FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

【映画】チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場
ジョニー・デップ (2006/10/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
チャーリーとチョコレート工場 05年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デビッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター
監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール原作の人気ファンタジーの映画化。
ウォンカ氏が経営する巨大なチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待され、驚くべき体験をする。
ほぼ原作どおりの展開に、ウォンカ氏の幼少期のトラウマなど新たなエピソードが加わり、彼の人物像に深みが出た。
本作最大の面白さはバートンらしいブラック&シニカルなテイストだろう。
子どもたちの性格や運命は原作以上に強烈だし、おかっぱ頭のジョニー・デップの演技も異様なインパクトだ。
映像では、工場で働く小さな人々「ウンパ・ルンパ」や、クルミを割るリスたちなど、実写とCG、アニマトロニクスを駆使したマジカルな場面が必見。
工場内のツアーは、テーマパークのアトラクションのごとく進み、各ポイントでのカラフルで奇妙な風景は目に焼き付いて離れない。
自分にふさわしい題材を、うまく料理した映像で、バートンのひとつの集大成だと言ってもいいだろう。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
観る前に観た人から詰まらん、くだらんと酷評を聞いていたこの映画。
そのせいか全然期待してなかった分、意外と面白いじゃんってのが感想です。(笑)
ティム・バートン版「オズの魔法使い」って感じですかね。
もっと酷いのかと思ってました。
まあ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウみたいにカッコ良いジョニーを期待した人は裏切られたって感じでしょうね。
でもティム・バートンと組んだ作品のジョニーってどれも変わってる役だけどね。(笑)
「ネバーランド」では可愛くないって思ったフレディ・ハイモアも今作では可愛いって思えました。
っと・・・概ね好意的な感想書いてる僕ですが"ウンパ・ルンパ"だけはキモかったです。(笑)
スポンサーサイト



年に1度しか・・・

年に1度しか要らないモノ。
いろいろあるけど僕の中ではプリンターもその1つ。
この時期だけ必要になるのです。
そう、年賀状で~す。
今年、パソコンを変えてOSのバージョンが上がったため今持ってるプリンターは使えなくなりました。
今まで無くても困らなかったんで買わなかったんだけど、この時期になりプリンターを買おうか悩んでます。
地元の電気店で見てみたけど自分が買ったころに比べると安くて性能が良くなっるなぁ~って思いました。
でもハッキリ言ってプリンター、年賀状以外は必要なしです。
大抵のものは会社に持っていって出力(レーザーなんで綺麗だし)させてもらってるし写真は写真屋さんで現像派なんで使わないしね・・・ホントに普段は必要なしです。
って感じなんでスゴク安いプリンターでイイかな???とも思うんですが・・・。
今、人気の複合機ってのに魅力も感じます。
コピー機能があると便利かな?とも思うんで。
あとCDとかにラベル印刷出来るのもイイなぁ~って思います。
でも面倒くさがりだし・・・結局、使わないんだろうなぁ~。(インクも高いしね。)
ホント、やっぱりプリンターって年賀状以外必要ないわ。
そっか~、年賀状書かなきゃ買わないでイイんだ!!←おいっ。(笑)
とりあえず来週、東京に行くんで電気店まわりしてみよーーーっと。

♪ただ君を待つ

ただ君を待つ/Bluebird~僕は夢の影のように ただ君を待つ/Bluebird~僕は夢の影のように
馬場俊英 (2006/11/29)
フォーライフミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る
11/29発売の馬場俊英さんの新曲で~す。
買ったぞぉ!!っと言いたいところですがレンタルしました。(笑)
ゴメンナサイ・・・シングルまで買うのはBEGINだけです。m(__)m
曲のほうはスペシャルサイトで聴いたことがあるんですが、その時の感想は軽い曲だなぁ・・・って微妙だったんですが、ちゃんとCDで聴いてみるとこれがイイですわ~。(笑)
曲の感じは♪人生という名の列車、に似てます。
「猫はまかせとけよ」のところで続けて「カトちゃん」って歌いたくなります。(笑)
この曲、詩がイイですよ。
サビの最初の「掃除機の中に吸い込めないものが暮らしにはあり」ってフレーズがイイです。
こうゆう感覚の詩を書けるなんてスゴイです。
馬場さん得意の♪へぇ~い、もあるしね。(笑)
来週のライブでは歌ってくれるでしょうね。
益々、ライブが楽しみになってきました。
それと早くカラオケで歌ってみたいで~す。(^^♪
C/Wは♪Bluebird~僕は夢の影のように
感じは♪ただ君を待つ、と似たような感じでした。
個人的にはC/Wは♪スタートライン、みたいなミディアム・テンポの曲が聴きたかったなぁ~。

「ただ君を待つ」スペシャルサイトでフル試聴できます。
http://www.tadakimiwomatsu.com/

サモやんさん

【ミクシィ・ネタ】
ミクシィって来てくれた人の履歴が足あととして残りますよね。
昨日の足あとを見たら全く知らない人の名前が・・・。
好奇心旺盛な僕は必ずその人がどんな人かチェックしに行きます。
てな訳でチェックしに行ってみたわけです。
したところその方のマイミクさんの1人に「サモやんさん」って名前が。
あっ、僕のマイミクさんなんだって一瞬思いかけたけど(笑)、そんなわけもなく。
どうやらニックネームが同じ人みたいです。
僕のほうは「さん」はないけどね。でも同じって言ってイイですよね?
こんなニックネームの人が居るんだぁ~って驚きました。
どうゆう経緯で「サモやんさん」なのか気になるところです。
ちなみに「サモやんさん」の足あとに「サモやん」の名前を残したのは言うまでもありません。(笑)

【動悸・腰痛】
今日の朝は胸の痛みで目が覚めました。
血圧の高い僕は時々、動悸になるんです。
やだよねぇ・・・心臓がチクチク痛むの・・・ホント、怖くなります。
きっと、いつもよりも血圧が高いんだと思います。
今日は早く寝ようっと。
あ~んど、昨日、今日と仕事で重い物を持ったので腰に疲れも溜まってます。
腰の周りだけ筋肉痛状態でダルい感じです。
クレーン使って運べばイイのに無理して持つからこうなるんだよね。
これ以上やると本格的にヤバそうなんで明日はクレーン使おうっと。

【紅白】
今年の紅白の出場歌手が発表になりました。↓
http://magazine.music.yahoo.co.jp/rep/20061129_001/
予想とおりBEGINの名前はなかったです。(笑)
個人的にはアンジェラ・アキの名前があったのが嬉しいです。
武道館に紅白と彼女は今年、夢の殆どが叶ったんじゃないかなぁ???
あとはコブクロ、スキマスイッチ、絢香くらいかなぁ~。
そうそ、夏川りみちゃんが5年連続♪涙そうそう、を歌うことになるのかも興味があります。(まず間違いないだろう~。(笑))

ステルス

ステルス デラックス・コレクターズ・エディション ステルス デラックス・コレクターズ・エディション
ジョシュ・ルーカス (2006/09/27)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
ステルス 05年アメリカ オススメ★★
出演・・・ジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックス、サム・シェパード
人工頭脳を搭載したステルス戦闘機が、自らの意志を持って暴走してしまう、このアクション超大作は、映像を体感する作品として観てほしい。
まずは“主人公”である機体「エディ」のデザイン。
流線型を基本にしたメタルカラーがカッコよく、後半は、まるでひとつの生きもののような表情も感じさせてくれる。
また舞台は近未来なので、空中に浮かぶ燃料補給のための母艦といった新型アイテムも楽しめる。
映像に比べるとストーリーには、ややツッコミどころが多い。
人間の主人公であるパイロットのベンとエディの攻防は、タイ、ロシア上空、アラスカなど多くの国が背景となり、観る者を飽きさせない。
しかし北朝鮮も舞台として使われ、その場面は、日本人の目からすると違和感が大きいのは事実だ。
キャストでは、オスカー俳優ジェイミー・フォックスの役どころがもったいないが、紅一点のジェシカ・ビールが女性パイロットのタフさと色気を出して健闘。
あまり粗を見つけずに、超最速の飛行映像を満喫すればいいと思う。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
ハッキリ言ってお金払って観たくない映画です。
突っ込みどころ満載の映画でした。
この内容で120分って長すぎです。
フィリピンでの休暇シーンなんて要らないでしょ?
燃料切れればそれまででしょ?って思ってたら空中に浮かぶ燃料補給のための母艦なんか出てくるし・・・。(笑)
かと言ってバカ詰まらなくはなかったです。
暴走したステルス戦闘機を爆撃する話かと思ったら共闘して北朝鮮に墜落した仲間を助けるって展開になって一応、一捻り入れてるしね。
ただねぇ・・・アメリカのご都合主義丸出しなのが観てて不愉快でした。
我々が正義だ!!みたいな感じがどうにも嫌です。
今の世界情勢だと北朝鮮が悪の象徴なんだろうけど近未来が舞台なら実際にある国の北朝鮮じゃなくて架空の敵国にすべきだったと思いますね。
詰まらなくはないけど観る価値はない映画だと思いますね。
役者ではレビューにもあるけどジェイミー・フォックスが勿体無いです。
てか、オスカー俳優なんだから作品選べよ。(笑)
ジョシュ・ルーカスはまたまたカッコ良かったです。
この人はカッコ良かった頃のケビン・コスナーを思い出させますね。
あとサム・シェパード。
自分の保身の為にウソを付きまくる上官を上手く演じてました。
超~ムカついたよ。(笑)

本日の通勤BGM

ミクシィのマイ・ミュージックでBEGINのマイ・ベスト盤を選曲してみたんですが実際にCD化したい衝動にかられて昨日の夜に作ってみました。
BEGINのマイ・ベストは過去に何回か作ってます。
その度に微妙に違う曲になるんだけど今の僕のマイ・ベストはコレです。
いつも変わらずに入っているのが1、4、5、11かなぁ~。

サモやん選曲 BEGINベスト
1 RING RING
2 ON THE ROAD
3 I Shall Be Relesead
4 今ならきっと
5 防波堤で見た景色
6 未来の君へ
7 愛が走る(LIVE)
8 愛の言葉
9 考え込んでちゃ
10 涙そうそう(アルバムver)
11 島人ぬ宝
12 ハイサイ California
13 星空のギター弾き
14 三線の花
15 ガンボdeチャンプルー

長い曲が多くて15曲しか入らなかったです。(ーー;)
BEGINってファンになった時点でアルバムが十何枚出てたんで、それを短期間で集めたので実はあまり聴きこんでないアルバムもあるんですよね。
だからこれどんな曲だったけ~???ってのが結構あります。
なのかなぁ???アルバムからのセレクトが偏ってますよね?(笑)
早速今日から聴こうと強引にCDチャンジャーの中に入れ込みました。
往復20分と短い通勤時間ですが今日は帰りに買い物に行ったりしたの沢山聴けました。
おまけに年末の道路工事がそこらじゅうでやっててノロノロ運転の結果、♪愛の言葉、まで聴くことができました。(笑)
いつもならイライラする渋滞も、好きな曲ばっかり入ってるんであまりイライラすることなく運転出来ました。
これは安全運転にはエエかも・・・。(^^♪

お茶

お昼に出る会社のお茶が変わりました。
昨日までは夏に冷水用に買ってあった麦茶のパックを急須に入れてあったのです。
温かい麦茶って結構、美味しいんですよね。
いつもとおりお湯をたっぷり入れて濃いお茶になるように少し振って茶碗に入れたのでありました。
でも味がなんか変。
って最初、変わったのに気づかなかったです。
なんかいつもよりも苦いなぁ~っと思いつつ飲んでました。
で・・・今、飲み終わって、あれ?これって番茶だよなぁ~って初めて気づきました。(爆)
ああ、がっかりだなぁ・・・。
みんな番茶のほうが好きなのかなぁ???
麦茶のほうが香ばしくて美味しいけどなぁ・・・。
僕の好きなお茶ベスト3。蕎麦茶、麦茶、玄米茶、かな。
番茶、ほうじ茶、煎茶、は美味しいと思わないです。
とっ言いつつ・・・お茶はお昼にしか飲まないけどね。(笑)

これ会社のPCで打ってるんですけど会社のはキーボードが英語入力になってるので打つのが大変です。
特にNとMの間違いが多いです。
「微妙」って打ちたいのに「美尿」になったりしてね。
もし「美尿」って文があったらそれは「微妙」ってことですんで、そこんとこヨロシクで~す。(笑)

エレクトラ

エレクトラ エレクトラ
ジェニファー・ガーナー (2006/10/27)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る
エレクトラ 05年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジェニファー・ガーナー、テレンス・スタンプ、カーステン・プラウト、ゴラン・ヴィシュニック、ボブ・サップ
かつての戦いで命を落としたエレクトラは盲目の武術の達人スティックによって甦り、暗殺者として生きる事に。
そんな彼女はマーク・ミラーと13歳の娘アビーの暗殺の命を受けるが、アビーと友情を築いたことから命令を拒否して彼女を助けようとする……。
人気アメコミのキャラクターで映画『デアデビル』(03年)ではヒロインだったエレクトラを主人公にしたアクション映画。
『デアデビル』同様、エレクトラを演じるのはジェニファー・ガーナー。
今回のために徹底的に体を鍛えたとあって、アクションシーンの決まり具合は見事。
『デアデビル』の時とは段違いの戦うヒロインを魅惑的に熱演している。
もちろんエレクトラを倒そうとする個性豊かな敵側の暗殺者たちも魅惑的だ。
物語がもう少し弾けていたら傑作になったに違いない!
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
映画「デアデビル」でヒロインだったエレクトラを主人公にしたスピンオフ映画。
期待してなかったんですがなかなか面白かったです。
「デアデビル」よりずっと面白かったです。
最近観た「あずみ」みたいな感じの映画ですかね。
敵が忍者なんだけど倒した忍者にエレクトラが「誰のつかいだ?」って行った時の忍者の「今に分かるさ」のアクセントが外人が喋るアクセントなのには笑いました・・・忍者じゃないやん!!(笑)
敵側の暗殺者の1人でボブ・サップが出てました。
あっさり殺されるしそのやられ方は・・・・最低だぞ~。(笑)

申し込み完了

今日、BEGINのツアーの申し込みを郵便局でしてきました。
優柔不断なんでこうゆうのなかなか決められないんですよね。(笑)
結局、確実に行こう!!って感じじゃなくて行けそうな所は取りあえずチケだけ取っておこうって感じになりました。
取ったチケは東京(3/21)、沖縄、長野、愛知の4箇所で~す。
振込み用紙、書くの大変でしたって言いたいけど自分で申し込んだのは長野1箇所だけで~す。
あとは誰かにおんぶにだっこでお願いしました。(笑)
こんな感じだけど取りあえずは決まったのでスッキリしました。
また来年の2月くらいになったらどこに行くか考えることにします。
って・・・陸続きのところは行きますよ。
やっぱり飛行機はどうも苦手です。(ーー;)

風呂

今、風呂上りでブログを書いてま~す。
ハッキリ言って僕は風呂嫌い。
温泉旅行なんてまず考えられないです。(笑)
理由は風呂に入るのが面倒くさいからだと思います。
頭、洗わなきゃマズイんで入ってるようなもんです。
風呂に入ると気持ち良いって人が居るけど僕は寝てるほうがずっと気持ち良いからさぁ~。(笑)
こんなだから夏はシャワー・オンリー。
さすがに冬は寒いんで浴槽にも入りますけど・・・最近、寒さからか面倒くささが倍増してか風呂に入るのが1日置きになってきてます。
早く入ろうって思うんだけど22時過ぎると「明日にすっかぁ~」って考えがおきてくるんですよね。
うーーん、これはさすがにイカンね。
寒いけどシャワーだけでも毎日しよーーーっと。
ちなみに今日はもう入っちゃっいました。
なぜなら・・・会社で汚い水が足にかかり臭いが臭かったからで~す。
さすがに今日は風呂に入りたくてしょうがなかったです。(笑)

【ブログ書きながら聴いた曲】
♪マイ・ライフ  ビリー・ジョエル
「風呂嫌いでもイイだろう~マイ・ライフだもん!!」って詩ではないよねぇ。(笑)
ビリー・ジョエル、もう来日したのかな?

理想の恋人.com

理想の恋人.com 理想の恋人.com
ダイアン・レイン (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
理想の恋人.com 05年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ダイアン・レイン、ジョン・キューザック、ダーモット・マローニー、エリザベス・パーキンス、ストッカード・チャニング
ラブストーリーといえば若い観客向けの作品ばかりが目立つが、そんな風潮にげんなりしている人には、本作をオススメしたい。
離婚したサラが、周囲からのプレッシャーもあり、新たな恋人探しをスタート。
出会い系サイトで知り合ったジェイクとの、うまくいきそうで、なかなか結ばれない恋の物語が展開する。
ヒロイン役はダイアン・レイン。『トスカーナの休日』などと同様に、中年女性の恋を演じさせたら彼女以上のハマリ役はいない。
相手役のジョン・キューザックも、どこか煮え切らない男には、うってつけの俳優だ。
プロフィール写真の細工など、ネット上での裏テクニックが笑いを誘い、原題にあるとおり、犬がキーポイントとして2人の恋を左右する。
周囲のおせっかいな行動もコミカルだが、「結婚だけが人生のすべてではない」と考える人には、余計なお世話に映るはず。
観る人の結婚観を試す作品でもある。
(Amazomレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
面白かったです。(^^♪
作品の感じはダイアン・レインの「トスカーナの休日」と「恋人たちの予感」を足したような感じでした。
「トスカーナの休日」ではちょっと可愛そうだったダイアン・レイン、こっちではジョン・キューザックがどう見ても酷い男には見えないんで安心して観れました。
そう、最近、悪役ばかりのクリストファー・プラマーが珍しく良いお父さん役で出てました。
元はと言えば「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐ですもんね・・・良い役も出来るわけですよね。
レビューにある「観る人の結婚観を試す作品でもある」・・・ちなみに僕は「ええのぉ~」って観てました。(笑)

セーラー服と機関銃

セーラー服と機関銃 セーラー服と機関銃
薬師丸ひろ子 (2006/10/20)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る
セーラー服と機関銃 81年日本 オススメ★★★
出演・・・薬師丸ひろ子、渡瀬恒彦、柄本明、三國連太郎
『野性の証明』でデビューした薬師丸ひろ子。
本作は、彼女の人気を決定づけた大ヒット青春映画である。
ひょんなことから組員4名の弱小やくざ、目高組の組長に据えられてしまった、女子高校生の星泉。
どす黒い大人たちの思惑や陰謀をくぐりぬけながら、大人の階段を登っていく姿を描く。原作は赤川次郎。
『翔んだカップル』に続いて薬師丸を演出した相米慎二監督は、持ち前の長回し撮影を駆使しながら、思春期特有の揺れや戸惑いを余すことなくとらえている。
カリメロカットも愛らしい彼女が、機関銃を撃ち終えた際につぶやくセリフ「カ・イ・カ・ン…」は、当時流行語にもなった。
また、そのとき彼女のほほを伝う赤いものは、撮影のハプニングによる傷がもたらした本物の血である。
(Amazonレビューより)

○○○により鑑賞。(笑)
ドラマ版「セーラー服と機関銃」が終わりました。
期待してた「カ・イ・カ・ン」が無くて物足りなかったので「カ・イ・カ・ン」目当てで(笑)映画版のほうも観直しました。
20年以上前の映画なんで結構忘れてました。
今、観るとさすがに古さは否めないです。
太っちょのアジトがまるで仮面ライダーのショッカーの基地みたいだったのには笑ってしまいました。
当時、高校生だった僕は何も変だと思わなかったですけど・・・今観ると絶対に変。(笑)
でも、悪い映画だとは思わないですけどね。
「カ・イ・カ・ン」とかラストのマリリン・モンローばりのスカートヒラヒラ(確かこれは隠し録りだったと思います。)とか映画史に残るシーンもありますしね。
「カ・イ・カ・ン」のシーンは複線があったんだって今回観て分かりました。
太っちょのアジトに捕まったときに、太っちょが「カ・イ・カ・ン」の定義を語るシーンがあったんですね。
ドラマ版ではそんなシーンは無かったし殴りこみは組員の敵討ちって感じになってましたからね。
あれだけ泣いたあとに「カ・イ・カ・ン」は言えないよなぁ・・・。(笑)
ドラマは太っちょが国会議員だったけど映画はヤクザの大ボスになってました。
演じる三国さんはは狂った宗教団体の教祖って感じにしか観えなかったです。(笑)
あと役者では現在も活躍してる人が多く脇役だけど酒井敏也、柳沢慎吾、斉藤洋介なんかも出てました。
ドラマと比べてドラマのほうが良いって思ったのはマユミ役の小泉今日子くらいかな・・・・。
堤真一も悪くないけど渡瀬恒彦のほうが渋いしヤクザって感じがするしね。
以上、今週のドラマ感想も兼ねた感想でした。

えっ!?コトー。(笑)
観たけどもう観なくてもイイかもって感じです。
あと4回くらいでしょ・・・来週は桜井幸子が死んじゃうんだろうし・・・。
彩香の病気とかもあるし今回の2006版では全て終わらないと思います。
またSPかなんかで続くんだろうなぁ・・・。
まあ、ここまで来たら最後まで観ますけどね。

PCで音楽を聴く

今月の初めだったか・・・mixiミュージックのことが、せいやんさんの日記に書いてありました。

【mixi ミュージックとは】
mixiミュージックは、PCで聞いている音楽を自動的にリスト化してあなただけのランキングを作成します。
マイミクシィの音楽リストを見ることもできますので、新しい発見や、思わぬ共通点でさらに交流が深まることもあるでしょう。
またアーティストページでは、mixi内でのアーティスト内ランキングを見ることができます。
自分の好きなアーティストの楽曲で、何が一番聴かれているのか? 自分のお気に入りは何番目? といったこともひと目でわかります。
ご利用方法は簡単。専用ソフト「mixi station」をダウンロードするだけです。ご利用は全て無料です。
(mixi ヘルプのミュージックより)

「mixi station」をダウンロードするとiTunesかWindows Media Playerで再生すると楽曲情報が送信され履歴が残るシステムみたいです。
僕は時々ですがPCでも音楽を聴きます。
PCには主にシングルをレンタルしてきてリッピングしたWAVEファイルを聴くことが多いです。(曲が溜まらないとCDに焼けないので)
「mixi station」もかなり前にダウンロードしました。
ただ家のPC、なぜかiTunesを使うとインターネットが切断されてしまうので「mixi station」はダウンロードしてたけどiTunesを使えないのでこの機能は使えないなぁ~って思っていたのです。
でも、せいやんさんの日記でWindows Media Playerでも履歴が残るってことでまたトライしてみました。
ただ、なぜか履歴が残らないんです。
どうやらWAVEファイルじゃ履歴が残らないみたいです。
そこで試しにWAVEファイルをMP3ファイルに変換して聴いてみると履歴がちゃんと残りました。
昨日WAVEファイルの中で特に好きな曲をMP3ファイルに変換しました。
またMP3プレイヤーに入ってるファイルもPCにコピーしました。
これからは積極的にPCでも音楽を聴いていこうかなぁ~。
mixi経由で覗きに来てくれてる方々、良かったら僕のミュージック欄も覗いてみてくださいネ。
僕が今、どんな音楽にハマってるか一目瞭然で~す。(^^♪
あっ、ヤベぇ・・・知られたくない曲はPCでは聴けないなぁ・・・。
演歌は止めておこう~っと。うっそ~。(笑)


あっ、mixi stationには関係ないけどAct Against AIDS 2006 IN OSAKAのメンバー、BEGIN、アンジェラ・アキ、馬場俊英、絢香、等々ですって。
超~好みなメンツなんですけど・・・。
11/30(木)じゃ無理だよなぁ~。(ーー;)

グッドナイト&グッドラック

グッドナイト&グッドラック 通常版 グッドナイト&グッドラック 通常版
ジョージ・クルーニー (2006/11/22)
東北新社
この商品の詳細を見る
グッドナイト&グッドラック 05年アメリカ・フランス・イギリス・日本 オススメ★★
出演・・・デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー、ロバート・ダウニー・Jr.、パトリシア・クラークソン
ジョージ・クルーニーによるこの監督2作目は、彼の父親がテレビ業界にいたこともあって、念願の企画であった。
1950年代、赤狩りによる共産主義排斥が進むアメリカで、その急先鋒に立つマッカーシー上院議員を訴えるニュース番組を作る苦闘をみつめた骨太ドラマ。
実在のキャスター役、デビッド・ストラザーンの名演もさることながら、本作には監督クルーニーのセンスが光り、社会派のテーマであって、作家性の強いアートフィルムの香りも漂っている。
ポイントにジャズの名曲が流れ、タバコの煙などもスタイリッシュにとらえたモノクロ映像が美しい。
ファッションの細部まで時代を再現するなど、あちこちで作り手の誠実さが伝わってくる。
そして歴史の強烈な断面を、わずか90分にまとめあげた構成も賞賛に値するだろう。
おもしろいのは、他者の不合理な行動を告発するテレビ局側も、内部に差別的な状況があったことを伝える脇筋のドラマ。
ここにもクルーニーの客観的になろうとする見識が活きている。
他人だけではなく、自分の欠点も見つめ直すべきなのだ。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
昨年のオスカー作品賞候補の1本です。
マッカーシー上院議員を中心に赤狩りが行われてた50年代のアメリカでマッカーシー上院議員を訴えた実在のニュース・キャスター、エド・マローとそのスタッフの姿を描いた社会派映画。
うーーーん、難しい~ぞぉ~。(ーー;)
赤狩りをテーマにした映画は何本か観たけどどれも難しくてダメでした。
そしてこれも同じく・・・。
ただ告発されて密告するか悩む側の映画が多かったんだけどこれは逆にテレビ番組がマッカーシー上院議員を告発する側のドラマだったのがまだ救いでした。
全編白黒で撮ってあるんですが、それが当時の映像(たぶん)と上手くマッチしてました。
この年、ジョージ・クルーニーは本作でオスカー監督賞ノミネート、「シリアナ」で助演男優賞受賞と当り年になりました。
デビッド・ストラザーンも実在のエド・マローを演じてオスカー主演男優賞にノミネートされました。
ちなみに題名の「グッドナイト&グッドラック」はエド・マローが番組の最後に必ず言う締めの言葉です。

これでオスカー作品賞候補は「クラッシュ」「ブロークバック~」「ミュンヘン」と4本観ました。
うーーん、どれも地味だなぁ・・・。
今のところ僕は「ウォーク・ザ・ライン」かな。←おいっ。(笑)
最後の1本「カポーティ」に期待です。

PS
映画とは全く関係ないんですが上院議員繋がりってことで・・・
元阪神の神様・仏様のランディ・バースが今、CM撮影で日本に居るみたいですね。
で・・・バースさん、今、故郷オクラホマ州の上院議員らしいです。
神様、仏様から議員様かぁ~。スゴイなぁ・・・。

おーりとーりFM244号

さっき聴いたばかりですが今週の「おーりとーりFM」は待ってましたの10/24@BYGライブの音源公開でした。(^^♪
僕の聴いた25分バージョンで流れた曲は♪恋しくて、♪Bourbon & Pineapple Pizza、♪Blue Snowの3曲でした。
最後の5分で流れる1曲は予想だと♪三線の花、かな?
個人的にはアンプラグの♪涙そうそう、がイイけどノーマイクだから流しづらいでしょうね。
3曲だけでしたが、あの時の感動が蘇りました。(^^♪
あっ、番組内でツアーの告知もありました。
さてっと・・・ツアー、どこに行くか考えよう~っと。

ドラマ「東京タワー」絶賛の嵐

先週末に放送されたスペシャルドラマ「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」(フジテレビ)。
話題性が高く、視聴率20%超えは確実と思われたが、フタを開けてみれば15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と伸び悩んだ。
もっとも、評価は高い。
「まれに見るA級ドラマ。感動しました」と言うのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。
「特に“おかん”役の田中裕子の演技は素晴らしかった。主演の大泉が全国区ではまだ知名度が低いので、視聴率15%台は仕方ないでしょう」
「東京タワー」の原作は、累計200万部を売り上げたリリー・フランキーのベストセラー。
当初は、原作にほれ込んだ久世光彦氏が演出を手がける予定だった。が、久世氏は急逝。彼の遺志をついで制作が続けられたが、今年7月、放映を目前にして出演者の山本圭一の“不祥事”が発覚し、放送は延期になった。
その後、山本の出演シーンはお笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅を代役に撮り直し、ようやく放送にこぎつけた。
「映画『ALWAYS 三丁目の夕日』と同様で団塊の世代にとっては郷愁を誘う内容に仕上がっていました。
今回のスペシャルドラマがよくできていたので、1月に予定されている連ドラも楽しみです」
(ゲンダイネットより)
やっぱりねぇ~。
良いドラマだったもんね。
僕も子供時代のシーンは『ALWAYS 三丁目の夕日』を思い出しました。
1月開始の連ドラは月9らしいですね。
連ドラの配役はボクに速水もこみち、オカンに倍賞美津子、オトンに泉谷しげる、みたいです。
ちなみに映画版はボクにオダギリジョー、オカンに樹木希林、オトンに小林薫、で~す。
うーーん、どちらも微妙。(笑)
単発ドラマが最高に良かったんで映画版も連ドラも配役に違和感感じるなぁ~。(ーー;)

最後に東京タワー繋がりで24日に初公開された新東京タワー、デザインを添付しときま~す。(笑)
新東京タワー
浅草に近い下町に立地し、高さは610メートルと世界一の電波塔となる。デザインは日本の伝統と近未来的デザインを融合で足元の断面は正三角形だが、第1展望台(地上350メートル)周辺より上の断面は円形に変わる。全体像で弓なり曲線を描き「そり」を表現しているのが特徴。日本刀や日本建築にみられる形だという。
色は未定だが、銀か青色を検討している。
08年度着工、11年度開業を目指す。
(毎日新聞より抜粋)

1500目

本日、ミクシィで足あと1500達成しました~。(^^♪
外部ブログを使ってるのに、わざわざミクシィ経由で覗きに来てくれてる方、ホントにありがとうございます。m(__)m
キリの良い1500目は、みけさんが踏んでくれました。
500に続いてキリの良い番号、2度目ですね。
ありがとうございま~す。
次は目指せ2000!!

17人

BEGINのツアー、21日の東京のチケの取りまとめをしてるKAZUさんから申込完了のメールが来ました。
中間報告では11人だったのが最終的に17人になったようです。
スゴっ。過去最高人数だぁ~。既にオフ会成立?
こんなに大人数で申し込む、かりゆし会員は他に居ないだろうなぁ~。(笑)
17人・・・今回も確実に1列横並びは無理でしょうね。
チケ代も約10万円だよね。立て替えるのも大変な金額ですね。
KAZUさん~なるべく早く振込みますね。
あとは抽選(ならないとは思うけど)でハズレない事を祈るでけですね。

あっ、そうゆう自分もそろっと申し込まなくちゃなぁ~。
長野は決まりですが沖縄と名古屋で激しく迷ってます。
最初は迷わず沖縄で決まりだったんだけど"ファイナル"ってコトバの♪う~ん、素敵な響き~に心が動いてきました。(笑)
急行きたぐにで行けるみたいなんで名古屋が1歩リードです。
この週末に考えて月曜日に申し込んでこようと思います。

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ヒース・レジャー (2006/09/22)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る
ブロークバック・マウンテン 05年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、アン・ハサウェイ、ミシェル・ウィリアムズ、ランディ・クエイド
美しいワイオミング州の山々。ふたりのカウボーイが羊を放牧している。
ワイルドで牧歌的な風景に奏でられるのは、彼らの愛の物語。
男同士の関係を描きながら、これほどまでに万人を感動させる映画は、過去になかったかもしれない。
イニスとジャックは、ブロークバック・マウンテンで燃え上がった愛を、その後、失うことはなかった。ともに妻を迎え、子どもを授かっても…。
物語は1963年に始まり、舞台は保守的な中西部なので、当然、厳しい現実が待っている。
そして、妻たちの悲しみもある。アン・リー監督は、それらすべてを過不足なく描き、主人公ふたりの愛を際立たせていく。
何より、演技がすばらしい。
イニス役のヒース・レジャーは、素顔の本人とは別の、絞り出すような低音の声で男くささを前面に出しつつ、内に燃えたぎるジャックへの愛を表現する。
ふたりの再会シーンでは、衝撃的なまでに激しい愛がぶつかり合うのだ。
誰かを真剣に愛し、その愛を長い間、心に育んだ経験のある人なら、本作の愛に打ちのめされるはず。静かだが、あまりにも切ないラストシーンは目に焼き付いて離れない。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
発売日当日にレンタルしたのに・・・やっと今頃観ました。(笑)
134分と時間が長いよなぁ~って敬遠してたんだけど観てしまえばアッと言う間でした。
面白かったですし良い映画ですね。
ただね・・・2人が惹かれあうのが突然すぎて、えっ?って感じでした。
これは男女のもそうだけど映画って惹かれあうの早すぎです。(笑)
同性愛ものなんで最後はエイズかな?って思ったけど違って良かったです。
演技ではレビューにあるとおりヒース・レジャーはいつもと別人みたいでした。(もごもごしゃべる感じがヴァル・キルマーみたいでした。)
オスカー、ノミネートも当然ですね。
ミシェル・ウィリアムズも真相を知ってしまったツライ妻役を上手く演じてました。(オスカー獲った「ナイロビの蜂」のRワイズよりも良いと思います。)
ただジェイク・ギレンホールは若いころは良いんだけど年を取ってからの演技はちょっと無理があるなぁ~って思いました。
低予算映画なのにこれだけ売れっ子俳優が沢山出てるってスゴイと思う・・・作品の魅力もあるけど俳優たちののエージェントも良い仕事(選択)してるなぁ~って思いました。
ランディ・クエイドがギャラが少ないって訴訟起こしたそうだけど(取り下げたそうです。)あのくらいの出演でゴネられてもねぇ・・・。大して出てないじゃん!!(笑)
ちなみにオスカーでは本命と目されてましたが主要部門はアン・リーの監督賞受賞だけでした。
「クラッシュ」よりはこっちのほうが良いと思うなぁ・・・。
僕は「ウォーク・ザ・ライン」だけど。(ノミネートもされてないけど。(笑))

アサルト13 要塞警察

アサルト13 要塞警察 アサルト13 要塞警察
イーサン・ホーク (2006/08/02)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る
アサルト13 要塞警察 05年アメリカ・フランス オススメ★★★
出演・・・イーサン・ホーク、ローレンス・フィッシュバーン、ジョン・レグイザモ、マリア・ベロ、ガブリエル・バーン
激しい吹雪に見舞われる大晦日のデトロイト。
老朽化のため、その日を持って閉鎖される“13分署”を謎の武装集団が襲撃する。
多数の銃器と爆撃の凄まじい攻撃に、警官と収監された犯罪者は手を結び、脱出を試みるのだが悉く阻止され、次々と仲間は殺されていく。
次第に武装集団の正体が明らかになるのだが…。
果たして、彼らは無事に夜を生き延びることが出来るのか、また武装集団の目的とは!?
(「Oricon」データベースより)

DVDレンタルにより鑑賞。
面白かったです。
吹雪で孤立した警察署を舞台にしたアクションで限られた空間での戦いって意味では「ダイ・ハード」みたいな映画でした。
深夜1時から観始めたんだけど3時までイッキに観ちゃいました。
今日は旗日なのに仕事・・・眠いっす。(ーー;)
映画は予想外の人が生き残って予想外の人が死んだのには驚きました。
イーサン・ホークが過去に仲間を死なせて自暴自棄になっている警官を好演していました。
この人、汚れたトム・クルーズって感じですね。(笑)
後、最初ジョン・レグイザモが誰?って感じでした。
感じ変わったなぁ~。
最後にコレ、ジョン・カーペンター監督の「要塞警察」がオリジナルみたいで、フランス映画「スズメバチ」としてリメイクもされてるみたいで~す。(僕はどちらも未見)

もう1つの♪ケサラ~

スペシャーTVで月~金と毎日やってるOxara!
水曜日はパーソナリティをGOING~の素生くんがやってるので一応、毎週観ています。
で、昨日のゲストが憂歌団の木村充揮さんでした。
普段は若手のミュージシャンがゲストなんだけど、憧れの大先輩がゲストなんでパーソナリティも緊張気味でした。
ハッキリ言って絡みづらい人ですね。(笑)
言ってることが本気なのか冗談なのか分かりづらいです。
若いパーソナリティ2人ともリアクションに困ってました。
失礼があっちゃいけないと必死に対応してる感じでした。(笑)
番組内では冒頭に生演奏1曲を披露し、最後にライブ映像が1曲流れました。
生演奏はアコギ1本での弾き語りでした。
曲名は分からないんですが「ふるさと天王寺」って歌詞が出てくる曲で凄く良かったです。
そしてそしてライブ映像が最近、僕が好きな♪ケセラ、でした。(^^♪
リクオさんのと違ってストリング編成とか豪華なアレンジになってました。
(僕的にはリクオさんのほうが好みですが・・・。)
これってアルバム「小さな花」に収録されているんですね。
こっちも聴いてみたいなぁ~。
あっ、この映像、木村充揮30th Anniversaryライブの映像じゃないかなぁ???
会場の雰囲気がそんな感じでした。
そのライブのDVDが発売になるようで~す。
ちょっと高いなぁ~。NHKで放送したので我慢しとくかなぁ~。(笑)

木村充揮30th Anniversary
『継続は力 ~オ・カ・ゲ・サ・マ・デ~』ライブDVDの発売が決定!!
『おそうじオバチャン』衝撃のデビューから30年。
ジャパン・ロックの先輩・後輩・同期のFriends《友》がSong《歌》と
Heart&Soul《気持》を持って総勢40人以上がTogerther《集結》♪
9時間に及ぶステージを4時間に凝縮した木村充揮・初の映像ドキュメント!!
『天使のダミ声』を体感せよ!!

発売予定日:2006年12月22日(金)
¥6,980(税込)2枚組
発売元:デジタルサイト株式会社 
販売元:ジェネオン エンタテインメント 株式会社
(木村充揮オフィシャル・サイトより)

南極物語

南極物語 南極物語
ポール・ウォーカー (2006/08/23)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
この商品の詳細を見る
南極物語 05年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・ポール・ウォーカー、ブルース・グリーンウッド、ムーン・ブラッドグッド、ジェイソン・ビッグス
日本映画のリメイク作のなかでは、“いかにも”ハリウッドらしく再生された見本のような一作。
南極に置き去りされた犬種はシベリアン・ハスキーとなり、その数は8匹。
最終的に生き残る数にも、アメリカ映画らしい配慮が感じられる。
犬たちのドラマに大きく焦点が当てられているのも特色。
オリジナル版ではドキュメンタリータッチだった彼らのサバイバルが、ここでは「演技をする場面」に変わっている。
それくらい特訓を受けた犬たちがすばらしいのだ。
つながれた鎖を引きちぎり、氷の上を忍び足で歩き、仲間を思いやるなど、表情の変化さえ感じされるほどの名演技。
要所で使われるCGにも違和感はない。
主演ポール・ウォーカーを中心に、大スターを使わなかったのも成功。俳優たちの個性を突出させず、作品全体から感動を与えようとするのは、ディズニー映画の真骨頂だ。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
大ヒットした日本映画「南極物語」のハリウッド・リメイク作です。
僕はオリジナルのほうは観た事ありません。
なので比べることは出来ませ~ん。
オリジナルは実話ベースの話らしいんですがリメイク版は実話を基にしたフィクションって感じでした。
う~ん・・・イマイチでした。
犬が置き去りになるシーンまでが1時間と長すぎて退屈しちゃいました。
ラストの再会シーンも感動出来なかったです。
もっと犬のサバイバル・シーンがあったほうがイイんじゃないでしょうか(残酷かな?)・・・取り残された半年間、簡単に生き延びたじゃんって感じでした。
ファミリー層をターゲットにしてるディズニー映画なんでしょうがないですけどね。
その辺はオリジナルのほうはドキュメント・タッチで結構残酷らしいです。
あと、オーロラのシーンはCGなんでしょうね。
実際はどうやって犬に演技させたんだろう?やっぱり餌で釣ったのかな?(笑)

♪しるし ミスチル / ♪Hold on to a dream mink

しるし しるし
Mr.Children (2006/11/15)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る
ミスチルの新曲です。
この前のMステで初めて聴きました。
前作♪箒星、は好みじゃなかったけど今回の曲はイイです。
ドラマ「14歳の母?」の主題歌みたいです。
サザンもミスチルもずっと人気が落ちないしスゴイって思います。
ヴォーカルの魅力もあるけど、やっぱりソングライティング力があるからだと思います。

Hold on to a dream(DVD付) Hold on to a dream(DVD付)
mink (2006/08/23)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る
日曜日に蔦屋に行ったら流れてました。
イイぞって思ったので早速店員さんに曲名を聞いてレンタルしてきました。
伊藤由奈かな?って思ったけどminkって人でした。
スゴイ歌唱力だと思います。
マライア・キャリーの真似っちゃ真似なんですけどね。(笑)
(個人的にマライアは好きじゃないけど・・・。←おい!!)

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 ナイロビの蜂
レイフ・ファインズ (2006/11/10)
日活
この商品の詳細を見る
ナイロビの蜂 05年イギリス・ドイツ オススメ★★★
出演・・・レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ビル・ナイ
外交官のジャスティンは、妻テッサと駐在先のナイロビで暮らしていたが、ある日突然テッサが殺人事件で死亡したとの知らせが届く。
疑念に駆られて真相を究明しようとするジャスティンは、やがて世界的な陰謀と対峙(たいじ)することになってしまう…。
『シティ・オブ・ゴッド』で注目されたフェルナンド・メイレレス監督が、現実にアフリカで起きた事件を題材にしたジョン・ル・カレの同名小説を原作に、壮大なスケールで描く力作サスペンス映画。
劇場公開時はまるでラブ・ストーリーのような宣伝がなされていたが、実際はアフリカを食い物にする者たちの傲慢さや、それゆえの重々しい衝撃的悲劇を前面に打ち出した社会派映画で、その中から夫の妻に対する愛情をじわじわと醸し出していくといった構造である。
結末がアメリカ映画らしからぬところも妙味。ただし、妻のキャラクターには賛否あることだろう。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
面白かったです。
アフリカの現状にサスベンスの要素を上手い具合に組み入れた秀作だと思いました。
正直、前半は観ててキツかったんですがジャスティンが妻の死の真相を探り出す後半は面白かったです。
ラストは好き嫌いがあるかもしれないけど僕的には"アリ"な終わり方でした。
この映画でテッサを演じたレイチェル・ワイズはこの年のオスカー最優秀助演女優賞を受賞しました。
個人的にはそんなに良かった?って感じですけど・・・。
それよりもジャスティンを演じたレイフ・ファインズが良かったです。
なんでこれで賞に絡めないの?不思議だぁ?
久々に彼らしい演技を観ました。
「イングリッシュ・ペイシェント」もそうだったけど彼には未開の地、そして一途な愛が似合ってますね。

トゥー・フォー・ザ・マネー

トゥー・フォー・ザ・マネー トゥー・フォー・ザ・マネー
アル・パチーノ (2006/09/08)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る
トゥー・フォー・ザ・マネー 05年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・アル・パチーノ、マシュー・マコノヒー、レネ・ルッソ
フットボール選手として将来を嘱望されていたブランドンだが、膝の故障のせいで今はラスベガスの電話情報サービス会社に勤めていた。ある日スポーツ賭博の予想をしたところ、その結果が見事的中。ニューヨークのスポーツ情報会社を経営するウォルターは噂を聞きつけ、ブランドンをヘッドハンティングする…。アル・パチーノ、マシュー・マコノヒー出演のサスペンス・ドラマ作品。
(「Oricon」データベースより)

DVDレンタルにて鑑賞。
実話ものらしいです。
けど・・・こんな上手く行く話は実社会じゃ有得ないでしょ・・・。
かなり脚色されてると見ました。(笑)
「Oricon」データベースではサスペンスって書いてますが、それは違うなぁ・・・人間ドラマってのが合ってると思うんですけどね。
話は「上手く行って自分を見失うが失敗してどん底を味わいホントの自分を取り戻す」っていう良くあるパターンでした。
アル・パチーノがまたまた嫌なヤツを好演してました。

コトーとセーラーと、単発オカン

秋のドラマ感想です。
<Dr.コトー診療所2006 第6話>
今回のは面白かったです。
不幸続きの剛利(時任さん)もやっと落ち着いたみたいで良かったです。
ただ感動は出来ませんでした。なぜだろう???
1stシリーズよりもドラマの出来は悪いと思います。
来週はメインが桜井幸子みたいなんで楽しみです。
ただ予告を観る限り嫌な予感が・・・・。

<セーラー服と機関銃 第6話>
結局、これが今クールで一番面白いドラマになるかも・・・。
ここまでクライマックスに近づくと前半のようなバカバカしい演出もなくて良かったです。
来週は最終回。
映画だと乗り込むのは3人だったけどドラマでは組長と佐久間さんの2人だけみたいですね。
映画で印象的だった機関銃を撃ちまくって「カ・イ・カ・ン」ってシーンはあるのでしょうか?

<東京タワー オカンとボクと、時々オトン>
BEGINの♪東京、が主題歌になった秋のSPドラマです。
リリー・フランキーの同名の大ベストセラーのドラマ化です。
いや~、面白かったです。
母と子の絆、そして別れと言う普遍的なテーマで感動しました。
ラストも、えっ?これで終わりなの?彼女とはどうなったの?って思ったらちゃんと描かれていて良かったです。
ところでこれって自伝なの?小説なの?とっても気になります。
主要キャストの田中裕子、大泉洋、広末涼子の演技が素晴らしかったです。
特にオカン役の田中裕子が良かったなぁ~。
大泉サンタマリア(笑)もちゃんと演技してますもんね。
あと樹木希林(ジュリー~は知らない人が多いだろう。(笑))、小林薫がチョイ役で出てましたけど映画版でオカンとオトンを演じるからなんですね。
最後の最後に小林薫がなぜ?って思ったけどそうゆうことみたいです。
さすがにボク役のオダギリジョーは出てませんでしたね。(出てないですよね?)
でも僕の中ではドラマのキャストが良かっただけにキャストが変わる映画版は違和感を感じると思います。
最後にBEGINの♪東京、はインパクトに欠けてたなぁ~って思いました。
(曲自体が地味なんでしょうがないですけど・・・)
エンディングに流れた曲のほうがインパクトありましたね。
この曲、どこかで聴いたことがあるんだけど誰の何て曲か分かる方いらっしゃいますか?
ヴォーカルの声が僕の好きなヴァン・モリソンにそっくりなんで気になりました。
分かる方、いらっしゃいましたら教えて頂きたいです。
http://www.fujitv.co.jp/tokyotower/index2.html
PS
このドラマ、ホントにお蔵入りにならなくて良かったです。
でも撮りなおし結構大変だっただろうなぁ~。

追記。
「東京タワー」のエンディング曲が分かりました。
アルフィー オリジナル・サウンドトラック(CCCD) アルフィー オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
サントラ、ミック・ジャガー&デイヴ・スチュアート 他 (2004/12/08)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
♪オールド・ハビッツ・ダイ・ハード(ミック・ジャガー&デイヴ・スチュアート)で04年の映画「アルフィー」のサントラに収録されているようです。
ただしこのドラマに使われてるシェリル・クロウとのデュエット・バージョンはUS盤にしか入ってないそうです。
映画「アルフィー」かぁ~。観たよ、この映画。
どうりで聴いたことがあるハズだわ。
しかしあの声がミック・ジャガーだったとは意外でした。

あらしのよるに

あらしのよるに スタンダード・エディション あらしのよるに スタンダード・エディション
きむらゆういち、 他 (2006/06/23)
東宝
この商品の詳細を見る
あらしのよるに 05年日本 オススメ★★★
声の出演・・・中村獅童、成宮寛貴、竹内力、山寺宏一、林家正蔵
ある嵐の夜、真っ暗闇の山小屋に逃げ込んだヤギのメイ。
そこへ同じように小屋に逃げ込んできた動物が。
会話をするうちに気があった2匹は、再会を約束して別れる。
ところが待ち合わせ場所にやってきたのは、本来はメイを食べるオオカミのガブだったのだ!
94年に出版された同名ロングセラー絵本(作・きむらゆういち、絵・あべ弘士)を、杉井ギザブロー監督が映画化。
本来ならば仲良くなりえないオオカミとヤギの間に生まれた奇跡の友情を描く。
ガブがメイを食べたいという当然ともいうべき葛藤を味わったり、2匹の友情を決して認めない互いの種族との対立など突くべきところを突いているのだ。
かなりテーマを直球勝負で見せたことで、子供にはわかりやすいだろう。
(Amazomレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
児童向けのアニメだけど題材が面白そうなんでずっと観たいと思っていた映画でした。
ドラマ「東京タワー~」と時間帯が被ったので「東京タワー~」を録画してこっちを観ました。
観たばっかりだけど記事が出来てるのにUPしてない映画が8本も溜まってる(かなり前に観たのもあるよ。(苦笑))のでガンガンUPしていきます。(笑)

本来なら友達には成り得ないオオカミとヤギの友情の話です。
どうです?観たくなる題材でしょう?
児童向けのアニメにしては時間が長いので途中、ダラけちゃいますが面白くみれました。
友情の大切さが分かる映画で、お子さんだけじゃなく大人の鑑賞にも堪えられる映画だと思います。
だって・・・オジサン、感動して泣いちゃいましたから・・・。(笑)
ただ、この映画の感想を観て驚きました。
この映画を同性愛の映画だとか叩く人も居るんですね。
純粋に友達に成り得ないものたちの友情物語だと思いますけどね。
もっと素直に映画、観たほうがイイんじゃないの?って言いたくなりました。
吹き替えではオオカミのカブが中村獅童なんだけど雰囲気が全然違ってて分からなかったです。上手いよなぁ・・・。
ただヤギのメイの成宮の声は違和感バリバリでした。
余談ですがカブは自分のことを「オイラ」って言うんだけどその口調とかがKAZUさんに似ていて可笑しかったです。(笑)
(KAZUさん、ゴメンナサイね。)

♪ミーファイユー

♪三線の花、が好調、来春ツアーも決定したBEGINにまたまた嬉しいニュースです。
新曲♪ミーファイユー、が2/7に発売決定みたいです!!
初回限定盤はDVDつきみたいです。
もちろん初回限定盤のほうを買うのだ!!

Beginの2007年第1弾シングルは映画「恋しくて」の主題歌!
この映画はBeginの青春時代をモチーフにした映画となっており、監督は「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」などで沖縄を丁寧に描く中江祐司監督。
Begin自身も出演するこの映画ともども話題となりそうな1枚です。
※「ミーファイユー」=石垣・八重山の方言で"ありがとう"の意。
(HMVより)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1203884

さてさて今日は21時からBEGINの♪東京、が主題歌の「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン」が放送されますね。
原作も感動ものみたいだしドラマ自体も観ようと思います。

カ・イ・カ・ン

今日はテニスをしました。
仕事が長引いて2時間の予定のところを1時間しか出来なかったんですが久しぶりに好調でやってて楽しかったです。
こんなに好調なのはいつ以来だろう???
打ってて厚い当たりをしてるのが感じで分かるのです。
この手に残る感触・・・まさにカ・イ・カ・ン~です。(笑)
苦手なフォアーハンドもいつもよりもパワフルに打つことが出来ました。
下手っぴ~なんで、こうゆう感じで打てる時期が1年に何回かしかないのです。
実は僕はフォアーよりもバックのほうがパワフルに打てるし得意なのです。
どうしてもフォアーが苦手でパワフルに打てないんです。
たぶん握りと打ち方がアンマッチなんだと思います。
今日の調子でmilkさんと打ち合いたかったなぁ~。(^^♪

PS
今、ふくらはぎが吊ってます。情けない。(ーー;)


昨日からバレーの世界選手権、男子が開幕しました。
弱い、弱いって女子に比べてあまり話題にならない男子ですがいつの間にかアジア・チャンピオンになって世界ランキングも10位まで上昇してたんですね。
昨日の初戦の相手はエジプト。
1、2セット取って楽勝かと思いきや3、4セットと競り負けてフルセットになりました。
最後はなんとか勝ったけど先行き不安な滑り出しでしたね。
僕はスーパーサーバーの越川がサブだってのが勿体無いと思います。
グラチャンではスーパーエースのポジョンで1人頑張ってたのに・・・。
サーブにアタックに日本一パワフルなのにピンチサーバー扱いなんてホントに勿体無いと思います。
荻野の代わりに越川でイイんじゃないの?

どうしよう・・・悩む

うちの会社、今年度から査定方式が変更になりました。
勤続年数とかじゃなくて、その人の実績重視の"人事考課"方式に変わったのです。
で、今、初めて上期の業績考課の自己申告を考え中なのです。
この冬の賞与はこれを参考に決まるらしいです。
各項目に4~10点で点を付けるんだけど・・・こうゆうの苦手なんです。
自己アピールはハッキリ言って苦手なのです。(ーー;)
自己申告はあくまでも参考データであって基本的には上司の採点で決まるわけなんで全部、良い点付けときゃイイじゃんって思うでしょ~?
けどね、根がマジメなんでウソが付けないんですよね。
これが出来たら何点とか言うもんじゃないしね。
漠然としたものに点数付けるんだから難しいです。
事務と現場かけもちしてるのは僕だけだし比べる対象の人も居ないですし・・・。
とは言え月曜日までには決めないといけないのでそんなに迷ってはいられないなぁ~。
同僚が言ってたように自分が思ってる点数+1点で申告しとこーーーかなぁ~。(笑)

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード