買うハメになりました。
後々、単品が発売されたのは言うまでもありません。
上手いなぁ~商売が・・・。(ーー;)


被った!!(ーー;)

昨日9/1から馬場俊英さんの公式ホームページが出来ました。
URLは↓こちらです。
http://www.babatoshihide.com/

それによりますと・・・
な、な、なんと9/22に大阪は南港でフリーライブがあるとのこと。
実は、この日、僕はBEGINのライブで大阪入りしてるのです。
でもフリーライブの時間が15時から!!
この時間から南港でフリーライブ観て、BEGINのライブのある岸和田に移動するのは時間的に無理みたい。(ーー;)
くぅ~、折角、大阪に居ると言うのに・・・残念。
まっ、イイんです・・・岸和田で楽しくカラオケ→ライブで盛り上がるからイイもん。(^^♪


【馬場さん情報】
9/19(水) ニューアルバム「青春映画が好きだった」発売
この日はアンジェラ・アキ、風味堂も出すし良いアルバムが出ますなぁ~。

TV出演
9/14(金)23:30~23:58 フジテレビ系全国ネット「僕らの音楽」
10/7(日)22:00~23:00 NHK教育テレビ「ETV特集」

【映画】ラッキーナンバー7

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
ポール・マクギガン (2007/06/22)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る
ラッキーナンバー7 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマン、ベン・キングズレー、スタンリー・トゥッチ
ニューヨークの空港に現れた謎の暗殺者グッドキャットが語るのは20年前の幸運のナンバー「7」をめぐる陰謀…。
そして舞台はニューヨーク。青年スレヴィンは友人のアパートにいたが、その友人に間違えられて、街を牛耳るギャングに借金返済を迫られ、暗殺を強要される。
その両ギャングに関係しているらしいのがグッドキャット。
何がなんだかわからないうちにとんでもないことに巻き込まれていくスレヴィンだったが、これには周到にはりめぐらされた罠が仕掛けられていた!
『ギャングスター・ナンバー1』などでスタイリッシュな映像センスを見せてきたポール・マクギガン監督が『ホワイト・ライズ』で組んだジョシュ・ハートネットと再びタッグを組み、イキでスリリングなサスペンスを作り上げた。
ジョシュが犯罪に巻き込まれていく男を情けなさとかわいさ+時折見せる色っぽさで魅了。
共演はブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ベン・キングスレー、スタンリー・トゥッチという渋いスター俳優がズラリ。
とはいえ決して重くならないのは軽妙な演出とユーモアと抜群の映像センスによるものが大きい。
紅一点のルーシー・リューは、スレヴィンと恋に落ちる女性。
コミカルでキュートな芝居で、新しい一面を見せている。
ともあれ最後の謎解きは圧巻。冒頭から伏線ははってある。決して目を離さずに鑑賞することをオススメしたい。
(Amazomレビューより)


DVDレンタルにて鑑賞。
今、観終わったばかりのホカホカの感想です。
面白かったです。
前半は訳が分からずチンプンカンプンだったんですけど真実が徐々に明かされていく後半は面白かったです。
この辺は『ホワイト・ライズ』の作りに似てますね。
ってかラストの空港シーンは『ホワイト・ライズ』かと思いました。(笑)
役者もジョシュ・ハートネット(プラピみたいでした)、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンと超~豪華で楽しめました。
ただ1つ分からなかったのは、殺し屋がなぜ彼を助けたか・・・その理由が分からなかったです。
この辺は皆さん、実際に観て確かめてくださ~い。

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード