FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

短パンが必要さぁ~。

おはようございま~す。
カラオケで喉を潰してしまったサモやんです。(笑)
昨日はあれからオフ会に参加&2次会、3次会、4次会でまたまた深夜の4時半まで遊び倒しました。(笑)
(内容は書けたら後で書きますね。)
自分でも良く寝ないで平気だなぁ~って思います。
楽しいすきて寝るのがもっないないって感じです。
約2年ぶりの沖縄は最高に良いです。
街の空気感が何とも言えず良いんです。
久しぶりだからかなぁ?最初に来た時に近い感動があるんです。
特に何をするでもないんだけど幸せを感じるみたいな…。(^^♪
沖縄は今日も良い天気です。
今日も楽しく1日、過ごしたいと思います。
今日も長い1日になる予感がします。(笑)
BEGIN
(BEGINと記念撮影(笑))

PS
沖縄に来て予定外に買ってしまった物。
それは「短パン!」
暑くて長ズボンはうっとうしくて我慢出来なかったです。(笑)
スポンサーサイト



めんそーれ

沖縄に無事に着きました。
でも飛行機はやはり苦手です。(ーー;)
今回は雲の中を飛んでる時にかなり揺れて怖かったです。
僕が飛行機好きになることは絶対にないですね。(笑)

着いたときはそんなに暑くないなぁ~って思ったけど、お昼すぎになるとさすがに暑いですね。
Tシャツ1枚で丁度良いです。
あっ、そうそ・・・沖縄に住んでるマイミクさんと合流しました。
たぶん1年ぶりくらいの再会だと思います。
変わらず元気そうな姿を観て安心しました。
実は今回は彼のお家に居候させてもらうんです。
ありがとうございます。ホントに感謝です。
今、パソコンをお借りしてこの記事を書いてます。
なんかこの旅はマイミクさんに頼る旅にもなってますね。(笑)
とりあえず沖縄に無事に着いた報告でした。

国際通り
(♪国際通りはまた渋滞・・・でもないね。(笑))

平和通り
(平和通り)

大きな輪
(めざましTVで紹介されたことのある"大きな輪"の沖縄カレー屋さん)

靴下 of DRAGON

CDも買ったし、さてホテルに帰ろうと思った時です。
1通のメールが来ました。
「大きな輪に来てるから待ってま~す。」
彼女とは昨年の10月に大きな輪にライブを観に行ったときに、たまたま隣の席になり意気投合したんです。
今回、僕が大阪に行くんで「もし良ければ会いましょう」ってメールしてあったんです。
昨日、飲みに行った時に会えるかな?って思ってたら会えず残念って思ってたんです。
時間は遅いけど美女のお誘いとあらば断れませんわな・・・。
2日続けてマイミクさんのお店「大きな輪」に行く事にしました。(笑)
半年振りの再会を喜んで少し飲んだら帰ろうと思っていたんですが・・・・
またまた不思議な出会いがありまして・・・。
5月に大きな輪でライブをすると言う靴下 of DRAGONってデュオがオーディション?に来ていました。
マスターの「何かやって」の一言でアンプラグドな弾き語りライブが始まりました。
オリジナル曲を3曲演ってくれましたけど、こちらも凄く良かったです。
宮古島出身のヴォーカル&ギターの砂川くんはちょっとハナレグミを彷彿させる歌声でとても良かったです。
歌、上手いしホントに良い声ですよ。
憂歌団の木村さんを神と崇拝してる彼はキャラも面白くてGOODでした。(^^♪
ヴォーカル&Djembe(アフリカのパーカッション?)のKackeyくんも歌が上手くて良かったです。
聞いてみるとCDはまだ作ってないとのこと。(残念)
ライブは大きな輪さんで5/19(土)にあるようです。
彼らの大きな輪での1回目のライブです!!見逃すのは損ですぞ!!
僕もちょっと観に行きたくなってます。
彼らのHPです。興味ある方は見てください。
http://mb.sound.jp/kutushita/

その前に良い情報があります!!
4/1(日)PM12時~日没に大阪城公園・噴水の裏付近で大きな輪さん主催の「第3回 花酒の会」ってのがあるんです。
これに投げ銭スタイルのライブがあるのですが靴下 of DRAGONも出演するそうです。
参加費を払って飲み放題で参加するも良し、ライブだけを観に行くのも良し・・・彼らの音楽はホントに良いのでお近くの方は是非観にいってあげてください。
詳しくは大きな輪のHPを観てくださいね。
http://o-ki-na-wa.sakura.ne.jp/barokinawa/info.html

そんな感じでこの日も朝の3時半まで飲んでました。
大きな輪のマスターには今回も大変お世話になりました。
また出来るだけ近いうちに遊びに行きたいと思ってますのでその時は宜しくお願いします。m(__)m
そんな感じで大阪の充実した2日間は終わりました。
やっぱり大阪、好きな街です!!
ホテルに帰ってシャワーを浴びて、下手に寝ると起きれなくなるのが怖いんで「三線の花歌合戦」のライブレポを書き伊丹空港へと向かったのでありました。
偶然とは言えブレイク前の若い才能を持った2組のアーチストに出会えるなんてラッキーな1日でした。
まさに今回の旅は”音楽の旅”ですね。(^^♪

歌続

昨日のライブ後の事を少し書きます。
ライブ後、お知り合いさんに飲みに誘われました。
すごく迷ったんですけど朝も早いし大人しく帰る事に。
この選択が新たなアーチストとの出会いになるては夢にも思わなかったです。
普通なら運賃の安いJRを利用するんですが早く帰りたいって気持ちがあったので地下鉄で帰ることにしました。
すると梅田駅の改札前で1人の若い男の人が弾き語りをしていました。
好奇心一杯の僕は、どれどれ?っと観に行ってみると、その歌声(凄い声量&上手い)、曲の良さに直ぐに虜になってしまいました。
残念ながら弾き語りはその曲で終わりでした。(しかも終わりの少ししか聴けていないし。)

歌続
でもライブ告知のチラシをもらいCDを買いました。(もちろんサインもね。)
この人、チラシによると関西出身の「歌続」と言う2人組のユニットの1人で、この日は1人で弾き語りをしてました。
僕が聴いて良かった曲はミニアルバム「歌続」の3曲目の♪父母、と言う曲です。
ツインボーカルになると少し印象が変わるんだけど良い曲だと思います。(^^♪
CDとかライブ情報は↓のサイトを観てください。
BEGINのライブと重なってなければマジに観に行きたいと思いましたよ。
http://www.tosp.co.jp/i.asp?i=kazoku555

【ライブ】3/29三線の花歌合戦 at バナナホール


今日(昨日)はバナナホールでのイベント、「三線の花 歌合戦 at バナナホール」を観てきました。
バナナホールでライブを観るのは15周年記念ライブハウスツアー以来、こちらも2年ぶりでした。
こな日はスタンディング形式で整理番号順の入場でした。
僕は90番だったんですが定刻に来ない人が多くて前から3列目のセンターで観ることが出来ました。
ライブの出演者は「三線の花 歌合戦」のCDで♪三線の花を歌っている4組+BEGINでした。
この日のライブは出演順も決まっておらずステージ上で、くじ引きをして決めることに。(爆)
しかも割り箸に順番のフラッグが付いてるなんとも安っぽい、くじでした。(笑)
ライブ順に書いていきますね。

Orange Clover
三線&ヴォーカル、仲宗根忍さんとギター、宮良宜大さんからなるユニットです。
この日はドラム、ベース、キーボード(いずれも石垣出身の人)がサポートで入ってました。
仲宗根忍さんの声が綺麗だし曲も聴きやすくて良いステージでした。(^_^)
【セットリスト】
三線の花
青い海と緑の島で・・・・
愛の島ウチナー
懐かさぬ風
夢先


SOUNDERBIRDS
ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムからなる男4人のバンドです。
ジャンルはハードロック+ヒップホップ?って感じの音楽でした。
エレキ、ガンガンのハードロックでBEGIN好きな人はこうゆう音楽はどうなの?って感じでかなりハンデがあったと思います。
実際、僕もここまでハードなのは苦手なのです。
でもヴォーカルの人が一生懸命、盛り上げようとしてる姿が良くて僕も珍しくプチ・縦ノリ状態でした。(笑)
似ているシリーズ1
ヴォーカルが俳優のクリス・ペンに似てました。
(僕の周りの人は長州小力に似てるって囁きがありました。(笑))
ギターがチョ・ウソンに似てました。
【セットリスト】
三線の花 以外分かりません。(笑)


BEGIN
待ちに待ってたBEGIN登場です!!
BEGINだけはセットリスト書いておきます。
【セットリスト】
恋しくて
小指を立てて曲に合わせて回そうなんてノーズウォーターズの前フリもあり出だしは可笑しい♪恋しくて、でした。

三線の花
3人だけのシンプルなアレンジが良かったです。

I Shall Be Released
「バナナホールって言うとこの曲」ってことでやりました。
栄昇さんの歌声、最高でした。

防波堤で見た景色
今回のツアーで聴けなかったので聴けて嬉しかったです。(^^♪

4曲だけだったけど僕のマイ・ベストの曲が3曲も入ってて良かったです。
特に♪I Shall Be Released、が最高でした。
久々の鳥肌もので感動のあまり泣いてしまいました。
いや~、これが聴けただけで僕は大満足でした。(^^♪


ノーズウォーターズ
元オモトタケオ・バンドのドラムの、こうちゃんの居る男4人からなるバンドです。
ジャンルで言うとロックなんだけどSOUNDERBIRDSみたいに激しくないので僕の許容範囲内でした。
オリジナルに良い曲が多いし、MCがめちゃ面白いんで充分、楽しめました。
良いバンドだと思います。
曲もイイです!!CD買うんだったなぁ・・・。
ヴォーカルの歌い方が僕の好みからちょっとズレてるのが惜しいなぁ・・・。
似ているシリーズ3
ヴォーカルは南海キャンディーズの山ちゃん、サイドギターが馬場俊英さんに似てました。
【セットリスト】
自転車をこいで
HA HA HA
三線の花・・・BEGINのverの次に好きだなぁ~。
?(インスト)
幸せになるだけ


Born ti Cafta+春山裕希枝
大トリは僕がBEGINの次に楽しみにしていたBorn ti Cafta+春山裕希枝でした。
何が楽しみって・・・そりゃ、あなた、ゆっきーに決まってるじゃないですか。(笑)
Born ti Caftaはこちらも元オモトタケオ・バンドのベース迎里中くん兄弟のユニットで今回は、ゆっきーこと春山裕希枝さんも参加しています。
あとドラム、キーボード(山本隆太さん)がサポートで加わりました。
いや~、ゆっきーの生♪つぼみ、良かったですよ~。(^^♪
あとBorn ti Caftaの迎里の弟さんも歌が上手くて良かったです。
【セットリスト】
赤瓦の上の三線弾き Born ti Cafta
オバーと私の合言葉 春山裕希枝
宴 Born ti Cafta
つぼみ 春山裕希枝
三線の花 Born ti Cafta+春山裕希枝

-EN-
セッションタイム
Born ti Cafta+春山裕希枝&SOUNDERBIRDS
BEGINの♪オキナワン・シャウト、をやりました。
この曲、ライブで初めて聴いたなぁ~。
一緒に歌って~って感じだったけど、僕、歌詞をかなり忘れてました。(笑)

ノーズウォーターズ&Orange Clover
BEGINの♪SLIDIN' SLIPPIN' ROAD、でした。

出演者全員
島人ぬ宝
うたのうた

約3時間半の楽しいライブでした。
スタンディングは正直キツかった(待ち時間も合わせると5時間くらいです。)けど参加してホントに良かったです。(^^♪
それにしてもやっぱりライブハウスでのライブは良いですね。
音も良いし近くで観れますし。久々に栄昇さんの表情を観ながら曲を聴けました。
「バナナがある限りまたやる」って言ってたので、その時は僕もまたバナナに来たいと思います。
そうそ、帰りは速攻で入り口に向かい、ゆっきーのCDを買いました。
(ずっと欲しかったんです。)
枚数限定なんて言ってたので焦ってCD売り場に行ったけど余裕で買えました。(笑)
しかし・・・あまりに急いでいたためドリンク券を替えるのを忘れました。大失敗。(ーー;)
まあ、ゆっきーからサイン&握手もしてもらえたからイイっか~。
失敗はあったけどライブの内容も良かったし大満足な夜でした。(^^♪
ゆっきー

ピーマン。(ーー;)

出かけてる間も時間をみてくだらない日記を書いてます。
今も、休憩中のまんが喫茶より書いてます。

今日も「木曽路」で昼食を食べました。(完全に気に入りました。)
行くのが遅くて既に、おからが少ししか残ってなかったんですが(残念)・・・その代わり昨日は無かった八宝菜がありました。
中華の餡かけ系、好きなんですよ・・・僕。(^^♪
白菜の餡かけって美味しいですよね。
と言う訳で出来立ての熱々の八宝菜を皿一杯に盛ったのでありました。
ところが全て白菜だと思っていたら・・・デカイ(半切り状態の)ピーマンが入っているではありませんか。
さぁ~困った。ピーマン大嫌いなんです。(ーー;)
しかしシステム上、残すわけにはいかない・・・。
そのとき僕が取った行動はピーマンを口に入れ味噌汁でイッキに飲み込んだのでありました。デカクてさすがにキツかったです。(笑)
そんな感じで今日もお腹一杯食べたました。
周りの人の食べ具合みてると僕って大食漢のほうかも・・・。
今も満腹状態なんで今日も昨日と同じでこの1食で済みそうです。
ホントにくだらない話でスミマセン。書くなよ!!って感じだよね。(笑)

【ライブ】3/28BEGIN@大阪フェスティバルホール

ども。
不在中もたくさんのアクセスありがとうございます。m(__)m
さてさて昨日のライブの感想です。
昨日は大阪フェスティバルホールでBEGINのライブを観てきました。
セットリストはまたコメントに書いておきますので観たい方だけ観てください。
知りたくない方は間違ってもコメントはクリックしないでくださいね。

東京と1曲だけ変わってたけど基本的に流れは同じでした。
今回も3時間、たっぷりと楽しい良いライブでした。
"あの曲"はやっぱり笑えますし楽しいです。(^.^)
栄昇さんの喉の調子はこの日も好調でした。裏声も綺麗でしたよ。
ただ心配なことが1つ。
栄昇さん、頑張りすぎで最後のほうは声が、かすれ気味でした。
今日のバナナホール、沖縄での声の調子が心配です。
ライブの感想はあまり書けないのでフェスティバルホールの感想を。
とっても綺麗な会場ですね。
東京厚生年金会館よりも横が広いですね。
音はホールの大きさ、場所の違いや個人の好みがあるけど僕は東京厚生年金会館の音のほうが好みでした。

ライブ後はマイミクさんのやってるお店で朝4時半まで飲んでました。
始発で帰えっちゃったよ。(笑)
あまり飲めないのに長居させてもらってスミマセンでした。
色んなライブDVDを観せて頂いてとても楽しかったです。
初めて観たBBキングの歌声には圧倒されました。
帰ったらCDをレンタルして聴いてみようと思います。
さてさて、ちょっと眠いけど今日も楽しみます。

通天閣

通天閣
大阪に無事到着。
ホテルのチェックイン、1時間前に着いちゃったので周辺を散歩してます。
初めてホテルの逆側に行ってみました。
そしたらあの有名な通天閣があ~るじゃあ~りませんか。
何回も来てるのに初めて知りました。(笑)
あとTV撮影なんかもしてましたよ。
今日の大阪は肌寒いですがイイ天気です。
そろっとチェックインの時間なんでホテルに向かいます。

16時半 追記

お昼はマイミクさんとランチしました。
6ヶ月ぶりの感動の?再会でした。(^^♪
マイミクさんオススメの「木曽路」ってお店に行きました。
大阪に来て色んなお店を紹介してもらいましたが個人的にはココが一番良かったです・・・ってか自分に合ってます。
ココはお昼がバイキングスタイルなんです。
ハンバーグ、コロッケ、肉じゃが、ソーミンチャンプルー、おでん、ポテトサラダ、野菜炒め、シュウマイ、おから、ロールキャベツ・・・・等々、豊富なオカズの種類が食べれて嬉しいです。
僕は久々に食べた、おからが懐かしくて妙に嬉かったです。(^^♪
味もどれも美味しいです!!
ご飯は白めしかカレーライスを選べます。
もちろん僕は・・・千葉真一。(笑)
こんだけ色んな料理が食べれて料金は男500円、女400円っと安い!!
ただしお店が狭いのと少しでも食べ残すとペナルティとして料金が倍額になります。
いや~、危ない、危ない、欲張りすぎて危うく残すところでした。
まだ食べたいのはあるのにお腹に入らない・・・。(ーー;)
こうゆう時、大食感の人が羨ましいです。
クソ~、こうなりゃ明日また行ってみるかなぁ~。(笑)
場所は大阪駅のヨドバシカメラ側の食堂街の2階の一番奥にあります。
(うーーん、上手く説明出来ない、マイミクさん、後でフォローお願いします。誰かバレるやん。(笑))
サモやん、お気に入りのお店が出来てしまいました。

その後、はち切れそうなお腹を抱えて地上31階にある見晴らしの良い喫茶店でBEGIN話に花が咲いたのでありました。(^^♪
今はマイミクさんと別れて、まんが喫茶で休んでます。
さてと後、少ししたらライブのあるフェスティバルホールへ向かいたいと思います。

【映画】ママが泣いた日

ママが泣いた日 ママが泣いた日
ケヴィン・コスナー (2007/01/12)
日活
この商品の詳細を見る
ママが泣いた日 05年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・ジョアン・アレン、ケヴィン・コスナー、エリカ・クリステンセン、エヴァン・レイチェル・ウッド、ケリー・ラッセル
本作で脚本と俳優も兼ねるマイク・バインダー監督が、両親の離婚という実体験を生かして撮った家族再生の物語。
父親が失踪後の母と4人の娘たちの葛藤を描く。
夫に裏切られた反動で怒りっぽくなる母を演じたのは、『きみに読む物語』のジョアン・アレン。
その娘たち役には『フライトプラン』のエリカ・クリステンセンを筆頭にハリウッドの若手女優が勢ぞろいした。
傷ついた女性たちの心の移ろいが丁寧に描き出されている。
ある日テリーは夫が家を出たことに気づき、彼が秘書と駆け落ちしたと思いこむ。
彼女は大学から帰省中の長女ハドリーや三女アンディらに怒りをぶつけてしまう。そんなとき酒浸りの彼女を、元野球選手の隣人であるデニーが土地の開発のことで訪れ……。
(シネマトゥデイより)

DVDレンタルにて鑑賞。
うーーん、何が言いたいのかが良く分からない映画でした。
辛抱強く2時間も観たのに・・・・。(ーー;)
キャストは良かっただけに勿体無い!!
ジョアン・アレン好きだし、「サーティーン」で印象的だったレイチェル・ウッドも良かったし、ケヴィン・コスナーの姿も久々に拝めたし・・・。
しかしケヴィン・コスナー、お腹の出たオジサンになっちゃったなぁ・・・。(ーー;)

【映画】博士の愛した数式

博士の愛した数式 博士の愛した数式
寺尾聰 (2006/07/07)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る
博士の愛した数式 05年日本 オススメ★★☆
出演・・・ 寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子
小川洋子原作の同名小説を映画化。
タイトルどおり数学の「数式」が登場するのだが、できあがった映画は“理系”よりも“文系”の印象。全編に、メランコリックで心地よい空気感が漂っている。
交通事故の後遺症で、80分しか記憶が持たない博士の元に、新しい家政婦がやって来る。
やがて彼女の息子も訪ねて来るようになり、博士は息子の頭の形から彼をルート(√)と呼び、3人の絆は深まっていく。
物語は、成長して数学教師になったルートが、授業で教えるシーンと並行して進んでいく。
「素数」「完全数」といった数学嫌いの人には頭が痛くなる単語も、博士のシンプルな説明で、すんなり耳に入ってくるから不思議。
それは大人になったルートの授業でも同じで、演じる吉岡秀隆の真摯な教師ぶりに引き込まれるのだ。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
これって確か大ヒットしましたよね? 信じられない。(笑)
全編、淡々とした演出で何の盛り上がりもなく終わってしまいます。(ーー;)
救いはラストシーンでしょうか・・・。
80分しか記憶が持たないってのを想像して観てると、どうなるんだぁ???って思うんだけど記憶が無くなる変わり目みたいのは描いてないんで肩透かしを食らいます。
これなら敢えて80分にする必要もなく・・・記憶が1日しか持たないって設定でイイんじゃないの?って思いましたね。
博士も全く驚いた感じもないし記憶があるような感じだしさぁ・・・。
主人公が記憶が無くなるって言う、とまどいとかは同じ記憶障害物の「50回目のファースト・キス」のほうがきちんと描いてると思います。
ところで吉岡くんがやってたのは何の授業なんでしょ?(笑)

【映画】イーオン・フラックス

イーオン・フラックス スタンダード・エディション イーオン・フラックス スタンダード・エディション
シャーリーズ・セロン (2006/09/27)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る
イーオン・フラックス 05年アメリカ オススメ★
出演・・・シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー、ソフィー・オコネドー、アメリア・ワーナー
品種改良によって発生したウィルスにより、人類の99%が死滅した2415年の世界。
だが生き残った500万人の人類は、汚染された外界とは壁で隔てられた都市ブレーニャで圧制されながら暮らしていた。
そんな政府に抵抗する反政府組織“モニカン”。そんな“モニカン”のひとり、イーオン・フラックスはブレーニャの支配階級の暗殺を命じられる…。
『モンスター』でオスカーを獲得したシャーリーズ・セロンが、4か月にも及ぶ肉体訓練を経て、アクションヒロインを熱演したのが本作。
もともとバレリーナを目指していたセロンだけあって、その柔軟性の効いたアクションはすごい。
アクションの演出のキレが今ひとつ悪いのが本当に残念なほど。
でもアジアンテイストを効かせた、かなりユニークな未来像など、未来カルチャーの面は見ごたえあるぞ。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
ハハハ。やっぱり観るんじゃなかったです。
近未来アクション。一番苦手なジャンルでした。(ーー;)
しかも何かチープなんですよね・・・CGとかがね。
安っぽい「マトリックス」って感じです。
途中で観るのを止めようかとも思ったけどシャーリーズ・セロンなんで我慢して最後まで観ましたよ。
セロンちゃん、オスカー獲った後にこんなの出ちゃダメダメ。(笑)
動きがスローモーだしアクション映画には向いてないと思うよん。

【映画】連理の枝

連理の枝 連理の枝
チェ・ジウ (2006/09/06)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る
連理の枝 06年韓国 オススメ★★★
出演・・・チェ・ジウ、チョ・ハンソン、チェ・ソングク、ソ・ヨンヒ
TV「冬のソナタ」でブレイク、韓流ブームをひっぱったスター女優チェ・ジウ主演の話題作。
離れがたい男女の愛を、2本の枝が絡み合って1つになった“連理の枝”になぞらえて描いたラブストーリー。
ゲーム会社の青年CEO・ミンスは、金も才能もルックスも揃った女性の憧れの的。だが彼にとっては仕事も恋も単なるゲーム、本気になるものではなかった。
ある日、彼は雨に立ち往生する女性ヘウォンを病院まで送ることになり、さっそく口説こうとするが、彼女はさっさと姿を消してしまう。
落胆するミンスだったが、彼女は車に携帯電話を忘れていた。電話を手がかりに彼女を探すミンスは、ヘウォンがその病院の入院患者であり、お茶目さでみんなの人気者となっていることを知る。純粋で明るい彼女と接するうち、これまでになかった感情を芽生えさせるミンス。
ヘウォンも次第に彼に惹かれてゆくが、彼女には恋に落ちることのできない理由があった…。
(WOWOWオンラインより)

WOWOWにて鑑賞。
チェ・ジウ主演の泣けると噂の映画です。
確かに切ないストーリーでした。
てか・・・不幸すぎ。(ーー;)
でもねぇ・・・不思議と後味は悪くなかったです。
映画は前半の軽い明るい感じが一転して後半シリアスになります。
ストーリーと言い、この辺の変わり方と言い、僕は「私の頭の中の消しゴム」とイメージがダブりました。
チェ・ジウは良かったですよ。相変わらず綺麗でしたしね。(^^♪
彼女の作品は安心して観れますね。
チョ・ハンソンはTMネットワークのT宇都に似てました。
(ホントはゴレンジャーのミドレンジャーの人にそっくりなんだけど・・・そんなこと言っても分かる人居ないんで・・・(笑))

【映画】オール・ザ・キングスメン

オール・ザ・キングスメン オール・ザ・キングスメン
ブロドリック・クロフォード、ジョン・アイアランド 他 (2007/01/24)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
オール・ザ・キングスメン 49年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ブロデリック・クロフォード、ジョン・アイアランド、マーセデス・マッケンブリッジ
ロバート・ペン・ウォーレンのピューリッツア賞受賞小説をロバート・ロッセン監督が映画化した社会派ドラマである。
政界の浄化に燃えて市長選挙に出馬したウィリーが、二度の落選を経てようやく当選するが、その過程で彼は手を汚していき、権力の座に着くや金権政治の亡者と化して堕落していくさまを、友人の新聞記者の眼で捉えていく。
古今東西いつの時代も変わることのないテーマ性を持った骨太の快作だが、戦後まもない時期の日本では、こうしたアメリカの恥部を描いた社会派映画が公開されるはずもなく、長らく未公開のままだったが、ロッキード事件など汚職事件たけなわの1976年にようやく初公開されて話題を集めた。
ロッセン監督自身も50年代に入るや、ハリウッド赤狩りの犠牲となっている。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
アカデミー賞の放送ってことで久々にこんな古い映画を観ることが出来ました。
(ハハハ。かなり前に観てます、これ。)
作品 / 主演男優 / 助演女優賞を受賞した作品です。
正直で腐敗を許せない正義感の男が権力を掴むと人間が変わってしまうと言う話です。
うーーーん、微妙。
登りつめる過程の前半は面白かったけど・・・権力を握ってからの後半が長すぎですね。
ラストも僕好みじゃなかったのもイタイ。
やっぱり悪者は法で裁かれて欲しいよなぁ・・・。

行ってきま~す。

只今、ジタバタしてます。
あと何時間後には出かけないといけないと言うのに・・・未だに支度が出来てません。
マジで大丈夫かいな?ブログなんか書いてる場合じゃないっちゅーーの。(笑)
てな感じでジタバタしてますが今日、日付が変わり次第、出かけま~す。
大阪~沖縄、5日間、音楽の旅です。(^^♪
5日間で3本のライブを観てきます。
全てBEGINのライブです。(笑)
ライブも楽しみなんだけど大阪、沖縄っとミイミクさんに会えるのも楽しみです。
東京で会ったばかりの人も居れば(笑)、半年ぶりに会う人、1年以上ぶりに再会の人も居ます。
ホントに楽しみです。(^^♪
ただ不安なのが自分の体調が・・・風邪気味です。(ーー;)
気合で・・・じゃない薬飲んで乗り切りたいと思います。(笑)
えーーーっと、出かけてる間ですがタイマー投稿にて毎朝7時ジャストに映画記事をUPするように設定しました。
アメリカ、日本、韓国、白黒映画、久々の★映画とラインナップは色々です。
不在の間も、見てくださいね。(^^♪
僕も時間と暇(同じか。(笑))とやる気があればホテルのパソコン又は携帯から記事書きたいと思ってます。(笑)
では、気を付けて行ってきま~す。


【映画】サーティーン あの頃欲しかった愛のこと

サーティーン あの頃欲しかった愛のこと サーティーン あの頃欲しかった愛のこと
葛城七穂、佐々木優子 他 (2006/01/13)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る
サーティーン あの頃欲しかった愛のこと 03年アメリカ・イギリス オススメ★★☆
出演・・・ホリー・ハンター、レイチェル・ウッド、ニッキー・リード、キップ・パルデュー
13歳でドラッグとセックスを覚え、人生を踏み外していく…。
赤裸々な実体験を映画化した本作は、主人公のモデル自身が脚本に参加し、さらに友人役で出演もしたという点が異例だ。
彼女の名は、ニッキー・リード。
映画のなかでは、主人公トレイシーを誘うイーヴィ役で小悪魔的な魅力をかもし出している。
何より、自分の痛々しい過去を告白する彼女の勇気に圧倒されるだろう。しかも監督は、ニッキーの実父と不倫関係にもあった女性ということで、「衝撃」という単語では収まらない問題作である。
もともとはシャイで道徳的な13歳が、友人によって変貌する過程は、実体験に基づいているだけあってリアルだ。
ボディピアスを開けるシーンなどは目を背けたくなるほど。
トレイシーだけでなく、彼女の母のドラマも複雑。
年下のドラッグ中毒のボーイフレンドとの関係が切実で、ホリー・ハンターの名演技が、母親の苦悩をひしひしと伝える。
これは極端な例だろうが、改めてアメリカのティーンとその家族の実態は、日本では想像もつかない激しさがあると、背筋が凍る1作である。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
1人の素直な少女がどんどん落ちていくと言う、観ていて重い作品でした。
母、父に愛されてないのでは?と言う不安から手首を切り自分を傷つけるトレイシー。
現実逃避から学園の人気者イーヴィと付き合うようになり、万引き、ドラックとどんどん落ちて行くんです。
ラストは母の愛を確認したのかな?って思わせるんですがハッキリとではなく曖昧な感じで終わってしまったのが残念でした。
でも映画になるって事は立ち直ったってことですよね。(^^♪
母親役のホリー・ハンターが好演していました。

【映画】涙そうそう

涙そうそう スタンダード・エディション 涙そうそう スタンダード・エディション
妻夫木聡 (2007/03/23)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る
涙そうそう 06年日本 オススメ★★★
出演・・・妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史
舞台は沖縄。義父の失踪、母親の死から、義父の連れ子のカオルと生きていくハメになった洋太郎。
ひと足先に本島でひとり暮らしをしていた彼は、高校に合格したカオルとふたり暮らしを始めることに。だが喜びもつかの間、洋太郎は詐欺に遭ってしまい…。
物語自体はそれほど大きな起承転結があるわけではないし、どちらかといえば王道系な内容でもある。
そんな中で何がおもしろいかといえば、血の繋がらない兄と妹のさざ波のような微妙な感情の揺れ具合。
家族としての愛、男女としての愛…そんなものが混ぜこぜでファジーな感覚で突き進み、相手のことを思いやるあまりに本音を言えない感覚がリアルに伝わってくる。
そう、これは元来の日本人の美徳であった“思いやり”精神にあふれた映画で、久々の日本映画らしい日本映画なのだ。
(Amazomレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
日本アカデミー賞で妻夫木くん、まさみちゃんがノミネートされていたヒット映画です。
この映画を観た理由は何を隠そう、BEGINの♪三線の花、が挿入歌に使われているからです。(笑)
感想。
ちょっと長すぎて途中、中だるみしてる感は否めないんですけど・・・それでもなかなか面白かったです。(^^♪
これは、やっぱり主演の2人の魅力だと思います。
血の繋がらない兄妹って言うとアニメ「みゆき」を思い出しちゃうんですけど結末は全く違ってます。
なにせタイトルが「涙そうそう」ですから・・・。
「涙そうそう」の出来た背景や詩の内容を考えれば結末は容易に分かっちゃいますね。(ーー;)
泣けると噂のこの映画。ただせさえ涙もろい僕は泣いたか?
意外や意外、このまま1回も泣かないかなって思ったら最後にヤラれました。
あのシチュエーションで♪涙そうそう、が流れる・・・やっぱり泣けます。(笑)
ちなみに挿入歌のBEGINの♪三線の花、は1回だけ・・・それもちょっとだけでした。(でもこのアレンジ、イイなぁ。)
まあ、確かに挿入歌だけどさぁ~短すぎだよなぁ・・・。(ーー;)
えーーっと、評価★★★なら普通は残さないんだけどBEGIN関係だし何より長澤まさみちゃんがカワイイので残します!!(笑)
"セカチュウ"の時はヒロインはTV版のほうがカワイイなんて思ってたけど・・・オジサン、ホントに見る目が無かったです。(笑)

紅盤  斉藤和義

紅盤(初回限定盤)(DVD付) 紅盤(初回限定盤)(DVD付)
斉藤和義 (2007/03/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

紅盤  斉藤和義
1. ベリーベリーストロング~アイネクライネ~
(作家・伊坂幸太郎とのコラボレーション曲 このアルバムの為に書き下ろされた短編小説「アイネクライネ」にインスパイアされて制作された楽曲)
2. 恋と愛がある国で(森 雪之丞・歌詞コラボ)
3. スローなブギにしてくれ (I want you)(南 佳孝曲カヴァー)
4. ジェラス・ガイ(ジョンレノン曲カヴァー、日本語詞:斉藤和義)
5. 君は僕のなにを好きになったんだろう(一倉 宏 歌詞コラボ)
6. らくだの国(PUFFY提供曲セルフカヴァー&キセルアレンジ)
7. 天使の遺言(早川義夫曲カヴァー)
8. 真夏の果実(サザンオールスターズ曲カヴァー&BONNIE PINKデュエット)
9. キャンディ(原田真二曲カヴァー)
10. ダーリング(沢田研二曲カヴァー)
11. ベガ(キセル曲カヴァー)
12. 君に会うまでは(浜田省吾曲カヴァー)
13. ウエディング・ソング(一倉 宏歌詞コラボ)
14. ウエディング・ソング~ブライアン斉藤とメイ和義バージョン~

最近「オキナワン フール オーケストラ」ばっかり聴いてて他のアルバムが聴けない状態なんですが本日ようやく21日に出た、せっちゃんのアルバムを聴きました。
はっきり言います!!このアルバムは特典DVD狙いで買いました。(笑)
だって昨年のツアーの模様が1時間収録なんですよ。
美味しすぎです。(^^♪
てな、感じでCDのほうはカバー・アルバムだって思ってたこともあって♪ウエディング・ソング、が聴けるって以外はあまり期待してなかったんです。
ところが・・・・。聴いたらこれが良かったです!!
カバーもあるけど全てではなく、せっちゃんの書いた曲もちゃんと収められてました。
正確には"カバー"じゃなくて"誰かとのコラボ"って言うコンセプトのアルバムだったようです。
ハードなロックナンバーからアコースティックな弾き語り曲まで・・・バンドサウンドでガンガン弾くライブとアコギ1本で弾き語りライブが出来る斉藤和義の2つの魅力が1枚で楽しめる内容になってます。
まず1曲目の♪ベリーベリーストロング~アイネクライネ~、がめちゃめちゃカッコ良いロックナンバーです。(このアルバムで一番のオススメ曲です。)
最近の、せっちゃんの曲では文句なしに一番カッコ良い曲です!!
カバーじゃない曲がどれも良い曲でした。
カバーではジュリーの♪ダーリング、オリジナルも好きな浜省の♪君に会うまでは、ジョン・レノンの名曲♪ジェラス・ガイ、が良かったです。
そして最後は最新シングル♪ウエディング・ソング、で締めくくられてます。
インストの♪ウエディング・ソング、もなかなか良かったです。(^^♪
ああ、ヤバイ・・・ライブ行きたくなってきたよ。
ステンディング・ライブだから止めようかと思ってたけど頑張って行ってみようかなぁ~。
そんな気持ちにさせるアルバムでした。
この内容で初回DVD付が3200円、通常盤が2500円ですよ。
これは絶対に買い!!なアルバムですよ。(ビクターの回し者ではないです。(笑))


ビクターのサイトにて試聴が出来ま~す。
良かったら聴いてみてください。(^^♪
http://www.jvcmusic.co.jp/saito/music.html

怖い。(ーー;)

今、かなりデカイ地震がありました。
まだ心臓がドキドキして手が震えてます。
こんなに揺れたのはあの中越地震以来です。
忘れかけてた嫌な思い出が蘇ってきました。
めちゃめちゃ不安です。(ーー;)
ご心配されてると悪いので、このブログで僕が無事なのを報告しときます。

時間がない・・・

今週の火曜日の深夜から大阪→沖縄BEGINライブ観るぞツアー(勝手に命名)に出かけます。
で、その準備にやることが多すぎてパニくってます。(笑)
【旅行の支度】
まだ全然していません。
いつもとおり日数分の下着を持って行こうかな・・・。
それとも荷物を少なくする為に初めてコインランドリーに挑戦してみようか。(使えるか不安。(笑))
カメラ、MP3プレイヤー等々の充電もしときゃなきゃだし充電器も忘れずに持って行かないとね。
そうだ、今回、初めて飛行機はマイル特典で行くんですけど・・・特に変わったことはないんですよね?
いつもとおりカードを機会に通せば航空チケットが出てくるんですよね?
これが一番不安です。

【CD、DVDコピー】
やっぱり会えるときに手渡ししたいですからね。
これから頑張って焼き増しします。(^^♪

【HDDの整理&タイマー録画】
5日間も居ないとその間のTV番組のタイマー録画が大変です。
スカパー、BSだけでも結構あるのに・・・これから地上波もチェックして洩れなく予約しなくちゃです。
ラジオおーりとーり~がちゃんと録音(受信状態)出来るかが一番不安です。
それに伴って・・・その録画する分のHDDの容量を空けなくてはイカンのです。(残り容量が結構少ないのです。)
今、HDDに残ってるの殆どが映画。
出来るだけ観て、それでも足りなければRAMにムーブして空けなくちゃダメです。
これが一番時間的にキツイです。
今日は可能な限り、映画観ますよ!!(笑)

実質、時間的には今日と明日の2日しかないんですよね。
明日は仕事だし今日中には支度の目途を付けなくちゃって感じです。
ああ~忙しい。(ーー;)

今日の1曲。
♪潮時 BEGIN
先日のライブで生で聴いてとっても良かった曲。
オールドテイストな曲で最初はあまり好きじゃなかったけど今は大好きな1曲です。
一昨日、昨日と映画を観に行く道中、この曲と♪あとからな、をリピートして聴いてましたよ。
珍しく低音で歌う栄昇さんの声が素敵です。
♪ああああ~、そろそろ潮時かな・・・僕もね。(笑)

【映画】ホリディ


ホリディ 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック、イーライ・ウォラック、エドワード・バーンズ、ルーファス・シーウェル
恋に破れた2人の女性同士が、家や車を交換する“ホーム・エクスチェンジ”を試み、人生を開花させていくロマンチックコメディ。
主演は『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのキャメロン・ディアスと『タイタニック』のケイト・ウィンスレット。
彼女たちがそれぞれ恋に落ちる男性をジュード・ロウとジャック・ブラックが演じる。
監督は『恋愛適齢期』のナンシー・メイヤーズ。豪華キャストの好演と小粋でロマンチックな展開が堪能できる。
ハリウッドの映画予告編製作会社の社長アマンダと、ロンドン郊外に住む新聞記者のアイリス。クリスマス直前になってそれぞれ恋に破れた2人は、ネットを介して“ホーム・エクスチェンジ”をすることに。アマンダはロンドンに、アイリスはビバリーヒルズに旅立つが……。
(シネマトゥデイより)

映画館にて鑑賞。
どーーーーーーです、この豪華キャスト。
これで面白くないわけがない!!のハズだったんですが・・・。
う~ん、なんでこうなるの?的な・・・ホントに微妙な出来でした。(笑)
決して詰まらなくはないんですが、このジャンル(ロマコメ)としては平凡な出来になってます。
ロマコメの割りに上映時間が長く、演出の歯切れも悪くて感動も薄かったです。
たぶん、舞台が2つに分かれてるのが長くなった原因かなぁ・・・。
あとは話の設定がクリスマス・シーズンなんですけど、3月下旬に観てもなぁ~って感じです。(笑)
きっと全米ではクリスマス・シーズンの公開だったんでしょうね。
悪いことばかり書いてますが良かったことも書きますね。
救いは、やっぱり豪華キャスト!!
ケイト・ウィンスレットとジャック・ブラックのカップル、良かったです。
ケイト・ウィンスレットは「タイタニック」の頃よりもずっと綺麗で魅力的になりましたね。(^^♪
キャメロンが霞んじゃってました。
ジュード・ロウも久しぶりにナイスガイを演じててカッコ良さ爆発!!って感じでした。

【映画】ドリームガールズ


ドリームガールズ 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローヴァー
トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した極上のエンターテインメント作。
コーラスガールの女性3人組が歩んだ成功と挫折の物語を、数々の名曲に載せて描き出す。
『シカゴ』で脚本を担当したビル・コンドンが監督と脚本を担当し、コーラスガール役にはグラミー賞受賞者のビヨンセ・ノウルズがふんする。
共演者にはジェイミー・フォックスやエディ・マーフィなどの人気と実力を兼ね備えたスターが顔をそろえる。
ビヨンセ率いるコーラスガールたちが披露する歌声と魅惑的なパフォーマンスは圧巻。
(yahoo映画 解説より)

映画館にて鑑賞。
昨日、先週のリベンジ!!って感じで観てきました。
事故現場あたりは、またなったらシャレにならんなってことで緊張しました。(笑)
で、感想。
2回も三条に出向いて観るほどでもなかったです。普通でした。
中途半端なミュージカルって印象です。
今、解説を観て知ったんですけどこの映画も舞台の映画化なんですね。
それでミュージカル仕立てになってたのかぁ・・・。
話がショービジネスの話なんでステージで歌うシーンが多くてそれは観てて良かったです。
僕は音楽好きなんでライブ観てるようで楽しかったです。
しかも曲がソウル。歌う人も皆、歌が上手くて良かったですしね。
でも普通の会話のシーンを歌うシーンがなぁ・・・回数が少ないのが逆に浮いて観えて・・・。
ミュージカルじゃなくて音楽映画にしたほうが良かったと思うんですけどね。(あくまでも僕の印象ですけど。)
あとストーリーがジメジメしてて・・・。
登場人物も嫌なヤツ率が高くて、観てて良い気分ではなかったです。
特に主演のジェイミー・フォックスの役がムカつきました。(ーー;)
あっ、この映画でオスカー助演女優賞を獲ったジェニファー・ハドソン。
噂とおりの歌唱力で迫力満点のパフォーマンスでした。
でもイイのかオスカー。最近は歌が歌える役者が受賞確率高いような気が・・・。
ちなみに僕はビヨンセのほうが好みで~す。(笑)
オスカー受賞は逃したけどエディ・マーフィも良い演技してました。
でもさすがに歳食ったね、エディ。
あとは久々に観た、いかりや長さんが良かったです。(笑)
この人、くらいだよ・・・この映画で良い人だったのは。(^^♪


さてさて、そろっと出かけます。
どこへ? 三条で~す。今日も映画観てきまーーす。(笑)
スタンプが3個溜まってどれでも1200円で観れるので明るいうちに観てきま~す。(笑)
チケットは昨日序に買いました。
観るのはマドンナの曲と同じタイトルの映画です。
キャストがめちゃ豪華なので楽しみです。
観たらまた感想UPしまーーす。

【映画】公共の敵

公共の敵 公共の敵
ソル・ギョング、 他 (2006/08/25)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る
公共の敵 02年韓国 オススメ★★★
出演・・・ソル・ギョング、イ・ソンジェ、キム・ソンボク、チョ・ヨンウク、ク・ボナン
「シルミド/SILMIDO」に先立って、カン・ウソク監督とソル・ギョングが強力コンビを組み、母国・韓国で300万人の観客を動員する大ヒットを記録。
カン刑事は、人一倍鋭い直感と嗅覚だけを頼りに行動する一匹狼のはみだし刑事。
ある雨の晩、彼はレインコートの男と路上でぶつかり、相手にナイフで切りつけられて刺し傷を負うハメに。
後日、その現場近くで、老夫婦がナイフで滅多刺しにされた挙げ句、腐乱死体となって発見される。事件を担当することになったカンは、被害者の息子のエリート証券マン、チョこそ親殺しの犯人に違いないと直感し、彼のあとを執拗に追うのだが…。
(WOWOWオンラインより)

WOWOWにて鑑賞。
久々の韓国映画です。
感想。面白かったですよ。
殺人が起こるまでの前半がちょっと長すぎるかな・・・って気はするけど後半は面白かったです。
最初は公共の敵だった刑事が最後は民衆の盾になると言う良く出来た映画だと思います。
ただ残念なのはバイオレンス・シーンが凄くて・・・ここまでやるかぁ~って感じでした。
韓国ものは結構、やりすぎじゃない?ってのがありますよね。
「氷雨」のイ・ソンジェ(だよね?)が残忍な犯人役を好演してました。
ただ主人公の刑事役のソル・ギョングと顔が似てて・・・最初、どっちがどっちかで迷いましたよ。(笑)
ソル・ギョングは日本で言うと赤井秀和みたいな感じでした。

PS
感想は書いてあるのに未UPの映画があと14本もあるんでどんどんUPしますよ。
って・・・来週出かけて書けないから公開予約設定しておこうかな・・・。(笑)

これって普通じゃない?

yahooトピックスの記事より

【「読み逃げ」という言葉をご存じだろうか。
SNS「mixi」で、友人のページを訪問して足あと(アクセス履歴)を残しながら、日記にコメントを付けたりメッセージを送ったりせずに無言で立ち去ること――いわば日記を「ROMる」行為を非難する言葉だ。
足あとを残して“逃げる”ため「踏み逃げ」とも呼ばれる。

最近、読み逃げや踏み逃げを失礼だと考えているユーザーが増えているようで、mixi日記やプロフィールで「読み逃げ禁止」を堂々と宣言したり、読み逃げを非難する人も現れている。読み逃げを許さない「地雷バトン」という名のバトンも流行中だ。

一方で「特筆すべき感想がなければ、コメントは残さないのが普通では」「読み逃げという言葉自体に違和感を感じる」「ROMることの何が悪いか分からない」と、読み逃げを容認する人も多く、“読み逃げ禁止文化”に対する困惑が広がっている。

●読み逃げは失礼なのか?
「マイミクの1人に、自分の日記を読み逃げされている。いったい何を考えているのか」――先週末、ユーザーが質問・回答するサイト「OKWave」に投稿されたこんな質問が、ネット上で話題になった。
回答には「確かに失礼で常識がない人ですね」「そんな人はアクセス禁止にしてしまいしょう」など、「読み逃げは非常識・失礼」とする立場からの意見が多く寄せられた。

mixi日記で「読み逃げ」を検索してみると「最近忙しくて、みんなの日記を読み逃げしてごめんなさい」などと、読み逃げを謝罪する内容の書き込みが多く見付かった。「読み逃げ禁止」「素通り禁止」と書かれた日記やプロフィールもたくさんあり、足あとを付けた人が書き込むための日記エントリー「足あと帳」を作って「素通り禁止」などとコメントを強制しているユーザーもいた。】


これってマジっすか・・・。
ごく普通の行為だと思ってました。
ブログ書いてる僕から言わせると見てくれるだけでありがたいって思いますけどね。
ミクシイ経由で足あと残してくれると嬉しいですもん。
変なの・・・。(笑)

ビリーが観れる。(^^♪


スカパーガイドより
4/14 23時~25時 フジ721 ビリー・ジョエル in 東京ドーム 2006.11.30

【番組紹介】
世代を超えて愛される名曲を世に送り出してきたメロディーメイカーにして、現代最高のシンガー、ビリー・ジョエル!
彼が昨年11月末に東京ドームで行った11年ぶりとなる日本単独公演の模様を放送する。
'70年代、'80年代、そして'90年代と世代を超えて愛される名曲を数多く世に送り出してきたビリー・ジョエル。今回のライブでも誰もが知るヒットソングばかり22曲を披露。番組ではその全曲を2時間にわたってお送りする。
全作品のトータル・セールス1億枚以上、TOP40ヒッツに33曲をランクインさせ、グラミー賞はノミネートが23回、受賞が功労賞を含め6回というまさに20世紀を代表するソングライター/メロディーメイカーにしてリアルタイムのスーパースター、ビリー・ジョエル。彼が久しぶりに日本のファンの前で披露した時代を超えて生き続ける名曲の数々をじっくりご堪能ください。

<オンエア曲>
1. Prelude / Angry Young Man
2. My Life
3. Honesty
4. The Entertainer
5. Zanzibar
6. New York State Of Mind
7. Allentown
8. Don't Ask Me Why
9. The Stranger
10.Just The Way You Are
11.Movin' Out (Anthony's Song)
12.An Innocent Man
13.Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)
14.She's Always A Woman
15.I Go To Extremes
16.The River Of Dreams
17.We Didn't Start The Fire
18.Big Shot
19.It's Still Rock And Roll To Me
20.You May Be Right
21.Scenes From An Italian Restaurant
22.Piano Man

はーーい、ビリー好きな僕としてはめちゃくちゃ楽しみです。(^^♪
僕の好きな♪The River Of Dreams、♪The Stranger、♪Honesty、のライブ・パフォーマンスが観れるなんて嬉しい!!

【映画】ソウ3

ソウ3 DTSエディション ソウ3 DTSエディション
トビン・ベル (2007/03/16)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る
ソウ3 06年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・・トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファデン、バハー・スーメク
『ソウ1』には、血まみれの蛆虫から美しい絹のかばんを作り出すような、低予算の映画に見られる用意工夫や隠された意図が感じられたが、『ソウ 3』は肉体と観衆をさらに怯えさせる新しい手法だけを追求した、中身のない流血映画のフランチャイズ作品になってしまっている。映画の冒頭で『ソウ2』の事件が解決してすぐに、狂人キラー、ジグソウを追跡する探偵は悪者たちのサディスティックゲームの標的になってしまう(酸入りのビーカーの下に置かれた鍵を手に入れないと逃亡不可能)。
病気がどんどん進行し、死に迫られるジグソウは、今回もショウニー・スミスが演じる助手に看病されている。
彼は延命処置を受けるために医者を脅迫する一方で、深い恨みを持つ男に復讐の無益さを思い知らせる拷問を行う。
映画はこの2つの話が同時に進行していく形だ。
『ソウ』1作目のクリエイター、ジェームズ・ワンとリー・ワンネルが脚本を担当。
前作の出来事に触れながら、続編へのつながりも準備するというシリーズ神話をしっかりと受け継いではいるが、もし次作も同じように一貫性がなく無意味な内容だったら、あまり見る気にはなれない。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
前作2でこのシリーズは切ったハズなんですが・・・
「100円&新作」ってことで気持ちがフラフラっと借りてしまいました。(笑)
感想。
そこそこ面白かったです。
ただし!!
まだ続くよって言わんばかりのラストがいただけない(これが完結編だとばっかり思ってました。)のと、気持ち悪い残酷シーンが多いのがマイナスです。(-☆)
あまりにグロテスクなシーンが多くて目を背けてしまいました。ホントに気持ち悪い。
強制的に見せられてたら、また気分が悪くなったと思います。(笑)
それほどグロいです。(ーー;)
あと「1」「2」の裏話が出てくるのでちゃんと「1」「2」の内容をちゃんと覚えてるほうが分かりやすいと思います。
僕は・・・はっきり言って前の内容は殆ど忘れてました。(笑)
まあ、でもキャストも「2」よりは良くなってるし確実に「2」よりは面白しろいです。

【ライブ】3/21BEGIN@東京厚生年金会館

3/21 BEGINの東京厚生年金会館ライブのセットリストをコメントに載せました。
この日、参加してセットリストが気になる方、予習のために曲目が知りたいって方等、見たい方はコメントをクリックして見てください。
知りたくない人は絶対にコメントはクリックしないでください!!

ちょっとだけ感想を書いときます。
3時間にも及ぶボリューム満点の楽しいライブでした。(^^♪
2年ぶりってこともあってかサービス満点でしたよ。
あと栄昇さんの声は絶好調でした。裏声も僕が聴いた中で一番綺麗に出てました。
ああ、あれもこれも・・・書きたいことはあるのに書けないってツライっすね。(笑)
これから行く方、期待してイイですよ!!

修理?購入?狂想曲③

月曜日。朝、修理に出してた板金屋さんから見積もりの電話が・・・。
な、な、なんと19万円で修理出来るとのこと。
あんなに、ひっ潰れてるのに信じられない安さに驚く。
なんでも中古部品を集めて直すらしい・・・。
ちょうどEDの価値も17万円くらい(6年以上の車は車両価格の10%が価値の目安らしい)なんで19万円なら満額、保険から出るかも。
保険の自分の過失が50%だとしても10万円以内で直せるってことだよね。
いきなり"修理"の2文字が頭の中を占領する。(笑)

しかし・・・フィットも捨てがたい。
EDは既に11年乗ってるし、直してもすぐ5月に車検が来るし、その分と保険で出る修理代を回してフィットを買ったほうがイイのではないか・・・。燃費もEDは倍は伸びるからガソリン代も節約出来るし。
悩む。迷う。悩んで仕事が手につかない・・・。(ーー;)
しかしそんなに迷ってる時間はない。新車は今日決めないと3月納車が難しくなるからです。
そこで、最後の判断として試乗させてもらって乗り心地で決めようと会社を上がった後、ホンダへ行きました。
そうなんです・・・僕って車屋さんに行って試乗させてもらったこと1回もないんです。
(なぜかって???それは僕の車選びは「価格と見た目」重視だからです。)
チェックポイントはただ1つ、1300ccの加速性。
加速がEDと同じくらいなら買うつもりでした。
乗ってみてすぐに・・・ああ、こりゃスゴイわ、1300ccとは思えない加速性にビックリ。
もう満足だったのですぐに戻っても良かったんだけど、「もう少し走りましょう」ってことで走ることに。
が・・・走ってるうちにだんだん違和感を感じてきました。
なんかシートが硬い。明らかにEDのほうが乗り心地が良い。(僕には合ってる)
あとはメーター類が丸くて色が白いのもなんか嫌。(爆)
試乗しているうちにどんどん買う気がなくなってきました。
だって、これだと良い気持ちで運転出来ないし運転してて確実に疲れる(あくまでも僕の印象)って思いました。さよなら~フィット。m(__)m
色々な車を見て迷った3日間だったけど、結局EDを直すことにしました。
燃費は悪いはキズだらけで歳食ってる車だけど、やっぱり僕はEDが好きなのだ!!(^^♪
っていつまでも乗れるわけじゃないですけどね。
なるべく長く乗れるように可愛がりたいと思います。
引っ張った末に修理かよ!!って突っ込まれそうですが結末は・・・また宜しくねEDってことで。(笑)

PS
車屋回りで一番、キツかったこと。
見積もりもらったのにお断りの電話をすることでした。
特に最後のホンダは試乗までさせてもらったのに・・・ホントに断るのが申し訳なかったです。
電話じゃなくてお店に行ってスミマセンってお詫びしました。

オマケ。
車は”顔が命”と思ってる(笑)僕が選んだイケメン・カーNO.1はこれ。
今は亡き「三菱ディアマンテ エスパーダ」

これ、ホントに良い顔してるよ。
なんで最近の車はライトが変な形してるんでしょうね?明らかに不細工顔だと思いますけど・・・。(笑)
ディアマンテ。当時(11年前)、欲しかったけど高すぎて断念しました。
1500ccでこの顔の車があったら絶対に買うね。

豚さんになってきます!!

さてさて、いよいよ明日から豚小屋楽団さんのツアーが始まります。
BEGINにとって2年ぶりのツアーでのライブ。
2年前の明日は急遽決まった万博公園のライブを観ていたんですよね。
う~ん、凄く懐かしいです。(^^♪
あれはホントに良いライブでした。
明日も楽しいライブになるでしょうね。
ライブ前の食事会も楽しみだし思い切り楽しんできます!!
そうだ・・・このツアー、マイミクさんから28日の大阪のチケを譲ってもらえることになったので大阪も参戦と相成りました。
遊びすぎ?(笑)
フェスティバルホールは音が良いと評判なので楽しみです。

あっ、この記事のタイトルはマイミクさんが日記で上手いタイトル付けてたんで僕も頂き!!ってことで真似っこです。(笑)
今日の朝、雪だった新潟も夕方には晴れました。
これで明日のバスの旅は順調に行くでしょう~。
順調に着いたら新潟産の豚さんは食事会まで新宿あたりで歌、歌ってるかもしれません。ナハハ。(笑)

あと、帰ってきたら新潟県民会館でのアンジェラ・アキのチケットが届いてました。
一応、チケット会社の先行発売で取れたけど会員じゃないし席は全然期待せずに明けました。ところが・・・明けてみると、なんと10列目のセンター!!
おっ、なかなか良い席ですよ、これ。(^^♪
席運が良くなってきたかなぁ~?(笑)
しかも武道館と同じくピアノ弾き語り単独ライブですって!!
アンジェラのライブが益々、楽しみになりました。(^^♪

修理?購入?狂想曲②

続いてホンダへ。
ホンダの「軽」はLIFE、ゼッツ。
もう心の中ではオッティに傾いていたので適当に見てました・・・。
が!!「軽」じゃない車に目が釘付け。
それがフィット。
これカッコ良いしイイなぁ・・・っと思いつつも「軽」じゃないし・・・この日はカタログを貰うだけで帰りました。

翌日。日曜日。
心の中ではフィットがだんだん大きくなってきました。
こうなるともうダメ。この段階で「軽」と言う選択肢は消えました。さよなら~「軽」。(笑)
インターネットで1300ccのコンパクトカーを検索してみることに。
で、トヨタ、ヴィッツとホンダのフィット、に絞りました。
早速、お店に観に行ってみることに・・・。
まずはホンダのフィット。
カタログでパールホワイト色があることを確認してたので、この色で見積もりをしてもらうことに。
見積もってもらったら、これがなかなか安い。好感触。
続いてヴィッツを観にメッツ・トヨタへ。
が!!しかしお気に入りのパール・ホワイトがない・・・さよならヴィッツ。(笑)
こうして2日目は心をほぼフィットに決めて帰ったのでありました。

つづく・・・。(笑)

【映画】16ブロック

16ブロック 16ブロック
ブルース・ウィリス (2007/02/02)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
16ブロック 06年アメリカ オススメ★★★☆
出演・・・ブルース・ウィリス、モス・デフ、デヴィッド・モース、ジェナ・スターン
日本で言うなら原宿~渋谷間ほどの距離にあたる、16ブロック先の裁判所まで、留置場から証人護送をすることになったNYの刑事ジャック。だがその証人が実は警察の不祥事を暴く輩だったことから、ジャックの仲間の刑事たちが証人を消そうと襲ってきて…。
簡単任務がとんでもない地獄の逃避行となるという物語。
主人公を演じるのがブルース・ウィリスだったため、『ダイ・ハード』的派手系アクションかと思いきや、もっと各々のキャラクターの人生ドラマが濃縮に詰まり、しかも『24』ばりにリアルタイムで進行するので相当にスリリング。
「人間は自分の努力次第で変われる」という不滅のテーマもキチンと織り込まれ、最後は観客にほっこりとした温かさをも感じさせてくれるあたりが素晴らしい。リチャード・ドナー監督の演出力を堪能せよ。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
いや~文句なしに面白かったです。
久々のヒット!!です。
2時間の間に証人を裁判所に届けるという簡単な任務のハズが証人されては困る悪徳警官から襲われることになり・・・。
リアルタイムで進行する展開が緊張感あってアッと言う間の2時間でした。
証人を送り届ける刑事が元祖ダイ・ハード・マン、ブルース・ウィリスですから・・・安心して観れました。(^^♪
刑事と証人の信頼関係も描いてあってバディ・ムービーとしても上々の出来だと思います。
こりゃ~面白かったよ・・・ホントに。
「ホステージ」で思い切りハズしてくれたブルース・ウィリスもこれで復活!!って感じですね。
やっぱり、リチャード・ドナー(「リーサル・ウエポン」「スーパーマン」「グーニーズ」など)って面白い映画、作る職人監督ですね。
さすがです!!

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード