FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

ポセイドン

"リメイクはオリジナルを超えられない典型作ですな"
ポセイドン ポセイドン
カート・ラッセル (2006/10/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
ポセイドン 06年アメリカ オススメ★★★
出演・・・カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、エミー・ロッサム、リチャード・ドレイファス、ジャシンダ・バレット
パニック映画の先がけとなった1972年の『ポセイドン・アドベンチャー』をリメイク。
原因不明の巨大波に襲われ、転覆した豪華客船「ポセイドン号」で、わずかに生き残った人々のサバイバルを描く。
基本設定はオリジナルと同じだが、キャラクターや脱出までのストーリーは改変。
元ニューヨーク市長の親子やギャンブラー、密航者に、初老のゲイの男など、人物像に新しさを感じさせる。
デッキに巨大プールを備えるなど、客船のゴージャスな外観が紹介されるオープニングが圧巻。
この約2分半の映像は、主演のジョシュ・ルーカス以外、すべてCGというのも驚きだ。船が傾き、パニックになる船内の様子は、大量の水に流される人々、倒壊物に押しつぶされる犠牲者など、72年版と比較しようもない生々しさだ。
ただ後半のサバイバルでの感動は少ない。
監督は、余計な人間ドラマよりもリアルな脱出劇を試みたようで、誰も助けられずに犠牲になる者が続出するのも、ある意味、パニック状況では正しいのかもしれない。
この種のアクション大作にはめずらしく1時間38分という短さだが、途中でだれることがなくスッキリ観られる。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにより鑑賞。
土日とずっと寝てたんで頭スッキリで観れました。(^^♪
この映画は大好きなジーン・ハックマン主演だった「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクです。
感想は殆どAmazonレビューに書いてあるとおりですね。
短くて観やすいんだけどオリジナルのような感動はないです。
その原因は人間ドラマがないからです。
オリジナルには1人1人の助からなければならない背景が描かれていてそれぞれに見せ場が用意されていました。
特に足手まといだった太ったおばさんの見せ場は感動的でした。
今回は人間ドラマが全然ないので名優リチャード・ドレイファスの見せ場も殆どないです。
有名な役者、使ってるのにこの演出は勿体無いなぁ・・・・。
あとはオリジナル見てると誰が助かって誰が死ぬか大体予想が付きます。(笑)
あっ、でもジョシュ・ルーカスはカッコ良かったですよ。
ファンの方は是非観てください。
ゲーム感覚で脱出劇を観るには短いし良い映画だと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード