FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

おーりとーりFM236号

今日は土曜日ってことで、BEGINのおーりとーりFMを聴きました。
BEGINは今、沖縄で創作活動中なんですね。
沖縄の合宿所からの放送でした。
新曲♪三線の花、についての話で興味深く聞けました。
初めてちゃんとフルで♪三線の花、を聴くことが出来ました。
女性コーラスやエイサー隊の掛け声、♪誓い、のようなストリングスのアレンジもあってかなり良い曲に仕上がってるなぁ~って感じでした。
聴いてて鳥肌が立ったなぁ~。(^^♪
10/25日の発売日が楽しみです。
そして番組最後に久々に等さんの天然ボケ発言もあって面白い放送でした。
そう言えば今日で9月は終わり、ラジオも来月から番組改編ですね。
番組終了後、放送枠移動や番組終了のアナウンスあるかな?って思って聞いてたけど何も言わなかったなぁ・・・。
このまま土曜日の6時25分なのかなぁ???
まっ、こればかりは来週にならないと分からないですね。

続きを読む »

スポンサーサイト



皆勤賞

気がついた人、居ました?
9月はブログは2つに分かれちゃったけど1日も欠かすことなく記事を書けました。(^^♪
良く頑張ったよ、自分。(笑)
1度でイイから皆勤、やってみたかったんです。
これで満足しました。
10月はいつもとおり、ぼちぼち書かせてもらいま~す。(笑)

【ライブ】9/29馬場俊英@千葉ANGA

"音楽の力ってスゴイです。"

9/29は千葉ANGAで馬場俊英さんのライブでした。
久々にチケを忘れちゃいけないライブに参加です。(笑)
千葉って東京駅から総武線快速で行くんですが1つ手前に稲毛って駅があるんです。
あ~あ~って感じでますますウツ気味になってライブに臨むことになってしまいました。(-_-;)
チケ取るのが遅かったんで整理番号は81番。
100人くらいのキャパだって聞いてたんで立ち見も覚悟したんだけど千葉の人も新潟と同じで定刻になっても来ないんですね。(笑)
意外と早く中に入れました。
ANGAはバナナホールの奥行きを短くしたような感じのライブハウスでした。
今回はお客さんが多くてテーブルが出せなかったようです。
でも両端にサイドテーブルが設置されていて客席に配置してあるイスよりも丈の高いイスが設置されていたので僕はそこに座りました。
なんで何の障害物もなく馬場さんを近くで観ることが出来ました。(^^♪

ライブは定刻の19時にスタートしました。
まだツアー中ってことなので内容は詳しくは書きませんね。
(って詳しく書く記憶は残ってないです。)
今回のツアーは「ACOUSTIC CIRCUIT2006~人生という名の列車~」と題しているのでメンバーは馬場さんの他にアコギ、キーボードの3人編成でした。
曲目もアルバム「人生という名の列車」から中心に夏に作ったと言う新曲を織り交ぜてやってくれました。
(しまった!!セットリストもらってくるの忘れたよ。(-_-;))
馬場さんは2、3曲くらいやってはMCするって感じです。
MCはバカ面白いってわけではないですが、ほどほどに面白く曲の説明とかを誠実に話してる姿に好感がもてました。
話てる馬場さんって玉置浩二に似てますね。(笑)
曲はアコースティックな編成ってこともあってアルバムよりもシンプルなアレンジになってて、ますます僕好みの音になってました。
サポートメンバーに演奏を任せてボーカルだけに徹した♪STATION、♪スタートライン、好きな曲である♪一瞬のトワイライト、ブルース調にアレンジした♪人生という名の列車(こっちのが絶対にイイ!!)、が良かったです。
スミマセン。実はライブ観る前は馬場さんの歌唱力って?だと思ってたんです。(笑)
いや~そんな風に思ったのがバカでした。
生歌はめちゃくちゃ上手くてCDよりもずっと良かったです。
観る前はウツ気味だったんですが、だんだん馬場さんのライブに魅せられていってライブに夢中になっていました。
そして・・・色んなことを思い出して♪スタートライン、を聴いて大泣きしてしまいました。
歌詞がね、今の僕の心境だと心に響くんです。
励まされるって感じですね。
久しぶりに曲を聴いて泣きました。
約2時間の素晴らしいライブでした。
心からまた観たいって思いました。
大阪じゃ厚生年金会館がすぐ売り切れになる人気の馬場さんをこんな小さなライブハウスで観れたってのもラッキーでしたね。
帰りにサイン会があり、初回版を持っているにも関わらずアルバム「人生という名の列車」を買ってサインして頂きました。(^^♪
馬場さん

帰りのバスの中で馬場さんの曲を聴いて帰ったのは言うまでもないですね。
関連記事
http://blog.goo.ne.jp/samoyan/e/377de3ae7af710580d3487194932bac0

あっ、今回はライブに来ていた、りえさんと帰りの東京までの道中ゆっくり話せました。
ある意味、中身の濃い話でしたね。
個人的にはお話出来たので、あんなにウツ状態だったのが完璧に吹っ飛びました。(笑)
馬場さんのライブで普通に戻り、りえさんとの話で再び前向きになれました。
一時はPCの調子も悪い事だしブログも休もう~、ライブもしばらく行くのを止めようなんてとこまで追い詰められましたからね。
ホントにありがとうございました。m(__)m


馬場俊英 (ばばとしひで)
<シンガーソングライター  1967年3月20日埼玉県生>
ダスティン・ホフマンのように佇み、ジーン・ハックマンのように考え、ウディ・アレンのように憂い笑い、デニス・ホッパーのように疾走しながら、レイモンド・チャンドラーを愛読するシンガーソングライター。
ロードムービーのように情景を描き、青春映画のように心情を紡ぐ。
96年にフォーライフよりソロ・デビュー。3枚のアルバムと7枚のシングルをリリースしたが、6年前に契約が終了。
その後発表した「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が関西を中心として話題になり大旋風を巻き起こした。
そして2005年8月3日4曲入りマキシシングル「BOYS ON THE RUN 4 SONGS」で再びフォーライフからメジャー再始動が決定。
(オフィシャル・プロフィールより)
オフィシャルHP
http://www.forlife.co.jp/babatoshihide/index.html

【ライブ】9/28風味堂@渋谷BYG

"音楽を♪愛してる~"

9/28、29と東京のほうに遊びに行ってきました。
28日は迷いに迷って決めた風味堂の渋谷BYGライブです。
ホントは直にBYGに行って整理券貰ってからホテルにチェックイン(16時からなんで)する予定だったんですがダメ元でホテルに電話したら早い時間にチェックイン出来るとのことでホテルにチェックインしてからBYGに行きました。
着いたのが16時くらい。
整理券は29番でした。まだこのくらいならイイね。(笑)
えーーーっとBYGはいつ以来かなぁ???
BYGではBEGINしか観てないから2年近く行ってなかったんじゃないかな???
久しぶりだったんで懐かしかったですね。(~o~)
システムはBEGINの時と多少変わってたけど、あんまり変わってないなぁ~って感じでした。
あっ、待ち時間を広い2階で待てたんで寝て待ってました。(笑)

18時半になりライブスペースの地下に整理番号順に降りていきました。
29番だけど席は好きなところを選べました。
今回は1つ上のところの一番前を取りました。
BEGINの時は栄昇さんを被りつきで観てたんで(笑)、この場所で観たことなかったんですよね。
1度、この場所で観てみたいって思ってたんで良かったです。
(ただ音的には下のほうがイイ音みたいです。やっぱ下狙いだね。(笑))

19時半になりライブスタート。
オフィシャルHPでインフォしてないのにも関わらずほぼ満員状態でした。
向かって右端にボーカル・ピアノ渡さん、中央にベース鳥口さん、左端にドラム中富さんって並びでした。
でもこの配置だと大体の人がボーカル・ピアノ渡さんの背中しか観れないねぇ・・・。
背の高いピアノ使ってるんで正面に配置すると姿自体が見えなくなるし・・・ピアノメインのバンドだと配置が難しいですね。
ライブは休憩を入れて2部制でした。
セットリストは曲目をあまり知らないんで書けません。(笑)
覚えてる限りであげておきます。
♪クラクション・ラブ
♪眠れぬ夜のひとりごと
♪散歩道(たぶん)
♪愛してる
♪LAST SONG
♪ママのピアノ
♪Get Out
♪ゆらゆら

♪Swinging road
♪"おかえりなさい"が待っている

ってな感じだったかなぁ???
僕の初めて風味堂ライブを観た感想です。
まずはやっぱりボーカルの歌が上手いです。
生では裏声を上手く出せないボーカルが多いけど渡さんはファルセットも綺麗で完璧に出せてました。
あと鳥口さん、中富さんのコーラスも綺麗でした。
ライブもテンポが良くてさすが勢いのあるバンドだなぁ~って思いました。
曲的には聴きたかった♪愛してる、♪LAST SONG、が生で聴けて良かったです。
♪LAST SONG、は切ない別れの詩をビートルズの♪When I'm sixty four、みたいな軽妙な曲調に乗せた曲で"うたの日"音源を聴いてヤラれましたね。
♪愛してる、はつい最近、ラジオのスポットでサビを聴いてヤラれました。
どちらも良い曲です。(^^♪
欲を言えば♪ナキムシのうた、も聴きたかったですね。欲張りすぎ?(笑)
テンポ良いライブ構成なんで19時半スタートで休み挟んで終わったのが21時10分だったんで時間的には短い時間のライブでしたね。
あっ、BEGINの時はないアンコールがあったのは驚きました。(笑)
バンドによってライブスタイルは違うんですね。
楽しいライブを観れたんで行って良かったです。
ただ、サモやんおじさんにはちょっと若すぎるライブでした。(笑)

ライブの中休みに観に来ていたyukkoさんから風味堂のCDを頂きました。
ありがとうございます。m(__)m
今、聴きながらこの感想を書いてます。
♪愛してる、リピート状態です。
ライブ後、2ヶ月ぶりに会った、おぎーとカラオケに行きました。←ホントに好きだね。(笑)
そこで♪愛してる、♪LAST SONG、を歌ったのは言うまでもないですね。(^^♪
そしてズタボロだったことも・・・。(笑)

最後につぶやき・・・。
♪愛してる、のプロモ観て似てるって思ったけどドラムの中富さん~、ハンカチ王子に顔がやっぱり似てました。(笑)


風味堂
スタジオのメンバー募集の貼り紙という運命に導かれて集まった3人、渡和久(Vo,Pf)、中富雄也(Dr, Cho)、鳥口マサヤ(Ba, Cho)によって2000年10月、ピアノトリオ“風味堂”を結成。福岡を中心にライブを重ね、2003年東京に拠点を移す。
2004年11月「眠れぬ夜のひとりごと」でSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビュー。
ワタリのシンプルで胸打つ“うた”を軸に、音を奏でる喜びに満ちた3人の圧倒的なライブパフォーマンスと、音楽的な完成度の高い作品が数多の出会いを呼び、その大きく強い風は日々拡大している。
(オフィシャルサイトのプロフィールより)
オフィシャルサイト↓
http://www.fumido.jp/

続きを読む »

ピアノを弾く大統領

"チェ・ジウの鈍くさ走りは健在でした。(笑)"
ピアノを弾く大統領 ピアノを弾く大統領
アン・ソンギ (2005/10/28)
エスピーオー
この商品の詳細を見る
ピアノを弾く大統領 02年韓国 オススメ★★★
出演・・・アン・ソンギ、チェ・ジウ
トラブルメーカーの高校教師ウンスは、問題児ヨンヒの父親と面談することに。
しかし、学校に現れたのは韓国大統領ハン・ミアクだった!
その後もヨンヒの件でしばしば大統領に会うことになったウンスは、次第にその人柄に惹かれていく。
大統領もまた護衛のSPを撒きながら、ウンスとのデートを楽しむのだが…。
韓国映画お得意のラブ・コメディ。
アメリカ映画『アメリカン・プレジデント』のリメイクであることも一目瞭然ではあるが、“涙の女王”チェ・ジウの勝気なコメディエンヌぶりが実に観ていて気持ちよく、また名優アン・ソンギによる国民の理想とも思える大統領像の魅力的構築によって、観客にひとときのロマンティックな夢を堪能させてくれる珠玉の作品に仕上がっており、その心地よさは本家よりも上といっていいだろう。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
軽いラブコメで面白く観れました。
2人が惹かれあう過程が薄い気はしましたが、上映時間考えるとしょうがないのかなぁ・・・。
まあ、主演がチェ・ジウなんで切れることなく最後まで観れました。
僕が観たドラマのチェ・ジウは不幸のドン底ばっかりなんだけど(笑)こうゆう明るいチェ・ジウもイイですね。
韓流、やっぱり女優はチェ・ジウだなぁ~。
大統領役の俳優さんは日本で言うと役所広司みたいな感じなのかな?
ちょっとエスパー伊藤も入ってるけど・・・。(笑)
でもこれって「アメリカン・プレジデント」のリメイクだったのね・・・全然気づかなかったです。(笑)

サスペクト・ゼロ

"オチは捻りが利いてて良かった"
サスペクト・ゼロ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
サスペクト・ゼロ 04年アメリカ オススメ★★★
出演・・・アーロン・エッカート、ベン・キングズレー、キャリー=アン・モス
まぶたを切除され、目を見開いたままの死体には、不可解な「ゼロ」のマークが刻まれている…。
発見された死体が同じ状態という3件の事件で、被害者の共通点が浮かび上がるにつれ、思わぬ真実にたどり着くサスペンス。
FBI捜査官の元には、手がかりらしき不気味なスケッチが届き、事件の背後にある深い闇が予感されていく。
本作で驚かされるのは、『ガンジー』のベン・キングスレー演じる謎の男が、冒頭から殺人を犯すという設定だ。
観客の目には、すでに加害者が明らかになっているのだが、この男の正体や、事件の背後に潜むFBIの過去の計画、さらに別の事件も絡む重層的な展開になっている。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
「セブン」とか「羊たちの沈黙」系のサイコ・サスペンス映画です。
普通に楽しめる映画ですね。
最後のオチは良かったです。
これもあまり感想ないです・・・レビューを参考にしてください。

やっぱり不便だわ・・・。

PC、完全に死んだみたいで一昨日、昨日と何度トライしてもブーーーーーー、ブーーーーーーのビープ音が・・・。(ーー;)
頂いた方から見てもらえそうなのが来週。
(結局、買うことになるんだろーーなぁ~。)
それまではインターネット見れるのは会社でのみ。
10分休み、昼休みの限られた時間で見るのはツライですね。(笑)
やっぱ、ゆっくり自分の部屋で見たいですね。
それとは関係なく明日、明後日と東京のほうに出かけるのでインターネット、見れなくなりま~す。
なんで今、明日、明後日分の記事UPしときます。
超フライングだぁ~。(笑)
これでストックしてた映画感想がなくなりました。
帰ってきたら、また沢山見なくっちゃ・・・。(^^♪

デンジャラス・ビューティー2

"サンドラ主演の人気シリーズ第2弾"
デンジャラス・ビューティー 2

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る
デンジャラス・ビューティー2 05年アメリカ オススメ★★
出演・・・サンドラ・ブロック、レジーナ・キング、エンリケ・マルシアノ、ウィリアム・シャトナー
仕事一筋、色気ゼロのFBI捜査官グレイシー・ハートの活躍を描いたコミカル・アクション映画の第2弾。
前作でミスコン爆破未遂事件を解決し、一躍全米中にその顔が知られるようになったグレイシーは、FBIの広告塔としてセレブの仲間入りを果たすようになった。
そんな折、ミス・アメリカの親友シェリルが何者かに誘拐された。
グレイシーはお付の捜査官サムと一緒に事件解決に乗り出すが……。
前作以上にゴージャスかつドタバタもエスカレートしているが、そのどれもがツボにはまっており、映画として実にいい空気を醸し出している。
(Amazomレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
全く期待してなかったんで、こんなもんでしょう~って感じでした。
まあ、シリーズ物としては可もなく不可もなくって感じですね。
マイケル・ケインが出てないのは痛すぎです。
ヤバイ・・・これ、感想書けないタイプの映画だわ。(笑)

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

"ジム・キャリーの1人舞台!!"
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション
ジム・キャリー (2005/09/16)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 04年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ジム・キャリー、ジュード・ロウ、エミリー・ブラウニング、リアム・エイケン、ティモシー・スポール、メリル・ストリープ
両親を火事で亡くした裕福な家のヴァイオレットら三姉妹弟が、遠縁のオラフ伯爵に引き取られることに。
しかし伯爵の狙いは両親の遺産にあることを知ったヴァイオレットたちはそこから逃走。
しかし、伯爵はその後も3人の後を追いかけ続け……。
実質は三姉弟妹の冒険ファンタジーなのだが、悪役ジム・キャリーのアクの強さが際立ち、演出のバランスが崩れてしまっているのが難点。
とはいえ、三姉弟妹の愛らしさがきちんと醸し出されているのは長所で、その冒険の旅はとても世にも不幸せとは思えないほどだ。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
まあまあ面白かったです。
謎の作家レモニー・スニケットの『世にも不幸な出来事』の映画化ですがストーリーもレモニー・スニケットの語り口で進んでいきます。
ジム・キャリーの悪役のキャラがとにかく濃かったです。(笑)
ジム・キャリー、苦手な人には詰まらない映画だと思います。
ただファミリー映画にしちゃ人が死ぬし暗いしどうなのかなぁ???って感じですね。
あっ、ダスティン・ホフマンがチョイ役で出てました。


ジム・キャリー オススメ作
マスク(94) ★★★★
ライアーライアー(97) ★★★
ふたりの男とひとりの女(00) ★★★
ブルース・オールマイティ(03) ★★★☆
エターナル・サンシャイン(04) ★★★☆
http://blog.goo.ne.jp/samoyan/e/ed3224845af51bd7da90b64cea8167f4

売れる予感

今日はBEGINが出るって事でTBSのフレンドパークを観ました。
いつもは裏番組を観てるので久々に観ましたが映画「涙そうそう」チームって事で楽しく観れました。
お目当てのBEGINは最後に沖縄からの中継で映画の挿入歌になってる♪三線の花、を歌いました。
妻夫木くんが言ってたけどホントに"めちゃくちゃ良い曲”ですね。
TBSが映画「涙そうそう」に力、入れてるみたいだしC/Wが何かとお騒がせしたドラマ「東京タワー」の主題歌だし話題にはことかきませんね。
映画「涙そうそう」公開→曲発売→ドラマ「東京タワー」オンエアー
流れ的にも最高なパターンですよね。
もしかするとBEGIN、久々のヒットシングルになるかもしれませんね。

いらっしゃオフ会決定かな?

兄ィのHPで、いらっしゃオフ会の告知が出てました。
もちろん僕も参加するので一応、ココでも告知しときます。
まだちゃんと決まってないですが一応、難波あたりの居酒屋で飲み会になると思います。
詳細決まればHPに書いてくれると思います。
http://bbs1.fc2.com/php/e.php/irasya-i/
都合良くてお暇な方、よろしければ是非!!
大阪琉フェスとセットで如何でしょうか?(笑)

マルチュク青春通り

"アチョ~!!"
マルチュク青春通り マルチュク青春通り
クォン・サンウ (2005/12/07)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
マルチュク青春通り 04年韓国 オススメ★★★
出演・・・クォン・サンウ、ハン・ガイン、イ・ジョンジン
クォン・サンウが主演する、熱すぎる青春映画。
1978年、ソウル郊外で、ブルース・リーにあこがれる高校2年生のヒョンスの日々を描く。
こっそりエロ本を売る友人など個性的な連中のいるクラスで、リーダー格のウシクと親友になるヒョンス。
通学バスで出会った美少女に一目惚れする彼は、食堂を営む年上女性に誘惑されたりもする。
やがて、横暴な上級生とヒョンスが決闘する日が訪れる。
ブルース・リーのマネやバスケットボールなど、サンウの肉体の動きがフィーチャーされているのは、ファンにはうれしい限り。
とくにケンカのシーンは、予想以上に壮絶だ。
舞台となる男子高は荒れまくっているが、教師と生徒の関係などに当時の韓国の状況が見え隠れ。
学ラン姿の生徒たちの行動は、日本人にとっても違和感なく共感できる世界であり、青春の甘酸っぱさ、力強さ、そして切なさが詰まった、爽快なストーリーである。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
いや~、これは素直に面白かったです。
青春の甘酸っぱさが何とも言えず良かったです。(^^♪
ただ色んな物を詰め込みすぎて焦点が絞れない映画になったのは勿体無いですね。
あと70年代終わりの韓国の高校ってスゴイですね。
先生からの体罰、ありなんですね。
この辺は韓国の人じゃないと理解出来ない世界かもしれませんね。
とは言え、クォン・サンウ、初ヒットです。(~o~)
ブルース・リーを真似て強くなっていくシーンは爽快でした。
しかし、この人って情けない役ばっかりやるよね。(笑)

トリプルX ネクスト・レベル

"前作を壊してます。"
トリプルX ネクスト・レベル トリプルX ネクスト・レベル
アイス・キューブ (2006/07/26)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
トリプルX ネクスト・レベル 05年アメリカ オススメ★★
出演・・・アイス・キューブ、サミュエル・L・ジャクソン、ウィレム・デフォー、スコット・スピードマン
前作で活躍していたシークレット・エージェント“トリプルX”が亡くなり、国家安全保障局のギボンヌは、かつて自分の部下でもあり、現在は刑務所にいるストーンを新しくエージェントとして起用。
やがてストーンは国家転覆を狙う国防長官デッカートと対決していくことに……。
ヴィン・ディーゼルが続編を降板したことから、急遽アイス・キューブに主演を変えて作りあげたアクション映画。
スポーツ万能だったディーゼルのエージェントぶりと異なり、今回は拳固で殴って相手を倒したりと、荒っぽいアイス・キューブのエージェントぶりが楽しい。
またエージェントといえば007よろしく女性の扱いもうまいものだが、今回はキューブのキャラを活かして女よりも食欲に走りがちな設定にしたのももユニーク。
前作を引きずらずに見れば楽しめるはずだ。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
「トリプルX」の続編です。
ただ僕は1作目が殆ど記憶に残ってないのです。(笑)
観た感想は別に続編じゃなくてイイじゃんって感じです。
話の中心は復讐劇なんで主人公がトリプルXである必要もないじゃんって感じです。
無理に続編にした為か前のトリプルXが死んだ設定にしてるのもオイオイって感じでした。
今回はトリプルX役がラッパーのアイス・キューブになったので音楽もラップ中心になってました。
これも前作と違いすぎるし、この映画は普通に違う映画として作ったほうが良かったと思います。

これってSIGN?

もっ、1つ書いときます。
この期に及んでライブ、迷ってま~す。(笑)
おーりとーりFM聴いてたらCM(ライブインフォ)で風味堂の♪愛してる、が流れてきて良い曲じゃんって思ってしまいました。
なんでこんなタイミングで流れるんでしょ?
これってBYG、風味堂のほうに行けってお告げかなぁ???
気持ちは風味堂のほうに傾いてます。(笑)

さて、今日はこれからフジ721でap bank Fes2006があります。
ミスチル桜井さんと色んなアーチストのコラボが楽しみです。
特にコブクロとのコラボが観たいなぁ~。
そして明日はスペシャーでSWEET LOVE SHOWER2006の生放送があります。
SWEET~は何といってもSUPER BUTTER DOGのライブが楽しみです。
♪サヨナラCOLOR、聴けるかなぁ~。(^^♪

だから・・・ずっと点けているのだ!!

相変わらず調子の悪いPC。
大抵、ビープ音が鳴って立ち上がらないんですが、時間を置くと時たま立ち上がるんです。
消すと、またいつ立ち上がるか分からないので点いたら1日、点けっ放しにしてます。
電気料が心配・・・。(笑)

クライシス・オブ・アメリカ

"またまたリメイク映画です。"
クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
クライシス・オブ・アメリカ 04年アメリカ オススメ★★☆
出演・・・デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、ジェフリー・ライト、リーヴ・シュレイバー
湾岸戦争の英雄ショーの部隊の隊長だったマルコは元部下の告発を機に、自分たちの戦争の記憶が何者かに植え付けられたものではないかと疑うようになる。
時あたかも、ショーは副大統領選に挑む最中であり、マルコはショーとの接触を図るが…。
洗脳の恐怖をモチーフとし、かつてジョン・フランハイマー監督が60年代に映画化したリチャード・コンドン原作の『影なき狙撃者』を、前回の主演フランク・シナトラの娘ティナ・シナトラのプロデュースで現代風にリメイクしたポリティカル・サスペンス映画。
監督が『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミということもあって、心理描写の繊細さとその積み重ねによる緊迫感は前作に劣らない。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
普通っすかね。一番感想書きにくいパターンです。
まあ、レビューを参考にしてください。(笑)
洗脳の恐怖を描いてるんだけど、洗脳方法は脳にチップを埋め込むって言う方法なのがねぇ???
なんか有りえないなぁ~って思っちゃいました。
ジョナサン・デミ監督は良かったのは『羊たちの沈黙』1本だけですね。
でもデンゼル・ワシントンはホントに良い役者さんですね。
彼の演技に☆1つ追加。


デンゼル・ワシントン オススメ作
遠い夜明け(87) ★★★
クリムゾン・タイド(95) ★★★
ザ・ハリケーン(99) ★★★★
http://blog.goo.ne.jp/samoyan/e/a0d71f9eee3d0b127daf4c8b664090f9
タイタンズを忘れない(00) ★★★☆

キターーーーーー!!

ついに来ました。
うちの会社に税務署の調査が。
税務署から電話が来て、ああ、また何かミスったかと思ったら税務署の調査の依頼でした。
税理士の先生から「赤字から黒字になって2年後くらいには来るよ」とは言われてたんですけど4年経っても来ないんで、すっかり忘れてたのにぃ・・・。
10月の頭に2日間も来るそうです。
こうゆうの初めてなんで、どうゆう風に調べるのかなぁ???
経理担当者としては不安一杯なのです。(ーー;)
でも・・・ちょっと楽しみ。(笑)←おい!!
まあ、税理士の先生も立ち会ってくれるそうなんで大丈夫でしょう~。
ライブの日と重ならなくて良かった!!

不信のとき 最終回

"やられたぁ~"

昨日はドラマ「不信のとき」の最終回でした。
先週の予告観て期待してなかったんですが、まあまあ良いんじゃないの?この終わり方なら・・・って観てました。
あれ?でも予告であったカジノのシーンが出てこないじゃんって思ってたら・・・。
最後、アン・ルイスの歌が流れるエンドロールの時に出てきました。
なんとイメージ映像だったんです。(笑)
こんなんあり!!イメージ映像なんか予告のブイに使うなよ!!紛らわしい!!
筋に関係ない映像を予告に使うなんて・・・予告で興味引けばイイってもんじゃないでしょ・・・。
こんな姑息な手法初めて見たよ。(-_-;)
おまけにその後の、あの展開は何なの???
あんなの要らないじゃん!!続編作るわけでもないのに何なのコレは!!最悪!!
って怒って書いてるわけではありません。
至って冷静にこき下ろしてます。(笑)
しかし最低な終わり方だったなぁ・・・。(-_-;)

とうとうダメかも・・・

前にも書いた調子の悪いPCですが、とうとうダメかも・・・。
依然、ブーブーと警告音が鳴ったままOSが立ち上がらない現象が続いてたんですが今までは大体1時間くらい時間を置くと不思議と立ち上がってくれてたんです。
でも今日の朝、何度トライしても立ち上がらなくなりました。
会社に持ってきてPCに詳しい人に見てもらったけど原因が分からないみたいです。
マザーボードがダメなのかなぁ・・・。
もしかすると買い替えないとダメかもです。
なので当分は会社でしかインターネットが見れないかもしれません。
お急ぎの用がある方は携帯のほうにメールくださいね。
はーーーー、参ったなぁ~。(ーー;)

ディック&ジェーン

"またリメイク映画です。"
ディック&ジェーン ディック&ジェーン
ジム・キャリー (2006/06/07)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
ディック&ジェーン 05年アメリカ オススメ★★
出演・・・ジム・キャリー、ティア・レオーニ、アレック・ボールドウィン
グローバダイン社に勤務する優秀な社員のディック。
だが会社が倒産して生活に困ったディックは、ついに妻と強盗をするように。
そして自社株をすべて売り払って大儲けしていた元・社長のマカリスターの資産4億ドルを奪い取る計画を立てる!
ジョージ・シーガルとジェーン・フォンダが主演した『おかしな泥棒ディック&ジェーン』のリメイク。
とにかく真面目で順風満帆だったディックが追いつめられ、失敗しつつも強盗に挑もうとする様が哀れではあるが滑稽。
理不尽なことで悩まされることが多い現代にはピッタリのコメディ。痛快な1本だ。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
うーーん、どうでしょう・・・・
ラストのオチは良かったけど、全体的には笑えませんでした。
90分くらいの映画なのに落ちぶれるまでの過程が長すぎるのがマイナスだね。
あと、借りたDVDが変で途中15分くらい画像が固まって観れませんでした。
まあ、イイかぁ・・・こんな内容なら。(笑)

3週連続3連休!!

優柔不断なんでずっと決まらないでいた今月のBYGライブ。
25日のバンバンバザールと28日の風味堂で迷っていたのです。
風味堂は翌日、馬場さん観るんで日程的に丁度イイ。
でも音的にはバンバンバザールのほうが好き。
ただ月曜日って帰ってからの仕事が長くてキツイんで最悪の曜日。
迷った末にやっぱり音が好きなバンバンバザールのほうに決めました。
それに金曜日も休むから3日頑張ればイイんだもんね。
ってことで3週連続3連休なので~す。

サモやんライブ予定。
9/25(月) バンバンバザール@渋谷BYG
9/29(金) 馬場俊英@千葉ANGA
10/12(木) アンジェラ・アキ@Zepp Tokyo

最後にポツリ・・・。
風味堂も捨てがたい。(笑)

ボブ☆ディランの頭のなか

"この邦題、パクリだよ"
ボブ☆ディランの頭のなか コレクターズ・エディション ボブ☆ディランの頭のなか コレクターズ・エディション
ボブ・ディラン (2005/12/22)
松竹
この商品の詳細を見る
ボブ☆ディランの頭のなか 03年アメリカ オススメ★☆
出演・・・ボブ・ディラン、ジェフ・ブリッジス、ペネロペ・クルス、ジョン・グッドマン
「Time」誌“20世紀の200人”に選ばれたボブ・ディランが、自ら企画・脚本を担当しまさに”ボブ・ディランの頭のなか”を完全映像化した作品。
近未来。終わりの見えない内戦で混乱する国で、一人の男が刑務所から出所した。
彼の名はジャック・フェイト。ミュージシャンである彼は、かつてのマネージャー、アンクル・スウィートハートが企画するチャリティーコンサートに出演するため、釈放されたのだ。
ジャックがバンドメンバーとリハーサルを重ねている頃、国も大きな転換期を迎えようとしていた。
大統領が死の床に伏し、彼の息子・エドムンドが政権を掌握したのだ。
新大統領に就任したエドムンドは軍隊を派遣し、コンサート会場は破壊され、混乱をきたす。カオスと化した、乾いたこの国に、果たしてジャックの歌は平和をもたらすことができるのだろうか・・・
(DVD商品説明より)

DVDレンタルにて鑑賞。
訳、分っかりましぇーーーーん。(-_-;)
何なのこれ?って感じです。
ボブ・ディランのネームバリューなんでしょうね・・・出演者はその他、ジェシカ・ラング、ヴァル・キルマー、エド・ハリス、ミッキー・ローク他豪華有名役者がチョイ役で沢山出てました。
しかし、この邦題ってどう考えても「マルコビッチの穴」のパクリだよね。(笑)
♪時代は変わる、などボブ・ディランの名曲が聴けたんで☆1個プラスしときます。

♪スタートライン 馬場俊英

今日の通勤時のBGMでした。
もうリピート状態!!
馬場さん初ライブも近いし、何よりカラオケでも歌いたいんでね。(^^♪
ホントに良い曲だね、これ。
落込んだ時に聴くと励まされる曲ですね。
アルバム「人生という名の列車」の11曲目に収録されています。
良かったら聴いてみてください。
人生という名の列車 人生という名の列車
馬場俊英 (2006/04/12)
フォーライフミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

危険な関係

"危険な関係、観比べました"
危険な関係 危険な関係
グレン・クローズ (2006/02/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
危険な関係 88年アメリカ オススメ★★★
出演・・・グレン・クローズ、ジョン・マルコビッチ、ミシェル・ファイファー、キアヌ・リーヴス、ユマ・サーマン
18世紀フランス貴族社会の退廃を描いたラクロの禁断小説はこれまで幾度となく映画化されてきているが、今回はクリストファー・ハンプトンの舞台化を土台に、イギリスのスティーヴン・フリアース監督がハリウッド・キャストを多数起用して映画化。
プレイボーイのバルモン子爵は、元恋人で今も腐れ縁のメルトイユ侯爵夫人の愛の復しゅうを手伝うべく、清純な令嬢セシルや貞淑なトゥールベル夫人を誘惑し、その肉体を奪うに至るが…。
格調高い映像美の中、女性たちのインモラルな心理が巧みに描かれている。
素顔の見えない怪優ジョン・マルコヴィッチは、今回は女たらしのキザ男をひょうひょうと演じている。
アカデミー賞脚色・衣裳デザイン・美術賞を受賞。
(Amazonレビューより)

DVDレンタルにて鑑賞。
この映画は当時、映画館で観たんですが記憶が全く残ってませんでした。
ラクロ原作物の「クルーエル・インテンションズ」「スキャンダル」が面白かったので「危険な関係」はどうだったかなぁ???って思って今回、観直してみました。
いや~、面白かったです。
この話自体が好きなのもあるけど良かったです。
観比べると微妙に設定が違ってるんですね。
それぞれラストの結末が違ってました。
「危険な関係」は演者が濃すぎる演技をしています。
特にジョン・マルコヴィッチのネチネチした演技は凄かった!!
でもプレイボーイには見えないんですけど・・・。(笑)
バルモン子爵役は「スキャンダル」のヨン様、メルトイユ侯爵夫人役は「危険な関係」のグレン・クローズ、トゥールベル夫人役は「クルーエル・インテンションズ」のリーザ・ウィザースプンが良かったです。
コリン・ファース、アネット・ベニングの「恋の掟」も同じ原作の映画化作品みたいですね。
これも観てみようかなぁ~。


<関連記事>
「スキャンダル」
http://blog.goo.ne.jp/samoyan/e/14c7a32f62564b89ad4aef8bbedd818c

「クルーエル・インテンションズ」
http://blog.goo.ne.jp/samoyan/e/ea91497c9614c6502e0c8094e5eeed29

ブレイド3

"ジェシカ・ビール、カッコイイ!!"
ブレイド3 スタンダードエディション

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
ブレイド3 04年アメリカ オススメ★★★
出演・・・ウェズリー・スナイプス、クリス・クリストファーソン、ジェシカ・ビール、ライアン・レイノルズ、パーカー・ポージー
ヴァンパイア・ハンターのブレイドは、ヴァンパイアと謝って人間を殺したことからFBIに捕らえられてしまう。
そんなブレイドを助け出したのは、人間のヴァンパイア・ハンター・チーム“ナイトウォーカー”だった。
その面々から、ブレイドはヴァンパイアたちがすべての吸血鬼の始祖で“ドラキュラ”とも呼ばれるドレイクを復活させたことを知る。
スタイリッシュなアクションで人気の『ブレイド』シリーズの完結編。
だが今回はシリーズの脚本家デヴィッド・S・ゴイヤーが監督したためか、アクションシーンのケレン味が薄れ、ブレイド自身のアクションも少なめ。その分、人間のヴァンパイア・ハンターたちの見せ場が多く、特にジェシカ・ビール扮する弓矢を使うヒロインはやけにカッコイイ。
シリーズの続きと思わずに見た方が楽しめるかも。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
なんかシリーズ中、一番評判悪いみたいなんですが僕は、これが一番良かったなぁ~。
レビューにも書いてあるけど人間のヴァンパイア・ハンターたちの活躍が良かったです。
ただFBIのくだりは要らないような気がしました。
だって凄く中途半端だし、その後の展開にかなり無理があるように感じました。

8月のクリスマス

"山崎まさよしって意外と小さいのね。(笑)"

8月のクリスマス スタンダード・エディション 8月のクリスマス スタンダード・エディション
山崎まさよし (2006/03/08)
キングレコード
この商品の詳細を見る
8月のクリスマス 05年日本 オススメ★★☆
出演・・・山崎まさよし、関めぐみ、井川比佐志、西田尚美、大倉孝二
ホ・ジノ監督の韓国映画「八月のクリスマス」の日本版リメイク映画。地方都市で古ぼけた写真館を営む寿俊は、病に冒され余命幾ばくもない運命であった。
ある日彼の写真館に、小学校の臨時教員・由紀子が飛び込んできたことから、彼の毎日が変わり始める。
長崎俊一監督の演出は、ベタベタせず、寿俊と由紀子の交流を清涼感あるタッチで描いているが、逆に見ればこのふたりの愛情の度合いが伝わってこない。
単なる友人レベルの交際にしか見えないのだ。
その理由のひとつは、寿俊を演じる山崎まさよしの演技にあるのではないか。
限られた日々を生きる青年という役柄にも関わらず、山崎の演技からはそうした悲しさや切実な思いが今ひとつ感じられないのだ。
山崎まさよしのミュージシャンとしてのイメージに、演出がやや依存しすぎたように感じるのだが。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
ミュージシャンはやっぱり音楽だけやってたほうがイイと思います。
少なくとも、山崎まさよしは・・・。
詰まらなくはないけど面白くもなかったです。
感想は全くレビューのとおりでした。
ホントに愛してるって感じじゃなかったです。
最後に愛してるって伝えるんだけど、えっ!?そうだったの!?って感じでした。
脚本にも問題ありだと思いますね。
ただセリフは日本映画にしては珍しく聞きとりやすかったです。

ぺーぺーず音源がラジオから・・・♪

いや~、めちゃ嬉しいことがありました。
BEGINのおーりとーりFMで、ぺーぺーずの♪その時生まれたもの、が流れました。(^^♪
パチパチ~。(拍手)
録音したのは確か5月に大阪に遊びに行った時でしたかね?
うたの日のちょっと前に送っておいたんですが、もうかなり時間が経ったんで今回はボツだとばっかり思ってました。
でも優さんが「面白いメッセージが」って言った時にもしかして~って思いました。(笑)
前回の♪涙そうそう、ではヴォーカルが小さいと笑われちゃったんですけど今回のはその反省を踏まえて録音したんで兄ィのヴォーカル、ちゃんと聴こえてました。(^^♪
自分の歌声がラジオから流れるなんてスゴイ思い出になりますよね。
僕も弾きながら歌えるように頑張ろう~っと。
前回と今回、どっちが嬉しかった?って言われると"お笑い"を追求する僕としては前回かなぁ・・・。
だって今回、反応が普通なんだもん。(笑)
栄昇さんに「また送ってください」って言われたんで兄ィ、また送りましょうね。
毎回、バージョンアップしていきたいんで今度はキーボードも加えてたいですね。
BEGINのみなさん、イイ思い出になりました。
ホントにありがとうございました。m(__)m


ぺーぺーず
兄ィ(ギター&ヴォーカル)From大阪
サモやん(三線)From新潟
からなる遠距離ユニット。
名前の由来は友人の"ぽーぽーず"(こちらはちゃんとライブもしてるユニット)を真似してパ行から頂きました。
パーパー・・・これじゃ頭悪そう。(笑)
ピーピー・・・下これじゃ痢ぴーだよね。(笑)
プープー・・・これじゃ屁っこきだよね。(笑)
ぺーぺー・・・演奏もまだ、ぺーぺーだし、これにしよう!!

僕が大阪に遊びに行った時に練習&録音をしています。
2人ともBEGINファンってことでBEGINの曲を練習してます。

今日はカラオケ♪

えーーっとパソコンですが電源、問題なく入って立ち上がりました。
良かった~。
でも時々なるし・・・何が原因なんでしょうね?
静電気とかかなぁ???
しかし突然の再起動は今もなります。(>_<)

今日は友達と久々にカラオケに行きま~す。
僕はカラオケは大好きです。(^^♪
誘ってくれればどこへでも行きますよ。(うっそ~。笑)
でも歌は超~上手くはないです。かと言って音痴でもないです。
いわゆる普通レベルですね。
すっかり新譜には、うとくなってしまった僕ですが今回は久々ってことで歌いたい曲が結構あります。
♪とうさんか  比嘉栄昇
♪SLIDIN’SLIPPIN’ROAD  BEGIN
♪to U  Bank Band
♪DAY DREAM  Caravan
♪モルダウの流れ  斉藤和義
♪LAST SONG  風味堂
♪ばらの花  くるり
♪上を向いて歩こう  坂本九

で、ココで問題です。
調べて見ると♪とうさんか、♪SLIDIN’SLIPPIN’ROADはUGAにしかなく、♪モルダウの流れ、♪LAST SONGはジョイ・サウンドにしかないのです。
さすがに機種を変えて1日2回歌うわけにはいかないのでどちらか選択しなくてはいけないのです。
どっちにしようかなぁ・・・。
やっぱ、♪お父さん、ハイ~が歌いたいなぁ・・・。
どっちの機種にしたかは帰ってきてから追記しまーーす。(心は決まってるけど。)
こうゆう時、全機種が歌えるシステムになってる東京のパセラはやっぱりイイなぁ~って思いますね。
月末の東京ではパセラで歌ってこよーーっと。(笑)

続きを読む »

ヤバイ・・・

最近、使ってると勝手に再起動したりと調子の悪いPCが立ち上がらなくなりました。
プープーと鳴ってOSを起動してくれません。
前にもなったんですが頂いた人に聞いたらゴミか何かが干渉してるんだろう・・・・との返事。
その時は埃を払うと確かに起動しました。
でも・・・今回は埃を払ってもウンともスンとも言いません。
こりゃ、ダメかも。(ーー;)
なんで今日の記事、今UPしておきます。
週末、音沙汰がなければ死んだと思ってください・・・PCが。(笑)

ハッカビーズ

"理解不能"

ハッカビーズ スペシャル・エディション ハッカビーズ スペシャル・エディション
ジュード・ロウ (2006/02/24)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る
ハッカビーズ 04年アメリカ オススメ★☆
出演・・・ジェイソン・シュワルツマン、ジュード・ロウ、ナオミ・ワッツ、ダスティン・ホフマン、マーク・ウォールバーグ
環境保全団体の支部長を務めるアルバートは、アイデンティティを見失い“哲学探偵”夫婦に自身の調査を依頼。探偵夫婦はアルバートの生活に密着を。やがて探偵夫妻によって、アルバートの心の中にスーパー“ハッカビーズ”のエリート社員ブラッドへの嫉妬があることが判明するのだが……。
一風変わった曲者キャラクターたちが乱れ飛ぶ不思議なコメディ。
人生なんて考え方ひとつでいかようにも変わってしまうことを、シニカルな視点で見つめつつ、でも全体的にはハッピーなトーンで綴りあげた、あまり見たことのないようなタッチの作品だ。
(Amazonレビューより)

WOWOWにて鑑賞。
何が言いたいのか・・・訳が分からんです。(笑)
映画は終始淡々としたテンポで進み何の盛り上がりもなく終わります。
この感覚は・・・ウェス・アンダーソン監督作(「ザ・ロイヤルテネンバウムズ」他)かと思ったよ。
豪華キャストの中ではマーク・ウォールバーグがイイ味だしてました。
しかしこんな豪華キャスト(主役は除く。笑)なのに・・・勿体ないなぁ~。
一番良かったのは音楽かなぁ・・・。
バート・バカラックみたいな感じで良かったです。(^^♪

プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード