FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場
ジョニー・デップ (2006/10/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
チャーリーとチョコレート工場 05年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デビッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター
監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール原作の人気ファンタジーの映画化。
ウォンカ氏が経営する巨大なチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待され、驚くべき体験をする。
ほぼ原作どおりの展開に、ウォンカ氏の幼少期のトラウマなど新たなエピソードが加わり、彼の人物像に深みが出た。
本作最大の面白さはバートンらしいブラック&シニカルなテイストだろう。
子どもたちの性格や運命は原作以上に強烈だし、おかっぱ頭のジョニー・デップの演技も異様なインパクトだ。
映像では、工場で働く小さな人々「ウンパ・ルンパ」や、クルミを割るリスたちなど、実写とCG、アニマトロニクスを駆使したマジカルな場面が必見。
工場内のツアーは、テーマパークのアトラクションのごとく進み、各ポイントでのカラフルで奇妙な風景は目に焼き付いて離れない。
自分にふさわしい題材を、うまく料理した映像で、バートンのひとつの集大成だと言ってもいいだろう。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
観る前に観た人から詰まらん、くだらんと酷評を聞いていたこの映画。
そのせいか全然期待してなかった分、意外と面白いじゃんってのが感想です。(笑)
ティム・バートン版「オズの魔法使い」って感じですかね。
もっと酷いのかと思ってました。
まあ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウみたいにカッコ良いジョニーを期待した人は裏切られたって感じでしょうね。
でもティム・バートンと組んだ作品のジョニーってどれも変わってる役だけどね。(笑)
「ネバーランド」では可愛くないって思ったフレディ・ハイモアも今作では可愛いって思えました。
っと・・・概ね好意的な感想書いてる僕ですが"ウンパ・ルンパ"だけはキモかったです。(笑)
スポンサーサイト



年に1度しか・・・

年に1度しか要らないモノ。
いろいろあるけど僕の中ではプリンターもその1つ。
この時期だけ必要になるのです。
そう、年賀状で~す。
今年、パソコンを変えてOSのバージョンが上がったため今持ってるプリンターは使えなくなりました。
今まで無くても困らなかったんで買わなかったんだけど、この時期になりプリンターを買おうか悩んでます。
地元の電気店で見てみたけど自分が買ったころに比べると安くて性能が良くなっるなぁ~って思いました。
でもハッキリ言ってプリンター、年賀状以外は必要なしです。
大抵のものは会社に持っていって出力(レーザーなんで綺麗だし)させてもらってるし写真は写真屋さんで現像派なんで使わないしね・・・ホントに普段は必要なしです。
って感じなんでスゴク安いプリンターでイイかな???とも思うんですが・・・。
今、人気の複合機ってのに魅力も感じます。
コピー機能があると便利かな?とも思うんで。
あとCDとかにラベル印刷出来るのもイイなぁ~って思います。
でも面倒くさがりだし・・・結局、使わないんだろうなぁ~。(インクも高いしね。)
ホント、やっぱりプリンターって年賀状以外必要ないわ。
そっか~、年賀状書かなきゃ買わないでイイんだ!!←おいっ。(笑)
とりあえず来週、東京に行くんで電気店まわりしてみよーーーっと。

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード