FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】涙そうそう

涙そうそう スタンダード・エディション 涙そうそう スタンダード・エディション
妻夫木聡 (2007/03/23)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る
涙そうそう 06年日本 オススメ★★★
出演・・・妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史
舞台は沖縄。義父の失踪、母親の死から、義父の連れ子のカオルと生きていくハメになった洋太郎。
ひと足先に本島でひとり暮らしをしていた彼は、高校に合格したカオルとふたり暮らしを始めることに。だが喜びもつかの間、洋太郎は詐欺に遭ってしまい…。
物語自体はそれほど大きな起承転結があるわけではないし、どちらかといえば王道系な内容でもある。
そんな中で何がおもしろいかといえば、血の繋がらない兄と妹のさざ波のような微妙な感情の揺れ具合。
家族としての愛、男女としての愛…そんなものが混ぜこぜでファジーな感覚で突き進み、相手のことを思いやるあまりに本音を言えない感覚がリアルに伝わってくる。
そう、これは元来の日本人の美徳であった“思いやり”精神にあふれた映画で、久々の日本映画らしい日本映画なのだ。
(Amazomレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
日本アカデミー賞で妻夫木くん、まさみちゃんがノミネートされていたヒット映画です。
この映画を観た理由は何を隠そう、BEGINの♪三線の花、が挿入歌に使われているからです。(笑)
感想。
ちょっと長すぎて途中、中だるみしてる感は否めないんですけど・・・それでもなかなか面白かったです。(^^♪
これは、やっぱり主演の2人の魅力だと思います。
血の繋がらない兄妹って言うとアニメ「みゆき」を思い出しちゃうんですけど結末は全く違ってます。
なにせタイトルが「涙そうそう」ですから・・・。
「涙そうそう」の出来た背景や詩の内容を考えれば結末は容易に分かっちゃいますね。(ーー;)
泣けると噂のこの映画。ただせさえ涙もろい僕は泣いたか?
意外や意外、このまま1回も泣かないかなって思ったら最後にヤラれました。
あのシチュエーションで♪涙そうそう、が流れる・・・やっぱり泣けます。(笑)
ちなみに挿入歌のBEGINの♪三線の花、は1回だけ・・・それもちょっとだけでした。(でもこのアレンジ、イイなぁ。)
まあ、確かに挿入歌だけどさぁ~短すぎだよなぁ・・・。(ーー;)
えーーっと、評価★★★なら普通は残さないんだけどBEGIN関係だし何より長澤まさみちゃんがカワイイので残します!!(笑)
"セカチュウ"の時はヒロインはTV版のほうがカワイイなんて思ってたけど・・・オジサン、ホントに見る目が無かったです。(笑)
スポンサーサイト



紅盤  斉藤和義

紅盤(初回限定盤)(DVD付) 紅盤(初回限定盤)(DVD付)
斉藤和義 (2007/03/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

紅盤  斉藤和義
1. ベリーベリーストロング~アイネクライネ~
(作家・伊坂幸太郎とのコラボレーション曲 このアルバムの為に書き下ろされた短編小説「アイネクライネ」にインスパイアされて制作された楽曲)
2. 恋と愛がある国で(森 雪之丞・歌詞コラボ)
3. スローなブギにしてくれ (I want you)(南 佳孝曲カヴァー)
4. ジェラス・ガイ(ジョンレノン曲カヴァー、日本語詞:斉藤和義)
5. 君は僕のなにを好きになったんだろう(一倉 宏 歌詞コラボ)
6. らくだの国(PUFFY提供曲セルフカヴァー&キセルアレンジ)
7. 天使の遺言(早川義夫曲カヴァー)
8. 真夏の果実(サザンオールスターズ曲カヴァー&BONNIE PINKデュエット)
9. キャンディ(原田真二曲カヴァー)
10. ダーリング(沢田研二曲カヴァー)
11. ベガ(キセル曲カヴァー)
12. 君に会うまでは(浜田省吾曲カヴァー)
13. ウエディング・ソング(一倉 宏歌詞コラボ)
14. ウエディング・ソング~ブライアン斉藤とメイ和義バージョン~

最近「オキナワン フール オーケストラ」ばっかり聴いてて他のアルバムが聴けない状態なんですが本日ようやく21日に出た、せっちゃんのアルバムを聴きました。
はっきり言います!!このアルバムは特典DVD狙いで買いました。(笑)
だって昨年のツアーの模様が1時間収録なんですよ。
美味しすぎです。(^^♪
てな、感じでCDのほうはカバー・アルバムだって思ってたこともあって♪ウエディング・ソング、が聴けるって以外はあまり期待してなかったんです。
ところが・・・・。聴いたらこれが良かったです!!
カバーもあるけど全てではなく、せっちゃんの書いた曲もちゃんと収められてました。
正確には"カバー"じゃなくて"誰かとのコラボ"って言うコンセプトのアルバムだったようです。
ハードなロックナンバーからアコースティックな弾き語り曲まで・・・バンドサウンドでガンガン弾くライブとアコギ1本で弾き語りライブが出来る斉藤和義の2つの魅力が1枚で楽しめる内容になってます。
まず1曲目の♪ベリーベリーストロング~アイネクライネ~、がめちゃめちゃカッコ良いロックナンバーです。(このアルバムで一番のオススメ曲です。)
最近の、せっちゃんの曲では文句なしに一番カッコ良い曲です!!
カバーじゃない曲がどれも良い曲でした。
カバーではジュリーの♪ダーリング、オリジナルも好きな浜省の♪君に会うまでは、ジョン・レノンの名曲♪ジェラス・ガイ、が良かったです。
そして最後は最新シングル♪ウエディング・ソング、で締めくくられてます。
インストの♪ウエディング・ソング、もなかなか良かったです。(^^♪
ああ、ヤバイ・・・ライブ行きたくなってきたよ。
ステンディング・ライブだから止めようかと思ってたけど頑張って行ってみようかなぁ~。
そんな気持ちにさせるアルバムでした。
この内容で初回DVD付が3200円、通常盤が2500円ですよ。
これは絶対に買い!!なアルバムですよ。(ビクターの回し者ではないです。(笑))


ビクターのサイトにて試聴が出来ま~す。
良かったら聴いてみてください。(^^♪
http://www.jvcmusic.co.jp/saito/music.html

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード