FC2ブログ

サモやんの♪ON THE ROAD

♪「苦にせず・悔やまず・繰り越さず」の9×3精神で我が道を行くサモやんの映画・音楽、愛犬"小鉄"のチャンプルー・ブログです。 映画は★(5つが最高)にて独自のオススメ度を付けてます。ツイッター(@samoyankotetu)ではその日に聴いた音楽の感想をつぶやいてます。

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

稀勢の里 郷土後援会 激励会



6/10、稀勢の里の「郷土後援会」の総会・激励会に出席してきました。





横綱誕生~3月場所奇跡の逆転優勝の写真が・・・。



決算報告を見ると化粧まわしの価格は7000万円。
横綱は三つ揃えだから1つ送るとすると200万~300万円くらい掛かるのかな?



横綱登場。過去最高の470人が集まりました。



ファンとのふれあいコーナーでは稀勢の里は1人1人に丁寧にサインをしてくれました。
更に予定では30分のところ次のコーナー、お楽しみ抽選会を人に任せてサインを続けてました。
結局、1時間、希望者全てにサインをしてました。
自分を応援してくれる人のことを優先すると言う・・・横綱の人柄が分かりますね。



自分は3月場所のミニチュア優勝額にサインをしてもらいました。
宝物にします。


スポンサーサイト



大相撲平成29年春場所観戦

書くのが遅れましたが5/29に大相撲、春場所の千秋楽を見てきました。


稀勢の里 1月場所の優勝額



稀勢の里 3月場所の優勝額


残念ながら稀勢の里は先場所の怪我の影響で休場。
焦らずに完全に治してから出て欲しいです。





なので、お目当ては弟弟子の高安。
クマちゃーーーーん。(笑)



この日は残念ながら大関、照ノ富士に負けてしまいました。
でも場所後に見事に大関昇進を決めました。
いよいよ稀勢高時代の到来です。



結びの1番。白鵬×日馬富士は大一番で盛り上がりました。
白鵬、見事な全勝優勝でした。




その後の祝賀会は今回は浮気して浅香山部屋へ。(笑)
まだ関取りは居ないのですが親方が魁皇なので大人気の部屋です。



マラソン谷川さん



NHK刈谷アナ



魁皇の笑顔も高安に負けないくらい可愛いね。(笑)



元女子プロレスラーの、おかみさんが綺麗なのです。

あっ、当日はTVカメラが入ってました。
本日6/12の「○○の妻たち」で放送されると思います。
録画予約完了~。



新横綱・稀勢の里 激闘15日間の記録



新横綱・稀勢の里 激闘15日間の記録
3月29日(水) 午後10:50~午後11:15(25分) NHK総合
【出演】稀勢の里,【語り】藤井康生

新横綱「稀勢の里」が挑んだ春場所。奇跡の逆転優勝の舞台裏をNHKの単独インタビューで振り返る。初日から12連勝したが、13日目ケガ、14日目強行出場、千秋楽は痛みに耐え連勝。君が代斉唱で溢れた涙。支度部屋での様子を3日間密着ドキュメント。寡黙な横綱が覚悟した姿。亡き先代親方の教えを守り、平常心でとり続けた15日間の激闘の記録。「稀勢の里」旋風は、日本中に大相撲新時代の到来を感じさせた。
(NHKオンラインより)


録画予約完了。めちゃ楽しみ。



稀勢の里 奇跡の連覇に男泣き「見えない力を感じた15日間」



「大相撲春場所・千秋楽」(26日、エディオンアリーナ大阪)

 13日目に左肩付近を痛めながら土俵に上がり続けた新横綱稀勢の里が、1差で追いかけていた照ノ富士を本割・優勝決定戦と連破し、逆転で2場所連続優勝を果たした。新横綱での優勝は貴乃花(95年初場所)以来、約22年ぶりで、大鵬、隆の里を含めて4人目の快挙。表彰式では君が代斉唱の段階から人目をはばかることなく涙した。

 優勝インタビューでは「本当にこの応援と支えてくれた人たちのおかげ」と大声援に感謝した稀勢の里。涙についても聞かれたが「今回は泣かないと決めていたのですが…」と先場所に続いての男泣きをした。

 左上腕には青紫色のあざが広がっており、相撲を取るのも難しいと考えられていたが、照ノ富士に奇跡の連勝。土俵へ向かう心境を「気持ちだけぶつけようと思った」と振り返り、「自分の力以上のものが出た。あきらめないで最後まで力を出して良かったです」と語った。

 横綱になると土俵入りをはじめ、これまでと異なる点が多くある。「今までの相撲人生の15年とは違う15日間。横綱の土俵入りも初めてやって今は疲れた。見えない力をとても感じた15日間だった」と本音を漏らした。初場所で初優勝を果たした際には、確信に変えたいという趣旨の発言をしていたが、「今日の千秋楽は見えない力がはたらいたので、確信とはいかないけど、またこれを確信に変えられるよう稽古をしていい相撲を皆さんに見せられるよう頑張る」と謙虚に語った。

 厳重なテーピングが施された左肩周辺の状態が気になるが、「しっかり治して5月場所に元気な姿を見せられるように明日から治療したい」と来場所への闘志も見せていた。
(デイリースポーツより)


稀勢の里、奇跡の逆転優勝!!!

いや~感動したねぇ~。

取り組みの必死な姿に涙。君が代でまた涙。

ホントに凄い男です。

これで稀勢の里フィーバーが更に加速しそうです。

逆転された照ノ富士はまだ若いし、そのうち横綱になって照ノ富士時代を築くと思います。

感動をありがとうございました。




1985 猛虎がひとつになった年 (Sports Graphic Number PLUS)



1985 猛虎がひとつになった年 (Sports Graphic Number PLUS)

バックスクリーン3連発だけではない、日本一への軌跡をたどる。

1985年から30年。本書は監督、コーチ、主力選手はもちろんのこと、
グラウンドキーパーやウグイス嬢に至るまで数多くの関係者に話を聞き、
球団史上初の日本一になった1年を再構成したものです。

あの年のタイガースといえばバックスクリーン3連発ばかりが
話題にのぼりますが、実は苦難を乗り越えてチームが一丸となった、
奇跡のようなシーズンだったのです。

[目次]
序 章 四球合戦の波紋
来年は優勝できるチームを作り上げた安藤のつまずきは、
84年シーズンの最終戦、本塁打王争いをめぐる事件にあった。

第1章 吉田義男の改革
まずはセンターラインの強化から、と考えた吉田は動く。
岡田を二塁、真弓を右翼に、そして木戸を正捕手に抜擢した。

第2章 バックスクリーン3連発と守護神誕生
伝説の3連発が生まれた夜、新たなクローザーが登場した。
2年目だった中西は持ち前の負けん気の強さで内角を攻める。

第3章 投手陣と攻撃的継投
「しっかり抑えて帰ってこんかい! 」。吉田はそう言うと、
前日、原から本塁打を食らった福間に再対決の機会を与えた。

第4章 巨人にあって阪神にないもの
優勝するには、チームのためにプレーする意識が必要だ。
そのまとめ役として首脳陣が選んだのは、川藤幸三だった。

第5章 バースが学んだ流し打ち
バースは日本の主力投手の配球や球筋を既に学んでいた。
来日3年目の爆発は、流し打ちに磨きをかけたことにある。

第6章 日航機墜落事故と選手会長
事故で社長を亡くした衝撃からかチームは6連敗を喫する。
その危機にチームを立て直すべく動いたのは、あの男だった。

第7章 マジック点灯に燃える甲子園
9月11日大洋に勝利して、ついに待望のマジック22が点灯。
甲子園は連日満員となり史上初の観客200万人を突破した。

第8章 我慢の4番と歓喜の胴上げ
掛布は優勝するために4番が何をするべきかを考えぬいた。
その答えは我慢をすること。それは94個の四球に表れていた。

第9章 球団史上初の日本一へ
対決前、圧倒的に西武が有利と言われていた日本シリーズ。
だが、阪神は攻守がひとつにまとまって頂点へと登り詰めた。

終 章 猛虎たちのその後
敵チームを恐れさせた猛虎打線の栄華は長く続かなかった。
暗黒時代を経た今、日本一を知る戦士が監督の和田を支える。



こんな本が出てたんですね。

早速、購入して読みました。

凄く面白かったです。

1985、1986年 自分が唯一野球に熱中した年(笑)



プロフィール

サモやん

Author:サモやん
熱しやすく冷めやすい性格です。(笑)

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

RSSフィード