FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

8月のクリスマス

"山崎まさよしって意外と小さいのね。(笑)"

8月のクリスマス スタンダード・エディション 8月のクリスマス スタンダード・エディション
山崎まさよし (2006/03/08)
キングレコード
この商品の詳細を見る
8月のクリスマス 05年日本 オススメ★★☆
出演・・・山崎まさよし、関めぐみ、井川比佐志、西田尚美、大倉孝二
ホ・ジノ監督の韓国映画「八月のクリスマス」の日本版リメイク映画。地方都市で古ぼけた写真館を営む寿俊は、病に冒され余命幾ばくもない運命であった。
ある日彼の写真館に、小学校の臨時教員・由紀子が飛び込んできたことから、彼の毎日が変わり始める。
長崎俊一監督の演出は、ベタベタせず、寿俊と由紀子の交流を清涼感あるタッチで描いているが、逆に見ればこのふたりの愛情の度合いが伝わってこない。
単なる友人レベルの交際にしか見えないのだ。
その理由のひとつは、寿俊を演じる山崎まさよしの演技にあるのではないか。
限られた日々を生きる青年という役柄にも関わらず、山崎の演技からはそうした悲しさや切実な思いが今ひとつ感じられないのだ。
山崎まさよしのミュージシャンとしてのイメージに、演出がやや依存しすぎたように感じるのだが。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
ミュージシャンはやっぱり音楽だけやってたほうがイイと思います。
少なくとも、山崎まさよしは・・・。
詰まらなくはないけど面白くもなかったです。
感想は全くレビューのとおりでした。
ホントに愛してるって感じじゃなかったです。
最後に愛してるって伝えるんだけど、えっ!?そうだったの!?って感じでした。
脚本にも問題ありだと思いますね。
ただセリフは日本映画にしては珍しく聞きとりやすかったです。
スポンサーサイト



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード