FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

スーパー・サモアン!!

ブログやってる人なら分かると思うけどブログにはアクセスカウンターってのがあるんですよね。
それをちょっと見てみたんです。
なんと、古いほうのがアクセス数が多かったです。(笑)
なんで???記事の数が多いからなのかなぁ???
ちょっとショックでした。(笑)
こりゃ~10月も頑張って書かなきゃダメだね。

昨日(9/30)はK-1GP2006開幕戦が大阪城ホールでありました。
僕はスカパーの生放送で観戦しました。
ハントがPRIDEに移籍してからあまり観なくなったんだけど久々にK-1をちゃんと観ました。
結果は・・・
○カラエフvsハリ●
○レミーvsグッドリッジ●
○グラウベvsスロウィンスキー●
○シュルトvsブレギー●
○レコvsセフォー●
○ホーストvs藤本●
○ディ・ファウストvs武蔵●
○バンナvsホンマン●
でした。
数年前と比べると魅力的な選手が少なくなったなぁ~って感じました。
個人的に武蔵が負けたのは嬉しかったなぁ~。
バンナは頑張ってたけど僕が観た感じだと負けてたような気がしました。
ホンマン(顔、デカすぎです。笑)のが勝ってたと思うけど・・・。
あとは好きだったセフォー・・・かなり衰えたなぁ~って感じがして寂しかったです。
でもこの勝ったメンバーで東京ドームの決勝戦を集客するのはキツイだろうなぁ・・・。
更に華のある選手が少なくなりました。
たぶん、レコかディ・ファウストが突然怪我してアーツか武蔵が出場ってことになるんじゃないかな???当たったら怖いぞ。(笑)

で、タイトルなんだけどバンナの頑張りを観てたら過去のハントとの試合が無性に観たくなってDVD引っ張り出して観ました。
観たのは01年GP準々決勝、02年パリ大会、02年GP準決勝の3試合とオマケに01年福岡でのハントVSセフォー戦。
どれも名勝負なんだけど特に02年GP準決勝は凄かった。
僕の中のハントのK-1時代のベストバウトです。
この試合は前の試合で足を痛めたハントはバンナのローキック攻めで2Rにダウンします。
もう1回ダウンしたらKO負けって状態から驚異的な粘りをみせます。
普通の選手なら足が痛くてダウンしたらもう1回蹴られればダウンして終わりです。
そこをハントはダウンしないようにロープに寄りかかって耐えるのです。
何とか2Rを持ちこたえたハントは何と3Rの最後には奇跡のダウンをバンナから奪い返すんです。(もちろんお客さん総立ち!!)
でも結果的には終始攻めてたバンナが判定勝ちして決勝に進みます。
実はこの試合、僕は東京ドームに行って生で観ていました。
決して最後まで諦めない姿に感動して泣きましたよ。
だから負けたけど僕の中ではベストバウトなんです。
やっぱりハントにはPRIDEよりもK-1のほうが合ってると思うなぁ~。
もう1回、K-1でハントが観てみたいと強く思いました。


ハント

MARK HUNT マーク・ハント
生年月日 1974年03月23日
身長  178 cm
体重  126.5 kg
ニックネーム  サモアの怪人
主な獲得タイトル  K-1 WORLD GP 2001 王者

00年2月、オセアニア地区予選で優勝し鮮烈なK-1デビューを飾る。
どれだけ打撃を喰らっても決して倒れぬ驚異のタフネスを武器に、01年12月のK-1 WORLD GRANDPRIX決勝戦に進出。
その決勝戦では、ジェロム・レ・バンナ、ステファン・レコ、フランシスコ・フィリォといったトップファイターをなぎ倒し、見事初優勝を飾っている。
なかでも優勝候補の大本命に挙げられていたバンナとの一戦は、史上に残るKO劇として、今なお語り継がれている。
PRIDE初参戦となった『PRIDE GP2004 2ndROUND』では、自身と全くバックボーンの違う吉田秀彦と対戦、敗れるも総合初挑戦とは思えない対応力、バランスの良さを見せた。
『PRIDE 男祭り 2004 -SADAME-』ではミドル級王者ヴァンダレイ・シウバと対戦。
1週間目に決定した試合にも関わらず、打撃で熱戦を繰り広げ、3戦目にして、階級は違えど王者から見事勝利を奪った。
そして『PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-』ではK-1時代にダウンを奪われ、判定負けを喫したミルコと対戦。
ミルコの左ハイキックを何度か食らうが、持ち前のタフネスを武器に一歩も引かずひたすら攻め続け、文句なしの判定勝利を収めた。
『PRIDE.31 -Dreamers-』ではPRIDE初参戦となる西島洋介と対戦。
相手の土俵であるボクシングで真っ向から打ち合い、激闘を制した。
続く『PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦』では引退を賭けて望んだ阪剛を相手に激しい打ち合いを繰り広げ、観客を熱狂させた。
2ndROUNDでは序盤にテイクダウンを奪われ、ジョシュの寝技の前に敗れた。
(PRIDEオフィシャルHPより)

スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード